CX-5の評価集

CX-5でみんなが選ぶ人気のオプションは?コレがおススメ!

投稿日:

CX-5でみんなが選ぶ人気のオプションは?コレがおススメ!

※CX-5:mazda.co.jp

アグレッシブなスタイリングや独自の「スカイアクティブテクノロジー」採用による優れた走行性能、先進の安全装備などが魅力のクロスオーバーSUV、「マツダ・CX-5」で人気のオプションを評価します。

メーカーオプションとしては快適装備のパッケージオプションやオーディオなどが、ディーラーオプションとしてはエクステリア&インテリア関係などがラインナップされています。

CX-5のおすすめメーカーオプションは?

快適装備のおすすめメーカーオプションは?

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー

CX-5の360℃ビューモニター

車両の前後左右4か所のカメラで、フロントビュー・リアビュー・左右のサイドビュー・上空から見下ろしたトップビューで、自車周りの安全を確認できます。

また、パーキングセンサーにより、障害物が近くにあると警報音で知らせてくれるので、狭い道でのすれ違いや車庫入れ等で威力を発揮します。

また、通りに出る時に左右から来る車両や自転車など、フロントのワイドビューカメラで左右各25m先まで確認出来るので、目視できる所まで車体を前に出さないで済むため、安全確認にとても便利です。

セットオプションとなりますが、単体では43,200円相当なので、CX-5では是非付けておきたいオプションです。

電動スライドガラスサンルーフ

電動スライドガラスサンルーフ

「XD プロアクティブ」と「XD Lパッケージ」で選ぶことができるオプションで、大きな開口部により開放感をもたらすほか、チルトアップ機構により室内の換気に利用することもできます。

「付けても使わないだろうからいらない」と考える方も多いようですが、オープンエアモータリングの快感は使った人にしか分かりません。

また、炎天下に駐車して室温が異常に上昇した場合、サンルーフを開ければ速やかに熱気を逃すことができるなど、実用面でもかなり役立つ装備です。

価格は86,400円と少々贅沢なオプションになりますが、リセールも良くなりますし、奮発するだけの価値はあります。

Boseサウンドシステム+10スピーカー

Boseサウンドシステム+10スピーカー

マツダがアメリカの有名なオーディオメーカー「Bose(ボーズ)」社と共同開発したCX-5専用のカーオーディオシステムで、「20S」「25S」「XD」を除くグレードにオプション設定されています。

Bose社のノウハウが生かされた臨場感と重低音の迫力に溢れたサウンドは、ドライブを一層楽しいものにしてくれることでしょう。

また、ステレオ音源をサラウンド音声に変換して再生する機能や、走行ノイズを自動で補償して最適な音量と音のバランスを実現する機能など、機能面でも盤石なものとなっています。

価格は86,400円とそれなりに張りますが、社外品のカーオーディオシステムに食指を動かすなら、その前に検討しておきたいオプションです。

CX-5のおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

フロントアンダーガーニッシュ&リアアンダーガーニッシュ

フロントアンダーガーニッシュ

リアアンダーガーニッシュ

フロントバンパーおよびリアバンパー下部に装着するシルバーのガーニッシュで、SUVムードを高めるのに一役買ってくれます。

価格は両方で64,800円と決して安くはありませんが、他のCX-5と外観面で差を付けたいならこの出費を惜しむべきではありません。

ブラックやソウルレッドなど、濃色のボディカラーには特に似合いますよ。

マッドフラップ(フロント用&リア用)

マッドフラップ(フロント用&リア用)

マッドフラップ(フロント用&リア用)

タイヤから巻き上げられる雨水や汚泥などにより、ボディが汚れるのを防いでくれるアクセサリーです。

そうした実用面のメリットだけでなく、SUVに相応しいヘビーデューティーなイメージを演出してくれるので、広くおススメできます。

価格はフロント用とリア用の両方で25,056円です。

アクリルバイザー

フロントドアおよびリアドアのウィンドウ上部に取り付けるスモーク仕上げのバイザーで、雨の日の換気などに役立つ実用的なアクセサリーです。

特に、スモーカーにとっては必需品と言っても過言ではありません。

外観が損なわれるという理由で嫌う方もいますが、CX-5用のバイザーは存在感があまりなく、ルックス面のデメリットも最小限に抑えられています。

価格は4枚セットで26,676円です。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

ステアリングシフトスイッチ

ステアリングシフトスイッチ

一般的にパドルシフトと呼ばれるもので、ステアリングスポークに設けられたパドルによりMT車感覚のシフト操作が行える装備です。

アクティブに使いこなせるCX-5を購入すれば、山道を走行する機会も多くなるはずですが、そうした状況で運転を一層楽しいものにしてくれます。

価格も22,177円と手頃なので、価格対満足度の観点からもおススメできます。

ラゲッジマット(カーペットタイプ)

ラゲッジマット(カーペットタイプ)

レジャー用途にもピッタリなCX-5の場合、ラゲッジスペースに様々な遊びの道具などを積む機会が多くなるはずです。

そこでおススメしたいのが、積み荷によりフロアが傷付くのを防ぐカーペットタイプのラゲッジマットです。

12,744円と安価なので、気軽にオーダーできるのも嬉しい点です。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

LEDフォグランプ

LEDフォグランプ

霧や豪雨の時などの視界確保にはヘッドランプだけでは力不足で、フォグランプの助けが欲しくなります。

CX-5の場合、フォグランプ(LEDフォグランプ)が標準装備されるのは「Lパッケージ」のみになりますが、幸いそれ以外のグレードにもディーラーオプションとして用意されています。

LED光源はハロゲン光源と比較すると輝度が高い上寿命が長く、消費電力も少ないなどメリットが大きいので、積極的にこのオプション品をおススメします。

価格は43,524円と安くはありませんが、見た目のドレスアップも含めてそれだけの価値はあるでしょう。

ブルーミラー

ブルーミラー

安全確認に欠かせないドアミラーですが、雨天時の雨滴付着による視界悪化や、夜間走行時の後続車のヘッドランプによる眩しさなどは悩みのタネです。

そんな問題を解消してくれるオプションが、ブルーミラーです。

鏡面のみを交換する方式となっており、これを付けるとブルーの色によりヘッドランプの眩しさが大幅に和らぐほか、雨滴を馴染ませる親水加工により視界が大幅に向上します。

21,1686円の出費となりますが、その効果からすれば安いものです。

快適装備のおすすめディーラーオプションは?

ナビゲーション用SDカードPLUS

ナビゲーション用SDカードPLUS

CX-5には、運転に必要な様々な情報を表示する7インチWVGAセンターディスプレイが全車に標準装備されますが、デフォルトの状態ではナビゲーション機能を持っていません。

しかし、48,600円のディーラーオプション「ナビゲーション用SDカードPLUS」を追加すれば、ナビとして使えるようになります。

ナビとしての性能や機能は際立ったものではありませんが、3年間無料地図更新機能やスマートフォン連携機能などは備わっているので、うるさいことを言わなければこれで十分です。

もし性能や機能を求めて社外品のナビを装着すると、見た目の収まりや視認性が悪くなってしまうので、CX-5でナビが欲しい場合は事実上このオプション一択と言えます。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

ドライブレコーダーは安価な社外品で十分

ドライブレコーダーは安価な社外品で十分

ドライブレコーダーは、万が一事故が起きてしまった場合に重要な証拠となるほか、自分自身の運転が監視されることで安全意識も高まるなど、付けるメリットの大きいアクセサリーです。

CX-5にはディーラーオプション品が2機種用意されていますが、価格が約3万円から4万円と高価であるにも関わらずナビとの連携機能が備わらないなど、割高感の強いものとなっています。

社外品ならば同程度の内容のものが1~2万円程度で入手できるので、そちらで十分です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

CX-5の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのCX-5値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-5を限界値引きで購入しています。

今月のCX-5の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>CX-5値引き交渉マニュアル

-CX-5の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.