マツダ2の評価集

マツダ2の4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

マツダ2の4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

新型マツダ2の4WDは、2WD(FF)に比べてどんな違いがあるのでしょうか。

当サイト(クルマを買う!)では、マツダ2の4WDと2WDを徹底比較!皆さんの新車を購入する参考にどうぞ。

マツダ2の4WDグレードの価格は?

売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

当サイト独自の調査によると、マツダ2 4WD車で一番の売れ筋グレードとなっているのは、1.5Lディーゼルターボエンジン搭載の中間グレード「15SプロアクティブSパッケージ」です。

同グレードの2WD車との価格差は、20万5,200円となっています。

マツダ2 15SプロアクティブSパッケージ 2WD 1,663,200円

マツダ2 15SプロアクティブSパッケージ 4WD 1,868,400円

20万円を超える2WD車との価格差は、コンパクトカーとしては大きい方です。

しかし、競合車と比べ4WDシステムの内容が優れており、2WD車よりも装備が充実しているので、まずは妥当な価格設定と言えるでしょう。

マツダ2 4WD車と2WD車との仕様の違いは?

マツダ2 4WDのボディスペック

スペックマツダ2 15SプロアクティブSパッケージ 2WDマツダ2 15SプロアクティブSパッケージ 4WD
全高(mm)1,5001,525
最低地上高(mm)145145
車両重量(kg)1,060(6AT)1,150

4WD車は、2WD車と比較すると全高が25mm高くなっていますが、それはフロアが高められているからです。

しかし、床下に2WD車には無いプロペラシャフトが存在するため、最低地上高は同じ数値になっています。

また、車両重量は90kg重くなっています。

マツダ2 4WDのインテリア

室内スペースやラゲッジスペースに差は無いものの、4WD車はフロアが高い分乗降性や荷物の積載性が若干異なります。

フロアが高い分、乗り降りがし易いと感じる人も居るでしょう。

マツダ2 4WDのパワートレイン

4WD車の場合、2WD車には設定のある6速MT仕様が選べません。

また、6速AT仕様同士で比較すると、後退の最終減速比が4WD車の方がローギアードになっています。

マツダ2 4WDの装備

マツダ2のリアフォグランプ(4WD)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

4WD車のみに付く装備として、濃霧などの悪天候時に点灯することで後続車からの追突を防ぐリアフォグランプや、雪や泥などのヘッドランプの汚れを洗い流すヘッドランプウォッシャー、大型ウォッシャータンク&ウォッシャー液残量警告灯があります。

逆に、2WD車のみに付く装備はありません。

マツダ2とライバル車との価格差は?

マツダ2の最大のライバルは?

マツダ2はコンパクトカーで唯一ディーゼル車が設定されていますが、ここでは1.5Lガソリンエンジン+電気モーターのハイブリッドシステムを搭載する「ホンダ・フィットハイブリッド」をあげることにしました。

グレードは、中間グレードの「Lホンダセンシング」をあてるのが妥当でしょう。

その価格は、マツダ2 XDプロアクティブの216.0万円よりも81,000円高い224万1,000円となっています。

パワートレインの違いは?

パワートレインのスペックは、マツダ2が最高出力105ps/最大トルク25.5kgmであるのに対し、フィットハイブリッドはシステム最高出力137ps/最大トルク17.3kgmとなっています。

スペックマツダ2 XDプロアクティブ 4WDフィットハイブリッド Lホンダセンシング 4WD
最高出力(ps)105137(システム最高出力)
最大トルク(kgm)25.517.3
車両重量(kg)1,2401,180

最高出力ではフィットハイブリッドが、最大トルクではマツダ2が勝りますが、実際の走りでは中低速域の力強さはマツダ2に、高速域での伸びはフィットハイブリッドに分があります。

装備の差は?

マツダ2の助手席シートヒーター

mazda.co.jp/cars/mazda2/

装備面を比較すると、フィットハイブリッドには付かない運転席・助手席シートヒーターやアルミホイールが備わるマツダ2が、一歩リードしています。

マツダ2・4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

マツダ2 XDプロアクティブ・4WD車の燃費は、カタログ燃費(WLTCモード)が19.2km/L、当サイトの調査による実燃費が14.8km/Lとなっています。

達成率は77.1%で、カタログ燃費との乖離は少ない部類に入ります。

2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるマツダ2 1.5XDツーリング・2WD車の実燃費は19.4km/Lなので、4WD車は4.6km/L劣っています。

カタログ燃費の差が6.0km/L(2WDは25.2㎞/L)なので、妥当な結果と言えるでしょう。

ライバル車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるフィットハイブリッド・4WD車の実燃費は20.7km/Lなので、デミオ・4WD車よりも6km/L近く勝っています。

この差は、カタログ燃費の差と同じくらいです。

しかし、マツダ2は単価の安い軽油を使用するため、ガソリンを使用するフィットハイブリッドとの燃料代の差はそこまで大きくありません。

マツダ2 4WD車の雪道の走行性能は?

マツダ2 4WD車の雪道の走行性能は?

mazda.co.jp/cars/mazda2/

マツダ2の4WDはどんなシステム?

マツダ2 4WDの概要

マツダ2に採用されている4WDシステムは、兄貴分の「マツダ3(旧アクセラ)」シリーズやクロスオーバーSUV「CX-3」などと同様、電子制御カップリングを用いたアクティブオンデマンド式です。

マツダ2 4WDの制御

パワートレイン、トランスミッション、DSC(車両安定化制御装置)、パワーステアリング、アクセル/ブレーキ/ワイパーなどの情報を4WDコントロールモジュールに取り込み、瞬時に演算して電子制御4WDカップリングに指令を送ります。

アイアクティブ4WDのトルク配分イメージ

また、前輪が空転する予兆をいち早く察知し、後輪に適切な駆動力を配分する「前輪スリップ予兆検知システム」や、必要なときに瞬時に大トルクを後輪に伝達できるよう、前輪駆動走行時にも後輪に微小トルクを伝達する「トルク制御システム」が備わるのも、アイ・アクティブ4WDの特徴となっています。

マツダ2の雪道での実際の走行性能は?

マツダ2 4WDの発進・加速時

雪道の中でも特に滑り易いアイスバーンでの発進は、4WD車が本領を発揮するシチュエーションです。

2WD車の場合、どんなに高性能なスタッドレスタイヤを履いていても、前輪に盛大なホイールスピンが発生して駆動力をロスしてしまうほか、その後の加速でも左右どちらかに蛇行してしまうので、対向車がいると危険な場合があります。

その点4WD車は、ほとんどホイールスピンすることなくスムーズな発進が行えるほか、ステアリングを切った通りの方向に加速して行くことができるので、安全に走行できるでしょう。

マツダ2 4WDの登坂・降坂時

登り勾配のアイスバーンでステアリングをいっぱいに切って発進するような過酷なシチュエーションでは、2WD車は発進することさえままなりません。

しかし、4WD車は難なく発進してそのまま登りきることができます。

また、4WD車は降坂時も4輪にエンジンブレーキが有効に効くため、前輪のみにしか効かない2WD車よりも安全・確実な減速が可能です。

マツダ2 4WDの通常走行時

乾燥路とアイスバーンが交互に現れるような路面状況においては、2WD車は安定した走行が難しくなりますが、4WD車は危なげなく乗り切ってしまいます。

また、滑り易い雪面でのコーナリング時においても、2WD車がアンダーステアに見舞われてしまうのに対し、4WD車はほぼニュートラルステアを保ったまま旋回することができます。

マツダ2・4WDのまとめ

マツダ2・4WDのまとめ

mazda.co.jp/cars/mazda2/

マツダ2の4WD車の雪道での走行性能は、優れた4WDシステムのおかげでコンパクトカーとしてはトップレベルにあり、「生活4駆」としては申し分ありません。

しかし、最低地上高が145mmしかないので、深雪時には無理は禁物です。

一方、燃費性能に関してはハイブリッド車には及ばないとはいえ、このクラスの4WD車としてはかなり優秀です。

総合的に見て、マツダ2 4WD車はかなりおススメできる1台と言えます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

マツダ2の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のマツダ2値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がマツダ2を限界値引きで購入しています。

今月のマツダ2の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>マツダ2値引き交渉マニュアル

-マツダ2の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.