日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 デイズルークス モデルチェンジ推移2015年12月3日

日産ニュースリリースより

-------------

「日産デイズ ルークス」の特別仕様車「Vセレクション」を発売

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は3日、「日産デイズ ルークス」に特別仕様車「Vセレクション」を設定し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

「日産デイズ ルークス」は、日産らしいスタイルやデザインの良さに加えスーパーハイトワゴンのユーザーから要望の高い、広さと使い勝手を両立したパッケージングを実現し、さらに便利なオートスライドドアを採用するなど、お客さまから大変好評を得ています。

また、同車の「エマージェンシーブレーキ」搭載車は平成26年度自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価で先進安全車「ASV」*1を獲得し、その高い安全性能が実証されています。

今回発売する特別仕様車「Vセレクション」は、「日産デイズ ルークス」の量販グレード「X」および「ハイウェイスターX」をベースに、両側リモコンオートスライドドアや赤外線(IR)によるジリジリ感を抑制*2するIRカットガラス、アルミホイール*3など、利便性の高い人気の機能と、質感の高い内外装を専用装備とし、さらに魅力を高めました。

ボディカラーには通常の設定色に加え、鮮やかさと深みを持つ爽やかなオーシャンブルーの2トーンを設定し、クール系の車体色を充実させました。

「X Vセレクション」にはオーシャンブルーのボディにホワイトパールのルーフを、「ハイウェイスターX Vセレクション」にはオーシャンブルーのボディにブラックのルーフを用意し、カラーバリエーションは全16種類とお客さまの選択の幅を広げました。

なお、「X Vセレクション」、「ハイウェイスターX Vセレクション」ともに、2WDは「平成32年度燃費基準+10%」と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成し、自動車取得税が80%、自動車重量税が75%、軽自動車税が25%、4WDは「平成32年度燃費基準」と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成し、自動車取得税が60%、自動車重量税が50%、軽自動車税が25%、それぞれ減税*4となります。

日産は、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」*5を二本柱とした、CO2排出量の削減に取り組んでいます。「日産デイズ ルークス」も「PURE DRIVE」の1モデルとなります。

また、株式会社オーテックジャパンは、「X Vセレクション」をベースとしたライフケアビークル(LV)*6を設定し、同日より全国の日産販売会社にて発売します。

・価格(消費税込み)

1,499,040-1,804,680円

デイズ ルークス

日産 デイズルークスのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.