トヨタ車モデルチェンジ推移と予想

トヨタ カローラフィールダー モデルチェンジ推移2010年4月26日

トヨタニュースリリースより

----------------------

TOYOTA、カローラアクシオならびにカローラフィールダーの燃費を向上
―同時に、特別仕様車を設定―

TOYOTAは、カローラアクシオならびにカローラフィールダーを一部改良するとともに、カローラフィールダーに特別仕様車S“202”を設定し、全国のトヨタカローラ店を通じて、4月26日より発売した。

今回の改良では、1.5L・2WD車(CVT)において、エンジン・トランスミッション制御の最適化などにより、燃費を20.0km/L*1(カローラアクシオ、カローラフィールダーともに従来型比+1.4km/L*1)に向上、「平成22年度燃費基準*2+25%」を達成。

また、1.8L全車に優れた環境性能と高い動力性能を両立する新世代エンジン動弁機構「バルブマチック」を搭載したエンジンを新たに採用し、Super CVT-iと組み合わせることで、低燃費かつ爽快な走りを実現している。1.8L・2WD車は、燃費を18.6km/L*1(カローラアクシオ:従来型比+1.4km/L*1、カローラフィールダー:従来型比+1.8km/L*1)とし、「平成22年度燃費基準+15%」を達成したほか、1.8L・4WD車は、燃費を15.6km/L*1(カローラアクシオ、カローラフィールダーともに従来型比+1.2km/L*1)とし、「平成22年度燃費基準*2+20%」を達成している。
これにより、すでに認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*3」とあわせ、「環境対応車 普及促進税制」により、自動車取得税と自動車重量税が1.5L車で75%(従来型は50%)、1.8L車で50%減税される。

また、カローラアクシオ、カローラフィールダーの1.8L全車に、ステアリングオーディオスイッチを装備し、操作性を向上させた。

さらに、同時に発売するカローラフィールダー特別仕様車S“202”は、「S」をベースに、S“AEROTOURER”の装備に加え、デコクレ*4第3弾として昨年10月に発売し好評を博しているX“202”同様、「ブラック・レイヤード*5」をキーワードに、黒を基調とした特別装備を採用し、スタイリッシュかつファッショナブルな内外装としている。

【S“202” 特別装備】
・ 専用外板色 レイヤードブラック<202>
・ ダークメタリックアルミホイール
・ 専用フロントグリル(専用色塗装)
・ 専用グレードエンブレム
・ ピアノブラック塗装(センタークラスタ-パネル、パワーウインドウスイッチベース、インサイドドアハンドル)
・ シンセティックレザー(コンソールボックス[フタ付・スライドアームレスト機能付]、ドアトリム)
・ 本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ(ホワイトステッチ入り)
・ ホワイトパイピング入りシンセティックレザーシート表皮
・ 専用フロアマット(ホワイトアクセント入り・専用プレート付き)
・ 専用シートベルト(ホワイト)

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施している。

*1 10・15モード走行、国土交通省審査値
*2 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*3 国土交通省の低排出ガス車認定制度
*4 DECORATEUR-CREATEUR(デコラトゥール・クレアトゥール)。フランス語のショーウィンドウデザイナーからの造語。
所有することが楽しくなる、遊びゴコロ満載のクルマを生み出すことをテーマにしたプロジェクト
*5 「重ね着」の意

・価格(消費税込み)

カローラフィールダー
1,595,000-2,277,500円

特別仕様車
2,205,000-2,373,000円

トヨタ カローラツーリングのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-トヨタ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.