マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ デミオ モデルチェンジ推移2011年6月9日

マツダニュースリリースより

-----

新型「マツダ デミオ」の予約受注を開始

-「SKYACTIV-G 1.3」を搭載し、走りの楽しさと30.0km/L(10・15モード燃費)の低燃費を実現-

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、マツダの代表的なコンパクトカー『マツダ デミオ』をマイナーチェンジし、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて、本日、予約受注を開始します。メーカー希望小売予定価格は消費税込みで1,149,000円~1,621,750円、発売は6月30日を予定しています。

今回のマイナーチェンジでは、「走りの楽しさ」を進化させるとともに、快適な乗り心地を実現させました。さらに、新グレード「13-SKYACTIV(13-スカイアクティブ)」では、リニアで気持ちの良い走りと30.0km/L(10・15モード燃費)、25.0km/L(JC08モード燃費)の低燃費の両立を実現しました。

『デミオ』では、「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ テクノロジー)」*1第1弾として、世界一*2の高圧縮比14.0により、高効率を実現した新開発の直噴1.3Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.3(スカイアクティブ ジー 1.3)」を「13-SKYACTIV」に搭載しました。また、『デミオ』として初採用となるマツダ独自のアイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」は、従来よりもスムーズでガソリン消費の少ない瞬間再始動とアイドリングストップの頻度向上を実現しています。「13-SKYACTIV」では、「SKYACTIV-G 1.3」と「i-stop」などを組み合わせ、優れた環境性能を実現しています。

さらにドライバーが運転を楽しみながら、乗員に快適で燃費の良い運転をサポートする世界初の新機能「インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)」を「13-SKYACTIV」に採用しています。メーター内のディスプレイにドライバーの運転操作の状態をリアルタイムに表示するほか、走行後に運転操作に対するスコアとアドバイスを表示します。

新グレード「13-SKYACTIV」では、「i-stop」、「i-DM」、「DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機構)&TCS(トラクションコントロールシステム)」および専用の14インチアルミホイールなどを標準装備し、メーカー希望小売予定価格を1,400,000円(税込)からとしています。

・価格(消費税込み)

1,149,000-1,621,750円

デミオ

別紙
■『マツダ デミオ』の商品概要

1. 30.0km/L(10・15モード燃費)、25.0km/L(JC08モード燃費)を可能にした、全域低燃費なエンジン性能の革新

新開発の直噴1.3Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.3」は、世界一*1の高圧縮比14.0により実現した効率の良さが特長です。このエンジンを搭載した「13-SKYACTIV」は、30.0km/L(10・15モード燃費)、25.0km/L(JC08モード燃費)の低燃費を実現しています。

排出ガスの一部を冷やして燃焼室に戻し、混合気の自己着火(ノッキング)を抑制するクールドEGR*2システムを採用
気化潜熱による筒内冷却効果を高め、ノッキングを効果的に抑制する6つの噴射口を設定した新開発マルチホールインジェクターを採用
ピストン頭頂部と火炎の接触を抑え、燃焼期間を短縮し、冷却損失を抑制するキャビティ付ピストンを採用
高出力と低燃費を両立するため、マツダ初の「デュアル S-VT(可変バルブタイミング機構:吸気側電動S-VT)」を採用
ピストンやコンロッドなどの軽量化やピストンリングの張力低減などエンジンの機械抵抗を低減し、エネルギーロスを排除
従来よりもスムーズで低燃費な瞬間再始動とアイドリングストップの頻度の向上を実現した「i-stop」を搭載

2. 上質で快適な走りを楽しめるドライビングフィールの実現

ドライバーの意のままに操れる操縦性能、高速走行時の安定性、快適な乗り心地を併せ持つクルマを目指し、ドライビングフィールの質感を高めています。また、「13-SKYACTIV」では、「リニアで気持ち良い走り」を目指し、ドライバーの「走る・曲がる・止まる」のどの操作に対しても、車の動きがなめらかで連続してリニアに感じられる「統一感」のあるドライビングフィールを実現しました。

全グレードで、リアトレーリングアームのマウント部のブッシュ特性の変更やダンパーチューニング、ボディ剛性を向上し、操縦安定性の向上と快適な乗り心地を実現
「13-SKYACTIV」に、エンジンとCVTを協調制御してトルクを発生させる駆動力制御方式を採用。少ないアクセル操作で意図した速度を出すことができ、「統一感」のあるなめらかな車の動きを実現
「13-SKYACTIV」では、ボディ上下を流れる気流をバランスよく整えるエンジンアンダーカバーやリアルーフスポイラーなどの空力パーツを採用、クラス*1トップレベルのCd値0.29を実現し、高速走行時の操縦安定性と燃費の向上をサポート

3. 世界初、ドライバーの運転操作と燃費の良い運転をサポートする「インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)」を搭載

ドライバーが運転を楽しみながら、乗員に快適で燃費の良い運転をサポートする、新開発の「i-DM」を「13-SKYACTIV」に採用しています。「i-DM」は、ドライバーのアクセル、ブレーキ、ステアリング操作や車速の変化を検知し、メーター内のディスプレイに、ランプの色とゲージの点灯でリアルタイムに運転操作に対する判定を表示します。運転終了後には、運転操作に対するスコアとアドバイス、そして、ドライブごとのスコアを元に運転スキルのレベルを示す3段階の「ステージ」を表示します。「ステージ」が、1st→2nd→3rdと上がることで、ドライバーは運転スキルの上達を実感することができます。

4. スポーティさとともに質感を高めたデザイン

マツダの共通デザインである5ポイントグリルの新しいファミリーフェイスを採用し、フロントデザインのスポーティさを強調しています。また、内装では、シートなどのデザインを変更し、質感を向上させています。さらに「13-SKYACTIV」では、ブルーメタリック塗装を施したエンジンカバー、ブルーリング付ヘッドランプや専用リアバッジなど、「透明感」「ピュア」といった「SKYACTIV TECHNOLOGY」の世界観を表現した専用デザインを採用しています。

質感の高いシート生地やメーターパネルのブラック化、インストルメントパネルのシルバー加飾などを採用し、使いやすさと質感を向上
「13-SKYACTIV」専用の14インチアルミホイール、「SPORT」専用の新デザイン16インチアルミホイールを採用
ボディカラーは、2色の新色「アクアティックブルーマイカ」(13-SKYACTIV専用色)および「バーガンディレッドマイカ」を含む全11色
全グレードに瞬間燃費や平均燃費などの情報を表示するトリップコンピューターを新採用
「15C(CVT車)」「13C-V」「13C(4EC-AT車)」にエコランプを採用

5. 優れた安全性能

『デミオ』では、高度なアクティブセーフティと高剛性・安全ボディ「MAGMA(マツダの全方向衝撃吸収構造ボディ)」など、高い衝突安全性能を追求したパッシブセーフティに加え、安全装備をさらに充実させています。

新採用の後席中央席3点式シートベルトとヘッドレストを、「SPORT」「15C」「13C-V」「13C(e-4WD車)」に標準装備*3
「13-SKYACTIV」に、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機構)&TCS(トラクションコントロールシステム)を採用
「13-SKYACTIV」に、DSC一体の電子制御式ブレーキアシストを採用

6. LCA(ライフサイクルアセスメント)への取り組み

マツダは、LCAの実施手法や評価に必要なデータベースの構築・検討を行っています。新しい『デミオ』は、マイナーチェンジ前のモデルに比べて、CO2排出量11%、窒素酸化物(NOx)排出量6%、非メタン炭化水素(NMHC)排出量5%、硫黄酸化物(SOx)排出量7%低減しています。

*1 1.3Lクラス量産乗用車(2011年5月現在マツダ調べ)
*2 Exhaust Gas Recirculation:排気再循環
*3 「13-SKYACTIV」「13C(2WD車)」にはメーカーオプションで設定

マツダ2のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.