フィットの評価集

新型フィットでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

新型フィットは、オプションの追加でさらに自分好みの車に仕上げることができます。

メーカーオプションは内外装関連や快適装備などを設定、ディーラーオプションはナビを含め多数が用意されているので、選び応えは十分です。

ここでは、フィットでおススメのオプションとナビを紹介します。

新型フィットのおすすめメーカーオプションは?

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

FF車ならコンフォートビューパッケージ

寒い季節の視界確保や快適性向上に役立つ「コンフォートビューパッケージ」。

コンフォートビューパッケージは、以下の3つの機能からなります。

  • 鏡面に付着する雨水を馴染ませて視界を向上させる機能と、ヒーターで鏡面の曇りを防止する機能を持つ「親水 / ヒーテッドドアミラー」
  • ウィンドウガラス下端を暖め、雪の固着やワイパーゴムの凍結を防ぐ「熱線フロントウィンドウ」
  • エアコン暖房を補助し、素早く室内を暖める「PTCヒーター」

これらは特に寒冷地で威力を発揮しますが、標準装備されるのは4WD車だけで、FF車は44,400円のメーカーオプションとなります。

寒冷地でもFF車を選ぶユーザーは意外と多いと思いますが、その場合はぜひともコンフォートビューパッケージを付けたいところです。

快適装備のおすすめメーカーオプションは?

ベーシック / ホームに純正ナビを付けるならホンダコネクトフォーギャザズ+ナビ装着用スペシャルパッケージ

フィットのオーディオリモートコントロールスイッチ

オーディオリモートコントロールスイッチ

フィットのリアワイドカメラ

リアワイドカメラ

フィットのUSBジャック

USBジャック

ホンダ純正ギャザズナビを付ける場合にぜひとも欲しい装備が、ホンダコネクトフォーギャザズ+ナビ装着用スペシャルパッケージ。

この装備は、以下の9つのアイテムから構成されます。

  • 緊急時や車両トラブル発生時に、ボタンひとつで緊急サポートセンターにつながる「ホンダコネクト用通報ボタン / トラブルサポートボタン」
  • オーディオの操作がステアリングを握ったまま行える「オーディオリモートコントロールスイッチ」
  • ナビ画面に車両後方の映像を広角表示し、後退時の安全確保に貢献する「リアワイドカメラ」
  • スマホなどを接続して音楽や動画が再生できる「USBジャック」
  • 車載通信機
  • スマホと無線接続できる「スマートフォン用ブルートゥースユニット」
  • 音楽を臨場感豊かに再生する「4スピーカー」
  • デジタルTV用プリントアンテナ
  • 専用ワイヤーハーネス

このホンダコネクトフォーギャザズ+ナビ装着用スペシャルパッケージは、ネス / クロスター / リュクスには標準装備されますが、ベーシックとホームは49,900円のメーカーオプションとなります。

ホンダ純正ギャザズナビを便利に使うために欠かせない装備なので、ベーシックやホームを購入する場合はぜひとも付けたいところです。

新型フィットのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

スポーツパッケージ

フィットのフロントグリル

フロントグリル

フィットのエンブレム

ブラックエンブレム

フィットのスポーツペダル

スポーツペダル

子犬のような愛嬌あふれるフロントマスクが魅力の新型フィットですが、もう少しキリっとした表情にしたい、という人もいると思います。

また内装関連の話になりますが、足元をお洒落に演出したいニーズもあるでしょう。

そんな場合におススメなのが、「フロントグリル」「ブラックエンブレム」「スポーツペダル」をセットにした「スポーツパッケージ」です。

このパッケージを装着することで、フロントマスクがグっと精悍なイメージに変貌します。

またペダルがお洒落になるので、車内に乗り込んだ時に気分が高まるはず。

この3つのアイテムを個別に揃えると59,400円になりますが、スポーツパッケージなら54,670円で購入できるので、約8%もお得です。

ドアバイザー

フィットのドアバイザー

honda.co.jp/fit/

フロント&リアのサイドウィンドウ上部に取り付けるドアバイザーは、フィットの人気定番オプションのひとつ。

雨天時に換気のために窓を少し開けても、ドアバイザーが付いていれば雨水が車内に吹き込みません。

また、暑い日に露天の駐車場に駐車する際、車内が蒸し風呂になるのを防ぐため窓をほんの少しだけ開けておいても、他人から気付かれにくくなります。

タバコを吸わないからドアバイザーは不要、と考える人もいるようですが、実はタバコを吸わない人にもメリットのあるアイテムです。

価格は16,500円と手頃なので、喫煙の有無に関わらずぜひ付けておきたいですね。

LEDフォグライト

フィットのLEDフォグライト

ベーシック / ホーム用

フィットのLEDフォグライト

クロスター用

霧や豪雨などの悪天候時、ヘッドライトの明かりを補助して視界を確保するLEDフォグライト。

LEDフォグライトは、ベーシック / ホーム / クロスターの場合は45,100円のディーラーオプションとなります。

特に山道や田園地帯など、霧が発生しやすい場所を走る機会が多いユーザーには必須の装備です。

LEDなので明るさは申し分ありませんし、バッテリーの負担を心配する必要もありません。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

フロアカーペットマット (スタンダードタイプ)

フィットのフロアカーペット

honda.co.jp/fit/

フィットのユーザーのほぼ100%が購入するフロアカーペットマット。

新型フィットには3種類のフロアカーペットマットが設定されていますが、一番安い17,600円の「スタンダードタイプ」で十分です。

機能は、最上級の「プレミアムタイプ (28,600円)」同様に消臭・防菌加工が施されているので問題なし。

違いは外観がシンプルなことと、エクステンションマットが付かないことくらいです。

フィットは高級車ではないので、カーペットマットにそこまでこだわる必要はないでしょう。

ステアリングホイールカバー

フィットのステアリングホイールカバー

honda.co.jp/fit/

フィットで本革巻ステアリングホイールが装備されるグレードは、ホームとリュクスのみ。

それ以外のグレードは、見た目がチープで手触りもイマイチのウレタンステアリングホイールになってしまいます。

そこでおススメしたいのが、オプションの本革製ステアリングホイールカバーです。

しっとりした手触りで滑りにくいので、必ず満足できるはず。

価格が9,900円とお手頃なのも、おススメのポイント!

ワイヤレス充電器

フィットのワイヤレス充電器

honda.co.jp/fit/

センタークラスターとセレクトレバーの間のトレーに装着する、ワイヤレス充電器。

Qi (チー) 対応のスマホなら置くだけで充電できるので、とても便利です。

価格は30,800円と結構高めですが、スマホユーザーなら付けて損はありません。

アームレスト付センターコンソールボックス

フィットのセンターコンソールボックス

honda.co.jp/fit/

フィットは収納もそこそこ充実していますが、持ち物が多い人には不足かもしれません。

そこでおススメしたいのが、アームレスト付センターコンソールボックスです。

アームレストを開ければ、中が収納ボックスになっています。

アームレストとして使う場合は前後に8cmスライドさせることができるので、様々な体格や姿勢に対応。

価格は22,000円しますが、元は取れるでしょう。

快適装備のおすすめディーラーオプションは?

オートリトラミラー

フィットのオートリトラミラー

honda.co.jp/fit/

オートリトラミラーはドアを施錠するとドアミラーが自動で格納され、解錠と同時に自動で展開する装備です。

この装備が付いていれば、乗り降りの際にいちいち手動でミラー操作をする手間が省けるので、とても便利!

また、狭い駐車場でミラーをたたみ忘れて隣の車に迷惑をかけたり、うっかりミラーをたたんだまま走り出してしまう失敗もなくなります。

価格も11,000円と手頃なので、付けておきましょう。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

純正ナビを付けるならリアカメラdeあんしんプラス2

フィットに純正ナビを付ける人の多くが同時に選んでいる、「リアカメラdeあんしんプラス2」。

リアワイドカメラの映像を使い、安全運転をサポートする装備です。

リアカメラdeあんしんプラス2は、以下の4つの機能を持っています。

・後退駐車サポート

フィットの後退駐車サポート

honda.co.jp/fit/

バックで駐車する際、ダイナミックガイドラインを表示するだけでなく、自車と駐車枠がずれるとダイナミックガイドラインの色を変えてお知らせ。

タイヤ角度も表示するので、バック駐車時の大きな味方になります。

・後退出庫サポート

フィットの後退出庫サポート

honda.co.jp/fit/

バックで出庫する際、後方左右から接近する車両や歩行者を検知し、画面表示と警報音でお知らせ。

死角から接近する車両や歩行者にぶつけてしまうリスクが、大幅に減ります。

・後方死角サポート

フィットの後方死角サポート

honda.co.jp/fit/

走行中に後ろ側方から接近する車両を検知し、その方向にウインカーを出すとアイコン表示と警報音でお知らせ。

車線変更時に起きがちな接触事故を、未然に防ぐことが可能です。

・車線キープサポート

フィットの車線キープサポート

honda.co.jp/fit/

走行中にウインカーを操作することなく車線からはみ出しそうになると、アイコン表示と警報音でお知らせ。

ぼんやり運転などによる逸脱事故を防ぎます。

ホンダセンシングに加え、このオプションが付いていれば予防安全対策は万全です。

価格は26,400円と決して高くなく、効果を考えるとコストパフォーマンスは抜群!

人気の高さにも納得がいきます。

アドバンスドルームミラー

フィットのアドバンスドルームミラー

honda.co.jp/fit/

後席や荷室スペースが広い新型フィットを選ぶ人は、後席に人を乗せたり荷物をたくさん積んだりする機会が多いと思います。

そんな場合、どうしてもルームミラーが人や荷物で遮られ、後方確認がしづらくなってしまうのが問題ですね。

しかし、リアワイドカメラの映像をルームミラーに表示するアドバンスドルームミラーが付いていれば、乗員や荷物の有無に関係なくクリアな視界を確保できます。

また、雨天時や夜間でも鮮明な映像を表示できるので、通常のルームミラーよりも後方確認が容易です。

さらに画角も通常のルームミラーより広く、死角が少ない点もメリット。

74,800円という高めのオプションになりますが、出費に見合った恩恵を感じるはずです。

ナビのおすすめディーラーオプションは?

8インチベーシックインターナビ

フィットのナビ

honda.co.jp/fit/

 

新型フィットには3種類の純正ナビがオプション設定されていますが、おススメは143,000円の中級機「8インチベーシックインターナビ」。

55,000円高い上級機「9インチプレミアムインターナビ」と比べ、見劣りする点は画面サイズが一回り小さいことや、CD録音機能や専用音響チューニングがないこと、地図更新が有料になることくらいで、ナビとしての基本性能は遜色ありません。

8インチあれば十分見やすいので問題ありませんし、今時CD録音機能を使う人もあまりいないでしょう。

またよほど音質にこだわりがない限り、専用音響チューニングが付かないことも問題なし。

そうしたことを考えれば、8インチベーシックインターナビの方がお買得です。

一方、「エントリーインターナビ」なら4万円以上安く手に入りますが、画面サイズが7インチと小さく、DVD再生機能や地デジチューナーもありません。

これではさすがに物足りないので、やはり8インチベーシックナビの方がおススメです。

ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・・

おもてなしフォグライトシステムは無用の長物

フィットのおもてなしフォグライトシステム

honda.co.jp/fit/

おもてなしフォグライトシステムは、解錠後や施錠後に一定時間フォグライトを点灯して、夜間の乗り降りをサポートするオプションです。

しかし、大抵の場所には街灯などがありますし、なかったとしても月明りである程度モノが見えます。

つまり、このオプションが効果を発揮する機会は、ほとんどないということです。

また、本来霧などの時に限って使うべきフォグライトを、違う用途に使うのも良くないですね。

ということで、11,000円出費して付ける価値はありません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

フィットの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのフィット値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフィットを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のフィットの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>フィット値引き交渉マニュアル 

-フィットの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.