エルグランドの評価集

エルグランドは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

エルグランドは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

エルグランドの室内の広さや押し出しの効いた外観に惹かれ、食指を動かされている方も少なくないことでしょう。

ただ、巨大なボディサイズゆえに自分にも運転できるだろうか、運転が難しいのではないかと不安になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで、実際のところエルグランドの運転は難しいのかどうかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

エルグランドの大きさは?ボディサイズをチェック

エルグランドのボディサイズの数値は、どのくらいなのでしょうか?

【エルグランド 250ハイウェイスターS】
全長 4,945mm
全幅 1,850mm
全高 1,815mm

5mに迫る全長や1.8mを大きく超える全幅は、やはりかなり大きいと言わざるを得ません。

幹線道路では問題なくても、狭い路地では大きさを持て余しそうなことが容易に想像できます。

ここで、エルグランドとコンパクトSUVのジュークのボディサイズを比較してみましょう。

日産 ジューク

【ジューク 15RX】
全長 4,135mm
全幅 1,765mm
全高 1,565mm

エルグランドは全長がジュークよりも80cm以上長く、全幅も10cm近く広いディメンションになっています。

もしジュークからエルグランドに乗り換えた場合、大きさがかなり気になるはずです。

ただ、アイポイントがジュークよりも高く見晴らしが良いため、視界の良さが運転する上でプラスポイントになる事が、せめてもの救いと言えるでしょう。

エルグランドの小回りは効くか?エルグランドの最小回転半径

次に、エルグランドがどのくらい小回りが効くのかを検証してみましょう。

エルグランド 250ハイウェイスターSの最小回転半径は5.7mで、ジュークの5.4mと比較すると30cm大きい数値です。

ジュークから乗り換えた場合、ボディの大きさだけでなく、小回りが効かないことにも面食らうかもしれません。

実際問題として、Uターンや駐車の際に切り返しの回数が多くなり、煩わしく感じることが多くなるでしょう。

ただ、ライバルのアルファード/ヴェルファイアもエルグランド同様に小回が効かない(最小回転半径5.6~5.8m)ので、このクラスのミニバンを買うなら前提条件として想定しておきましょう。

どうしても小回りが効かないと困るという場合は、装備は貧弱になるものの、最小回転半径がジューク並みの5.4mに縮小される250XGを選ぶと良いでしょう。

エルグランドは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

エルグランドの車両感覚&運転感覚

エルグランドのフロントの見切りは良くない

エルグランドのフロントの見切りは良くない

エルグランドは、フロントウィンドウの面積が大きいことやアイポイントが高いことなど、前方視界の面で有利な要素を備えています。

しかし、フロントの見切りということになると、運転席からボンネット先端が見えない欠点があるため、あまり良いとは言えません。

車両感覚を掴むまでは、切り返しの際に鼻先を壁ギリギリに寄せることにチャレンジするのは避けた方が賢明です。

また、斜め前方の視界に関しても、死角を軽減するために備わる三角窓の面積が小さ過ぎることなどから、それほど良くありません。

そのため、右左折時の安全確認には十分気を使う必要があります。

エルグランドの車幅の感覚は掴みやすい?

エルグランドのように運転席からボンネットの先端が見えない車は、Aピラーが車幅を掴む目安になります。

しかし、エルグランドはワイドな全幅ゆえに左右のAピラーが同時に視野に収まらないので、車幅の目安にするのは容易ではありません。

したがって、エルグランドを狭い道路で運転する場合はかなり気を使う必要があります。

ただ、ボンネットの左右のふくらみを目安に車幅感覚を補う事も出来ます。いずれにしろ慣れが必要ですね。

エルグランドの後方視界は及第点

エルグランドの後方視界は?

エルグランドのリアウィンドウは、3ナンバーのミニバンとして標準的な面積を備えています。

また、2列目/3列目シートのヘッドレストがそれほど視野を妨げないため、乗員や荷物を載せていない時の後方視界は悪くありません。

一方、斜め後方視界に関しても、リアクォーターピラーが細いため死角が少なくなっています。

総じて、エルグランドの後方視界には及第点を与えて良いでしょう。

エルグランドの駐車にはコツがある?

エルグランドは後方及び斜め後方の視界が十分確保されているので、巨体の割には駐車がやりやすい部類に入ります。

ただし、縦列駐車をする場合はボンネット先端をほかの車にぶつけないよう、十分注意が必要です。

また、エルグランドのみならずミニバン共通の欠点になりますが、各ウィンドウの下端部の位置が高いので、車両の直近にある背の低い障害物が見えにくい特性があります。

そのため、背の低いポールや小さい子供を見落としてしまう可能性もあるので、車を動かす前に十分な安全確認が欠かせません。

エルグランドの運転で役立つアイテム

250シリーズならインテリジェントアラウンドビューモニター+フロント&バックソナー

250シリーズを購入する場合にお勧めしたいのが、表記の2つのアイテムとカーウイングスナビゲーションシステムを含むメーカー・セットオプションです。

各アイテムの内容は、以下のとおりになります。

インテリジェントアラウンドビューモニター

エルグランドのインテリジェントアラウンドビューモニター

並列駐車&縦列駐車
※エルグランド 出典nissan.co.jp

車両周辺の映像をナビ画面に表示し、駐車をサポートする装備になります。

車両を上から俯瞰したトップビューを含む6種類のビューが選択できるので、さまざまな状況に対応することが可能です。

また、歩行者や自転車などの移動物を検知すると、ディスプレイ上の表示と音で注意を促す移動物検知機能も備わります。

フロント&バックソナー

フロント&バックソナー
※エルグランド 出典nissan.co.jp

障害物に接近すると、表示と音により注意を促す装備です。

セットオプション価格は、抱き合わせで付く快適装備の内容により486,000円、658,800円、874,800円の3種類があります。

いずれにしてもかなり高額なオプションになりますが、駐車時の安全確保のために、是非とも奮発してほしいところです。

350ハイウェイスター/350ハイウェイスターアーバンクロームならインテリジェントアラウンドビューモニター+フロント&バックソナー+インテリジェントブレーキアシスト+インテリジェントクルーズコントロール+踏み間違い防止アシスト

350ハイウェイスター/350ハイウェイスターアーバンクロームに設定される安全装備のセットオプションは、先ほど紹介した内容のほかに、より充実した表記の内容を選ぶことも可能です。

追加される装備の内容は、以下のとおりになります。

インテリジェントブレーキアシスト

先行車に衝突しそうになると、自動ブレーキ制御により衝突被害を軽減する装備です。

インテリジェントクルーズコントロール

エルグランドのインテリジェントクルーズコントロール
※エルグランド 出典nissan.co.jp

0~100km/hで走行中に先行車に自動追従する装備で、カーブの手前でナビ情報を元に車速を制御する機能も備わります。

踏み間違い防止アシスト

ペダルの踏み間違いによる衝突被害を軽減する装備です。

壁やガラスを検知して作動するだけでなく、壁などがない場合でも駐車枠があれば急加速を抑制してくれるので、さまざまな状況で暴走事故を防いでくれます。

セットオプション価格は、抱き合わせで付く快適装備の内容により639,360円、812,160円、1,028,160円の3種類があります。

快適装備は無理に欲張る必要もないので、予算に余裕がない場合は一番安いセットオプションでも良いので装着したいところです。

スマートルームミラー

エルグランドのスマートルームミラー
※エルグランド 出典nissan.co.jp

リヤカメラの映像をルームミラーに映し出すアイテムで、2列目/3列目シートに人を乗せた場合や、荷物を満載した場合でもクリアな後方視界が約束されます。

全車にディーラーオプション設定され、価格は60,000円です。

たかがルームミラーと考えれば高価かもしれませんが、人や荷物を載せる機会が多い場合は付ける価値があるでしょう。

ディーラーオプションナビ+バックビューモニター

高価なメーカーオプションのナビでなくても、ディーラーオプションのナビ+バックビューモニターがあれば、駐車時やバックの時に後方視界の安全確認が出来ます。

ナビを付けるなら、バックモニターは必須と言ってもいいアイテムです。

エルグランドの運転のしやすさまとめ

エルグランドはボディサイズが大きい上、フロントの見切りに難があるので、特に大型車の運転に不慣れな女性にとっては運転が難しいと感じるかもしれません。

しかし、ここで紹介したアイテムを装着すれば運転が大分しやすくなります。

メーカーオプションではかなり高額なアイテムになりますが、エルグランドには是非付けておきたい装備です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


エルグランドを安く買うには新車値引きも重要!

下取り車だけではなく、肝心の新車値引きをしてもらわないと、トータルでエルグランドを安く買えません。

当サイトのエルグランド値引き交渉マニュアルを見れば、多くの方が新車のエルグランドを限界値引きで買う事が出来ますよ!

-エルグランドの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.