ルークスの評価集

新型ルークスの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

デイズルークスは、2020年2月のフルモデルチェンジで車名をルークスに変更。

同時に居住性や走り、安全性が向上するなど、全方位的な進化を果たしました。

ここでは、ルークスの人気グレードの比較や人気装備装備、各グレードの価格、リセールバリューなどを紹介します。

ルークスの価格が一番安いグレードは?

ルークス S (FF) 1,415,700円

ルークスの中で一番価格が安いグレードは 、SのFF車です。

一つ上のグレードXと比較して、130,900円安い設定となっています。

このSを選び、オプションを必要最低限に留めれば、リーズナブルにルークスの購入が可能です。

では、実際にルークス Sがいくらで購入できるのかシミュレーションしてみましょう。

購入グレードルークス S (FF)
車両本体価格1,415,700円
装着オプションフロアマット
オプション金額
21,560円
諸費用・税金
98,474円
▲70,000円
支払総額
1,465,734円

オプションはフロアマットのみに留め、ナビやサイドバイザーなどほかのオプションは一切装着していません。

車両からの目標値引きを達成したと仮定すると、支払総額は約146.5万円となりました。

ルークスとしては最安値ですが、先代デイズルークスのSと比べると車両価格がアップしている上、値引きが渋いため支払総額は高くなっています。

価格の安いルークス Sには省かれてしまう機能がある

価格の安さはSの魅力ですが、一つ上のXと比較すると省かれてしまう機能が色々あります。

では、Sはどのような機能が省かれているのかを見ていきましょう。

インテリジェントアラウンドビューモニター

ルークスのインテリジェントアラウンドビューモニター

nissan.co.jp/roox

車両を上から見下したような映像をディスプレイ付ルームミラーや純正ナビ画面に表示し、駐車をサポートする装備です。

歩行者や自転車などの移動物を検知すると、表示とブザーでお知らせする移動物検知機能も付きます。

周囲にほかの車や障害物があったり、歩行者が多い駐車スペースに駐車する際に、大きな助けになってくれるでしょう。

この装備をオプションでも付けられないSは、特に駐車が苦手な人にとって厳しいかもしれませんね。

ディスプレイ付自動防眩ルームミラー

ディスプレイ付自動防眩ルームミラー

nissan.co.jp/roox

先ほど紹介したインテリジェントアラウンドビューモニターとセットになる装備で、ルームミラー左側のディスプレイ部に映像を表示します。

また、後続車のヘッドライトを検知すると、自動で鏡面の反射率を下げて眩しさを軽減する自動防眩機能付きです。

Sの場合は、ディスプレイも自動防眩機能も付かない普通のルームミラーとなります。

IRカットガラス

ルークスのIRカットガラス

nissan.co.jp/roox

X以上のグレードのフロントガラスとフロントドアガラスは、赤外線を有効にカットするIRカット機能が付きますが、Sには付きません。

赤外線はジリジリした暑さの原因になるので、IRカット機能があるのと無いのでは快適性にかなり差が生じます。

プッシュエンジンスターター / インテリジェントキー

ルークスのプッシュエンジンスターター+インテリジェントキー

nissan.co.jp/roox

Sのリモートコントロールエントリーシステムは、ドアを施錠・解錠するためにキーを取り出してボタンを押す必要があります。

またエンジンの始動も、キーを鍵穴に差し込まないといけません。

しかしX以上のグレードに装備されるインテリジェントキーは、ポケットやバッグに携帯していればドアノブにタッチするだけで施錠・解錠が可能です。

またプッシュエンジンスターターも装備されるので、エンジンの始動・停止もボタンひとつでOK。

キーの機能が違うだけで、使い勝手は圧倒的に違います。

助手席シートバックポケット

ルークスの助手席シートバックポケット

nissan.co.jp/roox

X以上のグレードは、助手席シートバックにアッパー / ロアの2つのポケットを装備。

スマホや雑誌などを収納する際に重宝します。

この収納が付かないSは、後席の乗員が持ち物の置き場に困ってしまうかもしれません。

オートエアコン / 外気温度計

ルークスのオートエアコン

nissan.co.jp/roox

X以上のグレードは、タッチパネル式のオートエアコンを装備。

細かい温度設定ができる上、風量も自動で調整してくれるので便利です。

Sに装備されるマニュアルエアコンは、そうした至れり尽くせりの機能がありません。

ただし、ダイヤル式のため直感的に操作できるメリットもあります。

そして、外気温度計の装備も見逃せません。

外気温度が0℃以下になると路面凍結の恐れがあるので、冬場に外気温度を知ることは重要なのです。

助手席側ハンズフリーオートスライドドア

ルークスのハンズフリーオートスライドドア

nissan.co.jp/roox

Sのスライドドアは両側とも手動式なので、開閉にそれなりに力が必要ですし、両手がふさがっている時は不便です。

しかしXは、助手席側に限りますが電動開閉式スライドドアを採用しています。

しかも、足をかざすだけで自動で開閉できるハンズフリー機能付。

子供を抱きながら乗り込む際などは、特に重宝しますね。

このように最廉価グレードのSは、一つ上のXと比べると様々な機能が省かれてしまいます。

約13万円の差でこれだけの機能が付いてくると考えれば、Xはかなりお得なグレードと言えるでしょう。

しかしSも最低限必要な装備は付いているので、贅沢を言わなければ十分満足できると思います。

新型ルークスの売れ筋グレードは?

ルークスハイウェイスターX

nissan.co.jp/roox

ルークス ハイウェイスターX (FF) 1,734,700円

ハイウェイスター系の中で一番価格が安いハイウェイスターXが、ルークスの売れ筋グレードになっています。

アグレッシブな外観と、価格の割に充実した装備が人気の的になっているようです。

ターボやプロパイロットは付きませんが、軽自動車にそこまで望む人は少ないのでしょう。

ルークス ハイウェイスターXはいくらで買える?

では、売れ筋グレードのハイウェイスターXの支払総額を、今度は定番オプションを付けてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードルークス ハイウェイスターX (FF)
車両本体価格1,734,700円
メーカーオプションホワイトパール
メーカーオプション価格33,000円
ディーラーオプション日産オリジナルナビ、フロアマット、サイドバイザー、ETC、ドライブレコーダー
ディーラーオプション金額226,303円
諸費用・税金98,474円
車両値引き▲70,000円
オプション値引き(20%)▲45,000円
支払総額1,954,220円

この設定で、売れ筋のハイウェイスター X (FF) は約195.4万円で購入できる事が分かりました。

最廉価グレードSのシミュレーションと比べると、50万円ほど高額です。

ルークス ハイウェイスターX人気の装備は?

一つ下のグレードXと比較した場合、どんな装備が追加されているのかを見てみましょう。

LEDヘッドランプ / LEDシグネチャーポジションランプ

ルークスのLEDヘッドランプ

LEDヘッドランプ

ルークスのLEDシグネチャーポジションランプ

LEDシグネチャーポジションランプ

ヘッドランプとポジションランプにLED方式を採用。

Xのヘッドランプはハロゲン方式ですが、それよりも明るく長寿命で、消費電力も少ないメリットがあります。

さらにデザイン性も優れているので、とても人気の高い装備です。

LEDフォグランプ

ルークスのLEDフォグランプ

nissan.co.jp/roox

濃い霧が発生した際は、ヘッドランプの明かりだけでは路面がよく見えず、運転が怖いことがあります。

しかし、ヘッドランプの明かりを補助するLEDフォグランプも同時に点灯させれば視界が向上するので、安心感がグっとアップ。

また、フロントマスクをキリっと引き締める効果もあります。

点灯していない時でもメリットがある、ということですね。

14インチアルミホイール

ルークスの14インチアルミホイール

nissan.co.jp/roox

Xの14インチスチールホイール+フルホイールキャップよりも断然スタイリッシュな、14インチアルミホイールを採用。

バネ下荷重が軽くなるので、乗り心地や操縦安定性も向上するなど、ルックス以外のメリットもあります。

アルミホイールは、クルマ好きには欠かせないアイテムですね。

SOSコール

ルークスのSOSコール

nissan.co.jp/roox

万が一事故が起きてしまった場合や乗員が急病になってしまった場合、SOSコールを押せば専門オペレーターにつながり、対応をサポートしてくれます。

衝突事故でエアバッグが展開した場合は、自動で通報してくれるので安心です。

軽自動車初の安全装備として、見逃せません。

SRSニーエアバッグシステム

ルークスのニーエアバッグシステム

nissan.co.jp/roox

デュアル・サイド・カーテンエアバッグシステムに加え、ドライバーの足を保護するニーエアバッグシステムも付きます。

衝突安全性の点で普通車より不利な軽自動車だからこそ、必要な装備と言えるでしょう。

このように、ハイウェイスターXは単に外観がカッコいいだけでなく、安全に関わる装備が充実しているのが特徴です。

そうした点が、人気の的になっているのは間違いありません。

ルークスの価格が一番高いグレードは?

ルークスハイウェイスターGターボ

nissan.co.jp/roox

ルークス ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション (4WD) 2,066,900円

ルークスで価格が一番高いグレードは、ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディションの4WD車です。

一つ下のグレード、ハイウェイスター X プロパイロットエディションと比べ、89,100円高い設定になっています。

最上級グレードのハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディションは、値引きも含めてどれくらいの金額で購入できるのでしょうか?

定番オプションを付けてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードルークス ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション
車両本体価格2,066,900円
メーカーオプションホワイトパール / チタニウムグレー
メーカーオプション価格71,500円
ディーラーオプション日産オリジナルナビ、フロアマット、サイドバイザー、ETC、ドライブレコーダー
ディーラーオプション金額337,337円
諸費用・税金120,174円
車両値引き▲70,000円
オプション値引き(20%)▲66,000円
支払総額2,459,911円

折角の最上級グレードなので、少し贅沢をして2トーンカラーや上級ナビを選んだところ、ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディションの支払総額は約245.9万円となりました。

一番安いグレードのSと比較して、約100万円高額です。

安い軽自動車がもう1台買えてしまうほどの差ですね。

ルークス ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション人気の装備は?

一つ下のグレード、ハイウェイスター X プロパイロットエディションと比較した場合、どんな装備が追加されているかを見てみましょう。

本革巻ステアリングホイール

ルークスの本革巻ステアリングホイール

nissan.co.jp/roox

ルークスの中で、手触りや質感の優れた本革巻ステアリングホイールが装備されるのは、ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディションだけです。

他のグレードは、手触りも質感も劣るウレタンステアリングホイールとなります。

15インチアルミホイール

ルークスの15インチアルミホイール

nissan.co.jp/roox

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションのみ、他のグレードより1インチ大きい15インチアルミホイールを装備します。

大径ホイールと扁平タイヤの組み合わせは、カッコよさ抜群です。

ターボのパワーをしっかり受け止め、安定したコーナリングができます。

この2つの装備を除けば、ハイウェイスターX プロパイロットエディションと比較して実用的な機能の差はありません。

最大の違いはターボの有無で、ノンターボのハイウェイスターX プロパイロットエディンとのパワーの差は圧倒的です。

街乗りでは大差ありませんが、高速道路や山道の上りでは大きな差が付きます。

ロングドライブをよくするなら、ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションを選んだ方が後悔しませんよ。

新型ルークスで燃費の一番いいグレードは?

ルークスで一番燃費がいいグレードは、S / X / ハイウェイスターX / ハイウェイスターX プロパイロットエディションのFF車です。

これらのグレードのWLTCモードカタログ燃費は、20.8km/Lとなっています。

実燃費のデータがまだ無いため、カタログ燃費×0.8で実燃費を計算すると、

20.8×0.8=16.6km/L

となりました。

燃費の一番いいグレードはガソリン満タンで何キロ走る?

ルークスのガソリンタンク容量は27Lと小さめです。

ガソリンが残り5Lになるまで走行したと仮定すると、

27-5=22L
16.6×22=365km

ルークスで一番燃費が良いグレードは、ガソリン満タンで約360kmガス欠の心配なしに走行できます。

新型ルークスで燃費の一番悪いグレードは?

ルークスで燃費が一番悪いグレードは、ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションの4WD車です。

カタログ燃費が16.4km/Lなので、先ほどと同じように実燃費を計算すると

16.4×0.8=13.1km/L

となりました。

一番燃費が良いグレードと比べ8割程度の数値に留まりますが、ターボ付きであることや、車両重量が重い4WDであることが要因です。

燃費を重視するなら、ノンターボのFF車がベストということですね。

燃費の一番悪いグレードはガソリン満タンで何キロ走る?

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションのガソリンタンク容量は、他のグレードと同じ30Lです。

ガソリン残量が5Lになるまで走行すると、

13.1×22=288km

ルークスで一番燃費が悪いグレードは、ガソリン満タンで走れる距離は約290kmに留まります。

ルークスの自動ブレーキシステム

ルークスは、「インテリジェントエマージェンシーブレーキと呼ばれる自動ブレーキを全車に標準装備

前方の車両や歩行者を検知し、衝突の危険性があるとまず表示とブザーで注意を促し、それでも衝突の可能性が高まると自動ブレーキを掛けて衝突回避を支援します。

さらに、ペダルの踏み間違いによる急発進を防止する「踏み間違い衝突防止アシスト」も全車に標準装備されるなど、予防安全対策は万全です。

 

両側電動スライドドアがあるグレードは?

ルークスのスライドドア

nissan.co.jp/roox

ルークスで両側電動スライドドアが標準装備されるグレードは、「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」と「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」の2タイプです。

足をかざすだけで電動開閉できるハンズフリー機能は、ライバルにはないアドバンテージ。

この装備だけでも、ルークスを選ぶ価値があるというものです。

両側電動スライドドアは、X / Xハイウェイスターもメーカーオプションで付けることができます。

両側に付いていた方がずっと便利ですし、リセールもアップするので是非付けておきましょう。

Sはオプションで付けることもできないので、特に小さいお子さんがいるファミリーには不向きです。

ルークスのスポーツ / エアロタイプのグレードは?

ルークスのエアロタイプのグレードは、これまでも紹介したハイウェイスター系 (ハイウェイスターX / ハイウェイスターX プロパイロットエディション / ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション) が該当します。

フロントエアロバンパーやリヤエアロバンパー、ルーフスポイラーなどが装着される点が特徴です。

ルークスのフロントエアロバンパー

フロントエアロバンパー

ルークスのリヤエアロバンパー

リヤエアロバンパー

ルークスのルーフスポイラー

ルーフスポイラー

単にカッコいいだけでなく、ハイウェイスターの名にふさわしい高速安定性が期待できるでしょう。

買取相場から見るルークスのおすすめグレードは?

グレードによって、数年後のルークスの買取相場は変わります。

ここでは、3年後のルークスのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

新車から3年落ちのルークスのリセールバリューは?

新車登録から3年経過後のルークス各グレードのリセールバリューです。

グレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー
S

69万円

141.5万円

48.7%

X

79万円

154.6万円

51.0%

ハイウェイスターX

94万円

173.4万円

54.2%

オーテック

--万円

174.7万円

--%

ハイウェイスターX プロパイロットエディション

--万円

184.3万円

--%

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション

101万円

193.2万円

52.2%

S (4WD)

--万円

154.9万円

--%

X (4WD)

89万円

168.0万円

52.9%

ハイウェイスターX (4WD)

107万円

186.8万円

57.2%

オーテック (4WD)

--万円

188.2万円

--%

ハイウェイスターX プロパイロットエディション (4WD)

--万円

197.7万円

--%

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション (4WD)

130万円

206.6万円

62.9%

リセールバリューの傾向としては、FFよりも4WDの方が高くなっています。

また、上級グレードほどリセールが高いこともルークスの特徴です。

リセールバリューから見るルークスのおすすめグレードは?

新車から3年経過したルークスのリセールバリューから見るおすすめのグレードは、「ハイウェイスターX 」と「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション 」の4WD車です。

同じグレードのFF車よりもリセールが高めになっています。

ノーマル系の「S」や「X」はリセールがやや低くなっていますが、新車価格が安いため売却時の損失額も小さく、意外とお得という見方もできるでしょう。

リセールバリューで得するおすすめのカラー&装備は?

ルークスで売却時に得するボディカラーは、「ホワイトパール」と「ブラック」です。

これ以外のモノトーンカラーでは、10~15万円以上安くなってしまうでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

ルークスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのルークス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がルークスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のルークスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ルークス値引き交渉マニュアル

-ルークスの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.