ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ フィット フィットハイブリッド モデルチェンジ推移2002年9月12日

ホンダニュースリリースより

-----

2002年9月12日
人気のスモールカー「フィット」に1.5リットル車を追加し発売
--------------------------------------------------------------------------------

Hondaは、個性的なスタイリング、低燃費、広い室内空間で幅広い層のお客様に好評のスモールカー「フィット」に、1.5Lエンジン搭載車「1.5T」を追加し、9月13日(金)よりHonda四輪全ディーラーから発売する。また助手席回転シート車「フィット・アルマス」にも「1.5T」を追加し、10月15日(火)よりHonda四輪全ディーラーから発売する。

新グレード「1.5T」は、高出力と20km/L※の優れた低燃費を両立した新開発「1.5L VTECエンジン」と、ステアリングに配したスイッチで7速のシフトチェンジを可能にする、新開発「ホンダマルチマチックS+7スピードモード」を搭載し、サスペンションセッティングの最適化などにより爽快な走りを実現。また、ボディカラーに「1.5T」専用色を2色用意するとともに、ブラックを基調とした専用インテリアや、14インチアルミホイールなどを標準装備し、走りの楽しさと上質さを感じさせるモデルとした。

※数値はFF、自動無段変速モード時。(15インチアルミホイール装着車およびサンルーフ装着車を除く)。
10・15モード走行燃料消費率。(国土交通省審査値)

●販売計画台数(国内・月間) シリーズ合計 20,000台
●全国メーカー希望小売価格(消費税含まず、単位:千円) ◎印は写真掲載タイプ

タイプエンジントランスミッション駆動価格
1.5T1.5L VTECホンダマルチマチックS
[プロスマテック/7スピードモード付]
FF1,350
4WD1,530
W1.3L i-DSIホンダマルチマチックS
[プロスマテック]
FF1,260
4WD1,440
AFF1,145
4WD1,325
YFF1,065
4WD1,245

※ブリリアントホワイト・パールは25千円高。
※フィット・アルマスは86千円高。

○主なメーカーオプション

<1.5T専用>
・ Lパッケージ[オートエアコンディショナー (エアクリーンフィルター付)、ボディ同色電動格納式リモコンドアミラー、ハーフシェイド/フロントウインドウ]は、45千円高。
・ 15インチアルミホイール(15×6JJ)+スチールラジアルタイヤ(185/55R15 81V)は、20千円高。
・ 大型テールゲートスポイラー※1は、35千円高。
・ ディスチャージヘッドライト(HID)<ハイ/ロービーム>は、50千円高。
・ ハイマウント・ストップランプは、5千円高。
・ ホンダ・DVDナビゲーションシステム(MD/CDプレーヤー&AM/FM/TVチューナー&AV入力端子付)※2は、180千円高。
・ AM/FMチューナー付MDプレーヤー※3は、10千円高。

<全グレード共通>
・ 前席用i-サイドエアバッグシステム(助手席乗員姿勢検知機能付)は、45千円高。
・ Sパッケージ[ボディ同色ヘッドライトガーニッシュ、フォグライト(ボディ同色ガーニッシュ付)、アンダースポイラー(フロント/サイド/リア)]は、120千円高。

※1 Sパッケージ、15インチアルミホイール、ハイマウントストップランプとセット装着またはLパッケージ、Sパッケージとのセット装着。
※2 AM/FMチューナー付CDプレーヤーとの同時装着は不可。CDプレーヤー機能はナビゲーションシステム一体型へと変更。CDプレーヤー機能は音楽CDと地図DVDの兼用となるため、ナビゲーション表示中は音楽CDの再生は不可。AV入力端子が装着されるためAUX端子は装備なし。
※3 AM/FMチューナー付CDプレーヤーとの同時装着は不可。

●フィット「1.5T」の主な特長
○高出力と低燃費を両立した、新開発1.5L VTECエンジン
インサイトから継承されたエンジン技術と、フィット、モビリオのi-DSIエンジンから継承した低燃費技術に加え、アルミロッカーアームを採用したローラー同軸VTEC機構を搭載し、軽量・コンパクトなエンジンを開発。高出力・低燃費・低エミッションのハイバランスを達成した。
・ 最高出力 81kW[110PS]*/5,800rpm
・ 最大トルク 143N・m[14.6kg・m]*/4,800rpm *ネット値

○新開発「ホンダマルチマチックS+7スピードモード」
自動無段変速の「ホンダマルチマチックS」に、ステアリング手元のスイッチでマニュアル感覚のシフトチェンジも楽しめる「7スピードモード」を搭載。ステアリングから手を離さず、マニュアル操作を可能とするなど、3つの走行モードが楽しめる。
・ 通常は「自動無段変速モード」で継ぎ目のない滑らかな走り。
・ 7スピードモードメインスイッチで「7速オートシフトモード」に切り替え、7速の自動変速。
・ ステアリングシフトスイッチで「7速マニュアルシフトモード」となり、マニュアルシフト操作により積極的なドライビングを楽しむことが可能。
「7速オートシフトモード」「7速マニュアルシフトモード」時に、7スピードモードメインスイッチを押すと、「自動無段変速モード」にもどる。

○エクステリア/インテリアデザイン
重厚な輝きのスモークドメッキ・ヘッドライトガーニッシュや、14インチアルミホイールなど、精悍さを増したエクステリアと、ブラックを基調とした専用シート地に、スイッチなどサテン調メッキをアクセントに配したインテリアを採用し、高い質感と洗練された空間を演出。
・ スモークドメッキヘッドライトガーニッシュ、レッドクリアリアコンビランプ、専用14インチアルミホイール、専用15インチアルミホイール(メーカーオプション)、大型テールゲートスポイラ―(メーカーオプション)、サテン調メッキ・Fitエンブレム。
・ サテン調メッキ・シフトパネル、サテン調メッキ・インナードアハンドル、シルバー独立3眼メーター。

○ボディカラー
新しい色調の専用色2色を含め、全12色を用意。
・ 「1.5T」専用色:ストームシルバー・メタリック、ビビッドブルー・パール
・ 共通色:ブリリアントホワイト・パール、タフタホワイト、サテンシルバー・メタリック、ナイトホークブラック・パール、アイスブルー・メタリック、ミラノレッド、ミントオパール・メタリック、アイリスレッド・パール、オーキッドイエロー、エターナルブルー・パール

ホンダ フィット フィットハイブリッドのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.