CX-5の値引き

総額はいくら?CX-5 25Sプロアクティブ4WDの値引きと総価格をシミュレーション

マツダの人気クロスオーバーSUV・CX-5。その中でも売れ筋グレードの一つCX-5 25Sプロアクティブ 4WDはいくらで買えるのでしょうか?

当サイト(クルマを買う!)では他グレードやライバル車との比較や内外装の紹介、リセールバリューや見積もりシミュレーションなどを一挙に紹介!

皆さんがCX-5 25Sプロアクティブ 4WDの新車を購入するご参考にどうぞ。

売れ筋人気グレードのCX-5 25Sプロアクティブ 4WDを他のグレードと比較

グレード名CX-5 25Sプロアクティブ 4WDCX-5 25S Lパッケージ
価格比較3,085,500円3,305,500円
価格差-220,000円
装備比較19インチアルミホイール(切削加工・ガンメタリック塗装)
19インチアルミホイール(切削加工・ガンメタリック塗装)
同左
LEDヘッドライト
LEDヘッドライト
同左
なしLEDフォグランプ
LEDフォグランプ
リアフォグランプ
リアフォグランプ
同左
リアスポイラー
リアスポイラー
同左
本革巻きステアリングホイール&シフトノブ
本革巻きステアリングホイール&シフトノブ
同左
アクティブ・ドライビングディスプレイ(フロントガラス照射・カラー)
アクティブ・ドライビングディスプレイ(フロントガラス照射・カラー)
同左
シート表皮(スクエアメッシュクロス)
シート表皮(スクエアメッシュクロス)
シート表皮(レザー)
シート表皮(レザー)
パワーシート(運転席)
パワーシート(運転席)
パワーシート(運転席&助手席)
パワーシート(運転席&助手席)
シートヒーター(フロントシート)シートヒーター(フロント&セカンド左右)
フルオートエアコン(運転席&助手席独立コントロール)
フルオートエアコン(運転席&助手席独立コントロール)
同左
6スピーカー同左
Gベクタリングコントロールプラス
Gベクタリングコントロールプラス
同左
電動パーキングブレーキ同左
アドバンストキーレスエントリーシステム同左
エマージェンシー・シグナルシステム同左
SRSエアバッグシステム(カーテン&フロントサイド)
SRSエアバッグシステム(カーテン&フロントサイド)
同左
ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム同左
アドバンスト・スマートシティブレーキサポート
アドバンスト・スマートシティブレーキサポート
同左
スマートシティブレーキサポート
スマートシティブレーキサポート
同左
AT誤発進抑制制御(前進/後進)
AT誤発進抑制制御(前進/後進)
同左
リアパーキングセンサー(センター/コーナー)同左
マツダ・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
マツダ・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
同左
ブラインドスポット・モニタリング
ブラインドスポット・モニタリング
同左
アダプティブLEDヘッドライト
アダプティブLEDヘッドライト
同左
ドライバー・アテンションアラート同左

※MOPはメーカーオプション

CX-5の売れ筋グレードである25Sプロアクティブ 4WDを、上位グレードの25S Lパッケージ 4WDと比較してみました。

両グレードには22万円の価格差がありますが、スペックは同等、装備面でもシート表皮やシートヒーター、パワーシートなど、便利で快適ではあるものの、20万円以上のコスパが見込めるかと言われると微妙なものが多い印象です。

いずれも後付けできないため、どうしても欲しければLパッケージを選ぶのも手ではありますが、合理的に考えれば25Sプロアクティブ 4WDの方がお得な選択肢と言えるでしょう。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのエクステリア

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのエクステリア前面

mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのフロントフェイスです。

切れ長の鋭い眼光とマツダの象徴である五角形フロントグリルが、滑らかなフォルムと相まって、欧州テイストな佇まいを演出しています。

ちなみに、外装はCX-5の全グレード共通です。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのエクステリア後面

mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのリアフェイスは、このようになっています。

フロントからの流れを継承しつつ、小判型で打ち抜いたような腰回りでどっしりとした安定感を表現。

AWDロゴ

mazda.co.jp/cars/cx-5/

バックゲート左の車名ロゴの下に「AWD(全輪駆動=4WD)」の表示と、同じく右のSKYACTIV(スカイアクティブ)ロゴに「G(ガソリンエンジン)」と表示されているため、大まかなグレードが識別できます。

リアフォグランプがついているのはいいのですが、運転席(右)側だけなので、ちょっとアンバランスな印象です。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのインテリア

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのインテリア・インパネ回り

mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのインパネ回りです。

マツダらしくシンプルでシック、そしてトレードマークの五角形をエアコンルーバーに配したデザインは、使いやすく飽きが来ないものとなっています。

ダッシュボード上のセンターディスプレイは視線の上下移動が少なく目の疲れを軽減し、安全運転にも役立ちます。

Aピラーとドアミラーの間にクリアランスを設けることで前方の死角を少なくする工夫も効果を実感できます。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのインテリア・アクティブドライビングディスプレイ

mazda.co.jp/cars/cx-5/

また、物理的なインテリアではありませんが、走行中、フロントガラスに必要な情報を映写するアクティブ・ドライビングディスプレイは速度や交通標識などを表示。

より運転に集中しやすい先進機能として人気を集めています。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのインテリア・車内空間

mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの車内空間は、このようになっています。

ブラックをベースにベルトライン上をホワイトに配色するスタンダードなスタイルで、安定&開放性の両立で安心感を与えてくれます。

ただし、天井はちょっと低めで、身長185cmの方が乗り込んだら頭がこすりそうになったため、デザインの良さだけでなく、実際に試乗してフィーリングを確かめた方がよさそうです。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのインテリア・シート表皮

mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのシート表皮はクロス生地でスクエアメッシュとなっているため、通気性がよく座り心地にも弾力が感じられます。

上級グレードのレザー(本革)に比べると見劣りを感じる方もいるかも知れませんが、冬の寒い日などでも硬くならないため、オールマイティにマイルドな乗り心地が約束されるでしょう。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの実燃費は?

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの実燃費は?

mazda.co.jp/cars/cx-5/

  • CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの平均実燃費 10.1km/L

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのカタログ燃費は13.0km/L(WLTCモード)と言われていますが、これはマツダが環境を整備したテストコースなどの安定した条件で計測した言わば理想値であり、少し非現実的なデータと言えます。

そこで、当サイト(クルマを買う!)ではユーザーからCX-5 25Sプロアクティブ 4WDの実燃費データを調査・集計した平均値が上記のデータで、カタログ値の約77.6%となっています。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの燃料タンク容量は58Lで、満タンから残り5Lまで走った場合、航続距離は10.1km/L×53L≒535.3キロとなります。一回の給油で京都~福岡くらいは何とか行けそうですね。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDを値引きさせるなら、ライバル車のこのグレードを対抗に!

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDを値引きさせるなら、ライバル車のこのグレードを対抗に!

toyota.jp/rav4//toyota.jp/harrier/

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDRAV4 アドベンチャーハリアー エレガンス 4WD
3,085,500円3,195,500円3,202,100円
価格差(CX-5比)+110,000円+116,600円
2,500ccガソリン2,000ccガソリン2,000ccガソリン
13.0km/L(WLTCモード)15.2km/L(WLTCモード)15.2km/L(JC08モード)
最小回転半径 5.5m最小回転半径 5.7m最小回転半径 5.3m
最高出力 188PS最高出力 171PS最高出力 151PS
最大トルク 25.5kgf・m最大トルク 21.1kgf・m最大トルク 19.7kgf・m
SRSエアバッグシステム(運転席&助手席+カーテン&フロントサイド)同左同左
アドバンスト・スマートシティブレーキサポートプリクラッシュセーフティ同左
アダプティブLEDヘッドライトオートマチックハイビーム同左
レーンキープアシストシステムレーントレーシングアシストレーンディパーチャーアラート
ドライバー・アテンションアラートなしなし
360°ビューモニター(MOP)なしなし
LEDヘッドランプ同左ハロゲンヘッドランプ
フォグランプ(フロントDOP/リア標準)フォグランプ(フロント標準/リアMOP)同左
自動防眩ルームミラーデジタルインナーミラー防眩インナーミラー
サイドモニター&バックガイドモニターバックカメラ(MOP)バックガイドモニター(MOP)
マツダ・レーダークルーズコントロールレーダークルーズコントロール同左
アクティブ・ドライビングディスプレイなしなし
本革巻きステアリングホイール&シフトノブウレタンステアリングホイール&シフトノブ本革巻きステアリングホイール
ステアリングシフトスイッチ(DOP)なしなし
ステアリングヒーター同左(MOP)なし
運転席10Wayパワーシート&シートメモリー運転席8ウェイパワーシート同左
助手席ラチェットレバー式シートリフター助手席4ウェイマニュアルシート同左
フルオートエアコン同左同左
6スピーカー同左同左
ハンズフリーマイク同左同左(MOP)
電動パーキングブレーキ同左同左
19インチアルミホイール同左17インチアルミホイール
アドバンストキーレスエントリーシステムスマートエントリー&スタートシステム同左

※MOP(メーカーオプション)/DOP(ディーラーオプション)

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの値引きには、ライバル車と競合させるのがセオリーとなります。

当サイト(クルマを買う!)ではトヨタのRAV4と同じくハリアーをピックアップ(グレード名は割愛)していますが、RAV4はネッツ店とカローラ店(+トヨタモビリティ東京)、ハリアーはトヨペット店とそれぞれ別系列で取り扱っているため、トヨタ車同士でも競合が可能です。

CX-5とライバル車たちを見比べると、価格&装備ともにCX-5が優勢ですが、トヨタは持ち前のブランド力に加えて定評のある燃費でアピールしており、いきなりCX-5とスペックや装備で競合させても攻略は難しいでしょう。

そこで、まずはRAV4とハリアーのトヨタ同士を競合させることで値引きを削り出し、その中で最も好条件の見積もりを持って本命であるCX-5の値引き交渉に臨む流れが考えられます。

※RAV4については、近所にネッツ店とカローラ店、そしてトヨタモビリティ東京の店舗があるなら、時間や労力が許す限りRAV4同士の競合もしておきたいところです。

本命CX-5の交渉が煮詰まってきたら、可能であれば県境をまたいで別経営のマツダ店でCX-5同士の競合に持ち込むことで、限界値引きを狙える可能性が高まります。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDのリセールバリューは?

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDを購入したら、売却時のリセールバリューも気になるかと思います。

そこで、当サイト(クルマを買う!)では業者オークションの流通データから、CX-5の2年落ちリセールバリューを、ガソリン車のグレード別に算出してみましょう。

新車価格査定相場リセールバリュー新車との価格差
20S257.0万円213.4万円83.0%43.6万円
20Sプロアクティブ280.2万円215.2万円76.8%65.0万円
25S Lパッケージ301.8万円226.0万円74.8%75.8万円
25T Lパッケージ332.6万円--万円--%--万円
25S 4WD279.7万円214.5万円76.6%65.2万円
25Sプロアクティブ 4WD302.9万円226.5万円74.7%76.4万円
25S Lパッケージ 4WD324.5万円240.9万円74.2%83.6万円
25T Lパッケージ 4WD355.3万円--万円--%--万円

※走行距離1万キロ/年平均、ボディカラーはホワイトパール&ブラック、状態は年式相応な車両が調査対象。

CX-5の2年落ちリセールバリューをガソリン車のグレード別に見ると、FFの方が4WDよりも高リセール、査定相場が概ね横並びであることから、新車価格の安いベースグレードほど有利となりやすい傾向が見られました。

その中で、中間グレードに位置する25Sプロアクティブは75%前後のリセールバリューを維持しており、普通乗用車の平均値に比べて若干高めなので、売却・買い替えに有利と言えるでしょう。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの値引き後の総支払額は?

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの値引き後の総支払額は?

mazda.co.jp/cars/cx-5/

ここまでCX-5 25Sプロアクティブ 4WDについて色々と紹介してきましたが、実際にはいくらで買えるのでしょうか?

当サイト(クルマを買う!)では、何もオプションをつけない最安見積もりと、おすすめオプションを含めた見積もりの2パターンを紹介していきます。

オプション無しの最安でのCX-5 25Sプロアクティブ 4WDの新車値引き見積もり

グレード名CX-5 25Sプロアクティブ 4WD
車両本体価格3,029,400円
MOP品名なし
MOP価格0円
DOP品名なし
ディーラーオプション価格0円(工賃込み)
諸費用265,910円
目標値引き▲230,000円
オプション値引き▲0円
支払総額3,121,410円

オプションを何もつけず、CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの車両本体と諸費用、そして目標値引き最大額を差し引きしたところ、約312.1万円で購入できることがわかりました。

しかし、いくら最安値とは言ってもフロアマットすら敷かないのは流石にどうかと思うので、純正オプションより割安に購入できる社外品をネット通販で探してみましょう。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット9,720円31,104円
ドアバイザー7,490円26,676円
ドライブレコーダー12,300円32,184円

どれも半額以下となっており、すべて社外品で揃えた場合、純正オプションで揃えた場合に比べて6万円以上も安くできます。

ただし、社外品は工賃が別なので取りつけは自分でするか誰かに頼まねばなりませんが、CX-5の新車購入時なら契約条件にディーラーへ持ち込んで工賃サービスをお願いすれば、引き受けてもらえることが多いです。

浮いた工賃も実質的な値引きと同じなので、賢くお得にCX-5 25Sプロアクティブ 4WDを購入しましょう。

これらの社外品は、楽天市場で購入できます。

おすすめオプションを含んだCX-5 25Sプロアクティブ 4WDの値引き見積もり

おすすめオプションを含んだCX-5 25Sプロアクティブ 4WDの値引き見積もり

グレード名CX-5 25Sプロアクティブ 4WD
車両本体価格3,085,500円
MOP品名スノーフレイクホワイトパールマイカ、360°ビューモニター、CD/DVDプレーヤー、地デジTVチューナー(フルセグ)
MOP価格108,000円
DOP品名ナビゲーション用SDカードPLUS、ETC2.0車載器、アクリルバイザー、フロアマット、ステアリングシフトスイッチ、リアシートモニター、ドライブレコーダー
ディーラーオプション価格313,632円(工賃込み)
諸費用268,610円
目標値引き▲230,000円
オプション値引き▲62,000円(ディーラーオプションの約20%)
支払総額3,483,742円

今度はおすすめオプションをつけた場合の見積もりですが、何もつけない場合比べて35万円以上の上乗せとなっています。

その内訳として、メーカーオプションにはリセールで有利なスノーフレイクホワイトパールマイカ(ボディカラー)と360°ビューモニター、そして地デジTVチューナーを選びました。

ディーラーオプションは定番4点セット(ナビ、ETC、ドアバイザー、フロアマット)に加えて後席の乗員が退屈しないようリアシートモニターと、昨今問題になっている卑劣なあおり運転対策のマストアイテム・ドライブレコーダーを選んでいます。

ディーラーオプションは料金の約20%が値引き可能なので、たくさんつけるほどコスパが高まります。

これだけ充実した装備で+35万円程度なら、お得と言えるでしょう。

CX-5 25Sプロアクティブ 4WDの値引き実例は?

さて、他のユーザー達はCX-5 25Sプロアクティブ 4WDをどのくらいの値引きで購入しているのでしょうか?

当サイト(クルマを買う!)に寄せられる実例値引き報告をまとめてみました。

購入時期グレード値引き総額
2017年6月CX-5 25Sプロアクティブ 4WD20.6万円

CX-5は全体的にディーゼル車の方が売れていて、ガソリン車の中でもFFの方が人気なので25Sプロアクティブ 4WDの報告はまだ1例のみとなっています。

ガソリン車の値引きは20~30万円以上となっていますが、地方よりも都市部の方が値引きガードが緩い傾向があるため、近くの方は意識して交渉に回るといいでしょう。

また、決算期(中間:9~10月、年度末:1~3月第1週)やモデルチェンジのタイミングなどを合わせることで限界値引きも狙っていけます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

CX-5の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のCX-5値引き交渉マニュアルです。これを見た多くの方がCX-5を限界値引きで購入することに成功しています。

今月のCX-5の値引き動向も随時更新しているので、ぜひご参考願います。

>>CX-5値引き交渉マニュアル

 

-CX-5の値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.