フィットの評価集

新型フィットの4WDの性能は?燃費や雪道走行を徹底評価!

クラストップの居住性や多彩なシートアレンジを受け継ぎながら、トータルの完成度が一段とアップした新型フィット

フィットは、ガソリン車、ハイブリッドともに4WD車を選べます。

ここではフィットの4WD車の燃費や、雪道での走行性能の良し悪しについて徹底評価します!

新型フィットの4WDグレードの価格は?

フィットの売れ筋グレード、2WD車との価格差は?

当サイトの調査によると、フィットの売れ筋グレードは、1.5Lハイブリッド車で下から2番目の「e:HEV ホーム」です。

同グレードの2WD車との価格差は19万8,000円です。

フィット 1.5 ハイブリッド e:HEV ホーム 2WD 2,068,000円
フィット 1.5 ハイブリッド e:HEV ホーム 4WD 2,266,000円

2WD車では44,400円のオプションとなる「コンフォートビューパッケージ」が4WD車は標準で付くので、4WD車の「メカニズム代」は198,000-44,400=153,600円となります。

新型フィットの4WD方式は、もっとも簡易的なビスカスカップリング式です。

製造コストが掛からないビスカスカップリング式なのに、メカニズムだけで約15万円の価格差を付けているのは、割高と言わざるを得ません。

フィットの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

フィット4WDのボディスペック

スペック
フィット 1.5 ハイブリッド e:HEV ホーム 2WDフィット 1.5 ハイブリッド e:HEV ホーム 4WD
全高(mm)1,515
1,540
最低地上高(mm)135150
車両重量(kg)1,180
1,260

4WD車は、2WD車と比較すると最低地上高が15mm高く設定され、全高も25mm高くなっています。

最低地上高が少しでも高い方が、雪道での走破性が有利です。

また、車両重量はe:HEV ホームの場合で80kg重くなっています。

4WDシステムはどしても重量がかさむので、この差は仕方ないでしょう。

新型フィット4WDのパワートレイン&メカニズム

トランスミッションの後退減速比は、4WD車と2WD車では大きく異なります。

また、リア・サスペンションの形式も異なり、2WD車はシンプルな車軸式で、ロールを抑えるスタビライザーも付きません。

一方4WD車は、凝ったド・ディオン式を採用すると共に、スタビライザーも装備するなどワンランク上の機構となっています。

新型フィット4WDの装備

先ほど紹介したコンフォートビューパッケージは、以下の3つの機能から構成されます。

  • ドアミラー鏡面の雨水を馴染ませて視界を確保する機能と、ヒーターで鏡面の曇りを防ぐ機能を持つ「親水 / ヒーテッドドアミラー」
  • フロントガラス下端の凍結を防ぐ「熱線入りフロントウィンドウ」
  • エアコン暖房を補助し、暖房の効きを早める「PTCヒーター」

いずれも寒冷地で大きな恩恵を感じる装備ばかりです。

新型フィット4WDのライバル車との価格差は?

フィット4WDの最大のライバルは?

フィットの最大のライバルは、一足早くフルモデルチェンジした「トヨタ・ヤリス」です。

新型フィットの1.5 ハイブリッド e:HEV ホームと競合するグレードは、「ハイブリッド 1.5 X E-Four」になるでしょう。

ヤリス ハイブリッド X E-Fourの価格は2,241,000円で、フィット ハイブリッド e:HEV ホームより25,000円安価です。

ライバル車との仕様の違いは?

ここで、フィットとヤリスのパワートレインのスペックを比較してみましょう。

スペック
フィット 1.5 ハイブリッド e:HEV ホーム 4WD

ヤリス 1.5 ハイブリッド X E-Four 4WD

エンジンの最高出力(ps) / 最大トルク (N・m)98 / 127
120 / 145
モーターの最高出力(ps) / 最大トルク (N・m)109 / 253フロント用:80 / 141、リア用:5.3 / 52
車両重量(kg)1,260
1,160

単純に数値を比較すると、エンジンのパワーはヤリスが勝り、モーターのパワーはフィットが勝っています。

しかし、フィットとヤリスのハイブリッドシステムは方式が全く異なるので、この数値だけでどちらの方が走りが良いかを判断のは困難です。

フィットは、一般道ではエンジンで発電した電力でモーター走行し、高速巡行時はエンジンのみで走行する方式になっています。

つまり、一般道ではモーターのスペックが、高速道路ではエンジンのスペックが重要ということです。

一方ヤリスは、発進時や低速で走る際はモーターのみで走行、ある程度スピードが上がると、一般道・高速道路を問わずエンジンとモーターの両方の動力で走ります。

こちらは、エンジンとモーターをトータルしたシステム出力がポイントです。

どちらの方が走りが優れているか比較は難しいのですが、新型フィットはヤリスより車両重量が100kgも重い点が、ハンディになっていることは間違いないでしょう。

ライバル車との装備の違いは?

フィットにはあって、ヤリスに無い装備は以下のとおりです。

  • パーキングセンサーシステム
  • 誤発進抑制機能
  • LEDヘッドライト
  • コンビシート
  • 本革巻ステアリングホイール&セレクトレバー
  • 車速連動間欠 / バリアブル間欠フロントワイパー
  • コンフォートビューパッケージ

一方、ヤリスにあってフィットにはない装備は、以下のとおり。

  • リヤスポイラー
  • ステアリングスイッチ
  • イルミネーテッドエントリーシステム
  • ディスプレイオーディオ

それぞれ一長一短がありますが、安全装備や内装は新型フィットの方が充実しています。

一方ヤリスは、スマホと連携してナビ代わりに使えるディスプレイオーディオが付くのが、大きなメリットです。

新型フィット4WD車の燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

フィット・ハイブリッド4WD車のカタログ燃費は25.2km/L

この記事を作成している時点では、まだ実燃費のデータがないため、カタログ燃費×0.8で計算すると

25.2×0.8=20.2km/Lとなります。

2WD車と4WD車の実燃費の差は?

フィット・ハイブリッド2WD車のカタログ燃費は28.8km/Lなので、4WD車より3.6km/L優れています。

実燃費の差を推測すると、

3.6×0.8=2.9km/Lとなりました。

ライバル車との実燃費の差は?

ヤリス4WD車のカタログ燃費は30.2km/Lで、現時点ではやはり実燃費が不明です。

同じようにカタログ燃費に0.8を掛けて実燃費を計算すると、

30.2×0.8=24.2km/Lとなりました。

あくまでも推測値ですが、フィットより4km/L優れた数値です。

新型フィット4WD車の雪道の走行性能は?

フィットの4WDはどんなシステム?

フィット4WDの概要

新型フィットの4WDシステムは、先代フィットと同じビスカスカップリング式を踏襲。

ビスカスカップリング式を採用するコンパクトカーは、ほかにスイフトがあります。

ヤリスのガソリン車やマツダ2の4WD車は、コンピューターを用いた電子制御カップリング式を採用。新型フィットのビスカスカップリング式よりもコストが掛かった方式です。

ヤリス ハイブリッドやノートの4WD車はカップリングを用いず、専用モーターで直接後輪を駆動する方式を採用しています。

フィット4WDの制御

常に4WD走行するわけではなく、乾燥した路面をまっすぐ走る際は前輪駆動で走行するので、2WD車と変わりません。

しかし雪道などの滑り易い路面を走行する際や、カーブを曲がる際などに前後輪に回転差が生じると、ビスカスカップリングの働きで後輪にトルク配分、4WD走行に移行します。

後輪へのトルク配分は一定ではなく、前後輪の回転差に応じて連続的に可変する制御です。

新型フィットの雪道での実際の走行性能は?

フィット4WDの発進・加速時

ビスカスカップリング式4WDの特徴として、前輪が滑ってから初めて後輪にトルク配分されるため、どうしても4WD走行に切り替わるまでにタイムラグが生じることです。

前輪がスリップする予兆を検知すると、即座に後輪にトルク配分を行う電子制御カップリング式4WDと比べ、発進時にやや不自然なフィーリングになってしまいます。

ただ実用上は大きな問題となるわけではなく、2WD車と比べれば格段に安定した発進と加速が行えることは間違いありません。

もちろん4WD車といえどスタッドレスタイヤは必須で、夏タイヤのままではスタッドレスタイヤを履いた2WD車より劣るばかりか、とても危険です。

フィット4WDの登坂・降坂時

雪道の上り坂では常時4輪にトルク配分された状況で走行するので、ビスカスカップリング式のネガは気になりません。

2WD車は上り坂で一旦停車してしまうと、スリップして再発進が困難になることがありますが、4WD車ならよほどの急坂でない限り大丈夫です。

ただ坂を下りる時は、ビスカスカップリング式の場合エンジンブレーキが前輪にしか効かないケースが多いため、2WD車に対するメリットはあまり期待できません。

むしろ車両重量が2WD車より重い分、減速しにくいデメリットがあります。

フィット4WDの通常走行時

路面状況が刻々と変化するような雪道では、2WD車よりは安定した走行が可能です。

しかし、電子制御カップリング式4WDのように、コンピューターで演算しながら4輪にトルク配分を行っているわけではないので、4WD車の中では走行性能が高い方ではありません。

危険を感じない程度に走れる、くらいに捉えた方が無難でしょう。

新型フィット4WDのまとめ

フィット4WD車の雪道での走行性能は、コンパクトカーの4WD車の中で特に優れている方ではありません。

高度な4WDシステムを採用するヤリスのガソリン車やマツダ2の4WD車と比べると、一歩を譲ります。

しかし、ヤリス ハイブリッドやノート、スイフトの4WD車と比べた場合は互角なので、フィット4WDがダメということではありません。

最低地上高も150mmとそこそこ確保されているので、生活4駆と割り切れば十分雪道で活躍してくれるはずです。

一方燃費性能に関しては、実燃費のデータが得られるまで断言を避けたいと思います。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

フィットの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのフィット値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフィットを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のフィットの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>フィット値引き交渉マニュアル 

-フィットの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.