ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ フィット フィットハイブリッド モデルチェンジ推移2021年6月3日

ホンダニュースリリースより

-----

「FIT」を一部改良し発売
~加えて、20周年特別仕様車「Casa」と「Maison」を発売~

Hondaは、広い室内空間と高い機能性に加え、力強くスムーズな走りで多くのお客様からご好評をいただいているコンパクトカー「FIT(フィット)」を一部改良し、6月4日(金)に発売します。あわせて、販売開始20周年を記念し、e:HEV HOMEとHOMEをベースにした「Casa(カーサ)」・「Maison(メゾン)」2タイプの特別仕様車を追加発売します。
https://www.honda.co.jp/Fit/

2001年に発売したフィットは、コンパクトカーとは思えない圧倒的な室内空間や高い機能性に加え、優れた走行性能を継承しつつ、時代に合わせ搭載技術を進化させてきました。これにより多くのお客様にご支持をいただき、初代の発売以来20年間での国内累計販売台数は282万台を超えました。また、2020年2月に発売した4代目フィットは、JNCAP※1の総合評価「自動車安全性能2020」において最高評価となる「ファイブスター」を獲得するなど、安全性能においても高く評価されています。

今回のモデルチェンジでは、車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を通じて、より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」※2をさらに進化させました。通信機能を使いナビゲーションシステムの地図を最新の内容に自動更新できる「自動地図更新サービス」に加え、車内での楽しさ・快適さが広がる多彩なアプリを提供する「Honda アプリセンター」、Wi-Fiスポットとして車内でインターネット接続が楽しめる「車内Wi-Fi」などの機能を搭載しています。また、コンパクトな車体に合わせて専用設計された独自の「プレミアムオーディオ」を新たに設定※3し、原音での再生を目指しました。ボディーカラーには新色のローズゴールド・メタリックを追加したほか、NESS専用のアクセント2トーンカラーをオレンジに変更するなど、商品の魅力をより一層高めました。

今回、20周年を記念して追加販売する特別仕様車「Casa」・「Maison」の2タイプは、どちらもe:HEV HOMEとHOMEをベースとしています。Casaはレッドステッチをアクセントとした専用シートなど、洗練されたパッションを感じさせるスタイリッシュなデザインとしました。一方、Maisonには上品さとしなやかさを感じさせるグレー×ベージュの専用シートを採用し、シティーライフの華やかさをイメージしたデザインとしました。

※1国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)による自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program)の略称

※2お客様の使い勝手に合わせて最短1か月から利用期間を選択できるサブスクリプションサービスとなり、お申し込みが必要となります

※3e:HEV BASIC、BASIC、e:HEV Modulo Xを除くタイプにメーカーオプション

20周年特別仕様車「Casa」・「Maison」の主な装備内容

  • 専用インテリア
    Casa:   グレー×ブラック(コンビシート)
    Maison: グレー×ベージュ(コンビシート)
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • アームレスト付きセンターコンソールボックス
  • 電動格納式リモコンドアミラー(ブラック塗装)
  • ブラッククリア塗装16インチアルミホイール(LUXE用デザイン)
  • 専用フロアカーペットマット

「FIT e:HEV Modulo X」を発売

Hondaは、専用のカスタマイズパーツ※1を量産過程で装着・販売するコンプリートカーブランド「Modulo X」シリーズに「FIT e:HEV Modulo X(フィット イーエイチイーブイ モデューロ エックス)」を追加し、6月4日(金)に発売します。

Modulo Xは、Honda車を知り尽くした熟練のエンジニアが、人の感覚にこだわり、ベースとなる車両をさらなる情熱をかけて磨き上げたコンプリートモデルです。

FIT e:HEV Modulo Xでは、「心地よさ」という数値では語れない価値で幅広い層のお客様にご好評いただいているフィットをベースに、スポーティーで上質なデザインと走行性能の向上を追求しました。

エクステリアには、ブラックを基調としたModulo Xらしい存在感のあるデザインを採用すると共に、実効空力※2を高める各種エアロパーツを装着しました。フロントには専用のグリルとエアロバンパー、リア回りには専用のエアロバンパーとテールゲートスポイラーを装着することで、走行性能のパフォーマンス向上を図りました。その他に、ダーククロームメッキエンブレムやブラック塗装でコーディネートしたリアライセンスガーニッシュの装着で、より特別感のあるエクステリアを演出しています。

また、これまでModulo Xブランドが培ってきた「上質でしなやかな走り」を実現するために、エアロパーツ以外にも以下の専用装備を設定しました。

  • 専用セッティングのダンパー
  • SUPER GTのレーシングマシン由来のスポーティーな造形※3で、軽量かつ“しなやかさ”を追求した専用16インチアルミホイール

インテリアには、ブラック×ボルドーレッドとブラックの2種類の専用カラーを設定。ダーク系の専用アクセントカラーインテリアパネルの装着と合わせることで上質感のあるキャビンを演出しました。フロントシートは本革×ラックススェード®※4の専用コンビシートに「Modulo X」のステッチをあしらい、このブランドを所有する歓びも高めました。

なお、FIT e:HEV Modulo Xの魅力を紹介したサイトは以下の通りです。
https://www.honda.co.jp/Fit/modulox/

※1パーツは、Honda純正アクセサリーメーカーの株式会社ホンダアクセスが開発

※2日常の速度域でも体感できる空力効果のことで、ホンダアクセスの開発キーワードとして掲げています

※3SUPER GTのGT500クラスに参戦する64号車「Modulo NSX-GT」に、ホンダアクセスが供給するホイールとデザインを共用

※4ラックススェード®はセーレン株式会社の登録商標です

【FIT e:HEV Modulo X主要装備】

<エクステリア>
○専用フロントグリル(Modulo Xエンブレム付)
○専用フロントエアロバンパー
○専用リアエアロバンパー
○専用テールゲートスポイラー
○専用16インチアルミホイール
○ダーククロームメッキエンブレム
<Hマーク(フロント・リア)+車名エンブレム+専用リアエンブレム>
○電動格納式リモコンドアミラー(ブラック塗装)
○ドアロアーガーニッシュ(ブラック)
○リアライセンスガーニッシュ(ブラック塗装)

<インテリア>
○専用インテリアカラー(ブラック×ボルドーレッドorブラック)
○専用本革巻きステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ボルドーレッドステッチ)
○専用パワースイッチ(Modulo Xロゴ入り)
○専用本革巻きセレクトレバー(ブラック/ボルドーレッドステッチ)
○専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)
○専用アクセントカラーインテリアパネル
(グレーメタリック/ステアリングリモコン部+ドリンクホルダー部+エスカッションカバー)
○専用コンビシート(ラックススェード®×本革/Modulo Xロゴ入り)

・価格(消費税込み)

1,557,600-2,486,000円

特別仕様車

1,917,300-2,465,100円

Modulo X

2,866,600円

ホンダ フィット

ホンダ フィット

フィットの特別仕様車を安く買うなら、当サイトのフィット値引き交渉マニュアルをご参考ください!

ホンダ フィット フィットハイブリッドのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.