デリカD5の評価集

デリカD5は運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

デリカD:5は運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

ミニバンのレベルを遥かに超える悪路走破性を誇るデリカD5に、魅力を感じている方も少なくないはずです。

しかし、ボディが大きいので運転が難しいのではないかと、購入をためらっていないでしょうか?

ここでは、実際にデリカD5の運転は難しいのかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

デリカD5の大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、デリカD5の売れ筋グレード「Dパワーパッケージ」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【デリカD5 Dパワーパッケージ】
全長 4,790mm
全幅 1,795mm
全高 1,870mm

全長こそ長いものの、1.8mを切る全幅は他社の大型ミニバンと比べナローです。

全幅が1.8m未満であれば、よほど狭い路地でない限りさほど苦労することはありません。

ここでソリオのOEM車、コンパクトカーのデリカD:2から乗り換えるケースを想定し、ボディサイズを比較してみます。

デリカD2

※デリカD2 出典mitsubishi-motors.co.jp

【デリカD:2 ハイブリッドMZ】
全長 3,710mm
全幅 1,625mm
全高 1,745mm

デリカD5はデリカD:2と比較すると全長が1m以上長く、全幅も17cmワイドです。

乗り換えた直後はさすがに大きさを意識させられるはずですが、日本の路上で持て余してしまうほどのサイズではないので、慣れてしまえば問題ないでしょう。

また、デリカD:2よりもフロアが高く見晴らしが良いことは、大きさのハンディを軽減するポイントになっています。

デリカD5の小回りは効くか?デリカD5の最小回転半径

次に、デリカD5の小回り性を検証してみましょう。

デリカD5の最小回転半径は5.6mで、デリカD:2の4.8mと比べ80cmも大きい数値です。

ボディが長いことと相まって、デリカD:2と比べて駐車の際に切り返しが必要になるケースが増えるでしょう。

ただ、ライバルのひとつであるエスティマの最小回転半径が5.7~5.9mであることを考えれば、このクラスとしては決して小回りが効かない方ではありません。

デリカD5は運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

デリカD5の車両感覚&運転感覚

デリカD5のフロントの見切りはまずまず

デリカD5はボンネットフードがスラントしているので、運転席からは先端の位置が確認できません。

デリカD5のフロントの見切りはまずまず!

しかし、フロントウィンドウの面積が大きく視界が良い上、ノーズが短くオーバーハングをさほど気にしなくて済むので、フロントの見切りはまずまずと言えるでしょう。

無理にギリギリまで寄せようとしない限り、フロントバンパーを障害物にぶつけてしまう可能性は少ないはずです。

また、斜め前方視界の点では、比較的細いAピラー(フロントピラー)や大きな三角窓のお陰で死角が少なく、右左折時に横断歩道上の歩行者を発見しやすくなっています。

デリカD5の車幅の感覚は掴みやすい?

デリカD5は運転席からボンネットの先端が見えないため、車幅の感覚はあまり掴みやすい方ではありません。

また、幅が広くなる3ナンバー車なので左右のAピラーが同時に視野に入らないことも、車幅を掴みにくくしている一因になっています。

とはいえ、余計な出っ張りのない箱型ボディのため、Aピラーやドアミラーを目安に運転すれば、車幅感覚は自然と養われていくでしょう。

また、アイポイントが高く視界も良いことから、狭い道路でのすれ違いもそれほど難しくありません。

デリカD5の後方視界はあまり良くない

セカンドシートのヘッドレストが視界を遮ってしまう

デリカD5のリアウィンドウは十分な面積があり、本来であれば十分な後方視界が得られるはずなのですが、立派なセカンドシートのヘッドレストが視界を遮ってしまうのが難点です。

また、Dピラー(リアピラー)が比較的太いため、斜め後方視界も死角がやや多くなっています。

バックや車線変更の際は、十分な安全確認を心掛けるべきでしょう。

デリカD5の駐車にはコツがある?

デリカD5はスクエアなボディ形状ゆえ、大きさの割にはボディ後端部の位置が把握しやすいのが美点です。

しかし、先ほど述べたように後方及び斜め後方に死角がある、各ウィンドウの下端部の位置が高く直近の背の低い障害物が視界に入らない、といった欠点もあります。

そのため、うかつに発進すると子供やポールなどに接触してしまう可能性があります。

車を動かす前の車両周辺の安全確認は当然やるべきことですが、特にデリカD5の場合は重要です。

ただ、駐車に際してデリカD5には良い点もあります。

それは、ベルトラインが水平なので、ベルトラインと白線が並行になるようにすれば真っ直ぐに駐車できることです。

デリカD5の運転で役立つアイテム

コーナーセンサー

デリカD5は運転席からボンネット先端が見えず、後方視界にもやや難があるので、駐車や切り返しの際に油断をすると、前後のバンパーをぶつけてしまう可能性があります。

そんなリスクを軽減するためには、ディーラーオプションのコーナーセンサーがお勧めです。

コーナーセンサー 警報音とインジケーター表示でお知らせ

※デリカD5 出典mitsubishi-motors.co.jp

このアイテムは、前後のバンパーのコーナー部に装着された超音波センサーで障害物を検知し、距離に応じて4段階の警報音とインジケーター表示でお知らせするものになります。

価格は69,530円とそれなりに高価ですが、保険のためと思って付けておいた方が良いでしょう。

リバースミラーコントローラー

助手席側のドアミラーで白線や死角の障害物などが確認できれば、バックでの駐車が楽になります。

とはいうものの、いちいち駐車の度にミラーを調整し、済んだらまた元に戻すのも面倒なものです。

リバースミラーコントローラー

※デリカD5 出典mitsubishi-motors.co.jp

しかしそんな煩わしさも、シフトレバーを「R」レンジに入れると自動で助手席側ドアミラーが下向きになるディーラーオプション、「リバースミラーコントローラー」を装着すれば解消できます。

価格は21,924円と高くないので、コストパフォーマンスは悪くありません。

バックカメラ

バックカメラ

※デリカD5 出典mitsubishi-motors.co.jp

ナビを付けるなら、ほぼセットで取り付ける事が多い、バックカメラです。

バックカメラがあれば、ギヤをバックに入れると後方直近の映像をナビ画面に表示できるので、安全確認にとても役立ちます。

目視では見えづらい背の低いポールやブロック塀など、バックカメラなら十分に確認出来るでしょう。

デリカD5の運転のしやすさまとめ

デリカD5は前方や側方の視界は優れているので、前進する場合に限ってはボディサイズの割に運転しやすい車と言えます。

大きい車に苦手意識のある女性でも、思いのほか容易に運転できるはずです。

しかし、バックする場合は、死角があるのであまり運転しやすい車とは言えなくなります。

バックでの駐車などを容易にするためには、ここで紹介したアイテムが必須と言えるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


デリカD5の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのデリカD5値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がデリカD5を限界値引きで購入しています。

今月のデリカD5の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>デリカD5値引き交渉マニュアル

-デリカD5の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.