エスクァイアの評価集

エスクァイアでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

投稿日:

エスクァイアでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

子育てファミリーの支持を集めるミニバンの中でも、ヴォクシー/ノア/エスクァイアの人気は抜きんでています。

しかし、エスクァイアが他の2台と異なるのは、ファミリーカーというより高級車としての側面があることです。

ぎらぎら感タップリのフロントフェイスや、格安モデルを排し、代わりに高級パッケージを用意したグレード構成など、子育て世代より上の世代を狙ったエスクァイアの魅力をさらに高めるオプションにはどんなものがあるのでしょうか。

そこで、エスクァイアを購入するみんなが選ぶ人気のオプションやカーナビをご紹介しましょう。

また、オススメのオプションも捜してみましたので、エスクァイアの購入を検討されている方はぜひご一読ください。

エスクァイアのおすすめメーカーオプションは?

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

〇ツインムーンルーフ( フロントチルト&リヤ電動スライド/サンシェード+挟み込み防止機能付)118,800円

エスクァイアのツインムーンルーフ
※エスクァイア:toyota.jp

エスクァイアのメーカーオプションは非常に少なく、それだけ標準装備が充実しているともいえます。

特にエクステリアに関してはまったくないので、エクステリアに類しないかも知れませんが、このツインムーンルーフを選んでみました。

ミニバンの、2列目、3列目シートの居住性は重要です。

このツインムーンルーフは高級感のあるエスクァイアにおいて、格別な贅沢感をもたらすはずです。

フロント側は手動でチルトして換気に役立ち、リア側は電動でルーフの開閉が可能なので風を思いっきり感じることが出来、挟み込み防止機能も備えているので安心です。

118,800円と安くはありませんが、人気のオプションになります。

売却時のプラス査定も期待できるオプションです。

しかし、ガソリン車のGi及びGi“Premium Package”にオプションで用意されており、ハイブリッド車には設定がありませんので注意が必要です。

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー+挟み込み防止機能付) デュアル(両側)¥61,560

エスクァイアのワンタッチスイッチ付パワースライドドア

デュアルパワースライドになるオプションです。

助手席側だけにパワースライドドア装備されるXiには欠かせない装備です。

ミニバンユーザーにとっては是非両側に欲しいので、みんなが選ぶオプションのナンバー1といっていいでしょう。

助手席側と同様に、ワンタッチで簡単に開閉できるスイッチを採用する「 デュアルイージークローザー」と「 挟み込み防止機能付」が装備されているので、どちらの側からも楽に、そして安全に開閉できるので、Xiグレードを選ぶ人の多くが選ぶオプションです。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)+SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンド・サードシート)¥48,600

エスクァイアのSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ

「Toyota Safety Sense C」は標準装備されていても、このエアバック類が必要ならすべてのグレードにメーカーオプションで装備させる必要があります。

後部座席を常に使用し、高速道路を利用する長距離ドライブも頻繁に車で移動するミニバンユーザーには、この装備を加えることで安心できるでしょう。

特に、SRSカーテンシールドエアバッグは、後席の人にとって唯一のエアバックになります。

側突や横転の危険があるミニバンにおいては、本来なら「Toyota Safety Sense C」とともに標準装備化されることが望ましいのですが、現実にはそうでないことから、購入時には出来れば装備するつもりでいることが必要です。

その他のおすすめメーカーオプションは?

スマートエントリーシステム(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)+ プッシュスタートシステム ¥37,800

エスクァイアのプッシュスタートシステム

エスクァイアのスマートエントリーシステム(リモコン)

スマートエントリーシステム(ドアハンドルを軽く握るだけ)

スマートエントリーシステム(センサーに触れるだけ)

スマートエントリーシステムは、ガソリン車のXiには装備されていないのでメーカーオプションで選択する必要があります。

スマートキーを携帯していれば、キーを取り出すことなくドアハンドルを軽く握るだけでドアを解錠でき、またセンサーに触れるだけでドアを施錠します。

プッシュスタートシステム は、エンジン始動もブレーキを踏みながらスイッチを押すだけで簡単に行えます。

尚、スマートキーは2個ついてきます。

ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・

アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/2個) 43,200円

アクセサリーコンセントとインパネ一体型センターコンソールボックスがセットでメーカーオプションとなります。

ハイブリッドにだけのオプションで、家庭用と同じAC100V電源となります。

パソコンなどの家電用品に対応するのですが、ハイブリッドとはいえPHVではないので過信は禁物。電池容量が増えた最近のPCやスマホの充電も特に不要ではないでしょうか。

エスクァイアのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

ガーニッシュセット 35,640円

エスクァイアのガーニッシュセット

エスクァイアのガーニッシュセット

エスクァイアのガーニッシュセット

単品価格
ドアミラーカバー 9,720円
ピラーガーニッシュ 19,440円
バックドアガーニッシュ 6,480円

ドアミラーカバー、ピラーガーニッシュ、バックドアガーニッシュのセットで、モデリスタのパーツほどではありませんが、エスクァイアの魅力を引き出すお手軽なオプションとして人気があります。

もちろん単品でも購入できます。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

フロアマット(ラグジュアリータイプ) 62,640円

毛足が長くやわらかな踏み心地を実現した上質なマット。

加えて、消臭・抗菌、吸遮音機能も兼ね備え、快適な室内空間を演出します。

6万円以上もするフロアマットは、通常なら必要ないのですが、ここは高級路線のエスクァイアなのであえて選んでみましょう。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

後方確認セット 63,760円

エスクァイアの電子インナーミラー

エスクァイアの後席確認ミラー

電子インナーミラーに後席確認ミラーを加えた後方確認セットは、インナーミラーでは見づらい後席の同乗者を目視できる後席確認専用のミラーですので、電子インナーミラー使用時におすすめです。

電子インナーミラーは、バックドアガラス内側に取り付けたカメラからの画像をインナーミラーに表示する、デジタル補正で視認性が向上したインナーミラーです。

後方視野角が広く、後席に同乗者がいても後方を確認しやすく9月1日からの発売となった新しいオプションです。

その他のおすすめディーラーオプションは?

MODELLISTA COOL SHINE KIT(モデリスタ・クールシャイン・キット) 62,640円

エスクァイアのモデリスタ・クールシャイン・キット

エスクァイアのバックドアガーニッシュ

単品価格
フードガーニッシュ 30,240円
ミラーガーニッシュ 16,200円
バックドアガーニッシュ 21,600円
ロアグリルガーニッシュ 23,760円

エスクァイアの個性あるエクステリアを引き立たせるのはやはり純正キット。

TRDなど他にも選択肢はありますが、高級感をさらに強調させるならやはり「モデリスタ」しかありません。

この クールシャイン・キットはよくあるエアロキットではなく、エスクァイアの特徴であるぎらぎらのフロントフェイスをメッキ加飾でさらに輝かせるパーツです。

フードガーニッシュと ロアグリルガーニッシュは大きなグリルをさらに大きく見せ、ミラーガーニッシュとバックドアガーニッシュがくっきりとしたアクセントを与えます。

特にフロントグリルの豪華さはアルファード以上となり、かなり好みが別れそうですが、エスクァイアを選んだユーザーには好まれるはずです。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

エスクァイアの乗降中表示器

乗降中表示器 23,436円

助手席側のスライドドアが開くと、バックガラス室内部にLEDで「乗降中」と表示することで、後続車に注意喚起を行います。

幼稚園の送迎用バスみたいで、確かにあれば安全かもしれませんが、この金額を出してまで装備する必要はないのでは?

面白装備としてならいいかも知れませんが。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

エスクァイアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのエスクァイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がエスクァイアを限界値引きで購入しています。

今月のエスクァイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>エスクァイア値引き交渉マニュアル 

-エスクァイアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.