エスクァイアの評価集

エスクァイアは7人乗り?8人乗り?どちらを選ぶか違いやデメリットを徹底検証!

投稿日:

エスクァイアは7人乗り?8人乗り?どちらを選ぶか違いやデメリットを徹底検証!

今回は、トヨタの5ナンバーサイズミニバンのひとつである、エスクァイアの7人乗りと8人乗りを徹底比較してみます。

2014年に登場したエスクァイアは「上質さ」や「高級感」をコンセプトに開発され、5ナンバーサイズながらも、フロントグリルをはじめ随所に煌びやかな装飾が施され、人気上昇中のミニバンです。

エスクァイアの7人乗りと8人乗りのそれぞれメリット・デメリットを比較し、家族構成に合ったおススメのエスクァイアはどちらかを紹介します。

エスクァイアの7人乗りのメリット・満足点は?

上質さの極みである「キャプテンシート」を採用

エスクァイアの7人乗りキャプテンシート

エスクァイアの7人乗りキャプテンシート(最大810mm)

7人乗りのセカンドシートには、左右席それぞれ個別に分けられているキャプテンシートを採用しています。

リクライニング機構と両端にアームレストを設けたゆったりくつろげるシート設計と、最大810mmもの超ロングスライドを組み合わせれば、広大なレッグスペースが可能でワンランク上の高級車のような快適性が生まれます。

エスクァイアの7人乗り2列シートアレンジ
※エスクァイア:toyota.jp

また横スライド機構も兼ね備えてウォークスルーを可能にするほかに、新設計のサードシートを格納すれば、2列シート仕様にアレンジすることも可能です。

3列目へウォークスルーが可能

エスクァイアの7人乗り3列目へウォークスルーが可能

エスクァイアの7人乗りなら、2列目から3列目へウォークスルーが可能です。

乗車中でも信号待ちなどで、荷室の荷物を取りたい時など、車外に出てバックドアを開けて取る必要が無く、車内から3列目へ移動して荷室にアクセスできます。

2列目のウォークスルースペースを利用できる

エスクァイアの7人乗り2列目のウォークスルー

2列目のシート間にウォークスルー出来るためのスペースが開いているので、そこを利用して長尺物の荷物を積んだり、自転車の前輪を入れて自転車を積むことも出来ます。

積める自転車は大きさによるので、必要なら購入前に試してみると良いでしょう。

エスクァイアの8人乗りのメリット・満足点は?

セカンドシートに「6:4分割式チップアップセカンドシート」を採用

エスクァイアの8人乗りチップアップシート

8人乗りのセカンドシートには、6:4に分割できるチップアップシートを採用しています。

その特徴は580mmもの長いスライドが可能で、後方へスライドさせると足をゆったり伸ばして座れる車内空間が実現します。

チップアップとは座面を跳ね上げる機構のことで、スライド機構と合わせればサードシートへの乗り降りのしやすさに貢献します。

「ビッグラゲッジモード」はエスクァイアの中でも最大級の広さ

エスクァイアの8人乗りビッグラゲッジモード

サードシートを格納するだけでなく、セカンドシートをチップアップして前面へスライド・格納すれば、エスクァイアの前席以降が積荷スペースとなる「ビッグラゲッジモード」へと変わります。

こちらのモードはエスクァイアが積載できるスペースをフルに活用したモードであり、その広さは7人乗りのラゲッジスペースを大いに超えます。

自転車や複数あるゴルフバッグ等も余裕で積載することができ、荷物を積み下ろす機会が多い方には非常に嬉しい機能です。

いざと言うときに8人乗れる

普段サードシートを利用しないケースでも、いざとなれば8人乗れる事は大きなメリットです。

帰省した時に親戚や実家の両親をフルに乗せて移動もできますし、緊急時により多くの人を乗せることが出来ますね。

2列目ベンチシートは子供の世話に便利

2列目の座面がフラットなベンチシートは、子供を世話する時に活躍します。

オムツ替えの時も、座面に寝かせて交換できます。

また、二人兄弟のケースでも2列目に子供二人載せた状態で、大人も一人横に座れるので、子供の面倒を見る事が出来ますね。

エスクァイアの7人乗りの欠点・デメリットは?

ハイブリッド仕様車の「前席ウォークスルー」は不可能

ガソリン仕様のエスクァイアは、運転席と助手席の間をフラットにした設計となっているため、前席と後席とのウォークスルーを容易にしています。

エスクァイアの7人乗り前席ウォークスルーは不可能

しかしながら、ハイブリッド車の場合、インパネとセンターコンソールが一体型となった設計になっているため、前席と後席とのウォークスルーは出来なくなっています。

キャプテンシートの「折りたたみ機能」はイマイチ

個別にリクライニング機構やスライド移動が可能なキャプテンシートを持つ7人乗りのエスクァイアですが、欠点があります。

リクライニング機構をフルに使ってフラットシートにすることは可能ですが、前方へ押し倒す「折りたたみ機能」は持っていません。

エスクァイアの7人乗り折りたたみ機能

前方へスライドすることは出来ますが、サードシートへの乗り降りをしやすくするだけで、「セカンドシートを折りたたんで格納する」ことは出来ません。

エスクァイアのラゲッジスペースを出来るだけ最大限に活用したいという方は、2列目をチップアップできる8人乗りの方が良いかも知れません。

エスクァイアの8人乗りの欠点・デメリットは?

シートアレンジのレパートリーは7人乗りと比べて少なめ

8人乗りのセカンドシートに座面一体型のチップアップシートを採用し、ワンタッチで簡単に格納またはスライドできる機能を持っています。

しかしながら一体型シートゆえに、セカンドシートの左右席を切り離して移動することができないため、シートアレンジは7人乗りと比べて限られてしまいます。

状況や場面に合わせてシートアレンジをしたい方には、7人乗りの方がおススメです。

「ハイブリッド・8人乗り」の指定なし

煌びやかで上質さを兼ね備えるとともに、トヨタのお家芸とも言える独自のハイブリッドシステムを搭載し低燃費が自慢の「エスクァイア ハイブリッド」も用意しています。

しかしながらハイブリッド仕様車は7人乗りのみとなり、8人乗りのハイブリット仕様は用意されていません。

セカンドシート下にハイブリッドシステムに用いるバッテリーや動力機構等を積載し、3列シートが設置不可能だからと考えられます。

ミニバンが低燃費であればあるほど家計にも大きく影響してくるので、慎重に選びましょう。

エスクァイアの家族構成別のおススメ乗車人員数は?

乳幼児がいる3~4人家族

エスクァイアの前席ベビーケアモード

チャイルドシートが必要な乳幼児を乗せる場合、チャイルドシートを搭載する場所によっておススメする仕様が異なります。

セカンドシートにチャイルドシートを載せる場合、セカンドシートの片方を前席まで幅寄せてより密接なコミュニケーションが取れる「前席ベビーケアモード」のシートアレンジを持つ、7人乗りをおススメします。

エスクァイアのラゲージモード

助手席にチャイルドシートを搭載する場合は、後席をワンタッチですばやくラゲージモードに変えられる8人乗りをおススメします。

下の子が小学生以上の3~4人家族

子供たちがある程度育った小学生以上ですと、自身のテリトリーを取りたがる傾向があります。

多くの人数を乗せられる8人乗りでもスペースは多少あり不便なく過ごせますが、それ以上に、個別に隔てられた7人乗りの「キャプテンシート」の方が子供たちが非常に喜びます。

ウォークスルーで縦横無尽に移動できる利点をも兼ね備えているので、7人乗りがおススメです。

子供と祖父母が居る5~6人家族

子供と祖父母が居る2世帯家族ですと、用途や環境、そしてミニバンを購入するにあたって重要視するポイントによっておススメできる仕様が異なります。

大人から子供までの誰もが、ゆったりと快適でなおかつエスクァイアならではの高級感あふれる車内空間を求めるのであれば、キャプテンシートや居住空間を広げられるサードシートを持った、7人乗りがおススメです。

そして、大人数を頻繁にを乗せたり、大量もしくは大きな積載物を載せる機会が多い場合は、8人乗りをおススメします。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

エスクァイアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのエスクァイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がエスクァイアを限界値引きで購入しています。

今月のエスクァイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>エスクァイア値引き交渉マニュアル 

-エスクァイアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.