CX-8の評価集

CX-8の人気色ランキング!人気カラーとおすすめの内装色とマッチするカラーバリエーションも紹介

「走り続ける。大人のゆとりを携えて。」のキャッチコピー通り、見るからに高級感と大人な雰囲気イッパイなCX-8

そのカラーラインナップは7色と厳選されていますが、どのカラーもかなり魅力的で本気で悩んでしまいそうです!

そこで当サイト(クルマを買う!)では、皆さんの参考になるよう、CX-8の人気カラーランキングや各色の特徴&口コミ、内装カラーとのコーディネートなどを紹介していきます。

CX-8の人気カラーランキングを発表!カラーバリエーションは7色

1位スノーフレイクホワイトパールマイカ *
2位ジェットブラックマイカ
3位ソウルレッドクリスタルメタリック *
4位マシーングレープレミアムメタリック *
5位ソニックシルバーメタリック
6位チタニウムフラッシュマイカ
7位ディープクリスタルブルーマイカ

※ メーカーオプションカラーの為、有料となります。
☆ 今回のランキングは、メーカー発表の販売比率や中古車市場へ出回っている台数、ディーラーへの調査など、当サイト(クルマを買う!)で独自に調査した人気ボディカラーランキングです。

CX-8のカラーサンプル

CX-8のボディカラーは、実車とカタログ写真等で見え具合が違う事もあるため、ディーラーでカラーサンプル(実車と同じ塗装のミニカーやサンプル帳など)を見せてもらうと安心です。

CX-8の各色を紹介!口コミもカラー選びの参考に

スノーフレイクホワイトパールマイカ

スノーフレイクホワイトパールマイカ

mazda.co.jp/cars/cx-8/

まるで雪の様な透明感のあるパール系ホワイトです。

よくあるパール系ホワイトよりも白さが際立っています。

どの様なシーンにもしっくり馴染む万能選手でありながら、パール塗装のおかげでこの上ない上品さも持っています。

その輝きはまるで銀のヴェールをまとった様。

カラー選びに迷った時には選んでおいて間違いのない駆け込み寺の様な選択になるでしょう。

ジェットブラックマイカ

ジェットブラックマイカ

mazda.co.jp/cars/cx-8/

「真っ黒」という表現がぴったりのブラックカラーです。

ブラックといえば、ほとんどの車種で人気ランキングの上位3にランクインする大人気のカラー。

しかし、マツダの黒は一味違います。

この黒はソリッド系のべたっとした「真っ黒」とは違います。

塗装面に塗り込められたアルミ片がキラキラと輝き、黒いのに重さを感じさせません。

鋭角な輝きを放つ、そんなイメージのブラックに仕上がっています。

鋭い輝きを持つにもかかわらず、ボディラインにはどこか女性を思わせる様な柔らかさを携えています。

黒好きなら是が非でも選んでいただきたい黒に仕上がっています。

ソウルレッドクリスタルメタリック

ソウルレッドクリスタルメタリック

mazda.co.jp/cars/cx-8/

マツダのお家芸「匠塗 TAKUMINURI」の長兄とも言えるボディカラー。

その美しさは全ての車の全てのカラーの中でも別格と言って差し支えないでしょう。

色合いとしては少し深めの真紅。

表面のなめらかさはエロティックと表現したくなるほどのレベルです。

ボディデザインのおかげもあるのでしょうが、見る角度により現れる赤のトーンが随分と変わります。

ハイライトしたところはショッキングレッドと表現したいほどビビッドなカラーですし、影になるところはどこまでも深いダークレッド。

さらにはメタリックの輝きの恩恵でこの上なく鮮やかな赤を見せてくれます。

まさに光りと影の共演と言えます。

マツダファンでなくとも、ぜひ選んでいただきたいスペシャルなボディカラーです。

マシーングレープレミアムメタリック

マシーングレープレミアムメタリック

mazda.co.jp/cars/cx-8/

「匠塗 TAKUMINURI」シリーズの第二弾はこのカラーです。

金属感の非常に高いグレーとなっています。

しかし、ただ単にグレーと表現してしまうのは間違いだと思います。

その表面はとても密度が高く、「詰まっている」感を感じさせる輝きを放ちます。

また、非常に強い陰影感を持ち、ハイライトする部分と影になる部分ではまったく別のカラーを塗ったのでは?と感じてしまうほど。

光の当たる部分はまるでシルバーであるかの様な鋭い輝きを、影になる部分では黒と勘違いしてしまうほどの重厚感を見せてくれます。

これ程強い金属感を持ちながらもボディラインは柔らかく感じてしまう不思議なボディカラーです。

個人的なオススメNo. 1です。

ソニックシルバーメタリック

ソニックシルバーメタリック

mazda.co.jp/cars/cx-8/

この上なく上品な透明感のあるシルバーカラーです。

決して見飽きることのない超定番カラーですが、そこはさすがに定評のあるマツダのボディカラー、塗装面のヌラヌラ感は一級品です。

都会の風景にとてもよく似合うクールなカラーでありながら、特徴としては泥汚れがとにかく目立たない事です。

毎日ハードに使い倒す向きには最適な選択となるでしょう。

チタニウムフラッシュマイカ

チタニウムフラッシュマイカ

mazda.co.jp/cars/cx-8/

かなりダークトーンなチタニウムカラーです。

ふと見ると焦げ茶色にも見えますが、見る角度によってはブロンズカラーにも見えてしまいます。

これは塗装面に塗り込められたアルミ片が光を上手に反射するからなのです。

金属的な輝きを持つ茶系カラーといえばわかりやすいでしょう。

上品な大人に選んでいただきたい、そんなボディカラーです。

ディープクリスタルブルーマイカ

ディープクリスタルブルーマイカ

mazda.co.jp/cars/cx-8/

これは最高にクールと表現したいブルー系のボディカラーです。

光の当たる角度によって見せる表情がとても大きく変わります。

ハイライトする部分はスカイブルー?と思わせるほど明るく、影になる部分はどこまでも深い濃紺。

しかも中間では透明感半端ない鮮やかなブルーを見せてくれます。

とてもスポーティな印象を持つボディカラーで、年齢を問わず気に入っていただけることは間違いありません。

迷ったら他の人の意見も参考に!CX-8のカラー選びの口コミ

自分はブラックが一番かっこいいと思ってますよ!現実では家族に押し切られホワイトを購入しましたが…ディーラーで聞いてもブラックは確かに少ないと言ってました。

ジェットブラックかなり良いですよ!可愛すぎて既に三回ほど洗車しましたが、マイカの恩恵か思ってたより洗車傷とか目立たないし、周囲から迫力があってカッコいいと褒められたり、今のところ悪い部分はないです。

かっこいいと思いますよ!私は黒と赤でかなり迷いました。私の周りでよく見るのは白とマシーングレーですね。黒はリセールも期待できると思いますよ(*´ω`*)

我が家はどマイナーのディープクリスタルブルーマイカ。展示車のレッドに非常に惹かれたけど、傷の不安とお隣さんが5のレッドで少々気まずく却下。カミさんが元々グレーが苦手でグレー系2つが除外。後、これまで保有したことのある色は止めようということになり白黒除外。(試乗車の白かなり良かったけど・・)てな感じで2択になり、全員一致でブルーに。

最終的に白と赤で迷いましたが、夜の試乗をした時になんとも言えないエロティックな色合い(笑)に惚れて、に決めました!どの色も魅力的で迷っちゃいますよね♪

私はディープクリスタルブルーマイカにしました。CX-5で赤を乗ってたのですが、CX-8で赤は追加料金が発生してたので、無料のブルーにしました。結果的には大満足です。光に当たって見えるクリスタルがきれいで、子どももお気に入りです。

自分はマシーングレーのLパケで納車待ちです!実車で4色見ちゃったばっかりにボディーカラーはかなり迷いました。もう決めかねたので最後は1歳2ヶ月の息子にカタログを絵本感覚で見せて真っ先に指差したマシーングレーに家族一致で決めましたww

私はジェットブラックマイカにしました!過去所有した車全て黒だったので、特に何も考えず、当たり前のように黒で注文しました。

次の車はブルー系にと思っていましたが、次の車をcx8にすると決め、色を考えたとき、打倒レクサスの思いを込めてにしました!

納車待ちですが、ブルーにしました。もともとマシーングレーにしようとディーラーに行ったら、試乗車がブルーで、全然考えていなかったのに、思わず決めてしまいました。同じ色だとしても、車の大きさでも印象が変わるでしょうから、できたらやはり実物を見るべきですね。

※上記引用元:価格.com

また、Twitterにはこんな口コミも出ていました。

家族や友達と相談したり、ネットの口コミ情報も参考にしたりしながら、満足できるボディカラーを選びたいですね。

CX-8のおすすめカラーは?

ここまでCX-8のボディカラーについて各色の特徴や口コミを紹介してきましたが、それでもまだ迷ってしまう方は、逆に自分のニーズからボディカラーを絞り込むと、選びやすくなります。

洗車で楽ができるおすすめカラーは?

  • ソニックシルバーメタリック
  • チタニウムフラッシュマイカ

愛車はいつもピカピカに越したことはありませんが、忙しい皆さんのこと、なかなか洗車する時間もとれない方も少なくないはず。

そこで、ちょっとくらいの汚れや小さなキズなら目立ちにくいシルバーやブラウン系のボディカラーで時間を稼ぐ手も有効です。

でも、あまり放置しておくと錆びや変色につながるため、可能な限り小まめなメンテナンスが必要なのは言うまでもありません。

スタイリッシュに乗りこなしたい方へおすすめなカラーは?

  • マシーングレープレミアムメタリック
  • ディープクリスタルブルーマイカ

CX-8は車格が大きいため、ややもするとファミリーカーのようにもっさりとした印象に見られてしまうかも知れません。

ホワイトパールやソウルレッドなど、シルエットがぼやける明るめの膨張色ではなおのこと……そこでマシーングレープレミアムメタリックや、ディープクリスタルブルーマイカなどのクール系カラーでクロスオーバーSUV本来の精悍さを引き立てていきましょう。

リセールから見るCX-8のおすすめカラーは?

ボディカラーがどうしても決められない方には、リセールバリュー=売却価格というわかりやすい基準で選ぶのがおすすめです。

ここでは参考として、CX-8の1年落ちリセールバリューをボディカラーごとにランキングしました。

順位カラー名1年後の下取り相場
(グレードはXDプロアクティブ)
1位スノーフレイクホワイトパールマイカ316.5万円
2位ジェットブラックマイカ314.3万円
3位マシーングレープレミアムメタリック313.2万円
4位ソウルレッドクリスタルメタリック311.5万円
5位ディープクリスタルブルーマイカ304.7万円
6位チタニウムフラッシュマイカ299.7万円
7位ソニックシルバーメタリック293.0万円

※1年落ち・走行1万キロ前後・修復歴なし(評価点4点以上)・下取り相場は平均値

調査対象グレードにはCX-8で流通最多のXDプロアクティブ(ディーゼル車)を選び、算出しています。

やはり定番のスノーフレイクホワイトパールマイカがリセールトップで、2位のジェットブラックマイカと拮抗しています。3位にはマシーングレープレミアムメタリックがマツダ車では定番のソウルレッドクリスタルメタリックを抜いていますが、調査台数が少なかったため、高めにブレている可能性も考えられます。

全体的なリセールバリュー差は5~20万と開いているため、ボディカラーの選択が売却時に大きく影響するものと見られます。

総論として、リセールバリューでCX-8のボディカラーを選ぶなら定番のホワイト&ブラック系が安心です。

下取り車があるなら相場を調べておく

新車購入のためにディーラーを周るなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るはずです。

ネット上で概算価格が分かる、ナビクル車査定です。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高査定が期待できます。1分程度の入力の後、画面上に買取店の概算価格がすぐに表示されます。

ナビクル車査定の概算相場

CX-8のカラーナンバー(カラーコード)はこちら

カラー名カラーナンバー(コード)
スノーフレイクホワイトパールマイカ25D
ジェットブラックマイカ41W
ディープクリスタルブルーマイカ42M
チタニウムフラッシュマイカ42S
ソニックシルバーメタリック45P
マシーングレープレミアムメタリック46G
ソウルレッドクリスタルメタリック46V

カラーナンバーが記載されている場所はココ

CX-8のカラーナンバーは、車両本体に貼付されているコーションプレートを見るとわかります。

コーションプレートには、外装色(カラーナンバー)以外にも各種の車両情報が刻印されています。

  • モデル型式
  • エンジン形式
  • 車体番号
  • 外装色(カラーナンバー)
  • 内装色
  • トランスミッション形式
  • 製造工場
マツダ車のコーションプレート

mazda.co.jp/

CX-8のコーションプレートの場所は、運転席側のセンターピラーの足元に位置しています。

CX-8のコーションプレートは、運転席側のセンターピラーに貼付されている

運転席のドアを開けると、左の足元(黄色い丸の部分)にコーションプレートが貼付されているので、これを見ればCX-8のカラーナンバーがわかるようになっています。

CX-8の内装色に合うボディカラーはコレ

CX-8の内装カラーは3通り

CX-8のインテリアは、グレード(ガソリン車/ディーゼル車共通)によって内装カラーが設定されています。

クロス・ブラック内装

クロス・ブラック内装・インパネ回り

mazda.co.jp/cars/cx-8/

クロス・ブラック内装・車内空間

mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8の基本となる内装カラーです。ベルトライン上も天井までブラック一色に染め上げられ、モダンでハイセンスな車内空間を演出しています。

基本的にはどんなボディカラーでも合わせることが出来ますが、ここではスノーフレイクホワイトパールマイカで内外のアクセントを強調するか、スポーティなディープクリスタルブルーマイカで精悍に決めるスタイルを提案します。

クロス・ブラック内装・インパネ回り

mazda.co.jp/cars/cx-8/

クロス・ブラック内装・車内空間

mazda.co.jp/cars/cx-8/

※プロアクティブではアームレストやドアトリム等、一部にディープレッドの加飾が施されています。

ナッパレザー・ピュアホワイト内装

ナッパレザー・ピュアホワイト内装・インパネ回り

mazda.co.jp/cars/cx-8/

ナッパレザー・ピュアホワイト内装・車内空間

mazda.co.jp/cars/cx-8/

シートやドアトリムなど、ホワイトが大きく入ることで演出された明るく解放的な高級感は、最上級グレード・Lパッケージならではです。

外装のボディカラーにはジェットブラックマイカで内装の白さを限界まで引き出すか、あるいはソウルレッドクリスタルメタリックで内外のアクセントを演出するのがおすすめです。

ナッパレザー・ディープレッド内装

ナッパレザー・ディープレッド内装・インパネ回り

mazda.co.jp/cars/cx-8/

ナッパレザー・ディープレッド内装・車内空間

mazda.co.jp/cars/cx-8/

Lパッケージでは、ピュアホワイトともう一色ディープレッドの内装カラーも選択できます。

外装のボディカラーにはチタニウムフラッシュマイカの同系色で合わせるか、精悍なマシーングレープレミアムメタリックがよく似合うでしょう。

モデルチェンジで廃止されたボディカラー

現行モデルでは、まだありません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


CX-8の値引き交渉のノウハウはこちら

CX-8の値引き

当サイトのCX-8値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-8を限界値引きで購入しています。

今月のCX-8の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>CX-8値引き交渉マニュアル

-CX-8の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.