エスクァイアの評価集

新型エスクァイアの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

投稿日:

新型エスクァイアの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

姉妹車種「ノア」「ヴォクシー」譲りの広い室内空間や低床フロアによる使い勝手の良さを踏襲しながら、より上質で高級感あるモデルに仕上げられた5ナンバー・ミニバン、「トヨタ・エスクァイア」の内装を徹底的に紹介します。

室内は全車3列シート仕様で、乗車定員は7人乗りのほかガソリン車Gi/Xiには8人乗りも用意されています。

エスクァイアの内装の質感は?

エスクァイアの内装色

Giプレミアムパッケージ

エスクァイアの内装色 バーガンディ&ブラック
※エスクァイア:toyota.jp

内装色はバーガンディ&ブラックになります。

エスクァイアのフロントドアスイッチベース

また、フロントドアスイッチベースはブラウンレーザーライン加飾付+ダークシルバー塗装となります。

Gi

エスクァイアの内装色 ブラック

エスクァイアの内装色 バーガンディ&ブラック

色は上の写真のブラックが標準になりますが、注文時に下の写真のバーガンディ&ブラックを指定することもできます。

エスクァイアのフロントドアスイッチベース(ピアノブラック塗装)

また、フロントドアスイッチベースはピアノブラック塗装となります。

Xi

エスクァイアの内装色(ブラック)

色はブラックで、フロントドアスイッチベースはGi同様ピアノブラック塗装となります。

エスクァイアのドアトリムにステッチ入りの合成皮革

エスクァイアの内装の質感は、全車のドアトリムにステッチ入りの合成皮革が張られるなど、ノア/ヴォクシーよりもワンランク上の上質な仕上げとなっています。

エスクァイアのシート表皮・デザイン

Giプレミアムパッケージ

エスクァイアのシート表皮(ブランノーブと合成皮革のコンビネーショ)

エスクァイアのシート表皮(ブランノーブと合成皮革のコンビネーショ)

エスクァイアのシート表皮(ブランノーブと合成皮革のコンビネーショ)

シート表皮はブランノーブ(ヌバック調ファブリック)と合成皮革のコンビネーションで、色はバーガンディになります。

Gi

エスクァイアのシート表皮(バーガンディ&ブラック)

エスクァイアのシート表皮(ブラック)

上の写真がバーガンディ&ブラック色、下の写真がブラック色で、シート表皮は昇温降温抑制機能付の合成皮革となります。

Xi

エスクァイアのシート表皮(ブラック)

色はブラック、表皮は消臭機能付のファブリックとなります。

エスクァイアの2列目シートにロングスライド

エスクァイアの前席および2列目シートの座り心地は、非常に快適で申し分ないものとなっています。

また、機能面では全車の2列目シートにロングスライド(※7人乗りは超ロングスライド)&リクライニング機能が備わります。

エスクァイアの3列目シート

一方、3列目シートはクッションが薄く快適性が劣るため、長時間の乗車には不向きです。

シート表皮の質感は、Giプレミアムパッケージの合成皮革は本革と見間違うほどの上質なもので、最上級グレードに相応しいと言えます。

エスクァイアのインパネ

Giプレミアムパッケージ

エスクァイアのインパネ

ダークシルバー塗装のマルチインフォメーションディスプレイフード

エスクァイアのセンタークラスターパネル

色はバーガンディとブラックの2トーンで、マルチインフォメーションディスプレイフードにダークシルバー塗装が、センタークラスターパネルにブラウンレーザーライン加飾+ダークシルバー塗装が施されます。

Gi

エスクァイアのインパネ(ブラック)

エスクァイアのインパネ(バーガンディ&ブラック)

上の写真が標準色のブラック、下の写真が設定色のバーガンディ&ブラックのインパネです。

ピアノブラック塗装のマルチインフォメーションディスプレイフード

センタークラスターパネルにピアノブラック+シルバー塗装

いずれもマルチインフォメーションディスプレイフードにピアノブラック塗装が、センタークラスターパネルにピアノブラック+シルバー塗装が施されます。

Xi

エスクァイアのインパネ(ブラック)

色はブラックで、Gi同様マルチインフォメーションディスプレイフードにピアノブラック塗装が、センタークラスターパネルにピアノブラック+シルバー塗装が施されます。

エスクァイアのインテリアは、ノア/ヴォクシーがプラスチッキーな印象が否めないのに対し、専用加飾の効果で高級感を醸すものとなっています。

質感の面では、5ナンバーサイズのミニバンとしてはトップレベルと言えるでしょう。

エスクァイアの収納・荷室の使い勝手は?

前席回りの収納

運転席ロアボックス+カードホルダー

エスクァイアの運転席ロアボックス+カードホルダー

インパネ右端下部に収納ボックスとカードホルダーが装備されます。

センタートレイ

エスクァイアのセンタートレイ

エスクァイアのセンタートレイUP

センタークラスターにスマホなどを収納できるトレイが用意されます。

センターマルチトレイ

エスクァイアのセンターマルチトレイ

エスクァイアのセンタークラスター下部

センタークラスター下部に、小物入れまたは2個分のカップホルダーとして利用できるトレイが備わります。

独立型センターコンソールボックス(ガソリン車Xiを除く全車に標準装備)

エスクァイアの独立型センターコンソールボックス

小物入れ(ハイブリッド車andガソリン車)

リッドを開けると、下の写真のように小物入れが出現します。

ハイブリッド車はボックスティッシュの、ガソリン車は500mlのペットボトル3本の収納が可能です。

オーバーヘッドコンソール

エスクァイアのオーバーヘッドコンソール

エスクァイアのオーバーヘッドコンソール(小物入れ)

頭上のオーバーヘッドコンソールにも小物入れが用意されます。

助手席側大型オープントレイ

エスクァイアの助手席側大型オープントレイ

助手席前のインパネに、開放型のトレイが設けられています。

助手席アッパーボックス

エスクァイアの助手席アッパーボックス

その上部には、リッド付の収納ボックスが装備されます。

ティッシュBOXも入りそうですね。

グローブボックス

エスクァイアのグローブボックス

エスクァイアのグローブボックスOPEN

大型オープントレイの下部が、車検証などの収納に便利なグローブボックスとなっています。

フロントドアポケット+ボトルホルダー

エスクァイアのフロントドアポケット+ボトルホルダー

左右のフロントドアに、小物の収納が可能なポケットと500mlのペットボトルが収納できるホルダーが備わります。

前席の収納は大変豊富に用意されているので、不満が生じるケースはまずないでしょう。

2列目シートの収納

買い物フック

エスクァイアの買い物フック

エスクァイアの買い物フック

運転席のシートバックに、コンビニ袋やエコバッグなどが掛けられるフックが装備されます。

シートバックポケット(運転席・助手席)

エスクァイアのシートバックポケット

運転席・助手席のシートバックに、雑誌や地図などが収納できるポケットが備わります。

ただし、福祉車両の「Xiサイドリフトアップシート装着車」は運転席側のみとなります。

助手席シートバックテーブル(Xiサイドリフトアップシート装着車を除く全車に標準装備)

エスクァイアの助手席シートバックテーブル

エスクァイアの助手席シートバックテーブルOPEN

テーブルに2個分のカップホルダーが備わります。

折りたたみ式サイドテーブル(Xiサイドリフトアップシート装着車を除くガソリン7人乗り仕様車とハイブリッド車に標準装備)

エスクァイアの折りたたみ式サイドテーブル

キャプテンシートの間に、2個分のカップホルダー付きのテーブルが備わります。

格納式センターボックス(Gi/Xiの8人乗り仕様車に標準装備)

エスクァイアの格納式センターボックス

ベンチシートの中央に、ボックスティッシュや紙パック飲料などの収納が可能な格納式のボックスが装備されます。

スライドドアポケット+ボトルホルダー

エスクァイアのスライドドアポケット+ボトルホルダー

左右のスライドドア下部に、500mlのペットボトルが収納できるホルダーと書類などが収納できるポケットが装備されます。

2列目シートの収納もかなり豊富で、申し分ありません。

また、一部グレードを除きテーブルが用意されるので、車内で飲食する場合に大変便利です。

3列目シート回りの収納

デッキトリムボトルホルダー

エスクァイアのデッキトリムボトルホルダー

左右のデッキトリムに、500mlのペットボトルが収納できるホルダーが備わります。

3列目シートは緊急用としての意味合いが強いためか、収納もミニマムです。

一応3人掛けとなっているので、できればボトルホルダーも3人分欲しかったところ。

エスクァイアの荷室サイズは?どのくらい積める?

テールゲートの開口部

エスクァイアの荷室サイズは?

幅が1,100mmあり、荷室フロア高も2WD車で500mm、4WD車で535mmという低床設計になっているので、荷物の積み下ろしが容易にできます。

7人乗り仕様車の荷室

エスクァイアの7人乗り仕様車の荷室(ラゲージモード)

エスクァイアの7人乗り仕様車の荷室(ビッグラゲージモード)

上の写真が2列目シート使用時のラゲージモード、下の写真が2列目シートを前にスライドさせるとともに、3列目シートを跳ね上げたビッグラゲージモードです。

8人乗り仕様車の荷室

エスクァイアの8人乗り仕様車の荷室(ラゲージモード)

エスクァイアの8人乗り仕様車の荷室(ビッグラゲージモード)

上の写真が2列目シート使用時のラゲージモード、下の写真が2列目シートを前にスライドさせるとともに、3列目シートを跳ね上げたビッグラゲージモードです。

どちらの仕様もラゲージモードでも荷室スペースはかなり大きく、日常的な用途ならまず十分でしょう。

ビッグラゲージモードの場合、7人乗り仕様車は8人乗り仕様車と比較すると若干スペースが狭くなりますが、それでもレジャー用品を満載するにも不足は無いと言えます。

エスクァイアの内装まとめ

内装の質感は、たとえエントリーグレードのXiでもクラストップレベルの高級感があります。

欲を言えば、明るい色の設定も欲しかったところ。収納に関しては、3列目シート用は物足りなさを感じるものの、前席と2列目シートに関しては十分以上です。

荷室スペースは、フロアが低床かつフラットになるなど使い勝手が良く、スペースの面でも5ナンバーサイズのネガを感じさせる場面はほとんど無いと言えるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

エスクァイアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのエスクァイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がエスクァイアを限界値引きで購入しています。

今月のエスクァイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>エスクァイア値引き交渉マニュアル 

-エスクァイアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.