デリカD5の評価集

デリカD5の内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

デリカD5の内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

デリカ:D5の悪路走行も苦にしない走行性能や、広い室内空間などが魅力のプレミアム・ミニバン、「三菱・デリカ:D5」の内装を徹底的に紹介します。

デザイン・ラインは標準系とローデスト系が用意され、室内は3列シート8人乗り仕様のほか、前者には7人乗り仕様も設定されています。

また、内装のセットオプションとして木目調パッケージや本革シートなどが用意されています。

デリカD5の内装の質感は?

内装色

標準系

Gパワーパッケージ/Gプレミアム/Dパワーパッケージ/Dプレミアムの内装

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

Gパワーパッケージ/Gプレミアム/Dパワーパッケージ/Dプレミアムには、写真のベージュのほかブラックも用意されています。

デリカD5Mのブラック内装

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

一方、廉価グレードMの場合はブラックのみの設定となっています。

ローデスト系

ローデスト系の内装(ダークグレー)

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

こちらはダークグレーとなります。

質感の面では標準系・ローデスト系とも共通で、高級感に欠けることに目をつむれば大きな不満の無い仕上がりとなっています。

シート表皮・デザイン

標準系・ローデスト系

デリカD5の標準系のシート

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

写真は標準系(※Mを除く)のものですが、シート表皮の色はドアトリムの色と統一されています。

表皮には汚れ加工プロテクトが施されているので、飲み物などをこぼしてしまった場合でも掃除がラクです。

ローデスト・ロイヤルツーリング(特別仕様車)

デリカD5 ローデストロイヤルツーリングの本革シート

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

こちらの特別仕様車には、メーカー・オプションであるブラックの本革シートが標準装備されます。

素材は100%本革ではなく、前席と2列目シートの座面および背もたれ以外の部分に合成皮革を用いたハイブリッドです。

また、汚れ加工プロテクトは施されていません。

シートのデザインは全車共通で、前席の座り心地はゆったり系というよりはタイト系で、サポート感に優れたものとなっています。

2列目シートは、写真の7人乗り(キャプテンシート)仕様の場合、前席と比較するとゆったりした座り心地で、アームレストと相まってくつろげるものとなっています。

一方、8人乗り(ベンチシート)仕様の場合、左右の席の座り心地は7人乗り仕様に準じるものの、中央席は窮屈でヘッドレストの高さも不足しているので、緊急用または子供用と割り切るべきでしょう。

3列目シートは、折り畳み式の割には座り心地は悪くない部類に属します。

ただし中央席にはヘッドレストが備わらないので、使用は控えた方が良いでしょう。

インパネ

デリカD5全車標準のインパネ

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

デリカD5 Mグレード以外にオプション設定ありの木目調パッケージ

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

上の写真が全車に標準で備わるインパネ、下の写真がMを除く全車にメーカー・オプション設定される本木目&本革巻ステアリングホイール+木目調パッケージです。

標準のインパネはブラック基調でやや素っ気ない印象ですが、質感は悪くありません。

一方、オプションのインパネは勿論リアルウッド素材ではなく、プラスチック素材を使用したフェイクですが、高級感を感じられる見栄えのする仕上がりとなっています。

デリカD5の収納・荷室の使い勝手は?

運転席・助手席回りの収納

アッパーグローブボックス+ロアグローブボックス

デリカD5のアッパーグローブボックス(クローズ時)

デリカD5のアッパーグローブボックス(オープン時)

デリカD5のロアグローブボックス

デリカD5のロアグローブボックス(オープン時)

上の写真が助手席前に備わるアッパーグローブボックス、下の写真がその下に備わるロアグローブボックスです。

アッパーグローブボックスは、底面トレイを装着した状態ではボックスティッシュの収納が可能です。

デリカD5のアッパーグローブボックスの底面トレイを外すとロアボックスをつながる。

また、底面トレイを取り外した状態ではロアグローブボックスとつながり、ある程度大きな物が収容できるようになります。

ロアグローブボックス単独では、車検証や取扱説明書、小物などの収容が可能です。

インパネサイドポケット

デリカD5のインパネサイドポケット

センタークラスター下部の助手席側に、小物類を収容できるポケットが装備されます。

カップホルダー

デリカD5のセンタークラスター下部のカップホルダー

デリカD5のセンタークラスター下部のカップホルダー(オープン時)

センタークラスター下部の助手席寄りに、プッシュオープン式のカップホルダーが装備されます。

インパネロアボックス

デリカD5のインパネロアボックス

デリカD5のインパネロアボックス(オープン時)

カップホルダー下部に、開閉式の小物入れが装備されます。

インパネセンターアクセサリーボックス

デリカD5のインパネセンターアクセサリーボックス

デリカD5のインパネセンターアクセサリーボックス(リッドオープン時)

センタークラスターに、リッド付の小物入れが備わります。

インパネポケット(2WD車のみ)

デリカD52WDのインパネポケット

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

ドライブモードセレクターの付かない2WD車には、その場所がポケットになっています。

スペースはミニマムなので、あまり使い道は無さそうです。

センターフロアコンソールボックス

デリカD5のセンターフロアコンソールボックス

デリカD5のセンターフロアコンソールボックス(オープン時)

左右のシート間に装備されるコンソールボックスに、後席用も含む4個分のカップホルダーとリッド付きの小物入れ、さらにAC100V用パワーサプライが備わります。

フロントドアアッパーポケット&ロアポケット

デリカD5のフロントドアアッパーポケット

デリカD5のフロントドアロアポケット

フロントドアに、小物類が収容できるアッパーポケット(写真上)と小物類およびドリンク1個が収容できるロアポケット(写真下)が装備されます。

前席の収容スペースは豊富で、ドリンク類や小物類の置き場に困ることはまずないでしょう。

ただ、欲を言えばセンタークラスターのカップホルダーは2個分欲しかったところです。

2列目シートの収納

シートバックポケット(助手席)

デリカD5の2列目助手席シートバックポケット

助手席のシートバックに、薄手の書類や雑誌が収容できるポケットが装備されます。

コンビニフック(運転席)

デリカD5のコンビニフック

デリカD5のコンビニフック

運転席のシートバックに、コンビニ袋やエコバッグなどが掛けられるフックが装備されます。

ボトルホルダー(リヤドア)

デリカD5リアドアボトルホルダー

リヤドアに、ボトルホルダーが装備されます。

ドリンク類は、センターフロアコンソールボックスを利用すれば4本収容できるので、8人乗り仕様に3人座った場合でも間に合います。

一方で小物類の置き場は不十分で、リヤドアにもポケットが欲しかったところですね。

3列目シートの収納

カップホルダー(クォータートリム)

デリカD5の3列目シートのカップホルダー

3列目シート側面のクォーターパネルに、カップ2個の収納が可能なホルダーが装備されます。

小物類の置き場はありませんが、大家族でない限り3列目シートの使用頻度は低いと思われるので、大きな不満にはならないでしょう。

デリカD5の荷室サイズは?どのくらい積める?

2名乗車時

デリカD5の荷室2名乗車

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

デリカD5の荷室(2人乗車時)

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

レジャーの道具などがたっぷり収容できます。

ただ、定尺ベニヤサイズの荷物が入らない点は、このクラスのミニバンとしては物足りなさがあります。

5名乗車時

デリカD5(5人乗車時)

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

デリカD5の5人乗車時の荷室は余裕がある。

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

複数のゴルフバッグやスーツケースなどがラクに収容できます。

これなら3~4泊程度の旅行にも十分対応できるでしょう。

7/8名乗車時

デリカD5の7~8人乗車の荷室は狭い。

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

車内はこんな感じに

※デリカD5:mitsubishi-motors.co.jp

この状態では荷室スペースはミニマムになってしまいます。

フル乗車した場合は、買い物の荷物置き場にも困るケースが出てきそうです。

デリカD5の内装まとめ

デリカD5

内装の質感は、このクラスのミニバンとして可も無く不可も無いというレベルですが、豪華さを求めなければ不満は感じないはずです。

収容スペースは、前席に関してはまずは十分と言えますが、2列目シートは今一つ物足りなさを感じます。

荷室スペースは、5名以下の乗車なら実用上十分と言えますが、3列目シートの折り畳みに力が必要なのが難点ですね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

デリカD5の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのデリカD5値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がデリカD5を限界値引きで購入しています。

今月のデリカD5の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>デリカD5値引き交渉マニュアル

-デリカD5の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.