CX-8の評価集

CX-8の人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

マツダから人気SUVのフラッグシップモデル『CX-8』が登場しました。

マツダの車種の中でもダントツの人気を誇るSUVに3列シートが採用されたモデルです。

ミニバンではなくSUVでの3列シートは珍しいため、多くのユーザーが注目しています。

では、新しく登場したCX-8のグレードや装備はどのようになっているのでしょうか。

オススメグレードも合わせて詳しく見ていきましょう。

CX-8の価格が一番安いグレードは?

25S 2,948,000円

CX-8の中で一番安い価格のグレードはガソリンエンジン車の25Sです。

一つ上のグレードの25S プロアクティブと比べると368,500円安い設定となっています。

CX-8には、ガソリンターボの25Tを除いて3つのグレードが用意されており、それぞれのグレードで特徴があります。

ベースグレードから始まり、安全性能を充実させたプロアクティブ、上質と高級感を併せもつLパッケージの3種類です。

CX-8は、マツダのSUVの中でフラッグシップモデルとして位置付けられていますので、価格の安いベースグレード25Sでも十分に走りや装備を楽しむことができます。

この25Sに必要最低限のオプションをつけて購入することで、初期費用を抑えてCX-8に乗ることができますね。

では、どれぐらいの価格でCX-8が購入できるのかシミュレーションしてみましょう。

購入グレードCX-8 25S
車両本体価格2,948,000円
メーカーオプションCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
メーカーオプション価格32,400円
ディーラーオプションフロアマット、ドアバイザー、ナビゲーション用SDカードPLUS、ナンバーフレーム
ディーラーオプション金額116,660円
諸費用・税金256,950円
車両値引き▲200,000円
オプション値引き(20%)▲23,000円
支払総額3,131,010円

今回のシミュレーションは、 必要最低限のオプションを選択しました。

車両から目標値引きを達成したと仮定した支払総額は約313万円となりました。

さらに支払い総額を安くする方法としては、フロアマットはディーラーオプションで購入するよりも、ネット通販で社外品を買った方が初期費用を安くすることができます。

CX-8の社外品フロアマットには、素材や柄、カラーなど純正には無いデザイン等で豊富に用意され、価格も純正フロアマットの半値以下で購入できます。

純正には無い選ぶ楽しみもあるので、フロアマットはコストパフォーマンスの高い社外品を選んでもいいでしょうね。

>>>楽天市場でフロアマットを探す

フロアマットなどの追加オプションをできるだけ抑えることで、かなりリーズナブルな価格でCX-8を購入することができます。

価格の安いXDには省かれてしまう機能・装備がある

CX-8の中で価格が一番安いベースグレードの25Sですが、一つ上の25Sプロアクティブと比較すると省かれてしまう機能がいくつかあります。

では、どのような機能や装備が省かれてしまうのか見ていきましょう。

レーダークルーズコントロール&スマートブレーキサポート

25Sには、定速型のクルーズコントロールは標準装備されていますが、ミリ波レーダーにより車間距離を認識し、自動で速度をコントロールするシステムが省かれます。

ドライバーがアクセルやブレーキを操作することなく、自動で車間距離を維持できるので、長距離移動での運転疲労を軽減してくれます。

またレーダーで検知する自動ブレーキシステムは、レーダークルーズコントロールとセットでメーカーオプションです。(カメラで検知する自動ブレーキは25Sにも付いています)

アダプティブLEDヘッドライト

自動でハイビームやライトの照射範囲をコントロールして、夜間の視認性を高めるアダプティブLEDヘッドライトが、25Sには付きません。

ハイビームとロービームを自動で切り替える、ハイビームコントロールは標準装備です。

レーンキープアシストシステム

道路の車線からはみ出しそうになると、ステアリング操作をアシストして、車線逸脱を回避するレーンキープアシストシステムが、25Sには付きません。

アクティブドライビングディスプレイ

ステアリングの前方に設置された透明なディスプレイに、ナビ情報や走行情報、交通標識が表示されるアクティブドライビングディスプレイが25Sには装備されません。

左側のナビ画面やスピードメーターに視線を移すことなく情報を確認できるので、前方不注意による交通事故を防ぐことができます。

また、ディスプレイの文字がカラーで表示されるなど、昼間でもしっかりと確認できるよう工夫されています。

ステアリングヒーター

ステアリングの左右(3時・9時)の位置にヒーターが内蔵されており、寒い時期に非常に役立ちます。

特に真冬は車内全体が冷えているので、すぐに温まるステアリングヒーターはあれば重宝しますね。

オート格納電動ドアミラー

25Sには電動格納式ドアミラーが標準ですが、プロアクティブ以上のグレードに付いている「オート格納」機能は付いていません。

ドアロックすると自動でドアミラーが折りたたむので、別途スイッチ操作する必要がない便利な装備です。

リアドアウィンドーサンシェード

ドアトリム内部にロールスクリーンタイプのサンシェードが内蔵されており、日差しの強い日などに活躍してくれます。

引き出すだけで簡単にセットできるのもいいですね。

25Sではディーラーオプションとなります。

運転席パワーシート、前席シートヒーター

25Sの運転席のポジション調整はレバーによるマニュアルですが、プロアクティブは電動シートになっています。

また、プロアクティブには付いている運転席・助手席のシートヒーターは付いていません。

アルミホイール

25Sには17インチアルミホイールが標準装備されていますが、一つ上のXD プロアクティブには2インチ大きい19インチアルミホイールが標準で装備されます。

ホイールのインチが変わると、見た目の印象が大きく違って見えますね。

車はホイールのデザインや大きさで印象がガラッと変わるので、出来れば実車で見比べて判断することをおすすめします。

以上で紹介した装備が25Sプロアクティブにはありますが、25Sにはありません。

実用的なものとしては、レーダークルーズコントロールではないでしょうか。

車の安全面を優先するのであれば、プロアクティブを選ぶか、メーカーオプションで選択する事をオススメします。

特に機能は必要なく、初期費用をできるだけ安くしたいという方には、25Sでも十分に満足できるグレードだと思います。

CX-8の価格が一番高いグレードは?

CX-8 XD Lパッケージ(4WD) 4,543,000円

一つ下のXD プロアクティブ(4WD)と比較して534,600円高い設定になります。

最上級グレードのCX-8は値引きも含めて、いくらで購入できるのでしょうか。

一般的なオプションをつけてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードCX-8 XD Lパッケージ(4WD)
車両本体価格4,543,000円
メーカーオプションソウルレッドクリスタルメタリック
メーカーオプション価格75,600円
ディーラーオプションETC(2.0)、ドアバイザー、フロアマット、ナビゲーション用SDカード、マツダドライブレコーダー
ディーラーオプション金額214,277円
諸費用・税金134,650円
車両値引き▲200,000円
オプション値引き(20%)▲42,000円
支払総額4,725,527円

CX-8の最上級グレードのXD Lパッケージ(4WD)は約472万円で購入できます。

一番安い25Sと比較して、約159万円高い結果となりました。

CX-8 XD Lパッケージは最上級グレードらしく、ほとんど装備が標準で付いているので、必要最低限のオプションを付ければ、不満なく乗る事が出来るでしょう。

CX-8XD Lパッケージ(4WD)の装備は?

では、最上級グレードのCX-8には、どのような装備があるのか見てみましょう。

内装LEDランプ

XD Lパッケージのインテリア(バニティミラーの照明、マップランプ、ルームランプ、ラゲッジランプ等)に使われているランプは、LEDとなっています。

プロアクティブでは、電球となります。

助手席パワーシート、前席シートベンチレーション、セカンドシートヒーター

XD Lパッケージは、運転席に加えて助手席もパワーシートになります。

さらに、夏場の湿気や熱を緩和するシートベンチレーションが運転席・助手席に装備され、セカンドシートにもシートヒーターが装備されています。

Boseサウンドシステム

他のグレードではメーカーオプションとなるハイグレードな音質が人気のBoseサウンドシステムが、Lパッケージでは標準装備となります。

ナッパレザーシート

XD Lパッケージのシートに使用されているナッパレザーは、しなやかで柔らかい手触りが特長です。

非常に高級感のあるレザーで耐久性もあるため、シートの素材として最適ですね。

また、最上級グレードのXD Lパッケージでしか選択することができないピュアホワイトも車内が明るくなり、かっこよくまとまっているのでオススメです。

ハイグレードインテリア

インパネやドア部分に施されたクロムメッキなど、車内全体が非常に高級感のあるものに仕上がっています。

特にインパネ部分に施された木目パネルが目を引きます。

とてもインパクトのあるフロントパネルは、XD Lパッケージにしかない高級感ある雰囲気となっています。

パワーリフトゲート

リアゲートの開閉をスイッチ一つで行うことができます。

背の低い女性の方は、リアゲートを閉めるのに一苦労です。

駐車場所によっては、ゲートを閉める際に手が届かないこともありますから、このようなスイッチ操作で開閉ができる機能は、非常に重宝します。

また、タッチセンサーを配置し、手を挟むことがないよう工夫されています。

LEDフォグランプ

XD Lパッケージには、LEDフォグランプが標準装備されています。

ヘッドライトとのカラーに統一感があり、ファッション性も十分ですね。

明るさもしっかりあり、実用性も兼ね備えています。

CX-8で燃費の一番いいグレードは?

CX-8で一番燃費のいいグレードは、XDディーゼルの2WD仕様の車種です。

これらのグレードのカタログ燃費は15.8km/Lとなっています。

カタログ燃費は、メーカーが路面状況や走行条件を最高の状態で算出した燃費の数字なので、私たちが実際に乗った時とは違ってきます。

CX-8の街乗りやバイパス等の幹線道路、高速道路を含めた平均実燃費は約13.2km/Lです。

運転するルートや環境で燃費が変わってきますが、街乗りで約10-12km/Lとなり、信号がなく、燃費が良いとされる高速道路では約14-15km/Lとなることが多いですね。

このクラスの車種では、非常に良い燃費となっています。

CX-8は軽油満タンで何キロ走る?

CX-8のタンク容量は72Lです。

CX-8は軽油残量が残り10Lで警告灯が点灯する構造になっています。

燃料が残り10Lまで走行したと仮定して

72-10=62L
62×13.2=818.4km

CX-8は燃料満タンで約818.4km走行できます。

CX-8で一番燃費の悪いグレードは?

CX-8で燃費の悪いグレードは、ディーゼルXDの4WD仕様の車種です。

カタログ燃費では15.4km/Lですが、平均実燃費は約12.8km/Lになります。

一般的に4WDは2WDに比べて、車重が重くなってしまうので燃費が悪くなりますが、CX-8に関しては、4WDだからと言ってそこまで大きく燃費に影響していないですね。

走り方や道路状況によって実燃費は前後しますが、春先は燃費が良くなり、真冬や夏は燃費が悪くなる傾向です。

CX-8(4WD)は満タンで何キロ走れる?

4WDは2WDと異なりタンク容量は74Lになります。

警告灯が点灯する軽油残量が10Lになるまで走行したと仮定します。

74-10=64
64×12.8=819.2

燃料満タンで約819.2kmほど走行可能です。

CX-8の自動ブレーキがあるグレードは?

CX-8には、全グレードに国が推奨する「セーフティ・サポートカーS ワイド」に該当する自動ブレーキシステムが装備されています。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート

先行車や歩行者をカメラで検知して、自動でブレーキを制御することで衝突を回避するシステムです。

運転中のよそ見や居眠りによる追突事故を防ぐことができます。

AT誤発進抑制制御

ペダルの踏み間違いによる誤発進・急加速を抑制します。

最近では、この踏み間違いによる事故が多く発生していますから、このような機能があると非常に助かりますね。

この自動ブレーキシステム以外にも、レーンキープアシストシステムや追従機能のあるレーダークルーズコントロールなどの安全機能が装備されています。

CX-8で一番減税が多いグレードは?

CX-8で一番減税が多いのはXD Lパッケージ(4WD)です。

自動車重量税: 30,000円
自動車取得税: 111,500円
合計; ▲ 141,500円

このグレードでは約14万円減税されます。

減税は必ずされますので、減税以外の部分でしっかりディーラーと交渉し、目標値引き額を達成して、できるだけ安くCX-8を購入しましょう。

CX-8の売れ筋グレードは?

CX-8 XD プロアクティブ 3,762,000円

CX-8 25S プロアクティブ 3,316,500円

CX-8 XD プロアクティブはいくらで買える?

では、CX-8の売れ筋グレード、XD プロアクティブにおすすめオプションを含めた、総支払額をシミュレーションしてみましょう。

購入グレードCX-8 XD プロアクティブ
車両本体価格3,762,000円
メーカーオプションスノーフレイクホワイトパール、ルーフレール&パワーリフトゲート
メーカーオプション価格140,400円
ディーラーオプションドアバイザー、ナンバーフレーム、フロアマット、ETC2.0、ナビゲーション用SDカード、マツダドライブレコーダー、ボディコーティング(MG3)
ディーラーオプション金額264,148円
諸費用・税金134,650円
車両値引き▲200,000円
オプション値引き(20%)▲52,000円
支払総額4,049,198円

選択するオプションによって価格が変動しますが、売れ筋グレードのCX-8 XD プロアクティブの乗り出し価格は約404万円となりました。

オプションには、昨今ニーズの高いドライブレコーダーを始め、ナビを使うなら必須のSDカード、高速料金が安くなるETC2.0、使うととても便利なパワーリフトゲートをおすすめオプションとして選びました。

値引きを目標まで引き出せれば、400万円を切る金額でCX-8の売れ筋グレードに乗れる事になります。

CX-8 25Sプロアクティブはいくらで買える?

次にガソリン車で売れ筋グレードの25Sプロアクティブでは、総額いくらになるのかシミュレーションしてみましょう。

購入グレードCX-8 25Sプロアクティブ
車両本体価格3,316,500円
メーカーオプションスノーフレイクホワイトパール、360°ビューモニター+Fパーキングセンサー・ルーフレール&パワーリフトゲート・CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
メーカーオプション価格216,000円
ディーラーオプションドアバイザー、ナンバーフレーム、フロアマット、ETC2.0、ナビゲーション用SDカード、マツダドライブレコーダー、ボディコーティング(MG3)
ディーラーオプション金額264,148円
諸費用・税金270,550円
車両値引き▲200,000円
オプション値引き(20%)▲52,000円
支払総額3,815,198円

ガソリンエンジンの25Sプロアクティブの総支払額は、約381万円となりました。

25Sプロアクティブにはエコカー減税が適用されないので、減税が適用されるXDプロアクティブとの価格差が縮まり、その差23万円となっています。

燃費が良くて燃料代が安く、トルクフルな走りができるXDプロアクティブか、価格差が縮まっても初期費用が安く、気持ちのいいガソリンエンジンのフィールが味わえる25Sプロアクティブが良いのか、悩みどころです。

リセールバリューから見るCX-8のおすすめグレードは?

グレードによって、数年後のCX-8の買取相場は変わります。

ここでは、当年モデル~1年落ちのCX-8のリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

新車から当年~1年落ちのCX-8のリセールバリューは?

新車登録から当年~1年経過後・走行距離1万キロ以下のCX-8の各グレードのリセールバリューです。

グレード名買取相場新車時価格1年後のリセールバリュー
25S万円2,894,400円
25S プロアクティブ万円3,256,200円
25S Lパッケージ万円3,758,400円
25T プロアクティブ 4WD万円3,742,200円
25T Lパッケージ 4WD万円4,244,400円
XD 4WD万円3,607,200円
XD プロアクティブ万円3,693,600円
XD プロアクティブ 4WD358万円3,925,800円91.2%
XD Lパッケージ368万円4,228,200円87.0%
XD Lパッケージ 4WD376万円4,460,400円84.3%

※相場が抜けているグレードは流通台数が少なく相場を確認出来ませんでした

CX-8のリセールバリューは、まだ中古車の流通台数が少ないので、今後買取相場のブレ幅は大きくなると思いますが、現状ではXDプロアクティブのリセールが高い傾向です。

リセールバリューから見るCX-8のおすすめグレードは?

ディーゼルならXDプロアクティブのリセールバリューが高く、CX-8でおすすめのグレードとなります。

2WDと4WDは、どちらもリセール数値に大きさ差はないので(数%)、使用用途によって好きな方を選ぶといいでしょう。

ガソリン車の方は、CX-8の中古車が流通していないのでまだ何とも言えませんが、CX-5では排気量の小さい20Sの方が25Sよりもリセールバリューが高いです。

ただ、CX-8はCX-5よりも価格帯が上がるので、購入するユーザーの需要がそれなりのグレードに集まる事も予想されます。

すると、価格の安い25Sよりも、よりパワフルに走れる25Tの方がリセールバリューが高くなる可能性もあります。

ただ、大きくリセール数値が異なる事はないんじゃないかな?と思うので、予算と照らし合わせて好きな方のガソリングレードを選ぶといいでしょう。

管理人の個人的な予想では、25Tの方が気持ちリセールが高くなりそう、ターボで走りが良い、以上の事から25Tを選ぶと思います。

リセールバリューで得するおすすめのカラー&装備は?

CX-8で売却時に得するボディカラーは、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」「ジェットブラックマイカ」「ソウルレッドクリスタルメタリック」の3色です。

この3色なら、他の色と比べて10~20万円以上高く売れるでしょう。

特別塗装色のマシーングレープレミアムメタリックは、ホワイトパールと比べて10万円前後安い相場となっていました。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


CX-8の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのCX-8値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-8を限界値引きで購入しています。

今月のCX-8の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>CX-8値引き交渉マニュアル

-CX-8の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.