ルークスの評価集

新型ルークスでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

日産の軽スーパーハイトワゴンはフルモデルチェンジでデイズルークス改めルークスとなり、一段と魅力的に!

ルークスには、内外装をグレードアップしたり快適性を向上させるためのオプションがいろいろ用意されています。

ここでは当サイトおススメのオプションやナビを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ルークスのおすすめメーカーオプションは?

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

X / Xハイウェイスター / オーテックなら両側ハンズフリーオートスライドドア

ルークスの装備の中でも特筆に値するのが、足をかざすだけでスライドドアが電動開閉できるハンズフリーオートスライドドア。

手を使わずにドアが開閉できるので、両手が荷物でふさがっている時や、子供を抱いている時などは特に重宝します。

ハンズフリーオートスライドドアはもちろん両側に付いている方が便利ですが、両側に標準装備されるのは上級グレードだけ。

売れ筋グレードのXやXハイウェイスター、特別仕様車オーテックは助手席側にしか付きません。

しかし、これらのグレードもメーカーオプションで両側に付けることができます。

価格は66,000円と少し高いものの、利便性には代えられませんし、リセールも有利になるのでぜひとも付けておきたいですね。

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

ハイウェイスターシリーズならプレミアムグラデーションインテリア&快適パック

ハイウェイスターシリーズは、プレミアムグラデーションインテリアと呼ばれる上質な内装を選ぶことも可能です。

ルークスのプレミアムグラデーションインテリア

nissan.co.jp/roox

ルークスのプレミアムグラデーションインテリア

nissan.co.jp/roox

このインテリアには、手にしっとり馴染む本革巻ステアリングや上質で肌触りの良い合皮 / トリコットシート、レザー調インストパネル、合皮ドアトリムクロスが含まれます。

カラーはモカがあしらわれ、標準のエボニーよりも明るい雰囲気になる点も魅力です。

価格は続いて紹介する「快適パック」とセットで66,000円、コストパフォーマンスはなかなか高いですよ。

快適装備のおすすめメーカーオプションは?

Xなら快適パック

先ほど紹介した快適パックは、Xの場合は単独でメーカーオプション設定されています。

快適パックを構成する装備は、以下の5つです。

・プラズマクラスター搭載シーリングファン

ルークスのリヤシーリングファン

nissan.co.jp/roox

エアコンの温風・冷風を天井ファンで後席に循環させる装備です。

通常はエアコンの風が届きにくい後席でも、これがあれば快適に過ごせます。

さらにカビ菌やウイルスを抑えるプラズマクラスターも搭載しているので、車内環境は万全です。

・ロールサンシェード

ルークスのロールサンシェード

nissan.co.jp/roox

スライドドアガラスに、日差しを遮る巻き上げ式サンシェードが備わります。

チャイルドシートに座ったお子さんも、サンシェードを下せばスヤスヤと眠れるでしょう。

・撥水加工シート

ルークスの撥水加工シート

nissan.co.jp/roox

シート表皮に水を弾く加工が施されます。

雨水やこぼしたドリンクなどで濡れてしまっても、サっと拭き取れるので便利です。

・パーソナルテーブル

ルークスのパーソナルテーブル

nissan.co.jp/roox

運転席・助手席後部に、折りたたみ式のテーブルを装備。

2個分のカップホルダーやコンビニフックも付くので、後席で軽食を取る時に重宝します。

・USBソケット

ルークスのUSBソケット

nissan.co.jp/roox

助手席後部には、USBソケットも装備。

スマホやタブレットが充電できます。

これだけ便利な装備がそろって、価格は33,000円とリーズナブル。

Xグレードを買うなら、ぜひとも選びたいオプションです。

ルークスのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアブラックパッケージ

ハイウェイスターシリーズのフロントマスクをさらにカッコよくするアクセサリーが、「エクステリアブラックパッケージ」。

ルークスのエクステリアブラックパッケージ

nissan.co.jp/roox

エクステリアブラックパッケージとは、「ブラックフロントバンパーフィニッシャー」「ブラックグリルフィニッシャー」「ブラックフロントバンパーアクセント」の3つのアイテムをセットにしたものです。

標準のフロントマスクよりも精悍さが増し、他の人が乗っているルークスとの差別化にもなります。

価格は66,000円と安くはありませんが、ルックスにこだわるなら奮発したいところ。

もし光物が好きなら、同じ値段で「エクステリアクロームパッケージ」も用意されています。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

オーバーヘッドコンソール

ルークスは収納がかなり豊富ですが、後席の収納がもっと欲しい場合はオーバーヘッドコンソールがおススメです。

ルークスのオーバーヘッドコンソール

nissan.co.jp/roox

後席の頭上に装着する蓋付の収納ボックスで、特に後席に子供を乗せる場合に、身の回りの小物をしまっておけるので便利です。

頭上のスペースがタップリあるルークスなので、これを付けても邪魔になりません。

29,920円と収納としては高めですが、体裁が良いので納得できる価格設定です。

LEDバルブ (ルームランプ用+ラゲッジランプ用)

夜間に車内で探し物をする際などは、ルームランプやラゲッジランプが少しでも明るい方がありがたいもの。

光源をオプションのLEDバルブに交換すれば、車内や荷室がグっと明るくなります。

ルークスのルームランプ用LED

ルームランプ

ルークスのラゲッジランプ用LED

ラゲッジランプ

夜に子供の世話をする時や荷物の積み下ろしをする時などは、特に交換したメリットを感じるはず。

価格はルームランプ用が12,100円、ラゲッジランプ用が4,620円です。

おすすめディーラーオプションナビは?

日産オリジナルナビゲーション MM319D-L

ルークスには2種類の日産オリジナルナビゲーションがオプション設定されていますが、当サイトのおススメは高い方のMM319D-Lという機種です。

ルークスの日産オリジナルナビ

nissan.co.jp/roox

大画面9インチの見やすいサイズが、廉価機種のMJ119D-Wとの差別化のポイント。

いまはスマホのナビアプリで代用する人も増えていますが、折角ナビを付けるのなら、なるべく大画面の機種にした方が後悔しません。

単に地図が見やすいだけでなく、インテリジェントアラウンドビューモニターの映像も大きく拡大して見られるので、安全確認がしやすくなります。

機能面では、渋滞を考慮した最速ルート検索やオペレーターとの通話が可能な「日産コネクトサービス」に対応。

日産コネクトサービスには、スマホと連携して自車の駐車位置を探す「マイカーファインダー」や、離れた場所からでもドアロックができる「リモートドア」といった機能もあるので大変便利です。

またAV機能の点でも、地デジフルセグチューナーやDVD再生機能、CD録音機能など抜かりがありません。

価格は日産オリジナルナビ取付パッケージ付車用が224,292円、同無車用が243,212円です。

社外ナビと比べ高価ですが、その分機能が優れているので出費の価値はありますよ。

その他のおすすめディーラーオプションは?

ベーシックパック

定番人気アイテム3点をセットにした「ベーシックパック」をおススメから外すわけにはいきません。

ルークスのベーシックパック

nissan.co.jp/roox

雨の日の換気に役立つ「プラスチックバイザー」、ナンバープレートをドレスアップすると同時に盗難を防止する「ナンバープレートトリム+ナンバープレートロック」、前席の足元をドレスアップ、掃除も容易にする「フロアカーペット」がセットになって51,920円です。

ルークスに乗る上で必須とも言えるパッケージセットなので、装着率も高くなっています。

バックドアストラップ

バックドアを閉める時に重宝するアイテムが、バックドアストラップ。

ルークスのバックドアストラップ

nissan.co.jp/roox

ルークスは背が高い車なので、小柄な人にはバックドアを閉めるのが少し大変です。

しかしバックドアストラップが付いていれば、誰でも簡単に閉めることができます。

7,260円と安価なので、お値打ちです。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

革調シートカバー

ルークスには、革調シートカバーがディーラーオプション設定されています。

ルークスの革調シートカバー

nissan.co.jp/roox

一見高級そうに感じますが、本革ではなく所詮「革調」なので、本物の高級感はありません。

それでいて、価格は51,040円と結構強気な設定になっています。

これを装着するくらいなら、おすすめメーカーオプションで紹介したプレミアムグラデーションインテリアの方がずっとお得です。

プレミアムグラデーションインテリアなら、シートだけでなくインテリア全般がグレードアップされますからね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ルークスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのルークス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がルークスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のルークスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ルークス値引き交渉マニュアル

-ルークスの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.