マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ CX-5 モデルチェンジ推移2012年12月12日

マツダニュースリリースより

-----

「マツダ CX-5」を一部改良
-気持ちのいい走りを熟成、ガソリンエンジン搭載車は燃費が向上-

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立したクロスオーバーSUV『マツダ CX-5』の一部改良を行い、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて本日発売します。

今回の商品改良では、ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできるキックダウンスイッチを全車標準とするなど、気持ちのいい走りを熟成させました。また、高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」搭載車は、JC08モード燃費を0.4km/L向上させ、すべての機種でエコカー減税*1の75%減税対象としました。

新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を際立たせる特別色「ソウルレッドプレミアムメタリック」*2を含む3色をボディカラーに追加し、全7色としました。また、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車には、オープンエアならではの開放感を味わえる電動スライドガラスサンルーフを、84,000円(消費税込)でメーカーオプションとして新たに設定しました。

マツダの田中英明 CX-5開発主査は、「私たちが『ドライブの楽しさを日本で復権させたい』という強い思いで開発したCX-5は、日本カー・オブ・ザ・イヤーをはじめとした、様々な賞を世界中で受賞いたしました。多くのお客様に応援いただき、厚く御礼を申し上げます。今回の改良で、一層意のままにドライブを楽しめるクルマとなりましたので、ぜひご試乗いただき、ご体感いただきたいと思います。」と述べました。

■「マツダ CX-5」一部改良の概要は以下のとおり

パワートレイン
ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできる、キックダウンスイッチを全車標準装備。
高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」の制御を改善し、JC08モード燃費を0.4km/L向上。(2WD車:16.4km/L、4WD車:16.0km/L)

エクステリア
ボディカラーに「ソウルレッドプレミアムメタリック」*2、「メテオグレーマイカ」、「ジェットブラックマイカ」を採用し、全7色を設定。
「XD」、「XD L Package」に、電動スライドガラスサンルーフをメーカーオプションとして設定。

・価格(消費税込み)

2,050,000-3,190,000円

「マツダ CX-5」を一部改良

マツダ CX-5のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.