ルークスの評価集

新型ルークスの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

6年ぶりのフルモデルチェンジを受け、ルークスの冠名が廃止された日産の軽スーパーハイトワゴン「ルークス」。

全面的にリニューアルされたルークスですが、引き続き雪国のユーザーなどに向けて4WD車が設定されています。

ここではルークスの4WDの燃費や雪道走行性能を徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

ルークスの4WDグレードの価格は?

ルークスの売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

ルークスのグレード体系は、標準系のS / Xシリーズとスポーティなハイウェイスターシリーズ、そして特別仕様車オーテックの3つのデザインラインを設定。

その中で売れ筋グレードは、当サイト独自の調査によるとハイウェイスターシリーズの廉価モデル「ハイウェイスターX」となっています。

同じグレードの2WD車との価格差は134,200円です。

ルークス X 2WD 1,734,700円
ルークス X 4WD 1,868,900円

134,200円の価格差は単にメカニズムに掛かったコストだけでなく、後ほど解説しますが4WDの方が装備が充実しているので、その分のコストも含まれています。

しかしライバル車の4WD・2WDの価格差と比べると、NBOXが133,100円、タントが121,000円、スペーシアが123,200円なので、ルークスは若干価格差が大きいのが気になるところです。

ルークス4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ルークス4WDのボディスペック

スペックルークス ハイウェイスターX 2WDルークス ハイウェイスターX 4WD
全高(mm)1,7801,800
最低地上高(mm)155150
車両重量(kg)9701,030

4WDは全高が20mmかさ上げされていますが、床下に4WDシステムのプロペラシャフトが張り出しているため、最低地上高は逆に5mm小さくなっています。

たった5mmの差なので、雪道走行時に影響は出ないはずですが、積雪地域のユーザーには少し気になるところでしょう。

また4WDシステムは重量がかさむため、4WDは大人一人分の60kg重くなっています。

ルークス4WDの装備

ルークスの4WDには、2WDには付かない「寒冷地仕様」が標準装備されています。

寒冷地仕様の内容は、以下の5点です。

  • 座面を暖める「前席ヒーター付シート」
  • 鏡面の曇りを防止する「ヒーター付ドアミラー」
  • 後席にエアコンの温風を送る「リヤヒーターダクト」
  • エアコン暖房を補助する「PTCヒーター」
  • 高濃度不凍液

いずれも、寒い地域でルークスに乗るために欠かせない装備です。

ルークス4WDとライバル車との価格差は?

ルークス4WDのライバル車は?

ルークスの最大のライバルといえば、やはり圧倒的なベストセラーカー「NBOX」でしょう。

ルークス ハイウェイスターXに相当するNBOXのグレードは、「カスタムG・L ホンダセンシング」です。

価格はルークスの1,868,900円に対し、NBOXは1,879,900円で11,000円高価ですが、実質ほぼ同等と言えます。

パワートレインの違いは?

スペックルークス ハイウェイスターX 4WDNBOX カスタムG・L ホンダセンシング 4WD
エンジンの最高出力 (ps) / 最大トルク (N・m)52 / 6058 / 65
モーターの最高出力 (kW) / 最大トルク (N・m)2.0 / 40-- / --
車両重量 (kg)1,030970

エンジンのスペックを比較すると、出力・トルクともNBOXが上回っています。

しかし、マイルドハイブリッドシステムを採用するルークスはモーターのアシストが付くので、トータルで同等と言えそうです。

しかし、ルークスの方が車両重量が60kgも重いので、動力性能の不利は否めません。

装備の差は?

ルークス ハイウェイスターX 4WDとNBOX カスタムG・L ホンダセンシング 4WDの装備を比較してみましょう。

ルークスにあってNBOXには無い装備

  • ヒーター付ドアミラー
  • PTC素子ヒーター
  • インテリジェントアラウンドビューモニター
  • 自動防眩ルームミラー
  • ハンズフリーオートスライドドア
  • フロント&バックソナー
  • SOSコール
  • SRSニーエアバッグシステム

NBOXにあってルークスには無い装備

  • ヘッドライトオートレベリング機構
  • シーケンシャルターンシグナルランプ
  • プラズマクラスター技術搭載エアコン
  • ETC車載器
  • 充電用USBジャック
  • アクセサリーソケット

全般的傾向として、安全装備はルークスの方が充実している一方で、快適装備はNBOXにしか付かないものが多くなっています。

トータルでは互角と言ったところでしょう。

ルークス4WD車の実燃費は?

カタログ燃費は?

ルークス ハイウェイスターX・4WD車のWLTCモードカタログ燃費は18.2km/Lです。

記事執筆時点で実燃費のデータがまた無いので、カタログ燃費×0.8で実燃費を計算すると、

18.2×0.8=14.4km/L

という数値が出ました。

4WD車と2WD車との実燃費の差は?

ルークス ハイウェイスターX・2WD車のカタログ燃費は、4WD車よりも2.6km/L優れています。

実燃費の差は、

2.6×0.8≒2km/L

4WD車の燃費は、2WD車よりも約2km/L劣ると推測されます。

ライバル車との実燃費の差は?

当サイトの調査によると、NBOX 4WD車の実燃費は14.6km/Lです。

ルークスの実燃費は現時点では推測値なので、同列に比較はできませんが、NBOXに大きく劣ることは無さそうです。

ルークス4WD車の雪道の走行性能は?

ルークスの4WDはどんなシステム?

ルークス4WDの概要

ルークスに採用されている4WDシステムは、コストや小型軽量化の面で有利な一方、性能があまり高くないビスカスカップリング式です。

ビスカスカップリング式は多くの軽4WD車に採用されていますが、NBOX 4WD車は例外的に、より高度な電子制御カップリング式を採用しています。

ルークス4WDの制御

通常は前輪駆動で走行しますが、前輪がスリップしたりカーブに差し掛かったりして前後輪に回転差が発生すると、ビスカスカップリングの働きで後輪にもトルクが配分され、駆動力を高めます。

電子制御カップリング式4WDのように、路面状況や走行状況をコンピューターに取り込んで精密な駆動力制御を行っているわけではないので、雪道の走破性の点で不利です。

ルークスの雪道での走行性能は?

ルークスの4WD方式は、これまで説明したとおり性能があまり高くないビスカスカップリング式です。

しかし、ルークスにはビスカスカップリング式の性能をある程度カバーできる、「ブレーキLSD機能」が付いています。

ルークスのブレーキLSD機能

nissan.co.jp/roox

ブレーキLSD機能は、雪道などで片側の駆動輪がスリップした際、スリップした側の駆動輪にブレーキを掛ける機能です。

そうすることでスリップしていない側の駆動輪に駆動力が集中するので、走行安定性が高まります。

ハスラーの「グリップコントロール」やキャストの「グリップサポート制御」と類似した機能ですが、SUVではない軽自動車に採用されるのは業界初でしょう。

この機能の助けもあり、発進・加速時にはスリップを最小限に抑えたスムーズな走りが期待できます。

とは言え、ビスカスカップリング式は2WDから4WDに切り替わる際にタイムラグがあるので、運転していて不自然さを感じることがあるかもしれません。

また、ビスカスカップリング式は下り坂では前輪にしかエンジンブレーキが利かないので、4WDだからといって過信は禁物です。

一方上り坂では、ビスカスカップリング式でも常時4輪に駆動力配分されるので、ビスカスカップリング式のネガはほとんど気にならないでしょう。

もちろん4WDだからといって夏タイヤのまま雪道を走るのは論外で、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンは必須です。

ルークス・4WDのまとめ

ルークス・4WD車の雪道での走行性能は、ブレーキLSD機能が付くため、軽ハイト系モデルの中では優れている方です。

最低地上高も雪道走行に最低限必要とされる150mmが確保されているので、よほどの大雪でない限り問題なく走行できるはず。

もちろんジムニーやハスラーなどには適いませんが、生活4駆と割り切るなら十分使えると思います。

一方、燃費性能に関しては、車両重量が重いこともあり軽4WD車としては決して良い方ではありません。

結局のところルークス・4WDは、室内の広さや荷室の使い勝手が最優先事項で、雪道走破性や燃費はある程度割り切れる人に向いています。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

ルークスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのルークス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がルークスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のルークスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ルークス値引き交渉マニュアル

-ルークスの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.