フォレスターの評価集

フォレスターに欠点・デメリットはあるか?フォレスターを徹底評価!

更新日:

フォレスターに欠点・デメリットはあるか?フォレスターを徹底評価!

クロスオーバーSUVでは世界唯一となる水平対向エンジンの搭載や、先進安全運転支援システム「アイサイト」の採用などが人気の的になっている「スバル・フォレスター」の欠点といいところを徹底的に評価します!

用意されるエンジンは2L NAと2Lターボの2種類で、トランスミッションはCVTのほか、NA車には6速MT車も設定されています。

駆動方式は、全車に「シンメトリカルAWD」と呼ばれるフルタイム4WDが採用されています。

フォレスターを評価!欠点、デメリットはあるか?

フォレスターのエクステリアの欠点は?

良くも悪くもSUVらしい無骨なスタイリングなので、都会的な洗練されたデザインを好む人には向きません。

フォレスターのフォルム

また、Aピラーの立ったスクエアなフォルムゆえに、高速走行時の風切り音がやや目立ちます。

フォレスターのインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

フォレスターのインパネ

インパネのデザインは機能性を優先したもので、色も黒で統一さているため、こ洒落た雰囲気は望むべくもありません。

また、オプションのカーナビの取付位置が低く、視線の移動量が大きいのも欠点のひとつです。

前席&後席

フォレスターはプレミアムSUVではないので、シート材質の質感はそれなりです。

フォレスター上級グレードのシート

上級グレードは合成皮革を用いたコンビシートになりますが、あくまでもフェイクなので本革のような質感は望めません。

収納&荷室スペース

収納スペースは特に豊富な方ではなく、ボックスティッシュの置き場もありません。

フォレスターの荷室スペース

荷室スペースは、4:6分割可倒式リアシートを倒しても完全にフラットにはならないので、使い勝手の点でいまひとつです。

フォレスターのパワートレインの欠点は?

CVT特有のモワーっとしたフィーリングがエンジンの魅力をスポイルしている点が、欠点としてあげられます。

NA車の場合は、MT搭載グレードの「2.0i-L」を選ぶことでCVTを回避できますが、ターボ車の場合はMTが選べないのが辛いところです。

また、MT車とターボ車には燃費改善に貢献するアイドリングストップ機構が付かないのも、残念な点です。

フォレスターの走行性能の欠点は?

NAエンジン搭載車のコーナリング特性はアンダーステアが強めなので、狙ったラインをトレースしにくくなっています。

オフロード性能も重視する必要があるSUVで、スポーティグレードでもないので仕方ない面もありますが、もう少しニュートラルなハンドリングを望みたいところです。

一方、唯一ターボエンジンを搭載する「2.0XTアイサイト」は、足回りが操縦安定性重視のセッティングとなっているため、特に後席の乗り心地がハードになっています。

フォレスターの装備面の欠点は?

フォレスターのパーキングブレーキ

パーキングブレーキは、「インプレッサ」「XV」「レヴォーグ」のような電動式ではなく、古典的なサイドレバー式が採用されています。

電動パーキングブレーキの便利さに馴れてしまうと、物足りなく感じられてしまいます。

フォレスターの安全性能の欠点は?

アイサイトの性能には定評がありますが、マツダの安全運転支援システム「アイ・アクティブセンス」に含まれる「交通標識認識システム」に相当する機能が標準でない点が、惜しまれます。

また、MT仕様の「2.0i-L」にはアイサイトが付かないのも問題です。

マツダの場合は、MT車にもアイ・アクティブセンスが付く点を見習って欲しいものです。

フォレスターのグレード体系・価格面での欠点は?

フォレスターのグレード

NA車には6つのグレードが設定されている一方で、ターボ車のグレードはひとつだけしかありません。

ターボ車のグレードを増やして欲しいところです。

フォレスターを評価!いいところは?

フォレスターのエクステリアのいいところは?

男っぽいスタイリングを好む人には、フォレスターのエクステリアはかっこ良く映るはずです。

また、視界や見切りに配慮したデザインが施されている点も、フォレスターのいいところです。

フォレスターのインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

フォレスターのメーターやスイッチ類

メーターの視認性やスイッチ類の操作性は良好で、質感もプレミアムクラスでない割には頑張っています。

前席

やや硬めながら座り心地が良く、サポート性も確保されています。

後席

前席と比べサポート性は劣るものの、座面が適度に柔らかく快適です。

また、ニースペースやヘッドクリアランスにも余裕があるので、ゆったりと過ごすことが出来ます。

リアドアステップ

その他、衣類の汚れを防ぐクリーンサイドシルや、乗降性を高めるリヤドアステップの採用も評価に値します。

収納&荷室スペース

後席を倒した時の荷室長は1,827mmあるので、定尺ベニヤ板や畳を積むことも可能です。

ワンタッチフォールディング機能

また、2.0iアイサイトを除く全車に、スイッチひとつで後席を倒せるワンタッチフォールディング機能が備わるのもいいところです。

フォレスターのパワートレインのいいところは?

搭載される水平対向4気筒エンジンは、直列4気筒エンジンよりも重心位置が低いメリットがあります。

また、280馬力を発生するターボエンジンはさすがにパワフルで、どんな状況でも余裕たっぷりの走りを披露してくれます。

フォレスターの走行性能のいいところは?

クロスオーバーSUVとしてはコーナーリング時のロールが抑えられているので、ワインディングロードを走行しても不安感はありません。

アクティブトルクベクタリングの走行イメージ

また、ターボエンジン搭載の2.0XTアイサイトには、旋回性を高める「アクティブ・トルク・ベクタリング」が装備されるので、SUV離れした弱アンダーステアのハンドリングが楽しめます。

そして、優れた4WDシステムや、全車220mm確保されている最低地上高により、悪路や雪道での走破性も優れています。

フォレスターの装備面のいいところは?

フォレスターのシートヒータースイッチ

最廉価グレードの2.0iアイサイトを除く全車に、運転席+助手席+後席左右シートヒーターが標準装備されるのは、フォレスターのいいところです。

フォレスターの安全性能のいいところは?

アイサイトの性能は非常に高く、JNCAPの予防安全性能アセスメントでは、71点満点中の69.5点で最高評価「ASV++」を獲得しています。

また、衝突安全性においても、JNCAPの自動車アセスメント(衝突試験)で208点満点中の181.9点を獲得するなど、高い安全性が確保されています。

フォレスターのグレード体系・価格面でのいいところは?

241万9,200円~312万8,760円という価格設定は、車格や装備などからするとかなり買い得感があります。

ことに、クロスオーバーSUVとしてトップレベルの性能を持つ2.0XTアイサイトが312万8,760円で買える点に、日本車の強みが感じられます。

フォレスターの総合評価

内外装デザインは機能性を優先したものなので、華やかさや洒脱な雰囲気には欠けますが、かえって飽きがこなくて良いとも言えます。

室内スペースや荷室スペースは広く、シートの出来も優れています。

走行性能に関しては、操縦安定性と乗り心地のバランスは平均的な水準で、高いシャシー性能を持つ最新のインプレッサなどと比較すると、やや見劣りする部分があります。

一方、雪道での走破性はスバル車の中でもピカイチなので、積雪地帯に住むユーザーにはおススメの1台と言えます。

装備面では、電動パーキングブレーキが備わらないことを除けば大きな不満はありません。

また、安全性能も優れていますが、アイサイトが全車に装備されない点だけは惜しまれます。

フォレスターを総合的に評価すると、トータルバランスやコストパフォーマンスが優れているので、誰が買っても大きな不満無しに使えるはずです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

フォレスターの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのフォレスター値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフォレスターを限界値引きで購入しています。

今月のフォレスターの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>フォレスター値引き交渉マニュアル

-フォレスターの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.