フォレスターの評価集

フォレスターの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

フォレスターの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

2018年6月20日、デビューから5代目へと生まれ変わるフルモデルチェンジが発表されたスバルのクロスオーバーSUV・フォレスター(7月19日発売)。

新型フォレスターにはどんなグレードがあって、どのグレードがおすすめなのか?

ここでは、新型フォレスターの価格・装備・安全性からエコカー減税……等々、様々な視点から各グレードを紹介していきます。

フォレスターの価格が一番安いグレードは?

フォレスター ツーリング 2,808,000円

フォレスターの中で一番安いグレードは、フォレスター ツーリングです。

フォレスター ツーリングは、リニアトロニックトランスミッション/AWDのみの設定となっています。

このフォレスター ツーリングに何もオプションを付けなければ、新車で最も安くフォレスターを手に入れることが出来ます。

では、いくらで買えるのかシミュレーションしてみましょう。

購入グレードフォレスター ツーリング
車両本体価格2,860,000円
装着オプションなし
オプション金額
0円
諸費用・税金
259,777円
▲100,000円
支払総額
3,019,777円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください

オプションは何も付けずに車両からの目標値引きを達成したと仮定して、支払総額は約301万円となりました。

フロアカーペットは、ネット通販ならフォレスター専用設計の物が純正の半額程度で購入できますので、さらに安くなります。

カーナビは、ディーラーオプションで付けるよりカー用品店の方が安くなるケースが多いです。

一つ上のグレードである Xブレイクの車両価格は約292万円ですので、およそ11万円高くなっています。

標準装備は違ってきますが、上位グレードと比較すれば、Xブレイクはかなりリーズナブルな価格でフォレスターに乗る事ができます。

フォレスター ツーリングでは装着されない装備も

一つ上のグレードXブレイクと比べると、省略されている装備があります。

フォレスター ツーリングに乗っていると、あったら便利だったはず……と思えてくる3つの装備が省かれています。

LEDリヤゲートランプ

フォレスターのリヤゲートを開けると備え付けのランプが点灯、夜間の荷下ろし・積み込みにとても便利です。

車内灯だけだと荷室がちょっと暗いので、とても助かる装備です。

撥水カーゴフロアボード

カーゴ(荷室)を平坦にするフロアボードに撥水機能を付加することで、アウトドアレジャーで濡れたり汚れたりした荷物も楽々収納、後で掃除も簡単です。

ラゲッジスムーザー機能も付加され、軽い力で荷物を滑り込ませる事も可能です。

ルーフレール

大きな荷物をフォレスターのルーフにマウントできる定番の人気装備、Xブレイクには標準装備ですが、ツーリングはメーカーオプションとなっています。

自転車やサーフボードなども楽々積めるフォレスターですが、ルーフレールが活用できれば、その快適性は桁違いとなるでしょう。

フォレスター Xブレイクを見積もりシミュレーション

では、フォレスター ツーリングの一つ上のグレード Xブレイクはいくらで買えるのか?一般的なオプションを付けてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードフォレスター Xブレイク
(クリスタルブラック・シリカ)
車両本体価格2,970,000円
メーカーオプション--
メーカーオプション価格--
装着オプションフロアカーペット、ドアバイザー、
リヤビューカメラ、ケンウッド彩速ナビ、、純正ドライブレコーダー、ETC2.0車載器キット
オプション金額358,884円
諸費用・税金263,877円
車両値引き▲ 100,000円
オプション値引き▲ 71,000円 (ディーラーオプションの約20%)
支払総額3,421,761円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください

フォレスター Xブレイクの支払総額は約342万円となりました。

フォレスター ツーリングでは装着されていない、LEDリヤゲートランプ、撥水カーゴフロアボード、ルーフレールなどは、標準装備となっています。

フォレスターの最上位グレードは?

フォレスター アドバンス 3,157,000

フォレスターの中で一番高いグレードは、フォレスター アドバンスです。

値引きも含めてフォレスター アドバンスはいくらで買えるのか?おすすめオプションを付けてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードフォレスター アドバンス
車両本体価格3,157,000円
メーカーオプションクリスタルホワイト・パール、パワーリヤゲート、大型サンルーフ、本革シート
メーカーオプション価格248,400円
装着オプションフロアカーペット
ドアバイザー(光輝モール付)
リヤビューカメラ
パナソニックビルトインSDナビ
ETC2.0車載器キット
スバル純正ドライブレコーダー
リアエンターテイメント
オプション金額550,044円
諸費用・税金141,277円
車両値引き▲100,000円
オプション値引き(20%)▲110,000円
支払総額3,886,721円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください

オプションが何もなかった廉価グレードのフォレスター ツーリングの総支払額と比べて、約86万円高くなりました。

車両価格だけでも約29万円高いですが、オプションを充実させた分だけ差が開いています。

ボディカラーは売却時、オプション料金と同等以上のプラス査定が期待できるクリスタルホワイト・パールを選びました。

フォレスター アドバンスで人気の装備は?

では、一つ下のグレードフォレスター プレミアム(車両本体価格:302.4万円)との主な装備の差や、人気の装備を見てみましょう。

e-BOXER(イーボクサー)

2018年6月のフルモデルチェンジによってフォレスター アドバンスに搭載された新機能で、水平対向DOHC直噴エンジンにMA1交流同期モーターをプラス。

ドライブシーンに適したパワートレインを提供することで、より高い燃費&環境性能を実現はもちろん、快適な走行性も両立する新感覚のドライビングが期待されます。

アドバンス専用18インチアルミホイール

フォレスター最上位グレード専用にデザインされた大径18インチアルミホイール。

ダークメタリック&切削光輝という新定番の意匠技術がいかんなく発揮された5本スポークに加えられた絶妙な変化と遊び心に、スバルのセンスを感じます。

(※ちなみに、フォレスターは4グレード全てにそれぞれ専用デザインのアルミホイールが採用されています)

17インチ2ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ

2枚の17インチディスクローターに空冷効果を高める放熱板を入れたブレーキで、従来のソリッドディスク(1枚)ブレーキに比べて放熱性(冷却性)=制動力の高さを維持、安全運転の頼もしいパートナーとなります。

フォレスター最上位グレードに相応しい、スポーティなドライビングをアシストするハイスペック装備の一つとして定評があります。

サテンメッキ電動格納式リモコンドアミラー

フォレスターの電動格納式リモコンカラードドアミラーはカラード(ボディカラーと同色)が基本ですが、アドバンスだけはサテンメッキで加飾されています。

最上位グレードに相応しいグレード感を、ターニングや駐車の度に味わえる満足装備と言えるでしょう。

運転席自動後退機能

フォレスターの運転席ドアを開けると、運転席が自動で後退して乗り込みやすくしてくれる便利な機能です。

最上位グレードならではの「もてなし」感に、フォレスターのセンスフルなパートナーシップを堪能できます。

フロント&リヤバンパーガード

フロント&リヤバンパーを保護するシルバー加飾の樹脂製ガードが、最上位グレードのアドバンスとスポーティグレードのXブレイクに装備されています。

アドバンスはシルバー加飾、Xブレイクにはレッドオレンジ加飾が施されています。

ECOクルーズコントロール

スバルの先進安全運転支援システム「アイサイト」はフォレスター全グレードに搭載されていますが、最上位グレードのアドバンスにだけ、ECOクルーズコントロールが付属しています。

ECOと冠している通り、ただ先行車に追従するだけでなく、より環境に優しい=燃費のよい速度を計算してくれるスグレモノ装備、家計にも優しくお得です。

ドライバーモニタリングシステム

ダッシュボード中央の赤外線カメラがドライバーの表情や視線を認識、疲労状態でのドライブ(注意散漫、よそ見、眠気など)を検知すると警報を発する他、ドライバー(※1)に合わせたコクピット環境(※2)を整備。

(※1)5人まで登録可能、家族でフォレスターを共有する時など、いちいち設定を変える手間が要らなくなります。

(※2)ドライバーの体格や視点に合わせた理想的なシートポジションやミラーアングル、そのドライバーが最後に設定した空調温度を再現します。

2018年6月のフルモデルチェンジでスバル初採用となった、人とクルマのコネクティブな関係を深める注目のハイテク装備です。

車両接近通報装置

走行時の静粛性がウリのハイブリッド車(e-BOXER)ですが、あまりに静かすぎて歩行者がクルマに気づかず接触……という事故が多発したため義務づけられた装置。

車外に向けて装備されたスピーカーから警告音を発して、歩行者にクルマの存在を認識して貰うためのもので、唯一のe-BOXER搭載グレードであるアドバンスに装備されています。

フォレスターの燃費が一番良いグレードは?

フォレスター アドバンス 18.6km/L(カタログ値)

フォレスターで一番燃費が良いグレードは、e-BOXER搭載(ハイブリッド)のアドバンスです。

メーカー発表のカタログ燃費とは別に、ユーザーが気になるのは実際に走行した実燃費でしょう。

フォレスター アドバンスの平均実燃費は、約14.5km/Lとなっています。

街中のゴーストップが多い場面では11~13km/L、流れの良いバイパス道や信号の少ない郊外の幹線道路は15~17km/Lです。

高速道路などでは、18km/Lを超える実燃費も可能です。

フォレスター アドバンスは満タンで何キロ走る?

フォレスター アドバンスの燃料タンクは48L(※他グレードは63L)です。

フォレスターの取り扱い説明書では残り9Lになると残量警告灯が点灯するので、ガソリン残量5Lまで走行したと仮定します。

すると、実燃費で走行できる距離は、

48L-5L=43L
43L×実燃費14.5km/L=623.5km

フォレスター アドバンスは、満タンでおよそ623km走る計算になります。

高速道路なら18km/Lを超えるくらいまで実燃費が上がる(約770㎞走れる)ので、無給油で伊勢~沼津間(片道約351㎞)を往復できそうです。

フォレスターの燃費が一番悪いグレードは?

ガソリン車全グレード  14.6km/L

フォレスター4グレード中、e-BOXER搭載(ハイブリッド)のアドバンスを除く3グレードすべて横並び(同率最下位)となっています。

理由として、車両重量がアドバンスより110~120㎏軽いながら、e-BOXERの好燃費がガソリン車の追随を許さないことが挙げられます。

フォレスター ガソリン車の満タンで走れる走行距離は?

フォレスター ガソリン車の平均実燃費は、11.3km/Lです。

ガソリンタンクは63Lなので、タンク内に5L残るまで走行した場合、58Lで走れる距離655㎞が満タンで走れる走行距離となります。

【58L×11.3km/L=655㎞】

自動ブレーキのあるグレードは?

フォレスターには設定4グレード全車にスバルの先進安全運転支援システム「アイサイト」が標準装備され、自動ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)も備わっています。

フォレスターのスポーツ / エアロタイプのグレードは?

フォレスターには、エアロではありませんが、アクティブ感あふれるスポーティグレード「Xブレイク」が用意されています。

大自然を駆け巡りたくなるパワフルな乗り味と、アウトドアライフを充実させるユースフルな装備が、今度の休日を楽しみにしてくれます。

フォレスターのエコカー減税額が一番多いグレードは?

フォレスター アドバンス 65,500~70,600円

フォレスターでエコカー減税が最も多い(というより、唯一のエコカー減税対象)グレードは アドバンスとなります。

【フォレスター アドバンス】
自動車取得税(40%減税):31,000円
減税自動車重量税(50%減税):15,000円
減税自動車グリーン税制(※1):19,500円
エコカー減税合計額:65,500円

しかし、これが減税MAXではありません。

アドバンスにメーカーオプション(※2)を装着することで車両重量が1,660㎏以上となった場合、エコカー減税率が更に上がるのです。

【フォレスター アドバンス メーカーオプション装着車】
自動車取得税(40⇒60%減税):48,100円
減税自動車重量税(50⇒75%減税):22,500円
減税自動車グリーン税制(※1):19,500円
エコカー減税合計額:70,600円

(※1)自動車グリーン税制は登録の翌年度に適用されます。また、減税率は自動車税の約50%となります。

(※2)パワーリヤゲート&大型サンルーフの両方を装着。

便利で高リセールに加え、エコカー減税でも優遇されるとあれば、是非ともこれらのメーカーオプションを装着しておきたいですね。

フォレスターの売れ筋のグレードは?

フォレスター アドバンス 3,157,000

新型フォレスターの先行予約台数を調査したところ、「ドライバーモニタリングシステム」や「e-BOXER」などの先進装備が充実している最上位グレードの「アドバンス」がフォレスター全体の約40%以上を占めています。

また、人気ボディカラーを調査すると、トップはブラックの約28%、次いでホワイパールが約26%、3位にシルバーが約19%……と続いていました。

ブラック&ホワイトパールは高リセールが期待できますから、色に対するこだわりが特になければ、人気に乗っかるのが無難でしょう。

※参考:ブルー(約11%)、レッド(約7%)、グレー(約5%)、ブロンズ(約2%)、グリーン(約1%)

フォレスターの売れ筋グレードはいくらで買える?

フォレスターの売れ筋グレード・アドバンスの値引きも含めた購入シミュレーションは、こちら(先述)で紹介しています。

買取相場から見るフォレスターのおすすめグレードは?

数年後に高く売れるフォレスターのグレードはどれなのか?ここでは、数年後に高く売れるフォレスターのおすすめのグレードを紹介します。

新車から3年落ちのフォレスターのリセールバリューは?

新車登録から3年経過後のフォレスターの各グレードのリセールバリューです。

フォレスターのグレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー新車との価格差
ツーリング168.0万円286.0万円59.8%111.2万円
Xブレイク178.9万円297.0万円61.3%112.7万円
プレミアム203.7万円308.0万円67.3%98.7万円
アドバンス--万円315.7万円--%--万円
※参考値:2.0XTアイサイト(旧モデル)214.5万円312.8万円68.5%98.3万円

1年1万キロ平均の走行距離で、内外装も新車から3年経過時で平均的な状態の、フォレスターの3年落ちのリセールバリューです。

一般的な乗用車の3年落ちのリセールバリューは、平均で50~55%です。

フォレスターは、3年落ちで50%台後半~60%台後半のリセールが残っているので、非常に高値の買取相場と言って良いでしょう。

最もリセールバリューの高かったグレードは、データ不明のアドバンスを除けば上級グレードのプレミアム。

調査時点のリセールバリューは、グレードに比例して上がっていく傾向が見られます。

リセールバリューから見るフォレスターのおすすめグレードは?

3年落ちのリセールバリューから見る、フォレスターのおすすめグレードは、「フォレスター プレミアム」です。

リセールバリューが67.3%と高く、最上位グレードのアドバンスより車両価格が安いのが魅力ですね。

同時に、新車との価格差も一番安くなっており、金銭的な損失も少ないため、家計にも助かります。

ただ、フォレスターは他のグレードも皆リセールバリューが高水準のため、好きなグレードを選んでも大きな損は無いでしょう。

フォレスターが高く売れるおすすめのカラーと装備は?

売却時に高く売れるフォレスターのボディカラーは、「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」です。

5年以内の売却で、他の色より15~20万円は高く売れるでしょう。

※クリスタルホワイト・パールは32,400円のオプション料金がかかるものの、それ以上のプラス査定となるので、是非とも選んでおきたいところです(ブラックより更に若干有利となります)。

また、メーカーオプションの大型サンルーフや、パワーリヤゲートは売却時にプラス査定になります。

特に大型サンルーフは、追加オプション料金以上のプラス査定が期待できるので、余裕があるなら是非付けたい装備です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

フォレスターの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのフォレスター値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフォレスターを限界値引きで購入しています。

今月のフォレスターの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>フォレスター値引き交渉マニュアル

-フォレスターの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.