フィットの評価集

新型フィットは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

フルモデルチェンジで全面的に生まれ変わった新型フィット。

しかし、「旧型フィットと比べ運転が難しくなったのではないか?」、「ヤリスなどのライバル車と比べて運転はしやすいのか?」などが気になっている人も多いと思います。

自分で試乗して運転しやすいかどうかを確認するのがベストですが、試乗しに行くのが億劫だったり、ディーラーが近くになかったりするケースもあることでしょう。

ここでは、フィットが運転しやすいのかどうかについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

フィットの大きさは?ボディサイズをチェック

まず、フィットの人気グレード「e:HEV ホーム」(2WD) のボディサイズをチェックしてみましょう。

【フィット e:HEV ホーム (2WD)】
全長 3,995mm
全幅 1,695mm
全高 1,515mm

4mを切る全長や5ナンバー枠に収まる全幅など、狭い路地や駐車場でも扱いやすいサイズになっています。

また全高が1,550mm未満に抑えられているため、立体駐車場への入庫もOKです。

こうした手頃なサイズゆえ、軽自動車からの乗り換えを検討している方も多いことでしょう。

そこで、N-WGNと大きさを比較してみました。

【N-WGN L ホンダセンシング (2WD)】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,675mm

フィットはコンパクトなサイズにまとめられているとはいえ、さすがに軽自動車のN-WGNと比較すると全長が60cmも長く、全幅も20cm以上広くなっています。

これだけサイズに違いがあることに加え、N-WGNよりもアイポイントが低いため、数値の差以上に大きく感じられるかもしれません。

フィットの小回りは効くか?フィットの最小回転半径

次に、フィットの小回り性を検証してみましょう。

フィット ハイブリッドLホンダセンシングの最小回転半径は4.9mで、N-WGNの4.5mと比較すると40cm大きい数値です。

ボディが大きい上に回転半径が大きいので、一発でUターンできる道路がN-WGNよりも少なくなりますし、駐車の際に切り返しの回数が増えることもあるでしょう。

とはいえ、3ナンバーワゴンのジェイドなどは最小回転半径が5.5m以上あることを考えれば、登録車としては小回りが効く部類に入ります。

軽までには及びませんが、フィットでも小回りが利く恩恵に預かれる場面が多くあるはずです。

フィットは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

フィットの車両感覚&運転感覚

フィットのフロントの見切りはいまいちだが、運転に支障はなし

フィットはフルモデルチェンジ後もモノフォルムを踏襲しているため、運転席からボンネットの先端を確認することができません。

とは言え、フロントガラスの面積が大きくインパネの高さも抑えられているので、前方視界そのものは良好です。

さらに新型フィットでは、障害物を検知すると表示と音でお知らせするパーキングセンサーシステムが全車に標準化されたため、壁や他の車にぶつけてしまう心配はありません。

そして斜め前方の視界に関してですが、Aピラーが極めて細い上、A'ピラーの太さも抑えられているため大変良好です。

死角がとても少ないので、交差点で歩行者を見落としてしまうことは (ぼんやりしている場合は別として) まずないでしょう。

フィットの車幅の感覚は掴みやすい?

フィットは運転席からボンネットの先端が見えない欠点を持つ一方で、5ナンバーサイズゆえに左右のAピラーが同時に視野に収まる利点を持っています。

そのため、どちらかと言えば車幅の感覚が掴みやすい方と言えるでしょう。

ただ、最初のうちは、狭い道でのすれ違いの際に、路肩いっぱいに寄せるのは気を使うかもしれません。

フィットの後方視界は普通

フィットのリアウィンドウは十分な面積があるので、後方視界は良い部類に入ります。

ただ、リアシートをチップアップすると視界が遮られてしまうことが欠点です。

後方視界という観点では、持ち味の多彩なシートアレンジが仇になってしまっています。

また、デザイン優先の影響でリアクォーターウィンドウの面積が小さく、リアピラーもやや太いため、斜め後方視界はそれほど良いとは言えません。

総合的な後方視界は、可もなく不可もない平均レベルというところでしょう。

フィットの駐車にはコツがある?

フィットは斜め後方の視界があまり良くないので、バックでの駐車は少し気を使います。

とは言え、リアにもパーキングセンサーシステムが装備されているので、障害物にぶつけてしまう心配はないでしょう。

それよりも、ベルトラインが後上がりになっているので感覚が多少ずれるため、白線の枠内に真っ直ぐ停めるのに慣れを要することの方が問題かもしれません。

そうした欠点はありますが、ボディサイズがコンパクトなので駐車は容易な部類に入ります。

フィットの運転で役立つアイテム

リアカメラdeあんしんプラス2(ダブルビュー)

もしディーラーオプションのギャザズナビを装着するなら、是非とも同時に装着したいのがディーラーオプションの運転支援拡張ユニット「リアカメラdeあんしんプラス2」です。

このアイテムは、リアカメラで捉えた映像やマークをナビ画面に表示し、駐車や安全運転を支援する機能を備えています。

具体的な機能は、以下にあげる4つです。

  • 後方の映像と上から俯瞰した映像のダブルビュー画面を表示し、駐車を支援する「後退駐車サポート」
  • 後方左右から接近する車両や歩行者などを検知すると、画面表示と警報音で注意を促す「後退出庫サポート」
  • 車線変更時に後側方にいる車両を検知すると、マーク表示と警報音で注意を促す「後方死角サポート」
  • ウインカー操作をせずに車線から逸脱しそうになると、警報音で注意を促す「車線キープサポート」

これだけの運転支援機能を持ちながら価格は26,400円と手頃なので、大変お勧めできます。

フロントカメラシステム

ホンダ純正ナビを装着すると、ディーラーオプションの「フロントカメラシステム」の装着が可能になります。

このアイテムは、ナビ画面に左右前方の情況を表示し、安全確認をサポートするものです。

価格は36,850~37,950円と若干高価ですが、見通しの悪い路地から幹線道路に合流するケースなどで付けておいて良かったと思うことでしょう。

フィットの運転のしやすさまとめ

フィットはフロントの見切りや斜め後方視界はあまり良いとは言えないものの、ボディがコンパクトなので運転は決して難しくありません。

先代フィットではオプションだったパーキングセンサーシステムが標準化されたことも朗報です。

また、ここで紹介したアイテムを付けることで、フィットの欠点を補ってくれます。

運転に苦手意識のある女性の場合は、予算に合わせてこれらのアイテムを装着すると良いでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

フィットの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのフィット値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフィットを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のフィットの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>フィット値引き交渉マニュアル 

-フィットの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.