トヨタ車モデルチェンジ推移と予想

トヨタ カローラフィールダー モデルチェンジ推移2015年3月30日

トヨタニュースリリースより

----------------------

TOYOTA、新型カローラフィールダーならびにカローラアクシオを発売

【主な特長】
•複数の安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」をトヨタ*1初採用
•カローラフィールダーはスポーティ、カローラアクシオはモダンな内外装デザインに刷新
•1.5L新開発エンジンを搭載し、走行燃費23.4km/L*2(カローラフィールダーは23.0km/L)を実現

TOYOTAは、カローラフィールダーならびにカローラアクシオをマイナーチェンジし、全国のトヨタカローラ店を通じて4月1日に発売する。

カローラは、「地球人の幸福と福祉のためのカローラを」*3を念頭に、常に時代の変化に応じた価値を創造。安心・実用・扱いやすさを優先したクルマとして、1966年からトヨタがつくり続けてきた。今回は、安全・安心により一層配慮し、トヨタ初となる「Toyota Safety Sense C」を採用*4した。カローラは、歴代のモデルが培ってきたブランドイメージを継承しながら、時代の要請に合わせて進化を続けていく。

【車両概要】
1.
クラストップレベルの高い安全性能を追求
▽「Toyota Safety Sense C」はレーザーレーダーとカメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能とする以下の装備をパッケージ化•衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS*5)レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援*6。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応
•レーンディパーチャーアラート(LDA*7)カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援
•オートマチックハイビーム(AHB*8)カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプなどを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援
▽先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる、先行車発進告知機能*4を新設定
▽シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与するドライブスタートコントロールや、急ブレーキをかけるとハザードランプが自動的に点滅し、後方の車両に注意喚起する緊急ブレーキシグナルを全車に標準装備

2.
スポーティ・モダンな内外装デザイン

[エクステリア]
▽カローラフィールダーは「スポーティ」、カローラアクシオは「モダン」をテーマにデザイン。また、カローラフィールダーに特別仕様車として好評であった“W×B*9”を新たにグレード設定

<カローラフィールダー>
•ロアグリルに大型化した台形形状とワイド感を付与する横バーを採用し、「アンダープライオリティ*10」を表現。アッパーグリルからヘッドランプへ連続したメッキ加飾により、ワイド感と精悍さを表現
•リヤビューはリヤコンビネーションランプの形状を変更し、水平方向の流れによるワイド感とシャープなイメージを付与
•“W×B”、“AEROTOURER”にはドットパターンのフロントロアグリルや、LEDクリアランスランプを採用*11することで、存在感を強調。さらに、リヤにシャープなロアガーニッシュを追加することで、スポーティさを追求

<カローラアクシオ>
•ロアグリルを拡大したフロントバンパーと、アッパーグリルからヘッドランプへ連続したメッキ加飾により、左右への広がりを強調
•リヤビューはリヤコンビネーションランプの配置を変更することで、ライセンスガーニッシュを含めた横方向の流れがワイド感を創出。さらに、リフレクターを低い位置へ変更し、サイドへ流れるバンパー下端の造形を採用することで、安定感を表現

[インテリア]
▽ステアリングホイールとシフトノブの本革巻きに高触感なスムースシボを採用*12。一部グレードはシフトハウジングとシフトベゼルをピアノブラックとし、シフトハウジングにメッキ加飾を追加することで上質感を付与
▽サイドのエアコン吹き出し口の形状を変更し、操作性と質感を向上。フロントカップホルダーにLEDスポットランプを新設定することで快適なドライブをサポート
▽マニュアル車を除く全車の運転席にフットレストを標準装備し、長時間のドライブでもドライバーの負担を軽減するよう配慮

[カラー]
▽ボディカラーでは、カローラフィールダーに鮮やかなオレンジメタリックと、“W×B”の専用色として、クールボルドーガラスフレーク(オプション設定)、カローラアクシオに深みのあるヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン(オプション設定)を新設定
▽インテリアカラーでは、カローラフィールダーの“W×B”は、天井・ピラーをブラックで統一し、世界観をより深化。また、内装色にホワイト(オプション設定)を追加し、シートやドアトリムなどをホワイトとすることで、白と黒のコントラストが際立つスタイリッシュな空間を演出。カローラアクシオはHYBRID G、1.5Gに新色フラクセンを設定し、上質さを表現

3.
徹底的に磨き上げた環境性能
▽ハイブリッド開発で磨いた燃焼技術を生かした高熱効率・低燃費エンジンの1.5L新開発エンジン(2NR-FKE)を採用(2WD・CVT車)。走行燃費23.4km/L(カローラフィールダーは23.0km/L)の低燃費を実現。ハイブリッド車に採用しているアトキンソンサイクル*13のほか、VVT-iE*14などを採用し、燃費と動力性能を高い次元で融合させた。さらに、アイドリングストップ機能(Stop & Start System)を標準装備。「平成32年度燃費基準*15」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*16」の認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象*17
▽ハイブリッド車は、ハイブリッドシステムを高効率化することで、走行燃費33.8km/Lを実現。「平成32年度燃費基準+20%」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象*17
あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良を施している。

【販売概要】
1. 販売店:全国のトヨタカローラ店
2. 月販目標台数:カローラフィールダー 6,000台/カローラアクシオ 3,000台
3. 店頭発表会:4月18日(土)・4月19日(日)

*1
トヨタ自動車

*2
JC08モード走行燃費。国土交通省審査値

*3
初代カローラ開発主査の長谷川龍雄が開発陣に伝えたメッセージ

*4
カローラフィールダー HYBRID、1.5X、1.5X“ビジネスパッケージ”にオプション設定。その他のグレードに標準装備
カローラアクシオ HYBRID、1.5X、1.5X“ビジネスパッケージ”、1.3X、1.3X“ビジネスパッケージ”にオプション設定。その他のグレードに標準装備

*5
PCS: Pre-Collision System

*6
道路状況、車両状態および天候状態によっては、回避または作動しないことがある

*7
LDA: Lane Departure Alert

*8
AHB: Automatic High Beam

*9
W×B(ダブルバイビー): 設定色であるWHITEとBLACKの頭文字を掛け合わせたもの

*10
空力性能・冷却・歩行者保護向上を配慮したアンダーグリルを強調したTOYOTA独自のフロントデザイン

*11
HYBRID G“W×B”、1.8S“W×B”、1.5G“W×B”に標準装備
HYBRID G“AEROTOURER”、1.5G“AEROTOURER”にオプション設定

*12
カローラフィールダー HYBRID、1.5G“AEROTOURER”、1.5G、1.5X、1.5X“ビジネスパッケージ”を除く
カローラアクシオ HYBRID、1.5X、1.5X“ビジネスパッケージ”、1.3X、1.3X“ビジネスパッケージ”を除く

*13
圧縮比よりも膨張比を大きくして熱効率を向上させる燃焼サイクル

*14
VVT-iE: Variable Valve Timing-intelligent by Electric motor(電動連続可変バルブタイミング機構)

*15
省エネ法に基づき定められている燃費目標基準

*16
国土交通省の低排出ガス車認定制度

*17
第189回国会にて提出された税制改正関連法案に基づいており、審議の結果、修正される場合があります

・価格(消費税込み)
1,611,163-2,474,182円

カローラアクシオ

トヨタ カローラツーリングのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-トヨタ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.