三菱車モデルチェンジ推移と予想

三菱 デリカD5 モデルチェンジ推移2012年12月26日

三菱ニュースリリースより

--------------------

『デリカD:5』にミニバン初のクリーンディーゼルエンジン搭載車を設定
~ミニバンに求められる低燃費とSUVに求められる力強い走りを両立して発売~

三菱自動車は、『デリカD:5(ディーファイブ)』にミニバン初となるクリーンディーゼルエンジン搭載車を設定し、全国の系列販売会社を通じて2013年1月11日(金)から販売します。メーカー希望小売価格は、3,419,000~3,934,000円(消費税込)。平成21年排出ガス規制(ポスト新長期規制)に適合したクリーンディーゼルエンジンを搭載したことで、エコカー減税(免税)及び平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額14万円)*の対象車となっています。

*・・・一般社団法人 次世代自動車振興センターに申請して交付決定されることにより、平成24年度は上記を上限として補助金交付が受けられます。

5代目となる『デリカD:5』は、ミニバンの優しさとSUVの力強さを融合させたラージサイズミニバンとして2007年1月に発売開始。『デリカ』らしさを体現したスクエアで逞しいエクステリア、環状骨格構造のリブボーンフレームにより高い安全性を実現したボディ、燃費・排出ガス性能に優れるMIVECエンジン、路面状況や走行状況に応じて前後輪の駆動力配分を適正化する電子制御4WD、ラフロードでも優れた走破性を発揮する最低地上高と対地障害角、多彩なシートアレンジと豊富な収納スペース、高品質で迫力ある音場を実現するプレミアムサウンドシステムなどにより好評を博し、国内の累計販売台数は10万台を超えています。

今回は、従来のアイドリングストップ機能付の2.0L MIVECエンジンを搭載して優れた燃費性能を発揮する2WD車(エコカー減税75%)と2.4L MIVECエンジンを搭載して力強い走りを実現する4WD車(同50%)に加え、『デリカ スターワゴン』(2代目、3代目)や『デリカ スペースギア』(4代目)など歴代デリカのディーゼルファンから頂いた根強いご要望にお応えし、優れた環境性能と力強い動力性能を両立した2.2LクリーンディーゼルエンジンをINVECS-II6速スポーツモードATと組み合わせて搭載。JC08モード燃料消費率で2.0L MIVECエンジン搭載車(2WD)と同様の13.6km/L、最大トルクは2.4L MIVECエンジン搭載車(4WD)の約1.6倍となる360N・m(36.7kg・m)/1,500~2,750rpmを実現し、長距離移動や多人数乗車というミニバンとしての用途、アウトドアレジャーなどSUVとしての用途に最適な燃費性能と動力性能を実現しています。

1.商品概要

(1)グレード展開
2.4L MIVECエンジンを搭載した上級グレード「G-Premium」(4WD)と量販グレード「G-Power package」(4WD)をベースに、2.2L クリーンディーゼルエンジンとINVECS-II 6速スポーツモードATを組み合わせて搭載した「D-Premium」(4WD)と「D-Power package」(4WD)を設定。ミニバンに求められる低燃費とSUVに求められる力強い走りを両立させ、静粛性を高めてガソリンエンジン搭載車と同等の快適な居住空間を実現し、操縦安定性と乗り心地を高次元でバランスさせています。
「D-Premium」は、MMCS(ナビゲーションやオーディオなど)、プレミアムサウンドシステム、電動テールゲートなどの快適で便利な機能装備を満載。「D-Power package」は、運転席側及び助手席側の電動スライドドア(セーフティ機構付)に加え、運転席及び助手席のシートヒーターを標準装備しています。尚、ベース車同様、内装色(ブラック、ベージュ)と乗車定員(7人乗り/8人乗り)を選択可能としています。

(2)エンジン
欧州仕様の『アウトランダー』で実績のある4N14型 2.2L DOHC 16バルブ 4気筒 コモンレール式DI-Dクリーンディーゼルエンジンを、ミニバンとして燃費性能・排出ガス性能・動力性能の最適化を図って搭載しました。
高精度なコモンレール式燃料噴射システムや最先端の排出ガス浄化システムなどを採用し、大気汚染の原因となるNOX(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)を大幅に低減して、平成21年排出ガス規制(ポスト新長期規制)に適合。また、JC08モード燃費(国土交通省審査値)で13.6km/Lを実現し、平成27年度燃費基準+20%を達成。エコカー減税(免税)及び平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額14万円)*の対象車となっています。

*・・・一般社団法人 次世代自動車振興センターに申請して交付決定されることにより、平成24年度は上記を上限として補助金交付が受けられます。
最高出力109kW(148PS)/3,500rpm、最大トルク360N・m(36.7kg・m)/1,500~2,750rpmを発揮。タービン容量を可変制御するVGターボチャージャーを採用したことにより、低回転域では力強いトルクを発生し、高回転域まで滑らかに加速する、多人数乗車や長距離移動での使用頻度が高いミニバンにとって最適かつ快適な動力性能を実現しています。
コモンレール式燃料噴射システムにより燃焼を高精度に制御し、ミニバンとして燃費性能・排出ガス性能・動力性能を高次元でバランスさせた結果、ディーゼルエンジンでトップレベルの低圧縮比14.9を実現。これにより、アルミシリンダーブロックなどの軽量素材の採用が可能となり、エンジン自体を軽量化することで低燃費化にも寄与しています。

(3)トランスミッション
エンジン同様、欧州仕様の『アウトランダー』で実績のあるINVECS-II 6速スポーツモードATを、シフトパターン、直結領域、スリップ直結などの最適化を図って採用しています。
様々な道路状況やドライバーの走り方をマッチングさせ、シフトパターンを最適制御するINVECS-IIを採用。Dレンジでは、登坂路での不要なアップシフトを抑えて必要な駆動力を維持し、降坂路では最適なギヤを選択して適度なエンジンブレーキを効かせます。
ステアリングホイールから手を離さず指先だけで素早く変速操作ができるパドルシフトを採用し、走行状況に応じて1~6速を選択可能としています。これにより、スポーティなドライビングは勿論、降坂路や信号停止前などエンジンブレーキが必要な場合、或いは登坂路で大きなトルクが必要な場合など、思い通りに素早く変速することが可能です。
Dレンジで停車中にエンジンと駆動系を切り離し、エンジン負荷を低減することで燃料消費を抑制するアイドルニュートラル制御を採用し、燃費を向上させています。
急勾配の登降坂路や牽引時に必要な動力性能を引き出すLレンジを設定。Lレンジでスポーツモードを選択した場合、1速と2速の切り替えが可能です。

(4)ボディ
環状骨格構造のリブボーンフレームを採用した高剛性ボディにより、衝突安全性、操縦安定性、静粛性を高いレベルで実現していますが、クリーンディーゼルエンジン搭載車では、エンジンルーム、ダッシュパネル、フロアパネル、ルーフパネル、インストルメントパネルなど、要所にきめ細かい制振・遮音・吸音対策を実施して静粛性を高め、ガソリンエンジン車と同等の快適な居住空間を実現しています。

(5)シャシー
クリーンディーゼルエンジン搭載による重量増に伴い、フロント・リヤともにショックアブソーバーの減衰力を最適化し、操縦安定性と乗り心地を高次元でバランスさせました。また、前輪分担重量の増加に伴い、ステアリングギヤのシリンダーサイズとバルブ特性を見直し、操舵フィーリングの最適化を図りました。

2.販売概要

(1)販売目標台数
700台/月(2012年度、クリーンディーゼルエンジン搭載車のみ)

・価格(消費税込み)

2,330,000-3,934,000円

『デリカD:5』にミニバン初のクリーンディーゼルエンジン搭載車を設定

三菱 デリカD5のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-三菱車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.