マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ デミオ モデルチェンジ推移2003年11月27日

マツダニュースリリースより

-----

「マツダデミオ」に使いやすい電動4WD車を追加
-同時に一部商品改良を行い、スポーティな丸型モチーフのリアコンビランプを採用、新色を追加-

マツダ(株)は、人気のコンパクトカー「マツダデミオ」に電動4WD(e-4WD)車を追加するなど、一部商品改良を行い、本日より全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて発売する。

「マツダデミオ」e-4WDは、専用ジェネレータで発電し後輪をモーターで駆動する、日常での使いやすさを重視したコンパクトな4WDシステムを採用し、1.3リットル車と1.5リットル車の両方に設定した。電子制御により、滑りやすい路面での発進など必要な時に後輪を駆動することで、雪道に慣れていないドライバーでもスムーズな走行を可能としている。また2WD/4WDの切替スイッチをインパネに備え、必要ない時は2WD走行にできるため、機械式4WDと比べて燃費を向上させている。

同時にデミオは、丸型モチーフのリアコンビランプを採用しリアスタイルのスポーティさを高めるとともに、内装色の変更、新外板色の追加など一部商品改良を行い、より魅力的な商品とした。

「マツダデミオ」の月間販売台数は、7,000台を計画している

■ e-4WDの特徴は以下の通り。
1) 滑りやすい路面での優れた発進性能/登坂性能
4WDスイッチをONにした状態では、発進時にアクセルを踏むと同時に後輪がモーターで駆動されるため、機械式4WDと比べタイムラグが少なくスムーズに発進できる。また、走行時にスリップを感知すると、それに応じて後輪を駆動するモーターのトルクを自動的に調整する。エンジン出力制御による前輪のトラクションコントロール機能とあいまって前後輪のスリップを抑えることで、凍結路面など滑りやすい路面での発進/登坂などでの安定した走行を実現している。

2) 室内/ラゲッジルームともに2WD車と同じスペースを確保
4WDシステムがコンパクトであり、またプロペラシャフトやトランスファーが不要なため、室内/ラゲッジルームともに2WD車と同じスペースを確保している。また、デミオで好評の多彩なシートアレンジもすべて可能である。

3) 燃費性能の向上
4WDスイッチをONにした状態で、発進後にスリップがない場合及び一定速度を越えた場合は、後輪は駆動されず前輪駆動のみの2WD走行となるため、機械式4WDと比べて燃費悪化を抑えることができる。また4WD不要時には、後輪駆動ユニットの電磁クラッチを切り離し2WD走行に切り替えることで、フリクションを低減し低燃費化に貢献している。

注) 4WD車は全車「2010年ガソリン車燃費基準」及び「超-低排出ガス車」認定により、グリーン税制の適用を受け、32千円の減額(購入時に自動車取得税15千円、翌年度自動車税17千円)優遇措置が受けられる(平成16年3月31日登録分まで)。2WD車も従来から同様に全車グリーン税制の適用を受けられる。

■ 「マツダデミオ」の一部商品改良の概要は以下の通り。
1) 丸型モチーフのリアコンビランプに一新
・ 丸型モチーフのリアコンビランプにより、アテンザ、RX-8で好評な、マツダが伝統的に採用してきた“スポーティさ”を表現するリアスタイルとした。

2) Cozyの内装色を変更
・ 落ち着いたクリーム色の「マロンベージュ」、爽やかな青色の「ミントブルー」、柔らかで明るい黄色の「レモンイエロー」の3つの新しい内装色を採用した。

3) 外板色に3色の新色を採用
・ スノーフレイクホワイトパールマイカ、ウイニングブルーメタリック、プラチナムシルバーメタリックの3色を新採用。

4) その他
・ Cozyのカップホルダー/ドアトリムガーニッシュをブラウンに統一。
・ キーデザインを変更。

■マツダデミオe-4WD 車両本体の全国希望小売価格は以下の通り。  (消費税は含まず/単位:千円)

グレード駆動エンジン変速機全国希望小売価格
Casual e-4WD4WD1.3L4EC-AT1,330
Cozy e-4WD1,380
Casual e-4WD1.5L1,505

* e-4WD以外のグレードに関しては従来からの変更はなし。
* 「スノーフレイクホワイトパールマイカ」は30千円高。

マツダ2のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.