エスクァイアの評価集

エスクァイアを買うならハイブリッドかガソリン車か?販売の比率や税金、下取り額など違いをがっつり比較!

更新日:

エスクァイアを買うならハイブリッドかガソリン車か?徹底比較してみました

マイナーチェンジによって、さらに高級感が増したトヨタ エスクァイア

エスクァイアのハイブリッド車にするか、ガソリン車にするか、どちらを買おうかと迷う方もいるのではないでしょうか。

燃費が良く専用装備のあるハイブリッド車にするか、それともハイブリッドよりも安く買えるガソリン車にするか、それぞれの装備や燃料費などについてメリットやデメリットなど色々と比較してみました。

この記事の目次

エスクァイアハイブリッドとガソリン車の外装の違い

まず、エスクァイアハイブリッドとガソリン車の外装に違いがあるのか見てみましょう。

上の画像がエスクァイアハイブリッドで、下がガソリン車です。

エスクァイア ハイブリッド Gi

※エスクァイア ハイブリッド Gi

エスクァイア Gi

※エスクァイア Gi

ハイブリッドでは、フロントグリル中央に付いているシンボルマークの色が、ブルーになっています。

左右サイドミラーの下側付近には、専用エンブレムが付いています。

また、ハイブリッド専用の装備としてフロントウィンドウは高遮音性ガラスが採用され、静粛性をより高めています。

エスクァイア ハイブリッド Gi 後部

※エスクァイア ハイブリッド Gi

エスクァイア Gi 後部

※エスクァイア Gi

リヤ側を見ると、バックドアにサイド側と同様なハイブリッド専用のエンブレムが付いています。

また、バックドアのシンボルマークもブルー配色となっています。

外装ではエンブレムが主な違いで、大きな差はありません。

外装とは直接関係ありませんが、ハイブリッド専用の装備として車両接近通報装置が装着されます。

モーターだけでゆっくりと走行している時は、エンジンやタイヤの音が聞こえません。

このため、歩行者が気付きにくいことがあります。

歩行者などとの接触を防止するため、走行しながら自動で音が鳴るようになっています。

スイッチ操作で一時的にOFFにもできます。

エスクァイアハイブリッドとガソリン車の内装の違い

インテリアの装備に違いがあるか見てみましょう。

ハイブリッド、ガソリン車のそれぞれに、専用装備があります。

エスクァイアハイブリッド専用の装備

オプティトロンメーター

エスクァイアのオプティトロンメーター(ハイブリッド)

※ハイブリッド専用メーター

昼間の明るい時でも見易いメーターでは、左側にハイブリッドシステムインジケーターが表示されます。

「ECO」表示の緑色の範囲で走行すると、ハイブリッドシステムを活用していること、ガソリンエンジンでも燃費にやさしいエコ運転であることを表示して、ドライバーに知らせます。

エスクァイアのオプティトロンメーター(ガソリン)

※ガソリン車専用メーター

ガソリン車では、ハイブリッドシステムインジケーターに替わってエンジン回転数が配置されます。

さらに、エコ運転を知らせるエコドライブインジケーターも表示されます。

シフトレバー

エスクァイアのシフトレバー(ハイブリッド)

※ハイブリッド専用シフトレバー

形状は小さめで、指で摘まむイメージです。

シフトパターンも、ガソリン車とは異なっています。

シフトチェンジするときは、まずレバーを右側に動かします。

この位置から、前進する場合は手前に、バックする場合は奥側へ動かします。

この操作は、軽い力で行えます。

エスクァイアのシフトレバー(ガソリン車)

※ガソリン車シフトレバー

ガソリン車は従来から見られるゲート式です。

シフトチェンジをマニュアル感覚で行う場合は、「D」の位置から「M」ポジションに入れ、レバーを前後方向へ操作します。

センターコンソールボックス

エスクァイアのセンターコンソールボックス

エスクァイアのセンターコンソールボックスOPEN

ハイブリッドでは、インパネ一体型のセンターコンソールボックスがオプションで選べます。

AC100Vのアクセサリーコンセントとセットで、オプション価格は43,200円です。

家庭と同じAC100Vコンセントが2ケ所付きます。

例えば車内を清掃するときに、家庭で使っている掃除機を持ち込んで使えます。

従来は充電式掃除機を使う、延長コードをつなげるなど、手間がかかりました。

災害時に停電した場合など、発電機としても使えるので、いざという時に安心です。

集中モードオートエアコン

エスクァイアの集中モードオートエアコン

運転者だけが乗車していても、車内全体をエアコンで効かせていましたが、このスイッチを押すことで運転席付近だけを自動で作動させることができます。

オートモードになりますので、車内全体を無駄に使用することがなくなり、燃費にも効果的です。

モードスイッチ

エスクァイアのモードスイッチ

走行モードを切り替えることができます。

EVモードとPWR(パワー)モードはハイブリッド専用で、ECOモードはガソリン車にも付いています。

EVモードスイッチを押すと、モーターだけを使って走行できます。

バッテリーを使って走行するため距離は限られてしまいますが、エンジンを使わないためガソリンを使わずに済み、燃料費に効果がありそうです。

また、静かに走行するため、早朝などで役に立ちます。

PWRモードでは、エンジンのパワーをより引き出して走行するモードとなります。

高速道路や登坂時に有効です。

エスクァイアガソリン車専用の装備

チップアップシート

エスクァイアのチップアップシート
※エスクァイア:toyota.jp

ガソリン車のグレードの中でも、Gi / Xiの8人乗りのみにチップアップ式セカンドシートが採用されています。

シートの座面が跳ね上がり、前後にスライドできます。

チップアップしたままセカンドシートを前方へスライドすると、サードシートへの乗り降りがしやすくなります。

また、荷室へ多くの荷物を積めるようになります。

チップアップせずに後方へスライドすると、セカンドシートの足元に広々としたスペースが生まれます。

ツインムーンルーフ

エスクァイアのツインムーンルーフ

オプションとなりますが、ガソリン車の7人乗りのみに設定されています。

オプション価格は118,800円です。

以上のようにエスクァイアハイブリッドとガソリン車の内装の違いは、それぞれ専用装備に差があります。

この他の加飾や装備は、ハイブリッドとガソリン車との違いよりも、グレードの違いによって差別化されています。

エスクァイアハイブリッドとガソリン車の売れ筋グレードは?

過去3か月のオートオークションの中古車流通台数から売れ筋グレードを調査したところ、エスクァイアのハイブリッドもガソリン車も、Giがトップとなっていました。

エスクァイア ハイブリッドの売れ筋は「Gi」、僅差で「Giプレミアムパッケージ」

124台中64台がGiで全体の51.6%、32台がGiプレミアムパッケージで全体の25.8%を占めています。

エスクァイア ガソリン車の売れ筋は「Gi」

136台中66台がGiで全体の48.5%、17台がGiプレミアムパッケージで全体の12.5%をシェアしています。

Giは価格と装備のバランスがよく、コスパに優れた点がその理由と考えられます。

エスクァイアハイブリッドとガソリン車の維持費を比較

比較項目ハイブリッドGiGi(ガソリン車)
価格3,317,760円(7人乗り)2,939,760円(7人乗り)
価格差+378,000円
自動車取得税
(新車購入時の税金)
0円73,400円
重量税
(新車購入時)
0円49,200円
購入時のエコカー減税を考慮した価格差+255,400円
自動車税
(翌年分)
9,000円39,500円
平均実燃費17.7 km/L12.6 km/L
ガソリンタンク容量50L55L
ガソリンの種類レギュラーレギュラー
満タンで走れる距離
(5リッター残し)
796.5km630.0km

※実燃費は市街地や幹線道路、高速道路を含んだ平均の実燃費数値です。

ハイブリッド・ガソリン車の価格差255,400円を燃費で埋めるにはどの位掛かる?

レギュラーガソリン140円で計算

  • ハイブリッド 17.7km/L
    10,000km÷17.7≒564.9リッター
    564.9×140円≒79,096円
  • ガソリン車 12.6km/L
    10,000km÷12.6≒793.6リッター
    793.6×140円≒111,111円

10,000km走ると32,015円の差となります。

ハイブリッドとガソリン車の価格差255,400円の元を取るには、

255,400÷32,015=7.97万kmの走行距離が必要となります。

年間1万キロ平均で約8年弱、年間2万キロなら約4年弱、年間3万キロだと約2年半で元が取れる計算となります。

週末に買い物やドライブなどで使うケースでは年間1万キロと言われますから、多くの方は3回車検を通してようやく元がとれる感じです。

より正確なシミュレーションをするには、自分の必要なオプションも含めた支払総額で計算してみましょう。

エスクァイアハイブリッドとガソリン車の加速や静粛性、乗り心地の違いは?

静粛性、遮音性、乗り心地はハイブリッド車

エスクァイアのハイブリッドとガソリン車の走りを比較すると、静粛性はハイブリッドが優勢と言えます。

ハイブリッド車は街中だとモーターのみで走行することが多く、その間はエンジン音がなくモーター音とロードノイズだけとなり、静かで快適なドライブが楽しめます。

エンジン駆動時も高い遮音・吸音性の恩恵によって車内に入るエンジン音は小さく、ハイブリッド車に乗っている満足感が得られます。

軽快な走りが楽しめるのはガソリン車

エスクァイアの運転性はハイブリッド・ガソリン車共に優秀で、コーナリングのロールはよく抑えられ、ステアリングの精確性も十分です。

最高出力ではエンジン+モーターのハイブリッドの方が優位ですが、加速フィールやアクセルレスポンスは、ハイブリッドシステムを搭載していない分だけ車重の軽いガソリン車の方が優勢となっています。

ガソリン車は動力源が単一のため、ハイブリッド特有の切り替えに伴う違和感がないのも、リニアで軽快なドライブフィールにつながっています。

静粛性や乗り心地重視ならハイブリッド、走りを楽しみたい方であればガソリン車が向いていますが、エスクァイアの購入前に試乗して確かめるといいでしょう。

エスクァイアハイブリッドとガソリン車はどちらが売れているのか?販売の比率を公開

現行型エスクァイアは、2014年10月に発売されました。

2014年10月~2019年6月まで当サイト(クルマを買う!)で集計したエスクァイアの販売台数を基に、ハイブリッドとガソリン車のどちらが売れているのか、販売の比率をまとめました。

  • エスクァイア ガソリン車 96,281台 43.6%
  • エスクァイア ハイブリッド車 124,380台 56.4%

2014年の発売当初からハイブリッド車とガソリン車の販売割合は概ね同率を保ちながら、4年8カ月分の集計では、ハイブリッド車の方が12.8%多く売れている結果となりました。

エスクァイアハイブリッドとガソリン車、下取りが高いのはどっち?

エスクァイアは、ハイブリッドとガソリン車のどちらが下取りで高く売れるのか、2019年8月現在の業者オークション相場から、3年後と4年後の下取り相場を比較してみました。(年間走行距離1万キロ前後で算出しています)

比較項目ハイブリッドGiGi(ガソリン車)
3年後の下取り価格221.7万円(66.8%)196.9万円(67.6%)
4年後の下取り価格212.6万円(64.0%)188.0万円(64.6%)

※カッコ内は当時の新車価格に対しての残価率です

これを見比べると、ハイブリッドとガソリン車のリセール差は1.0%以内に収まっているため、リセール的には概ね同等と言えます。

エスクァイアハイブリッドとガソリン車のメリットは?

good

エスクァイアハイブリッドのメリットは?

  • ガソリン車よりも燃費が良い≒給油回数が少なく日常コストが安上がり
  • モーターで走行中はエンジンの音がしないため、静か
  • ミニバンでは便利なエアコン集中モードが装備されている。一人で運転している時は、エコ意識が高くなる
  • エンジンとモーターを使った加速性と太いトルクが魅力

エスクァイアガソリン車のメリットは?

  • ハイブリッドに比べておよそ40万円価格が安い
  • ガソリンエンジンのナチュラルな吹き上がり感がある
  • 7人乗りと8人乗りが選べる
  • 8人乗りでは、セカンドシートのチップアップ機能が便利で、荷物を沢山詰めるなど利便性が高い
  • ガソリン車なら4WDも選べる

エスクァイアハイブリッドとガソリン車の欠点・デメリットは?

BAD

エスクァイアハイブリッドの欠点・弱点は?

  • ガソリン車に比べて40万円価格が高い
  • ラゲッジルームに設置された床下収納スペースの床面がフラットではなく、でっぱりがあって使いにくい
  • センターコンソールボックスの奥行きがガソリン車よりも浅いので、ペットボトルなどは置けない
  • 8人乗りの設定がない(7人乗りだけ)
  • 4WD車の設定がない

エスクァイアガソリン車の欠点・弱点は?

  • ハイブリッドに比べて燃費が劣る≒給油回数が増えて日常コストがかかる
  • ハイブリッドに比べて静かさで劣る
  • ハイブリッドに比べエンジンのパワー不足感がある
  • エコカー減税が適用されないので、お得感が低い

買うならエスクァイアハイブリッドとガソリン車どっち?

以上、エスクァイアのハイブリッドとガソリン車を比較してきましたが、トータルコストを考えた場合、また8人乗りや4WDが必要な場合はガソリン車を購入した方がいいでしょう。

しかし、ハイブリッドにも高い静粛性や乗り心地、モーターによる太いトルク、そして給油回数が減って日常コストの削減などハイブリッドならではの魅力があるため、どちらが自分に合っているか十分に比較検討したいところです。

7年以上乗るならハイブリッドの好燃費でガソリン車との差額を埋められるので、長く乗るタイプの方ならトータルコストでハイブリッドの方がお得になりますが、5年周期で買い替える管理人なら、短期コストを重視してガソリン車を選ぶでしょう。

でも、ハイブリッド車が初めての方にはぜひ試して欲しいとも思いますし、ディーラーでエスクァイアのハイブリッドとガソリン車の両方に試乗させてもらって、楽しみながらじっくり検討しましょう!

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

エスクァイアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のエスクァイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がエスクァイアを限界値引きで購入しています。

今月のエスクァイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>エスクァイア値引き交渉マニュアル 

-エスクァイアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.