三菱車モデルチェンジ推移と予想

三菱 デリカD5 モデルチェンジ推移2012年7月12日

三菱ニュースリリースより

--------------------

三菱自動車、『デリカD:5』を一部改良
~4WD車の燃費を向上し、エコカー減税(50%軽減)に適合~

三菱自動車は、ミニバン『デリカD:5』4WD車の燃費を向上させるなど一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて7月19日(木)より発売します(メーカー希望小売価格:2,330,000円~3,787,000円、消費税込)。

今回の一部改良では、4WD車で減速エネルギー回生システム*1改良等により燃費を約6%向上させ11.2km/L(JC08モード燃料消費率)とし、平成27年度燃費基準を達成することでエコカー減税(50%軽減)に適合しました(2WD車は従来から75%軽減)。また、内装色を変更して質感を高めたほか、カーナビゲーション(MMCS*2)の次世代化やロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステムに「DTS Neural SurroundTM」や「DolbyR Volume」を採用するなど、機能や装備の向上を図りました。

*1: 減速時のエネルギーで発電した電気をバッテリーに充電。アイドリングや走行中に、蓄えた充電分を消費するまで発電を抑制。その間は発電機を駆動するためのエンジン負担が軽減され、燃費性能の向上に貢献するシステム
*2: Mitsubishi Multi Communication System(三菱マルチコミュニケーションシステム)

1. 改良内容
?4WD車で、減速エネルギー回生システムの効果を更に向上させるバッテリーの採用および、停車時にエンジンと駆動系を切り離して、エンジン負荷を軽減することで燃料消費を抑制する「アイドルニュートラル制御」の採用(2WD車は採用済み)により、燃費を約6%向上させ11.2km/L(JC08モード燃料消費率)とし、平成27年度燃費基準を達成することでエコカー減税(50%軽減)に適合しました。
従来のダークグレー内装に代わり、ブラック内装を設定。ベージュ内装についても、シート生地を変更することで、インテリアの質感を向上しました。

カーナビゲーション(MMCS)は、渋滞情報や標高データをもとに、燃費消費量の少ない省エネルートを探索する機能や、BluetoothR対応携帯電話*3を接続し、サーバー経由で全国の交通情報やリアルタイムの渋滞情報を受信するテレマティクス機能などを新たに搭載し、より見やすく、わかりやすく、使いやすいメモリーナビゲーションへ進化しました。
ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステムは、2チャンネルで録音された音楽ソースを5.1チャンネルで録音された音楽ソースのように臨場感あふれるサウンドで再生する「DTS Neural SurroundTM」や、オーディオソース間等で生じやすい音量レベル差を自動で均一化する「DolbyR Volume」などの機能を新たに追加することで、さらに高品位なサウンドを実現しました。

*3:一部接続不可な機種があります。

2. 販売概要

(1) 販売目標台数
1,300台/月

・価格(消費税込み)

2,330,000-3,787,000円

三菱自動車、『デリカD:5』を一部改良

三菱 デリカD5のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-三菱車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.