マツダ2の評価集

マツダ2の自動ブレーキ、安全性は?

マツダ2には自動ブレーキが全車に標準装備、先進の安全技術でドライバーの危険認知をサポートする「サポカーS・ワイド」に該当しています。

他にもたくさんの安全装備が充実しているので、当サイト(クルマを買う!)ではそれらを紹介していきます。

今どき、安全性は車選びのマストスペックですから、新車購入・ライバル車との比較参考にどうぞ。

アダプティブLEDヘッドライト(ALH)

アダプティブLEDヘッドライト(ALH)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

ALHとは、自動でハイビーム・ロービームをコントロールして、夜間の走行を支援する機能です。

夜間走行中、対向車や前走車がいなければ、ハイビームで夜間の視界を広げてくれます。

前走車や対向車が居ればロービームに切り替え、居なくなればまたハイビームでヘッドライトを照らします。

明るい市街地や低速での走行などハイビームが必要ない場面では、自動的にロービームへ切り替えます。賢い装備ですね!

ハイビーム・コントロールシステム(HBC)

ハイビーム・コントロールシステム(HBC)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

走行中、進行方向の車両をセンサーで検知してハイビーム/ロービームを自動で切り替え、マナーの向上や夜間の安全運転に貢献する機能です。

うっかり切り替え忘れて対向車や先行車に迷惑をかけてしまうトラブルを予防できる、便利な装備です。

Lパッケージ以外のグレードに標準装備されています。

車線逸脱警報システム(LDWS)

車線逸脱警報システム(LDWS)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

マツダ2の車線逸脱防止システムです。

道路上の車線を検知して、ウインカー操作や加速などの動作が無い時に、車が車腺を逸脱しそうになると、警告してくれるシステムです。

絶対にやってはいけませんが、居眠り運転などの危険防止に効果的なシステムですね。

ブラインドスポットモニタリング(BSM)

ブラインドスポットモニタリング(BSM)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

マツダ2のリアバンパーの内側にレーダーが設置されていて、隣り車腺の後方から車が接近して来ると、左右のドアミラーのインジゲーターが点灯して、接近を知らせます。その状態でウインカーを出すと、インジゲーターが点滅し警報音で危険を促します。

斜め後方の死角から接近する車を知らせてくれる機能ですね。

以前高速道路の進路変更で斜め後方からの車に気付かず、進路変更しようとしてステアリングを切ったら、それまでドアミラーに写っていなかった車が写って、あわてて戻った事がありました。危険防止にありがたい機能です。

また、駐車場からバックで出ようとした時に、両側から接近する車があると、レーダーが検知してドアミラーのインジゲーターで警告してくれます。なんてありがたい機能なんでしょうか(笑)

ドライバーアテンションアラート(DAA)

ドライバーアテンションアラート(DAA)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

日頃からドライバーの運転習性を学習(データに蓄積)し、その後にデータから逸脱した運転(ふらつき等)を検知すると、ドライバーに休憩を促すシステムです。

自分で気をつければいいとは言っても、なかなか忙しいと休みにくいものですから、こうしたキッカケがあると助かりますね。

交通標識認識システム(TSR)

交通標識認識システム(TSR)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

カメラで走行道路の交通標識を認識し、アクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示、ドライバーの注意を促してくれる装備です。

少ない視線移動で効率的な情報収集ができるので、安全運転がより楽になります。

360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー

360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー

mazda.co.jp/cars/mazda2/

マツダ2の前後左右に装備した4つのカメラで、車両を上空から見下ろしたような視界などが表示され、狭い場所での駐車すれ違い、丁字路への侵入などに重宝します。

特に運転が不慣れな方には、大助かりとなるでしょう。

AT誤発進抑制制御(前進/後進)

AT誤発進抑制制御(前進/後進)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

進行方向に障害物がある状態で、ブレーキとアクセルを踏み間違えてアクセルが一定以上踏み込まれると、エンジン出力を抑えて、急発進を防止します。

あくまでドライバーの補助的な装備なので、過信せず安全運転を続けましょう!

アドバンスト・スマートシティブレーキサポート(アドバンストSCBS)

アドバンスト・スマートシティブレーキサポート(アドバンストSCBS)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

走行時に先行車や歩行者を認識、衝突の危険を感知すると自動ブレーキ制御で衝突回避をサポートしてくれます。

※対車両:約4~80キロ/対歩行者:約10~80キロ走行時

スマートブレーキサポート(SBS)

スマートブレーキサポート(SBS)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

時速約15キロ以上で作動します。フロントガラスに設置されたミリ波レーダーで、先行車を捕捉します。

衝突の危険が高い状況でドライバーがブレーキを踏むと、強い制動力を発揮してブレーキをアシスト。

また衝突の危険が高い状況で、ドライバーがブレーキを掛けていない場合、車の方が自動でブレーキを制御して衝突を回避、あるいは衝突の被害をやわらげます。

レーンキープ・アシストシステム(LAS)

レーンキープ・アシストシステム(LAS)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

時速60キロ以上で走行中、車線逸脱の予防やライントレースをサポートする機能をそれぞれ選ぶことができます。

XD Lパッケージのみ標準装備で、15S・15MB以外のグレードはメーカーオプションとなっています。

マツダ・レーダークルーズコントロール(MRCC)

マツダ・レーダークルーズコントロール(MRCC)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

ミリ波レーダーで先行車との速度差や車間距離を検知してエンジンとブレーキを自動制御し、設定した車間距離を保つよう自動調整してくれるシステムです。

AT車は0キロ~高速域まで追従走行が可能です。先行車が停止すると自車も減速しますが、停止はブレーキ操作が必要です。

MT車は約30キロから高速域まで、先行車との車間距離を保ちながら追従走行ができます。

スカイアクティブ・ボディ(SKYACTIV-BODY)

スカイアクティブ・ボディ(SKYACTIV-BODY)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

基本骨格をストレート化し、骨格の連続フレームワークによって軽量&高剛性を実現。

乗員保護に優れたスカイアクティブ・ボディを採用しています。

SRSエアバッグシステム

SRSエアバッグシステム

mazda.co.jp/cars/mazda2/

マツダ2には前方はもちろん、側面からの衝突に対しても前後席の乗員に対する衝撃軽減を図るSRSエアバッグシステムが採用されています。

エマージェンシー・シグナルシステム(ESS)

エマージェンシー・シグナルシステム(ESS)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

約55キロ以上で走行中、急ブレーキをかけるとハザードランプが自動で高速点滅。

後続車に対して緊急事態を知らせ、注意喚起を促します。

ヒル・ローンチ・アシスト(HLA)

ヒル・ローンチ・アシスト(HLA)

mazda.co.jp/cars/mazda2/

坂道発進する時に、車体の後退を抑えてスムーズに発信できるようアシストします。

坂道で停車すると自動的に作動し、下り坂をバックで発進する時も安心です。

高機能シートベルト

高機能シートベルト

mazda.co.jp/cars/mazda2/

運転席と助手席のシートベルトは衝突した瞬間の拘束性を高めるプリテンショナーを装備、後列中央を除く全席には荷重を安定化して乗員をホールドできるロードリミッターが採用されています。

頸部衝撃緩和フロントシート

頸部衝撃緩和フロントシート

mazda.co.jp/cars/mazda2/

マツダ2が追突された時、頸部(首)にかかるショックを緩和してくれる装備です。

後ろに傾いたシートが前に戻る反動を緩やかにし、ヘッドレストによる頭の押し出し=首への負担を防ぐことが重視されています。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

マツダ2の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のマツダ2値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がマツダ2を限界値引きで購入しています。

今月のマツダ2の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>マツダ2値引き交渉マニュアル

-マツダ2の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.