マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ デミオ モデルチェンジ推移2015年4月23日

マツダニュースリリースより

-----

特別仕様車「マツダ デミオ Mid Century」「マツダ デミオ Urban Stylish Mode」を発売
−デザインや質感にこだわったインテリアを採用、「デミオ」の一部仕様追加も実施−

マツダ株式会社は、際立った存在感を放つデザインや理想的なドライビングポジション、上質な内装などでご好評いただいている『マツダ デミオ』に、インテリアにこだわった2つの特別仕様車「Mid Century(ミッド・センチュリー)」「Urban Stylish Mode(アーバン・スタイリッシュ・モード)」を設定するとともに、一部仕様追加も行い、全国のマツダ系販売店、マツダアンフィニ系販売店およびマツダオートザム系販売店を通じて本日より発売します。

「デミオ」では、「好みのコーディネーションを選ぶことでクルマに自分らしさを表現し、より深い愛着を持っていただきたい」という思いから、インテリアコーディネーションにこだわりを持ってきました。今回の特別仕様車はその価値をより際立たせるために、従来の4つのインテリアに、2つのインテリアを追加することで、個性の異なる6つのインテリアの中から、お客さまに選ぶ楽しさをご提供いたします。

特別仕様車「Mid Century」は、「デミオ」の「13S L Package」および「XD Touring L Package」をベースに、専用インテリアとして、センター部分に特徴的なエンボス加工を施した真っ赤なシートや、あえて樹脂素材の存在感を強調したインテリアパーツ、赤、白、黒のヴィヴィッドな色づかいなどの採用により、1950年代にはじまったモダンファニチャーの世界とスポーティーさを融合させたインテリアデザインを表現したモデルです。

ボディカラーは、「ソウルレッドプレミアムメタリック」「ジェットブラックマイカ」「スノーフレイクホワイトパールマイカ」の3色を設定しています。

特別仕様車「Urban Stylish Mode」は、「デミオ」の「13S」および「XD」をベースに、ピンクのストライプを使いながらも、ピアノブラック、オフホワイト、シルバーで引締め、柔らかさとシックさを融合させた専用インテリアに、高光沢カラー樹脂素材を使用した加飾パネルなど、クルマにファッション性を求める、スタイリッシュな大人の女性をイメージしたモデルです。

自車の側方・後側方から接近する車両を検知する「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、後退時に接近する車両を検知して警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」も特別装備しています。 ボディカラーは「スモーキーローズマイカ」「チタニウムフラッシュマイカ」「メテオグレーマイカ」など計5色を設定しています。

また今回の「デミオ」の仕様追加では、ディーゼルエンジンモデルで好評をいただいている「セーフティパッケージ」*1をガソリンモデルにも追加設定します。

■特別仕様車「デミオ Mid Century」の商品概要は以下のとおり

ベース車
•デミオ「13S L Package」「XD Touring L package」

特別装備
•Mid Century専用インテリア(布)*2
•スーパーUVカットガラス(フロントドアガラス)
•シートヒーター(運転席・助手席)
•CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

■特別仕様車「デミオ Urban Stylish Mode」の商品概要は以下のとおり

ベース車
•デミオ「13S」「XD」

特別装備
•Urban Stylish Mode専用インテリア(布)
•アドバンストキー
•フルオートエアコン
•CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)
•ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
•スーパーUVカットガラス(フロントドアガラス)
•シートヒーター(運転席・助手席)
•フロントグリルガーニッシュ(ボディ同色塗装、13S Urban Stylish Modeのみ)

・価格(消費税込み)
1,566,000-2,192,400円

マツダ デミオ

デミオ インテリア

デミオ インテリア

マツダ2のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.