ルークスの評価集

新型ルークスは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

ルークスの購入を検討されている方は、軽自動車なので運転しやすいに違いないと思っているかもしれません。

しかし、軽自動車が全て運転しやすいという保証はないので、事前にリサーチが必要です。

ここでは、ルークスは運転しやすいのか難しいのかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

ルークスの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、ルークスの売れ筋グレード「ハイウェイスター X」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【ルークス ハイウェイスターX】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,780mm

全長・全幅は、当然ながら軽自動車規格いっぱいのサイズです。

一方、全高は規格を使い切っていませんが、スーパーハイトワゴンだけにかなり高めに設定されています。

ここで、軽ハッチバック車のアルトから乗り換えるケースを想定し、大きさを比較してみましょう。

【アルト L】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,475mm

どちらも軽自動車なので全長・全幅は同じですが、全高は約30cmもの違いがあります。

アイポイントはそこまでの違いはありませんが、それでもルークスの方が着座位置が高いので、見た目の雰囲気にも影響されながら、運転感覚は大分異なったものとなるでしょう。

ルークスの小回りは効くか?ルークスの最小回転半径

次に、ルークスの小回り性を検証してみましょう。

ルークス Xの最小回転半径4.5mで、アルトの4.2mより30cm大きい数値です。

車庫入れやUターンなど、アルトでは切り返しが必要ない場面でルークスでは切り返しが必要になる、といったケースが出るかもしれません。

しかし、コンパクトカーと比べれば十分小回りが効きますし(※ノートの最小回転半径は4.7~5.2m)、取り回しで不便を感じるケースはまずないはずです。

ただ、最上級グレードのハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションを選ぶと、タイヤ幅の違いから最小回転半径が4.8mに拡大されるので、狭い場所での取り回しが若干悪化します。

ルークスは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

デイズルークスの車両感覚&運転感覚

ルークスのフロントの見切りは悪くない

ルークスは、ボンネットが短いこともあり運転席からその先端が見えません。

しかし、運転席からボンネット先端までの距離が近いので、車に慣れてしまえば鼻先を壁のかなり近くまで寄せることも可能です。

また、斜め前方の視界という点では、細くて角度の立ったAピラー(フロントピラー)や大きな三角窓のお陰で、死角が少なくなっています。

ルークスのフロントの見切りには、合格点を与えて良いでしょう。

ルークスの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットの先端が見えないルークスは、車幅の掴みやすさの点でハンディを抱えているとも言えます。

しかし、ボンネットの代わりに車幅感覚の目安となるAピラーの左右の間隔が狭く、同時に視野に入るので、車幅は掴みやすい方です。

路肩ギリギリまで寄せることも、決して難しくありません。

ルークスの後方視界は及第点

ルークスはリアウィンドウの面積が大きいので、基本的に後方視界は良好です。

斜め後方の視界に関しては、Cピラーが細い点はよいのですが、ベルトラインがリアクォーターウィンドウの部分でキックアップしているので、先代デイズルークスよりやや悪化しています。

またアルトなどのハッチバック車と比べると、各ウィンドウの下端部の位置が高く、直近の障害物が発見しにくいのが欠点です。

車を発進させる際は、近くに子供や背の低い障害物がないかどうか確認することが望まれます。

ルークスの駐車にはコツがある?

ルークスの視界は、斜め後方がイマイチな点を除けば良好なので、駐車は決して難しくありません。

障害物を検知すると表示と音で知らせるフロント&バックソナーも全車に標準装備されので、駐車中に障害物にぶつけてしまうことも無いでしょう。

また、ベルトラインが水平基調なので、白線の枠内に真っ直ぐ停めやすいことも美点にあげられます。

しかし、先ほども解説したように直近の下方向に死角があるため、駐車しやすい車だからといって無造作にバックしてしまうことは避けたいものです。

ルークスの運転で役立つアイテム

日産純正ナビ

ルークスには、最廉価グレードSを除く全車に車両周辺の映像をルームミラー内に表示するインテリジェントアラウンドビューモニターが標準装備されます。

しかし、画像がいささか小さく、視認性に劣るのが難点です。

そんな欠点をなくすために、日産純正ナビを装着するとよいでしょう。

後方の映像が大きなナビ画面に表示されるので、バックで駐車する時の安全確認が容易になります。

ルークスの運転のしやすさまとめ

ルークスは直近の死角が多い欠点はあるものの、見晴らしや見切りが優れているので、基本的に運転しやすい車と言えます。

運転に不慣れな女性ドライバーでも、すぐに乗りこなせるはずです。

さらに純正ナビを装着すれば、インテリジェントアラウンドビューモニターの映像を大画面で見られるので、もっと運転しやすくなります。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

ルークスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのルークス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がルークスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のルークスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ルークス値引き交渉マニュアル

-ルークスの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.