マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ CX-8 モデルチェンジ推移2019年10月23日

投稿日:

マツダニュースリリースより

-----

「MAZDA CX-8」を商品改良
― 3列シートクロスオーバーSUVとしての利便性・快適性を向上 ―

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、3列シートクロスオーバーSUV「MAZDA CX-8」を商品改良し、全国のマツダ販売店を通じて本日より受注を開始し、11月28日より発売します*1。

「CX-8」は、大人6名(7名)が快適に乗車できる3列シートクロスオーバーSUVです。上質かつ洗練されたデザイン、意のままに操れる走りの良さ、優れた静粛性や乗り心地を兼ね備えたマツダの最上位クロスオーバーSUVとして、2017年12月に発売しました。2018年には、「卓越した運動性能と効率的な室内空間」、「運転負荷の軽減と先進の予防安全技術」などが評価され、「2018〜2019日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞しています。

今回の商品改良では、多人数車でも美しい、走りもデザインも洗練された、大人のロングツアラーとして、利便性や快適性を向上しました。電動スライドガラスサンルーフ*2や3列目シートの充電用USB端子*3などの装備を追加したほか、塗布型制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減させ、上質感を高めました。荷室は、サブトランクボックスの容量を拡大することで、丸畳式サンシェードなどのアウトドアグッズを平置きできるサイズとなり、機内持ち込みサイズのスーツケースであれば3列目を使用した状態でも4個積載可能となり*4、多人数車としての用途を拡大しています。また、同乗者をおもてなしする特別仕様車として「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」を追加しました。2列目のアームレスト付コンソールを備えたキャプテンシートに、マツダ車初採用となる電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備し、運転席や助手席だけでなく、2列目シートの同乗者にもくつろいでいただける空間としています。
パワートレインでは、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能にしています。AWD車には、さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供するオフロード・トラクション・アシストを採用しました。

今後もマツダは、日常のさまざまなシーンで「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を感じていただけるよう継続して商品を進化させ、お客さまの心や体に活力を与え、マツダ車を乗り続ける価値を感じていただくことで、「お客さまと世界一強い絆で結ばれたブランド」を目指してまいります。

■「MAZDA CX-8」の主な改良点は、以下のとおり

●多人数(3列シート)車としてのさらなる進化

L Packageの2列目ベンチシートにワンタッチウォークインスイッチを追加
L Packageにナッパレザー素材を採用したウォークスルータイプのキャプテンシートを追加
XD PROACTIVE S Packageにブラックのレザーシートを採用
25S PROACTIVE、XD PROACTIVE、XD PROACTIVE S Packageにセカンドシート シートヒーター(左右席)を採用
ウォークスルータイプのキャプテンシート車(25Sを除く)に、2列目用カップホルダー&充電用USB端子を採用
一部グレード*3の3列目シートに充電用USB端子を採用

●オフロード・トラクション・アシスト

新開発「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用。悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化して、悪路からのスムーズな脱出を実現。さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供

●パワートレイン

SKYACTIV-G 2.5モデルにAWDを、SKYACTIV-G 2.5Tモデルに2WDを追加設定し、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDが選択可能

●快適性・静粛性の向上

WVGAセンターディスプレイのサイズを大型化(7インチ→8インチ)
ルーフ部に塗布型制振材を採用し、雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減
開閉及びチルトアップできる電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)を一部グレード*2に設定
サブトランクボックスの奥行きを拡大(ボーズサウンドシステム非装着車は84L(前モデル比+19L)、ボーズサウンドシステム装着車は56L(前モデル比+8L))

●特別仕様車「Exclusive Mode」の専用装備

シートの前後スライドと背もたれの角度を調整できる2列目シートの電動スライド&リクライニング機構
シートと体の間の空気を吸い出して、蒸れや熱のこもりを解消する2列目シートのベンチレーション機能
スイッチ操作で2列目シートバックが倒れ、シートが前方にスライドする電動ウォークイン機能
2列目シートのアームレスト付コンソール

●新グレード「XD PROACTIVE S Package」の主な装備

ブラックのレザーシート(6人乗り/7人乗り)
運転席及び助手席のシートヒーター&シートベンチレーション
自動防眩ルームミラー(フレームレス)
7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)

■第46回東京モーターショー2019

商品改良モデルの「CX-8」を、2019年10月23日(水)~11月4日(月・祝)の期間、第46回東京モーターショー2019に出品します。
東京モーターショー2019 特設サイト:
https://www.mazda.co.jp/experience/tokyomotorshow2019/

*1 XD PROACTIVE S Packageは、2020年1月発売開始予定
*2 25T L Package、25T Exclusive Mode、XD L Package、XD Exclusive Modeに標準装備(サンルーフ無しも選択可能)、
25S PROACTIVE、25S L Package、XD PROACTIVE S Packageにメーカーオプション設定
*3 25S L Package、25T L Package、25T Exclusive Mode、XD L Package、XD Exclusive Modeに標準装備、
25S PROACTIVE、XD PROACTIVE、XD PROACTIVE S Packageにメーカーオプション設定
*4 ボーズサウンドシステム非装着車のみが対象。なお、積載可能な個数は、スーツケースの形状により異なります。
*5 JC08モード燃費、WLTCモード燃費は国土交通省審査値で、燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用状況(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
高速道路モード:高速道路等での走行を想定
*6 自動車税(環境性能割)は、新車時の環境性能に応じて自家用登録車は、非課税または1~3%が課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。
*7 7人乗りかつルーフレール装着車(サンルーフなし)
*8 ルーフレール装着車(サンルーフなし)

・価格(消費税込み)

2,948,000-4,670,600円

特別仕様車

4,572,700-4,890,600円

マツダ CX-8

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.