デリカD5の評価集

デリカD5の4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

デリカD5の4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

三菱のフラッグシップ・ミニバン「デリカD5」は、ミニバンならではの室内スペースの広さや使い勝手のよさに加え、SUVのような力強い走行性能を兼ね備えたモデルとして異彩を放っています。

また、燃費・環境性能の優れたクリーンディーゼル車が用意されているのも特徴です。

そして、2WD車のみならず4WD車も設定されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底評価します!

デリカD5の4WDグレードの価格は?

売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

デリカD5の4WD車には、大別するとクリーンディーゼル車とガソリン車の2タイプが用意されていますが、当サイト独自の調査によると、売れ筋グレードはクリーンディーゼル車のエントリーグレード「2.2M」となっています。

同グレードには2WD車が存在しないため、2Lガソリンエンジンを搭載する2WDグレード「2.0Gリミテッドパッケージ」と価格を比較すると、2.2Mの方が1,040,040円高くなっています。

デリカD5  2.0 Gリミテッドパッケージ 2WD 2,802,600円

デリカD5  2.2M 4WD 3,842,640円

パワートレインや駆動システムに掛けられたコストの差や、装備の差などを考慮すれば、およそ104万円もの価格差もやむを得ないところでしょう。

4WD車と2WD車との仕様の違いは?

デリカD5 4WD車のボディスペック

スペック
デリカD5  2.0Gリミテッドパッケージ 2WDデリカD5  2.2M 4WD
全高(mm)1,850
1,875
最低地上高(mm)190185
車両重量(kg)1,690(8人乗り)
1,930(8人乗り)
最小回転半径(m)5.75.6

4WD車を2WD車と比較すると、全高25mm大きく、最低地上高が5mm低く、車両重量が240kg重くなっています。

また、最小回転半径が2WD車よりも0.1m小さいのも相違点のひとつです。

デリカD5 4WD車のパワートレイン&メカニズム

4WD車のエンジンが2.2Lディーゼルターボ(最高出力145ps/最大トルク38.7kgm)または2.4LガソリンNA(最高出力170ps/最大トルク23.0kgm)であるのに対し、2WD車は2Lガソリンエンジン(最高出力150ps/最大トルク19.4kgm)となります。

数値で分かる通り、4WD車の方が力強い加速が可能です。

デリカD5 4WD車のインテリア

4WD車はフロアが20mm低いため、乗降性や荷物の積載性で若干不利です。

デリカD5 4WD車の装備

運転席・助手席シートヒータースイッチ

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

2.2Mにあって2.0Gリミテッドパッケージに無い装備として、運転席・助手席シートヒーターや寒冷地仕様(ヒーテッドドアミラー、サードシートヒーターダクト、スタートアップヒーター)などがあげられます。

また、タイヤも2.2Mの方が大径かつワイドなものが装着されています。

デリカD5のライバル車との価格差は?

デリカD5 4WDのライバル車は?

デリカD5のライバル車のCX-8

※CX-8:mazda.co.jp

デリカD5は、SUVテイストのミニバンというオンリーワンのキャラクターを持つため、真っ向から競合するライバル車は存在しません。

そこで、ピープルムーバーとしての性格も持つクロスオーバーSUV「マツダ・CX-8」を、敢えて比較の遡上(そじょう)に載せることにしました。

2.2D パワーパッケージと競合するグレードには、エントリーグレードの「XD」が該当しそうです。

価格はデリカ:D5・2.2Mが384万2,640円、CX-8・XDが360万7,200円で、その差は23万円強となっています。

パワートレインの違いは?

ともにエンジンはディーゼルターボで、排気量もほぼ同等であるものの、スペックは最高出力190ps/最大トルク45.9kgmを発生するCX-8が、148ps/最大トルク36.7kgmのデリカD5を大きく上回ります。

スペック
デリカD5  2.2M 4WD

CX-8 XD 4WD

最高出力(ps)145
190
最大トルク(kgm)38.745.9
車両重量(kg)1,930
1,850~1,890

エンジンからの動力性能では、デリカD5が劣ってしまうのは否めません。

装備の差は?

快適装備面では、運転席・助手席シートヒーターやスタートアップヒーター、リヤマニュアルクーラーなどが備わるデリカD5の充実度が光ります。

一方、安全装備面では、予防安全システム「アイ・アクティブセンス」やSRSサイド&カーテンエアバッグシステムが備わるCX-8の圧勝です。

トータルでは一長一短といったところでしょう。

デリカD5・4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

デリカD5・2.2Mの燃費性能は、カタログ燃費(JC08モード)が13.0km/L、当サイトの調査による実燃費が10.6km/Lとなっています。

達成率は81.5%で、かなり優れた部類に入ります。

2WD車と4WD車の実燃費の差は?

当サイトの調査によるガソリン車のGリミテッドパッケージ 2WDの実燃費は8.6km/Lなので、2.2Mの方が2.0km/L勝ります。

カタログ燃費が同一であるにも関わらず僅かに差が付いたのは、ディーゼルターボエンジンは回転を上げずに走行できるため、燃費向上に繋がったと推測できます。

ライバル車との実燃費の差は?

CX-8は2017年12月14日の発売予定であるため、実燃費のデータがありませんが、4WD車のカタログ燃費17.0km/Lに弟分「CX-5」の実燃費達成率77%を掛けると、13.1km/Lとなります。

いずれにしても、デリカD5を上回ることは確実でしょう。

デリカD5・4WD車の雪道の走行性能は?

デリカD5の4WDはどんなシステム?

デリカD5 4WDの概要

デリカD5 4WDのシステム(アクティブオンデマンド式4WD)

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

デリカD5の4WDシステムは、「4輪接地荷重コントロール」「4輪駆動/制動力配分コントロール」「4輪スリップコントロール」の3つの要素からなる、三菱独自のAWC(オールホイールコントロール)の思想を導入したアクティブオンデマンド式「電子制御4WD」が採用されています。

〇 デリカD5 4WDの制御

横滑りなどが発生するとエンジンやブレーキとの統合制御を行う「スタビリティコントロール機能」や、雪道などの滑り易い路面で発進する際にエンジンやトランスミッション、ブレーキとの統合制御を行う「トラクションコントロール機能」が備わります。

デリカD5のドライブモードセレクター

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

また、ドライブモードセレクターの操作により、燃費に優れたFF走行を行う「2WD」、路面状況や走行状況に応じ、電子制御カップリングを介して前後輪に適切なトルク配分を行う「4WDオート」、電気的に直結(前後輪トルク配分50:50)の状態に固定し、雪道や登坂路などで優れた走破性を発揮する「4WDロック」の3種類の走行モードが選択ができます。

デリカD5の雪道での実際の走行性能は?

デリカD5 4WDの発進・加速時

デリカD5 4WDの雪道での走行性能は?

凍結していない雪道ならば、ドライブモードセレクターを4WDオートに入れておけば十分対応できます。

2WDモードで発進を試みると、前輪がホイールスピンしてタイムロスが発生してしまいますが、4WDオートモードならそうしたこともありません。

また、ミュー(摩擦係数)の低いアイスバーンでは、より強力なトラクションを発揮する4WDロックモードが威力を発揮します。

デリカD5 4WDの登坂・降坂時

登坂時においても、発進・加速時と同様に雪面の情況に応じて4WDオートまたは4WDロックモードを選択すれば、スタックすることはまず無いはずです。

また、下り坂でなるべくフットブレーキに頼らず走行したい場合は、確実に4輪にエンジンブレーキが掛かる4WDロックモードが有効です。

デリカD5 4WDの通常走行時

重心位置が高いので、コーナリング時のオーバースピードには注意する必要がありますが、セオリーを守った走行を心掛けてさえいればコントローラブルかつ安定しています。

また、最低地上高がSUV並みの210mmあるため、深雪の際にミニバン離れした走破性を発揮するのもデリカD5の特徴です。

デリカD5・4WDのまとめ

デリカD5・4WD車の雪道での走行性能は、ミニバンとしては間違いなく最高水準にあります。

豪雪地帯で使用するピープルムーバーとしては、最良の1台でしょう。

ただし、標準装備されるマッド&スノータイヤでは浅い新雪程度までしか対応できないので、スタッドレスタイヤへの交換が大前提になります。

一方、燃費性能に関しては、2.4Lガソリンエンジン車の場合は実燃費8.6km/Lとあまりほめられた数値ではありません。

しかし、クリーンディーゼル車の方は悪くない数値である上、単価の安い軽油を使用するので、経済性を重視するならこちらがおススメです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


デリカD5の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのデリカD5値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がデリカD5を限界値引きで購入しています。

今月のデリカD5の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>デリカD5値引き交渉マニュアル

-デリカD5の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.