日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 ルークス モデルチェンジ推移2010年8月23日

日産ニュースリリースより

-------------

「ルークス」の一部仕様を向上
―あわせて、「アーバンセレクション」の一部仕様を向上―

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「ルークス」*1を一部仕様向上し、8月23日より全国一斉に発売する。

「ルークス」は、2009年12月の発売以来、広い室内空間、存在感のある洗練されたデザイン、乗り降りしやすい後席両側スライドドアの利便性などがお客さまから高い評価を得ている。

今回の仕様向上では、CVTの制御を変更することで燃費を向上させ、「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合する対象グレードを拡大した。2WD車の「E」、「G」、「ハイウェイスター」は自動車取得税と自動車重量税が75%減税され、2WD車の「ハイウェイスターターボ」と4WD車の「E」、「G」、「ハイウェイスター」は自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。

また、燃費のよい走行状態の場合にメーター内にインジケーター表示を行い、ドライバーのエコドライブをサポートするECOインジケーターとLED式ハイマウントストップランプを全車に標準設定した。

日産は、減税措置に適合する車種を"「Nissan ECO」(通称:ネコ)シリーズ"と総称しており、「ルークス」を含む22車種*2がその対象となっている。今後も軽自動車・商用車を含む本減税措置に適合する車種の幅広いラインアップをお客さまに提供し、さらなる拡販を目指していく。

・価格(消費税込み)

1,244,250-1,714,650円

デイズ ルークス

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:吉田 衛)は、一部仕様向上した「ROOX(ルークス)」のハイウェイスターシリーズをベースに「アーバンセレクション」を継続設定し、日産の販売会社を通じて、8月23日より全国一斉に発売する。

「アーバンセレクション」は、高機能HDDナビゲーションシステムや、「イルミネーションパーツ」などを装備したプレミアムモデルである。

今回の仕様向上では、ベース車と同様に燃費性能を向上するとともに燃費の状態が良い時に点灯し、ドライバーへエコドライブを促すECOインジケーターやLED式ハイマウントストップランプを全車に標準設定した。

尚、K6A型エンジン搭載車(ターボ車を除く)はベース車と同様に、2009年4月から施行されている「環境対応車普及促進税制」による減税措置*1に適合し、自動車取得税と自動車重量税が2WD車で75%、4WD車で50%減税される。

*1: 「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」かつ「平成22年度燃費基準+25%」を達成した車両で、
自動車取得税は、2012年3月31日までの新規検査届出車に対し、75%軽減。
自動車重量税は、2012年4月30日までの新規検査届出車に対し、75%軽減。
「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」かつ「平成22年度燃費基準+20%」を達成した車両で、
自動車取得税は、2012年3月31日までの新規検査届出車に対し、50%軽減。
自動車重量税は、2012年4月30日までの新規検査届出車に対し、50%軽減。

・価格(消費税込み)

1,719,900-1,969,800円

デイズ ルークス

日産 デイズルークスのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.