マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ CX-8 モデルチェンジ推移2020年12月3日

マツダニュースリリースより

-----

「MAZDA CX-8」を商品改良
-デザイン・質感を洗練させるとともに運転する楽しさをより進化-

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、3列シートクロスオーバーSUV「MAZDA CX-8」を商品改良し、全国のマツダ販売店を通じて12月17日より発売します*1。

「CX-8」は、大人6名または7名が快適に乗車できる3列シートクロスオーバーSUVです。上質かつ洗練されたデザイン、意のままに操れる走りの良さ、優れた静粛性や乗り心地を兼ね備えたマツダの国内最上位クロスオーバーSUVとして、国内3列シートSUV*2市場における販売台数が、2018年、2019年と2年連続で第1位*3となりました。

今回の商品改良では、3列シートクロスオーバーSUVとして好評のデザインと利便性をさらに洗練させるとともに、走行性能の向上による、「走る歓び」の進化を図りました。

走行性能の向上については、「SKYACTIV-D 2.2」搭載車では、出力の向上により、高速道路への合流や追い越し加速シーンでのパワフルな走りを強化しました。また「SKYACTIV-DRIVE(6AT)」搭載車では、エンジンとトランスミッションの制御技術をアップデートすることで、アクセル操作に対する応答性をより高め、素早く加速したいシーンで、ドライバーの意図に応じた軽快な走りを実現しています。

利便性については、リアバンパー中央下部に足を出し入れするとリアゲートが自動開閉するハンズフリー機能付きパワーリフトゲートや、フロントコンソールにスマートフォンを置くだけで充電可能なQi規格対応ワイヤレスチャージャーを設定しました。また、乗る人がさまざまなシーンで運転をより楽しめるように、マツダコネクトを最新化し、センターディスプレイのサイズを10.25インチに拡大*4。さらに、すべての機種に車載通信機を標準設定。コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携による利便性の向上や緊急通報サービスの提供などにより、24時間さまざまな場面でお客さまをサポートいたします。

また、上位グレード*5には、エレガントな質感を表現するために、外観ではフロントグリルの形状を変更し、新外板色「プラチナクォーツメタリック」を専用設定しました。さらに、最上位グレード*6のExclusive Mode専用装備として、19インチアルミホイールのデザイン変更に加え、フロントバンパー下部にガーニッシュを付し、ワイド感の増したテールパイプを採用しました。内装では、シートにサイドキルティングを施しソフトな質感を際立たせるモダンな作りこみを実現しています。

なお、このCX-8をいち早くご体感頂けるよう、本日よりマツダブランドスペース大阪にて展示を実施します。

マツダは、今後もクルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

■「MAZDA CX-8」 商品改良の概要は以下の通り
●SKYACTIV-D 2.2: ディーゼルエンジンらしいパワフルな走りを強化
・最高出力を140kW(190ps)/4,500rpmから147kW(200ps)/4,000rpmに向上させ、高速道路での合流や追い越しシーンでのパワフルな加速を持続的に発揮。
・また、アクセルペダルの操作力を最適化することで、SKYACTIV-D 2.2の強力なトルクを精度よく、加減速コントロール性をより意のままにコントロールできるように改善しました。
●SKYACTIV-DRIVE(6AT): (SKYACTIV-G2.5Tを除く)応答性の向上
・素早くアクセルを踏み込んだ時、「ドライバーは早く加速をしたい」とクルマが判断し、これまでよりも素早く変速することで、ドライバーが欲しい加速力を瞬時に発揮するようにサポートします。
●快適装備:快適性の向上
・ハンズフリー機能付きパワーリフトゲートを搭載(ボタン操作による開閉操作も可能)
・ワイヤレス充電(Qi)を設定
・センターディスプレイのサイズを大型化(8インチ→8.8インチor10.25インチ採用)*4。
・コネクティッドサービスの導入
●シート:タイプ/カラーの拡充
・Exclusive Modeに、6人乗り仕様に加えて7人乗り仕様を追加設定(7人乗り仕様を選択した場合は、165,000 円安(消費税込))、それぞれにオーバーン(赤褐色)を新採用
・L Packageに、ブラックとレッドを新採用(レッドを選択した場合は、44,000 円高(消費税込))
●特別仕様車「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」の設定*7
・黒で引き締められた外観と、赤の差し色を取り入れた内装によって、スポーティさが増した、上質で精悍な装いを表現しています
・ベース車は、PROACTIVE(プロアクティブ)グレードです。
●マツダブランドスペース大阪 展示情報
展示車両 : CX-8 Exclusive Mode プラチナクォーツメタリック(ピュアホワイト内装)

マツダブランドスペース大阪では、ご来館されるお客様に安心して商品をご覧いただくために、スタッフ一同、感染予防活動を徹底して参りますので、お客様のご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご入場は、ご予約のお客様優先となりますので、お電話にてご予約をお願いします。
連絡先:マツダブランドスペース大阪 電話:06-6440-5013(受付時間 10:15-18:45 定休日除く)

詳細は専用サイトをご確認ください。
https://www.mazda.co.jp/experience/bsosaka/shop/
■CX-8に関する情報サイト:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

・価格(消費税込み)

CX-8特別仕様車
2,994,200-5,109,500円

マツダ CX-8

マツダ CX-8のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

 

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.