フォレスターの評価集

フォレスターのハイブリッドとガソリン車を比較して違いを徹底解説

ビッグマイナーチェンジを受けた新型フォレスターは、従来通りハイブリッドの「e-ボクサー」と1.8Lターボのガソリン車が設定されています。

フロントマスクの刷新や安全性能の強化など話題の尽きない新型フォレスターですが、やはり一番気になるのはハイブリッドモデルとガソリンモデルの違いではないでしょうか。

ここではフォレスターのハイブリッドモデルとガソリンモデルの違いを徹底解説していきます!

フォレスターのハイブリッドは高い?価格をチェック

まず気になるのが車の購入に際してのお金の面ではないでしょうか。

早速、グレードごとの価格について解説しましょう。

フォレスターのグレード構成と価格

それぞれのモデルのグレード構成は以下の通りとなっています。

(いずれも消費税10%を含めた金額表示)

「ハイブリッドモデル」

・ツーリング…2,937,000円
・X-ブレイク…3,080,000円
・アドバンス…3,179,000円

「ガソリンモデル」

・スポーツ…3,300,000円

ハイブリッドモデルはベースとなる「ツーリング」、アウトドア志向の「X-ブレイク」、上級グレードの「アドバンス」という3つのグレード構成となっています。

一方ガソリンモデルは「スポーツ」のみのモノグレード設定で、かつ車両価格は最も高額です。

ハイブリッドモデルがガソリンモデル より高いという一般的な価格設定は、フォレスターには当てはまりません。

またフォレスターの価格設定のもうひとつの特徴として、最高グレードと最低グレードの価格差が約37万円と小さいことがあげられます。

フォレスターハイブリッドとガソリン車の装備の違い

e-アクティブシフトコントロールとアクティブグリルシャッターはハイブリッドモデルにのみ採用

ハイブリッドモデルだけにしか付かない装備のひとつに、e-アクティブシフトコントロールがあります。

これはスポーツモード選択時に働く機能で、ドライバーがスポーティな運転をしているとシステムが判断すると、エンジン回転を高めに保って力強い走りを実現するもの。

そしてハイブリッドだけに付くもうひとつの装備が、アクティブグリルシャッターです。

これはフロントバンパー内のシャッターを状況に応じて自動で開閉し、空気抵抗を減らすとともに暖気/冷却の効率をアップ、さらなる低燃費を実現する機能になります。

ガソリンモデルには、これらの「飛び道具」は装備されません。

ハイブリッドはフロントブレーキのサイズが大きい

ガソリンモデルのスポーツは、前後共に16インチサイズのベンチレーテッドディスクブレーキを採用しています。

一方で、ハイブリッドモデルはリヤはガソリンモデルと同じ16インチですが、フロントは1インチサイズの大きい17インチです。

ハイブリッドモデルのフロントブレーキ径が大きいのは、ガソリンモデルより重い車両重量に対応するためでしょう。

タイヤ&ホイールをインチダウンする際はガソリンモデルでは履けるのに、ハイブリッドモデルではフロント側でキャリパーがホイールに干渉して履けないということも有り得ますので、社外アルミホイールを購入する予定のある方は、フロントのオフセット等に注意が必要です。

エクステリアで分かるガソリンモデルとハイブリッドモデルの違い

外観上でもそれぞれのモデルで違いがあります。

主な違いを表にまとめましたので、ご覧ください。

装備 / モデル名ハイブリッドガソリン
タイヤサイズ17インチまたは18インチ18インチ
フロントフォグランプ丸形角型
フロントグリルダークメタル塗装または無塗装ブラックブラック塗装
リヤガーニッシュカラードまたは無塗装ブラックグレーメタリック塗装
ピアノブラック調ピラーカバー

ガソリングレードのスポーツは最上級グレードでもあるので、外観の仕上げが若干上質になっています。

一例として、ハイブリッドの最上級グレード「アドバンス」と「スポーツ」の外観画像を記載しますので、フロントグリルやフォグランプなどの違いを比較してみてください。

フォレスターハイブリッドガソリン車比較

アドバンス (subaru.jp/forester/forester/)

フォレスターのハイブリッドガソリン車比較

スポーツ (subaru.jp/forester/forester/)

 

走行性能の違い

フォレスターハイブリッドとガソリン車の燃費の違いは⁉︎

ハイブリッド燃費イメージ

ハイブリッドと言えば燃費の良いイメージを持たれる方が少なくないでしょう。

しかし、スバルのハイブリッドは燃費を優先したものではなく、あくまでハイブリッドのモーターを使って、SUVとしての走行性能を補うというものです。(モーター自体も低電圧で小型のモーターが採用されています。)

そのため、フォレスターのハイブリッドモデルとガソリンモデルのカタログ燃費 (WLTCモード値) の差は僅かに留まります。

「ハイブリッドモデル」

・WLTCモード燃費…14.0km/L
・市街地モード(WLTC-L)…11.2km/L
・郊外モード(WLTC-M)…14.2km/L
・高速走行道路モード(WLTC-H)…16.0km/L

「ガソリンモデル」

・WLTCモード燃費…13.6km/L
・市街地モード(WLTC-L)…10.3km/L
・郊外モード(WLTC-M)…14.3km/L
・高速走行道路モード(WLTC-H)…15.2km/L

WLTCモードの総合値は、0.4km/Lですがハイブリッドモデルの方が優れています。

しかし走行モード別の燃費を比較すると、郊外モードでは僅かながらガソリンモデルの方が良好な数値です。

ガソリンモデルはストップ&ゴーの多い市街地走行や、エンジン回転が高くなる高速走行では燃費面でハイブリッドに見劣りします。

しかし郊外走行では、こうしたガソリンエンジンのデメリットが表面化しません。

そのことがハイブリッドモデルよりも優れた燃費に繋がっているのです。

よって、燃費が気になる方はご自身の車の使い方によって、燃費が良くなるのはガソリンモデルなのかハイブリッドモデルなのか、慎重に判断する必要がありそうです。

また、これはあくまでカタログ燃費上での事実と推測も含めた話なので、実燃費となると多少実情が変わってくるかもしれません。

走りの性格の違い

ハイブリッドシステムを搭載している分、ハイブリッドモデルはガソリンモデルと比較して50〜70kg車両重量が重たくなっています。

しかし、この違いによって生まれるデメリットは足廻りやハンドリングのセッティングによって解消されており、実走行で気になるケースはほとんどありません。

また、小型とは言えモーターを搭載したハイブリッドモデルの恩恵として、特に低速域でのアクセルの踏み込みに対しての反応はガソリンモデルより良好です。

ただ、中高回転域でのパワフルさでは、ターボの助けを借りるガソリンモデルの方が優れています。

総括すると、

・市街地走行メインの場合や、ゆっくり走りたい人はハイブリッドモデル

・高速道路やワインディングでアクティブな走りを楽しみたいならガソリンモデル

このように結論づけられます。

フォレスターハイブリッドとガソリン車の比較まとめ

それぞれが違った性格を持ったフォレスターのガソリンモデルとハイブリッドモデルは、優劣をつけるのが難しく、どちらも魅力的なモデルです。

ただ、ハイブリッドモデルには「X-ブレイク」というアウトドア志向のグレードが用意されていて、独自の魅力を放っています。

フォレスターハイブリッドガソリン車比較

subaru.jp/forester/forester/

X-ブレイクの内外装や装備に魅力を感じる場合は、ガソリンターボのパワフルさを諦めるしかありません。

できれば、ガソリンモデルにもX-ブレイク相当のグレードが欲しいところです。

 

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

フォレスターの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのフォレスター値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフォレスターを限界値引きで購入しています。

今月のフォレスターの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>フォレスター値引き交渉マニュアル

-フォレスターの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.