ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ フィット フィットハイブリッド モデルチェンジ推移2013年9月5日

ホンダニュースリリースより

-----

新型「フィット」「フィット ハイブリッド」を発売 ~フィット、フィット ハイブリッドともにクラストップレベルの低燃費を達成~

Hondaは、コンパクトカー「フィット」「フィット ハイブリッド」をフルモデルチェンジして、9月6日(金)※1に発売します。

3代目となる今回の新型フィットは、世界のコンパクトカーのベンチマークにふさわしいクルマを目指して開発。コンパクトカーの概念を刷新した初代フィットの設計思想を継承しながらも、パワートレインと車体を完全新設計し、居住性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを格段に進化させました。

ハイブリッド車は、シンプルな1モーターシステムでありながらEV発進を可能にした新ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD」※2を搭載。走行状況に応じて、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つの走行モードの中から最も効率の良いモードを自動的に選択して走行することで、36.4km/L※3(JC08モード)という国内最高※4の低燃費と、全域においてレスポンスの良い走りを実現しました。

1.3Lのガソリン車には、低燃費運転と高出力運転を両立した新開発エンジンを採用したことで、従来のハイブリッド車に匹敵しクラストップレベル※5である26.0km/L※6(JC08モード)の低燃費を実現。1.5Lのガソリン車は、Honda独自の直噴技術によって圧倒的なハイパワーを達成し、力強い走りと爽快なドライビングフィールを実現しました。

プラットフォームは、コンパクトカーに革新をもたらしたHonda独創のパッケージ技術である「センタータンクレイアウト」をさらに進化させ、コンパクトクラスの想像を超える圧倒的な室内空間を確保しながらも大幅な軽量化を実現。HondaらしいFUNな走りと低燃費に貢献しています。

フィットシリーズは、2001年6月の発売以来、国内販売累計200万台※7を達成しました。
また、日本を含む8つの国と地域の全10拠点で生産を行い、123の国と地域で累計487万台※8を販売しており、世界中で支持されています。

※1 ハイブリッド4WD車は、2013年12月の発売を予定しています
※2 i-DCDは、Intelligent Dual Clutch Drive(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)の略
※3 HYBRID(FF)の国土交通省審査値
※4 Honda調べ。プラグインハイブリッド車は除く(2013年8月現在)
※5 2013年9月現在。Honda調べ
※6 13G(FF)の国土交通省審査値
※7 2013年4月末現在。Honda調べ
※8 2013年9月現在。Honda調べ

●販売計画台数(国内・月間) シリーズ合計 15,000台

○ボディカラー(新色5色を含む全11色)
ビビッドスカイブルー・パール〔HYBRID専用(新色)〕、アトラクトイエロー・パール(新色)、プレミアムホワイト・パール、ミラノレッド、ライトベージュ・メタリック(新色)、ティンテッドシルバー・メタリック(新色)、ブリリアントスポーティブルー・メタリック(新色)、プレミアムノーザンライツバイオレット・パール、アラバスターシルバー・メタリック、クリスタルブラック・パール、サンセットオレンジII(RS専用色)

※ アトラクトイエロー・パール及びライトベージュ・メタリックは、2013年11月に生産開始予定

○インテリアカラー(全6色)
〔13G〕:ブラック
〔15X〕:アイボリー、ブラック
〔15X・Lパッケージ〕:ブラック(コンビシート)
〔RS〕:RSブラック
〔HYBRID〕:ライトグレー、ニュアンスブラック
〔HYBRID・Lパッケージ〕:ブラック(コンビシート)
〔HYBRID・Sパッケージ〕:RSブラック

◆「フィット、フィット ハイブリッド」の主な特長

■ Hondaデザインの新たなコンセプト「EXCITING H DESIGN!!!(エキサイティング H デザイン!!!)」
・ フィットらしさを受け継ぎ、さらにダイナミックに進化したクロスフェードモノフォルムエクステリアデザインを採用し、コンパクトカーのベンチマークとして先進性を追求
・ 広さと快適さはそのままに、上質感と運転のしやすさをさらに高めたソフィスティケイテッド・フューチャリスティック・コックピットを具現化し、未来的で運転に集中できるコックピット空間や開放的な助手席、ロングドライブでも快適なリア席など、それぞれの空間に求められる機能と価値を徹底的に向上
・ 快適で楽しいドライビングのためにドライバーの瞬間認知・直感操作を突き詰めた先進のインターフェース

■ 「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を投入し、全パワートレインを刷新
<13G>
・ 新開発の1.3LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンと、軽量コンパクト化とともにワイドレンジ化を図った新開発のCVTにより、クラストップレベルとなる26.0km/Lの低燃費を実現
<15X/RS>
・ 新開発の1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンは、力強い走りと上質なフィールを実現し、従来モデルに対して最高出力を約10%向上
<HYBRID>
・ 1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンに高出力モーターを内蔵した7速DCT※9とリチウムイオンバッテリー内蔵のIPU(インテリジェントパワーユニット)を組み合わせ、国内最高となる36.4km/Lの低燃費を実現
・ 電力回生効率を高める電動サーボブレーキシステムと、エンジン負荷を低減するフル電動コンプレッサーなどを採用し、従来のIMAハイブリッドシステムに比べて35%以上の燃費性能向上を達成
・ 走行状況に応じてエンジンとモーターを接続・切断することで、モーターのみの「EVドライブ」、エンジンとモーターの「ハイブリッドドライブ」、エンジンのみの「エンジンドライブ」という3つの走行モードを実現

※9 Dual Clutch Transmission(デュアル・クラッチ・トランスミッション)

■ 完全新開発となるプラットフォーム
・ 初代よりコンパクトカーに革新をもたらしてきたHonda独創のパッケージング技術であるセンタータンクレイアウトの可能性を最大限に高め、室内空間とパッケージングの自由度を大幅に拡大
・ 優れた燃費と爽快な走りの両立を徹底的に追求するために製造手法や解析方法を刷新し、軽量化と高剛性化を高い効率で実現
・ 防音材と遮音材の適用面積を最大化してミドルクラス乗用車並みの静粛性能を実現するとともに、段差の乗り越え時に発生するショックノイズを大幅に低減
・ ルーフ周りの整流に加え、フロントピラーやリアコンビネーションランプ、ボディ下面に至るまで細部にわたって空気の流れに配慮し、空気抵抗を低減

■ HondaらしいFUNな走りを目指した新設計シャシーシステム
・ 遅れのないロールと安定感ある旋回姿勢を実現した新設計のサスペンションにより、操縦安定性と乗り心地を高次元で両立し、安心感の高いハンドリング性能と不快な振動を抑えた快適な乗り心地を実現
・ ハイブリッド車に電動サーボブレーキシステムを採用し、より多くの減速エネルギー回生を行うことで燃費性能をさらに高めるとともに、世界初※10 となる可変サーボレシオ制御により、リニアで安心感の高いブレーキフィールを実現

※10 Honda調べ。2013年9月現在

■ 先進の安心・安全性能をコンパクトボディに凝縮
・ Honda独自のGコントロール技術による自己保護性能と相手車両への攻撃性低減を両立したコンパティビリティ対応ボディや、万が一の際に歩行者へダメージを与えやすいボディ前部に、衝撃をやわらげる構造の歩行者傷害軽減ボディを採用し、優れたパッシブセーフティーを実現
・ 事故の未然防止を目指すアクティブセーフティーは、VSA(車両挙動安定化制御システム)やヒルスタートアシスト機能に加え、急ブレーキ時に後続車へ注意を促すエマージェンシーストップシグナルを全タイプに標準装備
・ 追突や発進時の事故被害を軽減し、安全運転をサポートするCity-Brake Active system(シティブレーキアクティブシステム)を新開発し、サイドカーテンエアバッグシステムと前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)もセットにした「あんしんパッケージ」をタイプ別にオプション設定

■ 先進のHondaインターナビ+リンクアップフリー
・ 静電式タッチパネルを採用し、スマートフォン感覚の操作性を実現するなど進化したインターナビシステム(メーカーオプション)
・ 新車購入時から初回車検月までの3年間、半年ごとの全地図更新やリンクアップフリー通信を活用した新規道路データの配信を無償で提供する「スマート地図更新サービス(3年継続)」や、事故の衝撃でエアバッグが作動した際などに、救命救急に必要な情報などをヘルプネット®※11に送信し、より的確な救助活動に役立てる緊急通報サービス(ヘルプネット®)など、インターナビ・リンク プレミアムクラブのサービスがさらに充実

※11 ヘルプネット®は、株式会社日本緊急通報サービスの登録商標です

■ 助手席回転シート車
・ フィットが持つ乗降性の良さを活かし、助手席回転シート車を設定。ベース車両のデザインや乗り心地、ホールド性はそのままに、座面クッションの先端を滑らかにして乗降性を高めるなど乗り降りのしやすさに配慮した専用シートを採用
・ レバー操作によるスムーズなシート回転を実現するとともに、回転時の足もとスペースにゆとりを持たせ、乗り降り時の負担を軽減

・価格(消費税込み)

フィット

1,265,000-1,869,000円

フィットハイブリッド

1,635,000-1,930,000円

フィット 4種

ホンダ フィット フィットハイブリッドのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.