CX-8の値引き

総額はいくら?マツダ CX-8 XDプロアクティブの値引きと支払総額をシミュレーション!

2017年12月14日にデビューしたマツダの新型クロスオーバーSUV、CX-8。

ここでは、CX-8の中でも人気の高い売れ筋グレード「XDプロアクティブ」の購入金額についてシミュレーションしています。

何もオプションをつけないパターンや豪華オプションを盛り込んだパターンはじめ、他グレードとの装備比較やライバル車たちとの競合など、独自に分析したCX-8のお得情報を紹介しています。

他にもリセールバリューや実燃費、エクステリア&インテリアなど、CX-8に関する色んな情報を発信していますので、皆さんがCX-8を購入する参考になればと思います。

売れ筋人気グレードのCX-8 XD プロアクティブを他のグレードと比較

グレード名CX-8 XD プロアクティブCX-8 XD Lパッケージ
価格比較3,762,000円4,306,500円
XD Lパッケージとの価格差-544,500円
装備比較2,200㏄ディーゼル
2,200㏄ディーゼル
同左
17.6㎞/ℓ(カタログ燃費)同左
19インチアルミホイール
19インチアルミホイール
同左(高輝度塗装)
19インチアルミホイール(高輝度塗装)
アダプティブLEDヘッドランプ
アダプティブLEDヘッドランプ
同左
LEDフォグランプ(フロント※DOP)LEDフォグランプ
LEDフォグランプ
自動ブレーキ(スマートブレーキサポート)
自動ブレーキ(スマートブレーキサポート)
同左
レーダークルーズコントロール(全車速追従式)同左
本革巻きステアリングホイール&シフトノブ
本革巻きステアリングホイール&シフトノブ
同左
シート表皮(クロス)
シート表皮(クロス)
シート表皮(ナッパレザー)
シート表皮(ナッパレザー)
リアドアウィンドーサンシェード(※MOP)リアドアウィンドーサンシェード
リアドアウィンドーサンシェード
パワーリフトゲート(※MOP)パワーリフトゲート
パワーリフトゲート
ルーフレール(※MOP)ルーフレール
ルーフレール
運転席&助手席シートヒーター
運転席&助手席シートヒーター
同左
ステアリングヒーター
ステアリングヒーター
同左
運転席10ウェイパワーシート同左
助手席ラチェットレバー式シートリフター
助手席ラチェットレバー式シートリフター
助手席6ウェイパワーシート
助手席6ウェイパワーシート
6スピーカー同左
アドバンストキーレスエントリー同左
3ゾーン対応フルオートエアコン
3ゾーン対応フルオートエアコン
同左
インテリア(ウォームシルバー/サテンクロームメッキ)
インテリア(ウォームシルバー/サテンクロームメッキ)
インテリア(本杢/サテンクロームメッキ)
インテリア(本杢/サテンクロームメッキ)

※MOP(メーカーオプション)

※DOP(ディーラーオプション)

※名称のみの表記は標準装備

マツダCX-8 XDプロアクティブと、同じくCX-8 XD Lパッケージの価格や基本性能、装備などを比較してみました。

価格はプロアクティブの方が約54万円安くなっており、高い分だけLパッケージの方は装備が充実しているのがわかります。

主な装備を挙げると、アルミホイールの塗装やLEDフォグランプ、シート表皮の材質、リアドアウィンドーサンシェード、パワーリフトゲート、ルーフレール、助手席パワーシート、インテリアの材質……等々。

どちらかと言えば、基本的な性能よりも内外装の「見た目」「高級感」に重きが置かれており、確かに乗ってみれば満足感や快適性が違うのでしょうが、プロアクティブの装備も十分に充実しています。

もし必要なら、Lパッケージがリードしている装備の中からピックアップして、オプションとしてつければ事足りるのではないでしょうか。

CX-8 XD プロアクティブのエクステリア

マツダCX-8XDプロアクティブ

マツダCX-8 XDプロアクティブのエクステリア(前面)です。

釣りあがった切れ長の目は、ダイヤモンド型のフロントグリルと相まって、猟犬を思わせる精悍でコンバッティ(combatti:伊、挑戦的)なスタイルに仕上がっています。

ボディラインも、獲物を狙って身を潜める猟犬そのもの。力強い19インチ大径アルミホイールが、前上がりなキャラクターラインと合わせて、チャンスを逃さず跳びかかろうとする躍動感を演出。

マツダのクルマづくりに賭ける美意識が、遺憾なく発揮されたデザイニングと言えるでしょう。

マツダCX-8XDプロアクティブ

マツダCX-8 XDプロアクティブのエクステリア(後面)です。

やや尻高ぎみな印象を受けるリアバンパーは、いつでも獲物に跳びかかれる猟犬のイメージを前面から受け継ぎ、全体のコンセプトをキレイにまとめ上げています。

コンパクトなテールランプは却ってその個性を演出し、後続車が暗闇で見ても「CX-8だ」と判るようになっています。

他にも、ルーフスポイラーやメッキガーニッシュなど、各パーツが小さくなっている分、その配置バランスにセンスが表れており、洗練されたデザインとなっています。

CX-8 XD プロアクティブのインテリア

マツダCX-8XDプロアクティブ

CX-8 XDプロアクティブのインテリアです。

マツダCX-8 XDプロアクティブのインパネ回りです。

メーター・スイッチ類はオーソドックスな、見やすく使いやすい位置でコンパクトにまとめられ、大きく視線・手元をぶらさず運転に集中できるようになっています。

インパネ回りには、CX-8 XDプロアクティブのフロントグリルを思わせる、シルバー加飾の5角形エアコンルーバーや、ダブルステッチ加工のソフトパッドが、コクピットの高級感を演出しています。

マツダCX-8XDプロアクティブ

マツダCX-8 XDプロアクティブの車内空間は、シックに落ち着いたブラック基調でまとめながら、ドアトリムやコンソールボックスにあしらったエボニーステッチのディープレッドが、その深みを引き出しています。

また、セカンドのキャプテンシートが車内全体の「抜け感」を演出、サードシートとの行き来が容易になる他、同乗者に開放感を与え、快適なドライブが楽しめるでしょう。

マツダCX-8XDプロアクティブ

マツダCX-8 XDプロアクティブのシート表皮はファブリックのクロスとなっています。

丈夫で通気性が高いため座り心地がよく、飽きの来ないシンプルで洗練されたデザインも、長く乗る愛車にはピッタリと言えるでしょう。

CX-8 XD プロアクティブの実燃費は?

マツダCX-8XDプロアクティブ

CX-8 XD プロアクティブの平均実燃費 13.2km/L

マツダ CX-8 XD プロアクティブのカタログ燃費は17.6km/Lです。

渋滞が発生するような市街地の燃費は、9~11km/Lほどですが、流れの良い幹線道路や郊外の道路では、15~17km/Lまで燃費が良くなります。

一番良かったのは高速道路の燃費で、18~19km/L台まで燃費が伸びるでしょう。

ちなみに、ライバル車であるトヨタ ランドクルーザープラド2.7TX(7人乗り)の平均実燃費は8.1㎞/Lとなっていました(カタログ燃費は9.0㎞/ℓ)。

CX-8 XD プロアクティブを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

マツダCX-8XDプロアクティブの競合

CX-8 XD プロアクティブランドクルーザープラド2.7TXアルファード2.5X
3,762,000円3,760,900円3,438,600円
CX-8 XDプロアクティブより1,100円安い323,400円安い
2,200㏄ディーゼル2,700ccガソリン2,500㏄ガソリン
17.6㎞/ℓ(カタログ燃費)9.0㎞/ℓ(カタログ燃費)11.6㎞/ℓ(カタログ燃費)
19インチアルミホイール17インチアルミホイール16インチアルミホイール
アダプティブLEDヘッドランプLEDヘッドランプLEDヘッドランプ
LEDフォグランプ(フロント※DOP)LEDフォグランプLEDフォグランプ
自動ブレーキ(スマートブレーキサポート)自動ブレーキ自動ブレーキ
レーダークルーズコントロール(全車速追従式)レーダークルーズコントロールレーダークルーズコントロール
本革巻きステアリングホイール&シフトノブウレタンステアリングホイール&シフトノブ本革巻きステアリングホイール
シート表皮(クロス)シート表皮(ファブリック)シート表皮(ファブリック)
リアドアウィンドーサンシェード(※MOP)サンシェードなし後席用サンシェード
パワーリフトゲート(※MOP)パワーバックドアなしパワーバックドアなし
ルーフレール(※MOP)ルーフレール(※MOP)ルーフレールなし

運転席&助手席シートヒーター

シートヒーターなしシートヒーターなし

ステアリングヒーター

ステアリングヒーターなしステアリングヒーターなし
運転席10ウェイパワーシート運転席6ウェイマニュアルシート運転席6ウェイマニュアルシート
助手席ラチェットレバー式シートリフター助手席4ウェイマニュアルシート助手席4ウェイマニュアルシート
6スピーカー6スピーカー8スピーカー
アドバンストキーレスエントリースマートキースマートキー
3ゾーン対応フルオートエアコンフルオートエアコンフルオートエアコン

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

※赤文字は3車の中で特に優れている項目

マツダCX-8 XDプロアクティブの値引き交渉では、ライバル車との競合を通して値引き条件を詰めていくのがセオリーですが、今回はトヨタのランドクルーザープラド2.7TXとアルファード2.5Xをピックアップしました。

価格やパワートレイン、燃費に装備を比較してみると、価格はCX-8 XDプロアクティブとランドクルーザープラド2.7TXがほぼ同じ、アルファード2.5Xが約32万円安くなっています。

燃費は唯一ディーゼルのCX-8 XDプロアクティブが抜群ですが、それを出してしまうと、営業マンも「そうでしょ?優れているでしょ?だからこの値段で(値引きせず)買って下さい」となってしまいます。

装備はCX-8 XDプロアクティブが抜群、19インチアルミホイール、シートヒーター、ステアリングヒーター、運転席パワーシートなど、ライバル車に対してかなりのアドバンテージをとっています。

でも、そんな事を言うと、やはり「そうでしょ?だから(以下同文)」となってしまうので、値引き交渉では「どれにしようか迷っている」≒「装備よりも金額(値引き)で決めたい」という姿勢を一貫しましょう。

ランドクルーザープラドと競合させる時は「家内がトヨタ信者で困っている。どちらも同じような値段だから、CX-8 XDプロアクティブに同意させる決め手として、値引きを頑張って欲しい」等とアプローチしましょう。

一方のアルファード2.5Xと競合させる時は「家内は(CX-8 XDプロアクティブより)安いアルファードに心が傾いて、装備アピールが効かない。この金額差が逆転できないと家内を説得できない」などと焦らせましょう。

その上で「私はCX-8 XDプロアクティブが買いたい。私は家内の説得を頑張るから、あなたは値引きを頑張って欲しい。力を合わせて頑張りましょう」と、あなたが本気を見せれば、営業マンもそれに応えてくれるでしょう。

CX-8 XD プロアクティブのリセールバリューは?

マツダCX-8XDプロアクティブ

CX-8 XDプロアクティブを購入するなら、売る時にはいくらで売れるのか、興味のある所ではないでしょうか。

ここでは新車から3年が経過したCX-8 XDプロアクティブのリセールバリューを考察したいと思います。

※新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名新車価格買取相場新車価格に対してのリセールバリュー
2.2 XD3,196,800円201万円62.8%
2.2 XD プロアクティブ3,537,000円229万円64.7%
2.2 XD Lパッケージ3,958,200円265万円66.9%
2.2 XD(4WD)3,429,000円223万円65.0%
2.2 XD プロアクティブ(4WD)3,796,200円255万円67.1%
2.2 XD Lパッケージ(4WD)4,190,400円289万円68.9%

※マツダCX-8は2017年発売のため、買取相場は同じマツダのCX-3&CX-5のデータをベースに、同価格帯のクロスオーバーSUVの買取相場動向も含めて算出した予測値です。

CX-8 XDプロアクティブの3年落ちリセールバリューはいずれも60%台となっており、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値が50~55%である事と比べて、優れている=買い替えに有利なクルマと言えるでしょう。

その中で、グレードが上がるほどリセールバリューが高く、FFと4WDでは4WDの方がリセールバリューの高い傾向が示されていますから、CX-8 XDプロアクティブのグレード選びの参考になるでしょう。

とは言え、全グレードのリセールバリュー差は6.1%しかありませんから、高リセールを狙うなら、グレード選びもさることながら、キレイに乗ることと、買取査定のプラスになるオプション選びが重要になるでしょう。

CX-8 XD プロアクティブの値引き後の総支払額は?

マツダCX-8XDプロアクティブ

CX-8 XD プロアクティブの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのCX-8 XD プロアクティブ新車値引き見積もり

グレード名CX-8 XD プロアクティブ
車両本体価格3,762,000円
(メーカーOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(ディーラーOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用119,030円
目標値引き▲100,000円
オプション値引き--
支払総額3,781,030円

オプションを全く付けない状態のCX-8 XD プロアクティブの見積もりは、値引きを含んで3,781,030円でした。

上記の値引きを達成できれば、諸費用を概ね相殺、ほぼ車両本体価格でCX-8 XDプロアクティブが買えてしまいます。

オプションなしで購入しても、付属品を全く付けないのはさすがに現実的ではないので、純正オプションより安いネット通販で買える社外品で揃えた場合はいくらになるのか、出してみました。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット13,770円(14カラー)36,936円(ラグジュアリータイプ)
ドアバイザー19,870円29,828円(アクリルタイプ)
ナビゲーション41,670円(SDカード)48,600円(SDカード)
革調シートカバーなしなし

一番お手軽なのは、自分で取り付け出来るフロアマットです。

社外品の値段も純正品と比べると半額以下なので、ネット通販で購入して自分で取り付ければ割安感は高いでしょう。

ドアバイザーは自分で付けるには少々面倒な作業となります。取り付け説明書や取り付け手順を紹介した動画もあるので、やって出来ない事はないですが、自信がないならディーラーで付けてもらうと良いでしょう。

おススメは、新車購入時にドアバイザーの持ち込み取り付けを条件として入れて契約することです。

バイザーくらいなら、新車契約時であれば工賃サービスで付けてもらう事も十分可能です。値引き交渉と一緒にお願いしてみましょう。

上記の社外品は楽天市場で購入できます。

すすめオプションを含んだCX-8 XD プロアクティブ新車値引き見積もり

マツダCX-8XDプロアクティブ

グレード名CX-8 XD プロアクティブ
本体価格3,762,000円
メーカーOPスノーフレイクホワイトパールマイカ、パワーリフトゲート&ルーフレール&リアサンシェード+CD/DVDプレーヤー+地上デジタルチューナー(フルセグ)
OP価格183,600円
ディーラーOPETC2.0ユニット(ナビ連動タイプ)、ナビゲーション用SDカードプラス、ドライブレコーダー、サイドバイザー、フロアマット(ラグジュアリータイプ)
OP価格172,512円(工賃込み)
諸費用119,030円
目標値引き▲100,000円
OP値引き▲34,000円(ディーラーOPの20%)
支払総額4,103,142円

CX-8 XDプロアクティブのおすすめオプションを含めた新車値引き見積もりです。

メーカーオプションでは、高リセールが期待できるスノーフレイクホワイトパールマイカを選択、オプション料金以上の買取査定アップが見込めます。

更に、音楽やテレビが楽しめるようにCD/DVDプレーヤーと地上デジタルチューナー(フルセグ)を、リフトゲートの開閉や荷物積載を楽にするルーフレール等もチョイスしています。

ディーラーオプションは定番のサイドバイザー&フロアマット、マツダコネクトでナビ表示させるためのSDカードとETC2.0車載器、そして最近の交通トラブルによって選ばれることが多くなっているドライブレコーダーを選んでいます。

以上のオプションを選択して、値引きと諸費用を含めて、CX-8 XDプロアクティブの総価格は、3,878,142円となりました。

CX-8 XD プロアクティブの値引き実例は?

マツダCX-8XDプロアクティブ

現行CX-8 XDプロアクティブは、実際にどのくらいの値引きで購入されているのか、当サイトに寄せられた皆さんの値引き実例を見てみましょう。

購入時期グレード名値引き額
2018年1月CX-8 XD プロアクティブ18.0万円
2018年1月CX-8 XD プロアクティブ15.0万円
2017年12月CX-8 XD プロアクティブ18.3万円
2017年12月CX-8 XD プロアクティブ15.0万円
2017年11月CX-8 XD プロアクティブ20.1万円
2017年10月CX-8 XD プロアクティブ(4WD)19.9万円
2017年10月CX-8 XD プロアクティブ22.2万円
2017年9月CX-8 XD プロアクティブ18.5万円
2017年8月CX-8 XD プロアクティブ10.0万円
2017年8月CX-8 XD プロアクティブ(4WD)18.5万円
2017年8月CX-8 XD プロアクティブ19.9万円
2017年8月CX-8 XD プロアクティブ21.5万円

CX-8 XDプロアクティブは2017年12月の発売ですが、それより前から予約注文を受け付けていました。

予約段階での商談では19~20万円オーバーの値引きも出ていましたが、発売直後は値引きのガードも固くなり、15~18万円程度にとどまっています。

とは言え、今後は徐々にガードも緩くなり、値引き相場は上昇していくでしょう。中間決算期(8~9月)や年度末決算期(1~3月)はCX-8 XDプロアクティブを安く購入できるチャンスです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


CX-8の値引き交渉のノウハウはこちら

CX-8の値引き

当サイトのCX-8値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-8を限界値引きで購入しています。

今月のCX-8の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>CX-8値引き交渉マニュアル

-CX-8の値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.