マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ デミオ モデルチェンジ推移2003年3月27日

マツダニュースリリースより

-----

マツダ デミオ「超-低排出ガス」達成でさらに環境にやさしく、商品力を向上
-13色のカラーバリエーションとオプション体系の見直しにより選択自由度を拡大-

マツダ(株)は、人気のコンパクトカー「マツダ デミオ」の商品改良および装備の大幅な見直しを行い、本日より全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて発売する。

■ 今回の商品改良のポイントは以下の通り。
1. 燃費改善と同時にデミオ全車の排出ガスレベルをグリーン税制が適用される「超-低排出ガス」にまで向上させた。

2. ボディカラーは合計13色の豊富なカラーバリエーションを用意。女性のお客さまからの要望が高いメタリック系の新色2色を追加した他、これまでSPORT(スポルト)、Casual-Stylish(カジュアル・スタイリッシュ、特別仕様車)の専用色だったブリリアントブラックを全グレードに展開した。

3. Cozy(コージー)は、ダークティンテッドガラスやカラードサイドプロテクターモールなど、人気の高いエクステリアの装備を標準装備としながら、価格は1300ccでコンパクトカークラス最量販価格帯である110万円台に引き下げた。

4. オプション体系を見直し、お客さまのニーズの高いオプションをあらかじめ装着した28種類のカタログセレクトモデルをお薦めモデルとして設定。あわせてメーカーオプションを必要な装備だけお求めいただけるよう、パッケージオプションを簡素化しお客さまの要望をより一層実現させるものとした。

昨年夏にフルモデルチェンジを行ったマツダ デミオは、国内及び海外(海外名 Mazda2)で数々の賞を受けるなど、高く評価されている。月間販売台数は7,000台を予定している。

■ 商品改良と価格および装備内容見直しの主な内容は以下の通り。
1. 燃費とともにエミッションを改善、全車をグリーン税制に対応
燃費改善と同時に排出ガスレベルも大きく向上させた。「超-低排出ガス」認定により、グリーン税制の適用を受けることが可能となり、1年間は32千円の減額(自動車取得税15千円、自動車税17千円)の優遇措置が受けられる。

2. 13色の豊富なボディカラー
女性に人気のあるメタリック系のセリオンシルバーメタリック、ミスティブルーメタリック2色を追加。SPORT、Casual-Stylish(特別仕様車)で好評のブリリアントブラックも全グレードに拡大設定した。また3つのインテリアカラーが用意されているCozyでは、幅広くボディカラーとインテリアカラーのコンビネーションを楽しんでいただけるようになった。

3. Cozy 1300ccにお買い得な装備内容と価格を設定
人気の高いグレードCozy 1300ccにカラードサイドプロテクターモールおよびダークティンテッドガラスを標準装備した上で、価格は最量販価格帯の110万円台に引き下げた。1500ccモデルについても1300ccへの追加装備に加えてリアスピーカーを標準装備とし、価格を据え置いた。この他のグレードについても、Casualのインテリアをこれまでのライトグレーからオーシャンブルーに変更、SPORTのエクステリアおよびインテリアも変更し、商品力を強化した。

4. カタログセレクトモデルの提案とメーカーオプション選択自由度の拡大
現行モデルで人気の高いオプションを組み合わせて装着した28種類のカタログセレクトモデルをお薦めモデルとして用意した。また、お客さまが必要な装備だけをお求めいただけるよう、パッケージオプションのスリム化や単独化を図り、カタログや店舗専用ツールを通じて選択していただけるようにした。

5. 魅力アップしたインテリア/エクステリア
これまでのCasualのインテリアをライトグレーからシックなオーシャンブルー(濃紺)に変更。あわせて全グレードのフロントアッパーグリルをボディカラー同色とした。

6. エアロパッケージをCozyとCasualに新設定
これまでディーラーオプションとして設定していた好評のエアロパーツをCozyとCasual(1300cc、1500cc)にメーカーオプションとして新たに設定した。
エアロパッケージの装備内容: フロントエアロバンパー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラー、リアルーフスポイラーのセット

■車両本体の全国希望小売価格は以下の通り。 (消費税は含まず/単位:千円)

グレードエンジン変速機全国希望小売価格
SPORT直4 1500 DOHC4EC-AT
(アクティブマチック)
1,535
5MT1,450
Cozy直4 1500 DOHC4EC-AT1,370
5MT1,295
直4 1300 DOHC4EC-AT1,195
5MT1,120
Casual直4 1500 DOHC4EC-AT1,320
5MT1,245
直4 1300 DOHC4EC-AT1,145
5MT1,070

マツダ2のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.