フォレスターの値引き

スバル 新型フォレスター値引き交渉マニュアル2019年11月の値引き動向は?

更新日:

スバル 新型フォレスター値引き交渉マニュアル

新型フォレスターを限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、フォレスターを底値で買う方法を紹介します!

これを実践するのとしないのとでは、数十万円から損することになります・・・簡単なので是非実践しましょう!

この記事の目次

新型フォレスターの最新目標値引き額と2019年11月の値引き動向

新型フォレスター最新値引き情報

11月のフォレスターの値引き動向は、拡大傾向になってきました。オプションを50万円以上付けたり、点検パックやコーティングを付ければ、値引きの総額35~40万円以上が十分可能です。

11月以前の値引き実例ではディーラーオプションからの値引きを含めて、新型フォレスターから35.2万円、43.5万円、30.0万円、53.6万円の実例値引きが報告されています。

フォレスターの値引き交渉では、エクストレイルやCR-V、グレードによってはハリアーを競合車として交渉すれば効果が高いです。また、9月発表の新型マツダCX-30を引き合いに出しても効果があります。

人気の新型RAV4との競合も有効です。「フォレスターかRAV4で迷っている」と商談を進めて主導権を取り、値引き交渉を有利に進めましょう。

フォレスターの車両本体からの目標値引き額とは別にディーラーオプションから30~40%の値引きが可能です。

今月(2019年11月)のフォレスターの車両からの目標値引き額26万円+オプション35万円からの値引き10.5万円総値引き36.5万円が値引き合格ラインになります。

スバルはオプションからの値引きが大きくなるケースが多いので、車両とオプション値引きのトータルで上記の金額まで値引きできればOKでしょう。

以下の値引き交渉術を実践すれば、フォレスターの実例値引き額と同等かそれ以上の値引きが可能になります!

絶対損したくない!下取り車の売り方

下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売ることが出来れば、それだけフォレスターが安く買えると言うことになります。

しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。

3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調して、「これで決めてください!」となるでしょう。

これはユーザーのお得感、満足感を満たすためのセールステクニックが考えられます。

一見値引き額(下取り額)が最初より上がったように見えますが、その査定額が中古車相場に合った適正なものなのかどうかの判断が、我々一般ユーザーには中々見分けることが出来ません。

実際にはもっと高い査定額が付く可能性もあるのです。

これが高額車や人気車になればなるほどその差は大きくなるので、実際には5万、10万、場合によっては20万円以上の損をしてしまう事もあります。

ディーラーの下取りで損してる!?

非常に勿体ないので、損しないためにはまず1店舗で良いので買取店の査定を受けておきましょう。

そうすれば買取店のおおよその相場が分かるので、それを元にディーラーでの査定額が適正かどうかの判断が出来ます。

愛車の相場が分かればクルマ購入の予算組みも出来るので、一石二鳥ですね。

おすすめは下記の買取店です。ネットでもおおよその相場が分かります。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

☆値段が付かない車は廃車業者へ。事故車や動かない車・水没車でも、古く過走行でも必ず値段が付きます!

もし、ディーラーや買取店で査定額が付かなければ(0円)、廃車買取業者に依頼しましょう。廃車買取ハイシャルならレッカー代や引き取り料、その他手続きに関するものは全て無料です。さらに全車0円以上の買取保証あり。自動車税等の戻り分も還付してくれます。廃車するのに処分代を払う必要はありません。水没車もお金になります

廃車買取ハイシャルの公式サイトはこちら

これら買取店の査定額を基本に今後査定額の交渉をしていきます。

新型フォレスターの値引きに適した交渉時期

値引きに適した交渉時期

一般的に値引きが大きくなる時期は、「1月~3月の年度末決算期」、「6月7月のボーナス時期」、「8月お盆明け~9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」、などがそうです。

この中で特に値引きが大きくなるのは決算期です。

決算期にはディーラーでもキャンペーンを展開して、お客さんを呼び込もうとします。この時期は特別な値引きも珍しくありません。

もちろんボーナス商戦もお得なキャンペーンなどを展開するので、値引きを引き出しやすい時期になります。

これらの時期にフォレスターを買うタイミングなら、是非大幅値引きで購入しましょう!

フォレスターの納期は?2019年11月現在

フォレスター納期:2~3ヶ月

新型フォレスターの納期は、現在標準~やや長めの納車期間となっています。

フォレスターの納車期間と納期実例

11/11契約→2/上旬納車(納期3ヵ月)アドバンス
9/22契約→12/初旬納車(納期2.5ヶ月)アドバンス
8/5契約→9/9納車(納期1ヵ月)プレミアム
8/18契約→9/下旬納車(納期1ヵ月)Xブレイク
5/30契約→10/中旬納車(納期4.5ヵ月)アドバンス
5/20契約→7/下旬納車(納期2ヵ月)プレミアム
5/18契約→9/末納車(納期4ヶ月)アドバンス

フォレスターの競合車とディーラーをリストアップ

フォレスターのライバル車の設定とディーラーのリストアップで商談に備える!

新車の値引き交渉では、競合車を立てて「フォレスターか、どれにするか迷っている」状況で契約直前まで交渉した方が、値引きを引き出しやすくなります。

フォレスターの競合車は、日産エクストレイル、マツダCX-5、三菱アウトランダー、ホンダヴェゼルハイブリッド、トヨタハリアーなどです。

この中で特に営業マンが反応するのは、エクストレイル、CX-5、RAV4でしょう。

フォレスターのライバル車から競合車をリストアップして、「フォレスターと迷っている」と商談していきましょう。

またスバルディーラー同士の競合も有効です。

ただ基本的にスバルの正規ディーラーは各都道府県に、1法人づつとなります。(隣県で統合されている地域もあります)

なので、同士競合はやり辛いですが、他県へ越境して地元のスバル店と隣県のスバル店とで競合させることは可能です。

またスバルは、整備工場や中古車販売店などで新車を販売しているサブディーラーの取り扱いも多いので、フォレスターを扱っているサブディーラー同士の競合、正規ディーラーとサブディーラーの競合、などが可能です。

他社との競合に加えて、可能ならこの同士競合も加えましょう。スバルの販売店はスバルのHPで確認できます。

ライバル車のディーラーとスバルのディーラーやサブディーラーを出来るだけ多くリストアップして商談に備えましょう。

多くのディーラーと商談する事によって、「値引きしてでも売りたい!」と言うノルマ達成が厳しいディーラーや営業さんに出会える確率が高くなります。

下取り車があれば、ディーラーを周る前に一度買取店の査定を受けて相場感を知っておくと、ディーラーの査定が高いのか安いのかが分かり、下取り額の交渉が楽になります。

以下おすすめの買取店です。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。 

かんたん車査定ガイド 概算価格

新車値引きの王道!フォレスターの値引き交渉術

ディーラー初回交渉 フォレスター

初回の交渉は短時間でOKです。具体的な値引き額について触れる必要はありません。

「値引きは頑張ってくれますよね?」などと言って相手の出方を見てみましょう。

それに対して「決めてくれるなら頑張りますよ!」とか、「値引きは一律いくらと決まっています」などの反応があるでしょう。

その反応を見て、今後の交渉の参考にして行きます。

ディーラーに行ったら、フォレスターの展示車や試乗車を自分の目でチェックしましょう。

アイサイトの説明を受けたり、グレード別の装備の違いなどを営業マンに確認してもいいでしょうね。

  • その車種が本命かどうかは伏せておく
  • 他にも気になる車種があって迷っている、と伝える
  • 予算を聞かれても具体的な金額は言わない
  • 初回の商談は短時間でOK

フォレスターの2回目交渉

2回目以降の交渉のやり方 フォレスター

二回目の商談から、具体的な値引き交渉を開始します。

競合車のディーラーと交渉したら、現時点での出来る限りの値引き額をお願いして出してもらい、その条件を他の競合車へぶつけます。

そうして出た条件をフォレスターにぶつけて、値引きを引き出します。

値引きを引き出す基本は、どこか一つでも好条件が出れば、それを元に他のディーラーへぶつける、さらに好条件が出ればまた違うディーラーへぶつける、と言うような条件のぶつけ合いです。

そして、限界付近の値引き額を引き出します。

と言っても難しい話術や駆け引きは必要ありません。

どれにするか迷っている出来るだけ安く買いたい」この2点だけを伝えて行けば、値引きは勝手に増えていきます(^^)

フォレスター同士の競合は、値引きの上乗せで最も効果的な方法のひとつなので、交渉終盤で持ちかけた方が良いでしょう。

  • どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す
  • 値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する
  • フォレスター同士の競合はまだ控える
  • ディーラーオプションのナビは利益率が高いので、カーショップや通販で売られている社外品の値引きと比較しながら20%以上の値引きを!

フォレスターのダメ押し値引き交渉

ダメ押し交渉 フォレスター

二回目以降の交渉である程度フォレスターから値引き額を引き出したら、可能な地域なら同士競合に切り替えます。

一例として以下のようにやってみても良いでしょう。

「自分はエクストレイルに気持ちが傾いたんですけど、嫁さんと話し合った結果、フォレスターにしようと言う事になりました。

でも自分はエクストレイルにまだ未練があります。エクストレイルを諦める代わりに納得できる条件が欲しいので、申し訳ないけど他のスバルでも商談しました。

他では値引き○○万円、下取り△△万円と出てるんだけど・・・」などと言って同士競合に切り替えます。(言い方は自分の状況に合わせて適当にアレンジしましょう)

これをそれぞれのスバルディーラーで仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーや営業マンさんに狙いを絞ったら、ハンコを武器に最後の交渉です。

「総額○○万円になったら契約します」「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」などと言って、目標よりも多少無理目の金額を要求して見ます。

それが通らなかったり、また「間を取って○○万円」など、何らかの妥協案を出してきてもそれで納得せず、さらにもう一押ししてみます。

「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ボディコーティングをサービスしてください」などと、数万円程度の無料サービスを要求すると通り易いでしょう。

また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で申し出てみると良いでしょう。

それらが通った時、そして目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを捺してフォレスターの契約となります。

  • ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる
  • ローンを組むなら、ライバル他社のキャンペーン金利などを引き合いに出して、金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)
  • 現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい
  • 任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる

下取り車を限界まで高く売る!

フォレスターをだ誰よりも安く買う最終段階!

下取り車がある場合は、これまでの交渉でディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。

最後に複数の買取店に査定してもらいます。

そこでもしディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにフォレスターを安く買える事になります。

契約前に「もしかしたら、下取り車を親戚に譲ることになるかもしれません。そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事を営業さんに伝えます。

新車契約が条件なら大概はOKになるでしょう。これで納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。

そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーよりさらに高値が付けばそこに売る事ができます。

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。

「カーセンサー.net」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の買取店が充実しています。地元の買取店は大手ほど広告を出していません。その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、高査定が期待できます。

時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。

もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップ!

また、もうひと手間掛けられるなら、以下のユーカーパックを試しても良いでしょう。


全国5000社以上の業者を対象に愛車が売れる、ユーカーパックの無料査定です。ユーカーパックの査定を1度受ければ、5000社以上の買取店へ査定情報が送られます(個人情報なし)。価格を提示する買取店は、他のお店と買取金額を競う事になるので、高値での売却が可能です。査定は最寄りの店舗か出張査定のいずれか1回で済むので、とても楽です。

1度だけ査定を受ければ、最大5000社以上の買取店や中古車販売店から価格提示を受けられます。

出品時には、最低落札価格を設定できるので、これまでの査定で出た最高額で設定すると良いでしょう。

その価格に対して5000社以上もの買取店が入札するので、さらに買取金額の上乗せが可能になるかもしれませんね。

ここまでやって、もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。

  • 下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る
  • それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功!

以上がフォレスターを限界の底値で買うための方法です。

何も知らずにディーラーの言う通りに決めてしまうと、下取りも含めれば簡単に数十万円フォレスターを高く買ってしまう事にもなりかねません。

そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、限界値引きでフォレスターを購入しましょう!

フォレスター人気グレードの値引きは?

フォレスターの人気グレードに絞った値引き交渉術です。

人気グレードの値引き相場や値引きを含んだ見積もりシミュレーション、人気グレードの値引き交渉術、競合させるライバル車のグレード、 実燃費やリセールバリューまで、フォレスターの人気グレードに特化した値引きページです。

⇒総額はいくら?フォレスター アドバンスの値引きと総価格をシミュレーション

⇒総額はいくら?フォレスター 2.0XTアイサイトの値引きと総価格をシミュレーション

フォレスターの乗り出し価格(総額)は?

グレード
フォレスター アドバンス

車両価格(消費税込)
3,099,600円

メーカーオプション品名
クリスタルホワイト・パール、アドバンスドセイフティプラス、大型サンルーフ、パワーリヤゲート
172,800円

ディーラーオプション名
ベースキット、ETCキット、ダイアトーンナビ、リヤビューカメラ
約419,947円(工賃込み)

諸費用(税金・登録ほか)
約163,530円

フォレスター車両値引き(2019年11月目標値)
▲260,000円

ディーラーオプション値引き
▲125,000円

フォレスター乗り出し価格(総額)
3,470,000円(端数カット)

フォレスターを残価設定クレジット(残クレ)で買うと値引きが多くなる!?

フォレスターを残価設定クレジットで買うと値引きが多くなる!?

もし残価設定ローンでフォレスターの購入を検討しているなら、こちらも参考にしてみて下さい。

5年後の残価とフォレスターの買取金額の比較、高く売れるグレードや装備・色も紹介しています。

月々の支払額を少なく出来て、値引き額が多くなる残価設定ローンでフォレスターを購入するケースが増えています。

3年の残価設定ローン

※3年残価設定プラン

上記はフォレスターと同じスバル車のインプレッサの見積書です。3年の残価設定ローンの月々の支払額と3年後の残価が記載されています。

以下でフォレスターの残価設定ローンのメリット・デメリットを紹介します。

残価設定ローンのメリット

フォレスターの残価設定クレジットのメリット
①頭金が無くても月々の支払額が安くなる
②中古車を検討していた人でも新車に手が届く
③通常のディーラーローンよりも残価設定の方が金利が安い
④フォレスターの新車値引きが多くなる

フォレスターを残価設定ローンで買う事のメリットは、まとまった頭金がなくても月々の支払額が抑えられる事と、それにより中古ではなく新車のフォレスターが買えたり、1クラス上のグレードが買えたりする事でしょう。

さらに残価設定ローンでフォレスターを購入する事で、フォレスターの値引き金額が大きくなるメリットもあります。

残価設定ローンのデメリット

フォレスターの残価設定クレジットのデメリット
①残価分にも金利が掛かるので、金利手数料の総額は高くなる
②走行距離や状態等が規定内から外れると残価が保証されず追い金が発生する
③ 残クレ中はフォレスターを売れない??
④ ローン終了後、手放す時は必ずディーラーに返さなければならない??

契約で決まっているからローン中はフォレスターを売れない、契約終了後はフォレスターをディーラーに返さなければいけない、と思っている人がほとんどでは無いでしょうか?

実は上記の③④は間違いなんです。以下をご覧ください。

残クレ(残価設定型クレジット)が終わったらフォレスターをディーラーへ返さないとダメ?

3年~5年の残価設定ローンでフォレスターを契約したら、契約終了後は、

①フォレスターを返却して乗り換え
②フォレスターを返却して終了
③再分割して乗り続ける
④現金一括払いして乗り続ける

とディーラーで説明されると思います。スバルのサイトにも出ていますね。

フォレスターを返却と書いてあると、当然購入したディーラーへ返却と言う意味に取れます。

ただ、ディーラーへ返却するとディーラーは良くても残価でフォレスターを引き取ります。走行距離や車の状態が残クレの規定外なら、返却した時に追い金を払わないといけませんね。

ディーラーへフォレスターを返却する事で良くて追い金ゼロ、車両が規定外ならそれに応じた金額を払って返却となります。

残価設定ローン契約終了後、フォレスターをディーラー以外の買取店に売ることもできる。

残クレ終了後はディーラーへ必ず返却しないといけないように見えますが、実際はディーラー以外の所へ売る事が出来ます。

例えば買取店なら、ディーラーが残価で引き取れる状態のフォレスターなら、ディーラーよりも高い金額で買取る事が可能です。

その差額はグレードや走行距離、色などで変わりますが、数十万円にも達する事もあります。

反対にディーラーへ返却すると追い金が発生するケースでは、ディーラーへ返却すると5万円の追い金を払う所を買取店へ売れば、ディーラーよりも10万円高い金額が付いて、逆に5万円が戻ってくる、と言うケースもあります。

それくらいディーラーと買取店の査定金額は違うので、残価設定ローンだからと言ってディーラーへ返却するだけでなく、買取店への売却も検討しましょう。

残価設定ローンの途中でもフォレスターが売れる!

残価設定ローンの契約中でも、フォレスターを売る事が出来ます。

残価を含めた残債を一括返済出来れば、残クレ中でもフォレスターを売る事が出来ます。

ディーラーへ返却しても良いですが、やはり買取店の方が高くフォレスターを売れます。

残クレ途中で売る時に、一旦自分で残債を一括清算して、名義を自分の物に変更してからじゃないと車を売れない、と言う事はありません。

残クレ終了時や残クレ途中の場合も同じですが、買取店ならローンの清算や名義変更の手続きをフォレスターの売却と同時に行ってくれます。

なので、残価を含めた残債よりも高く買取店に売れれば、差額を買取店から受け取れます。反対に残債より安ければ、差額を追い金として買取店に支払ってフォレスターを売る事になります。

残クレ途中でフォレスターを売るなら、残価を含めた残債とフォレスターの買取相場を調べて、売却するかどうかを慎重に検討しましょう。

フォレスターの残価設定ローンを売却時までシミュレーション

フォレスター2.0XT アイサイトに、パワーリヤゲート・サンルーフ・ホワイトパールのメーカーオプションと、ベースキット、ダイアトーンナビ、ETC2.0、リアビューカメラのディーラーオプションを付けて、5年の残価設定クレジット(残価設定型プラン)で購入したとします。

グレード名フォレスター2.0XT アイサイト
総支払額(フォレスター値引き45万円3,500,000
頭金0円
5年後の残価1,138,000円
残クレ月々の支払額(5年)47,815円×59回
最終回1,138,000円
5年後のディーラー査定額
(月間走行距離1000㎞)
1,138,000円
5年後ディーラーへ返却±0円
5年後の買取店査定金額
(月間走行距離1000㎞)
フォレスターの買取相場
1,900,000円
5年後買取店へ売却1,900,000-1,138,000=762,000円
76.2万円が手元に残る

※フォレスターの値引きは残価設定ローンの方が値引き額が多く出来るので、通常より値引き多めで試算しています。交渉次第ではさらに値引きの上乗せが可能です

フォレスター2.0XT アイサイトの5年後の残価設定額は、113.8万円です。モデル末期で2018年のフルモデルチェンジが近い事で5年後には型落ちとなるため、新車価格の36.3%と低めに抑えられています。

5年後にフォレスター2.0XT アイサイトをディーラーへ返却すると、月間走行距離が平均で1000㎞未満、なお且つ内外装の状態が規定内であれば、ディーラーは残価の113.8万円で引き取ってくれるでしょう。追い金は発生しないので±ゼロ円で車を返却となります。

これが5年後に買取店に売ると、スバルディーラーが残価の113.8万円で引き取れる状態のフォレスター2.0XT アイサイトなら、190万円前後の買取相場で買取る事が可能です。

すると、ディーラーへ返却すると手元に残るお金がゼロ円なのに対し、買取店へ売れば手元に76.2万円が残る事になります。

5年後のディーラーと買取店の差?

76万円もあれば、次の車の資金に十分賄えますね。

190万円は現行モデルのまま5年が経過した時の相場なので、5年の間にフルモデルチェンジがあれば、1つ型が古くなってしまうので190万円より下がってしまいます。

それでも旧型フォレスター2.0XTの相場を見ると、138万円での買取が可能なので、残価よりも24.2万円も高く売れます。なのでディーラー返却は勿体ないですね。

さらに残価設定ローンでフォレスターを買うと、残価にも利息が掛かるので金利手数料負担は多くなりますが、その分ディーラーへ入るマージンも通常のローンより多くなるので、フォレスターの値引きの原資に出来ます。

残価設定ローンでフォレスターを買うなら、通常よりも値引きの枠は増えているので、このページを参考に値引き交渉して限界までフォレスターの値引きを引き出しましょう。

ちなみに、管理人が4年の残価設定ローンで普通車を購入した時は、4年後の残価設定額は270万円でした。

4年後の査定は?
ディーラー→本来260万だが特別に270万円
買取店→320万円

その差+50万円で買取店に売れました!

残クレ終了時や途中でフォレスターを売る場合は、ディーラーだけでなく買取店も検討した方が良いでしょう。ディーラーのみだと上記のように70万円以上の損をしてしまうかもしれません。

売却時に高く売れるフォレスターの新車購入条件

高く売れるフォレスターの条件は?

フォレスターの中でも、リセールバリューの高いグレードや人気のボディカラー、人気のオプションなどがあります。

残価設定額は、色やディーラーオプションなどが加味されず、販売店にも寄りますがグレードにより一定の割合で決まっています。

不人気色やリセールの低いグレードなら、買取店よりディーラーの方が高くなる場合もまれにありますが、反対に人気色や人気グレード、人気のメーカーオプション等が付いた状態なら、買取店の方が高くなります。

フォレスターを売る時に高く売れる条件を紹介します。

フォレスターで高く売れるグレード・全グレード
高く売れるボディカラークリスタルホワイトパール
クリスタルブラックシリカ
高く売れる装備サンルーフ、パワーバックドア、ルーフレール、本革シート

フォレスターで売却時に高く売れる人気のグレードは、グレード間で大きなリセールバリューの差がないので、どのグレードを選んでも大きな損はありません。

3年落ちのフォレスターなら、全グレードで70%台のリセールバリューが期待できます。

プラス査定になるボディカラーは、クリスタルホワイトパールクリスタルブラックシリカです。

上記の人気2色と他色を比べると、3年経過時で15~20万円は安くなってしまうでしょう。5年後でも10~15万円は安くなってしまいます。

プラス査定幅が大きいオプションは、後から付けられないメーカーオプションです。

サンルーフやパワーバックドア、ルーフレール、本革シートが付いていると、間違いなくプラス査定です。

それぞれ単体ではなくセットオプションとなっている事が多いので費用はかさみますが、予算に余裕があればリセールにも効くので付けたい装備ですね。

残価設定ローンのメリット・デメリットを理解していれば、フォレスターを残価設定型プランで購入もあり!

残価設定ローンでフォレスターを買うと、金利手数料が高いので、ローンの金利も含めた総額では高くなってしまうデメリットはあります。

しかし、残価設定ローンは通常ローンよりも金利が低いメリットもありますし、残価設定ローンで買う事でフォレスターの値引きを多く出来るメリットもあります。

売却時に大きく損をしないように、ボディカラーやメーカーオプションの選択に気を付ければ、売却時に手元に残る金額も少なくないでしょう。

大幅値引きでフォレスターを安く買って売却時に最大限高く売れれば、メリットの方が強くなるかもしれません。

注意したいのは、残価設定金額を大幅に下回ってしまう過走行や事故修復歴車になると、売却時に残債の方が多くなる可能性が高いです。

なので距離を多く走る人やぶつけてしまう事が多い人には、残クレはおススメ出来ません。

残価設定ローンの仕組みを理解してメリットの方が大きければ、残クレ(残価設定型クレジット)でフォレスターを購入しても良いでしょうね。

自分の車の相場を調べて残価よりも高く売る!両方出来るおすすめサイトはこちら

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

フォレスターのモデルチェンジで限界値引きが狙える

フォレスターのモデルチェンジで限界値引きが狙える!

フォレスターにモデルチェンジの時期が近づいてくると、新モデルにバトンタッチする現行フォレスターを早く売り切りたいディーラーは、値引きを大きくすることで拡販を狙います。

それによって、フォレスターから普段は出ないような限界値引きが出てきますから、最新型にこだわらないユーザーにとっては、フォレスターを安く購入できるチャンスとなるのです。

フォレスターのモデルサイクルはこれまで5~6年程度ですから、次のフルモデルチェンジは2023~2024年、その中間にマイナーチェンジが入れば2020~2021年、そしてその合間に一部改良が入る予想となります。

フォレスターの限界値引きはモデルチェンジの大きさに概ね比例しますが、小規模な一部改良であっても、それによって現行モデルが最新でなくなることには変わらないので、相応の値引き効果が見られます。

※マイナーチェンジ(内外装に改良が加えられ、場合によってはエンジンの変更もあり。一部改良より規模が大きい物。型式は変わらない)

※フルモデルチェンジ(内外装とも大きく変更され、エンジンにも改良や変更が入る事が多い。型式も変わる)

フォレスターのモデルチェンジ予想フォレスターの予想限界値引き
2018年6月20日 フルモデルチェンジ40~50万円前後の値引き
2019年11月 一部改良(予想)30~35万円前後の値引き
2021年 マイナーチェンジ(予想)35~45万円以上の値引き
2022年 一部改良(予想)35~40万円以上の値引き
2023~2024年 フルモデルチェンジ(予想)40~50万円以上の値引き

モデルチェンジに伴うフォレスターの値引きが拡大し始めるのは、オーダーストップのおよそ1ヶ月前からとなります。

オーダーストップはモデルチェンジのおよそ1~1.5ヶ月前からかかるため、モデルチェンジの2ヶ月前からがフォレスターを限界値引きで購入できる交渉チャンスとなります。

オーダーストップ後もフォレスターの値引きは拡大していますが、在庫のみの販売となるため、自分の欲しいグレードやボディカラーが販売終了となってしまう事もあるため、限界値引きとこだわりの両立を目指すなら、やはりオーダーストップ前の値引き交渉がベターでしょう。

競合車のモデルチェンジでフォレスターの最大値引きが狙える

フォレスターと販売シェアを競合しているライバル車にモデルチェンジが入ると、購買アピールでの劣勢を立て直すため、スバルのディーラーでは当面の対抗策としてフォレスターの値引きを拡大してきます。

フォレスターのライバル車はたくさんありますが、その中からトヨタのハリアー、そしてマツダのCX-5をピックアップ。

両車のモデルチェンジ推移データと、モデルチェンジ予想を以下にまとめます。

時期ハリアーのモデルチェンジ推移と予想CX-5のモデルチェンジ推移と予想
2013年11月13日フルモデルチェンジ
2016年12月15日フルモデルチェンジ
2017年6月8日マイナーチェンジ
2017年8月3日一部改良
2018年10月11日一部改良
2019年11月マイナーチェンジ(予想)
2020~2021年フルモデルチェンジ(予想)
2021~2022年フルモデルチェンジ(予想)

ハリアーは2013年11月にフルモデルチェンジ、2017年6月にマイナーチェンジが入っており、マイナーチェンジを中間と見るならハリアーのモデルサイクルは7~8年となるため、次回のフルモデルチェンジは2020~2021年と予想されます。

一方、CX-5に予想される次のモデルチェンジは、2019年11月にマイナーチェンジ、2021~2022年にフルモデルチェンジとなっています。

これらのライバル車にモデルチェンジが入るタイミングを見計らい、フォレスターの値引き交渉に持ち出せば、フォレスターの最大値引きを引き出すきっかけにも出来ます。

例えば、フォレスターの商談時に「今度フルモデルチェンジの入るCX-5を見てから選びたいが、値引き条件次第ではフォレスターに決めてもいい」といったアプローチによってセールスマンを本気にさせ、最大値引きを勝ち取りたいところです。

フォレスターのディーラーオプションからこれだけ値引きが出来る

フォレスターのディーラーオプションからも値引きが期待できる!

フォレスターの値引きは、車両本体の他にもフォレスターにつけるディーラーオプションからも可能です。

フォレスターのディーラーオプション
8インチ ビルトインナビ
ETC2.0(ナビ連動タイプ)
SUBARU純正ドライブレコーダー
ドアバイザー
フロアカーペット
リアエンターテイメント
ナンバーフレーム
ボディコーティング
オプション合計金額 583,135円

フォレスターのディーラーオプション値引きは、平均で30~40%前後が相場となっているため、上記のディーラーオプションをつけた場合、約17.4~23.3万円の値引きを狙えることになります。

ただし、上記のディーラーオプション値引き相場はあくまで平均値であり、ディーラーオプションの中には原価約50%から、原価約10%程度で後はディーラーの利益というものも存在します。

なので、原価率が低くてディーラーの利益率が高いオプションを選ぶことで、30~40%を超えるディーラーオプション値引きを目指す事も不可能ではないのです。

例えばナビは高額オプションの代表ですが、その原価率は約30%と低いため。値引き上限を大きく引き上げてくれます。

他にもボディコーティングやメンテナンスパック等の仕入れ原価は約10%とほとんど人件費となっており、こうしたディーラーオプションを活用できれば、40%を超えるディーラーオプション値引きも狙えます。

フォレスターのメーカーオプションからは値引き出来ない?

一般的に、フォレスターのメーカーオプションは値引きができないと言われていますが、本当でしょうか。

まず、メーカーオプションは工場でフォレスターが製造される段階で車体に組みつけるため、仕入れ原価の高い車両本体(85~90%)と同じ扱いとなってしまい、値引きの融通があまり利きません。

ただし、メーカーオプションをつけることで車両本体の金額は上がり、比例して値引き可能額も増えるため、メーカーオプションをつけることによる一定の値引きは期待できると言えます。

具体的には、フォレスターの車両本体からの値引きにメーカーオプション料金の10%程度を上乗せするイメージで、フォレスターの値引き目標金額を設定するのがいいでしょう。

フォレスターの在庫車は驚愕の最高値引き○○万円!

フォレスター 在庫車は最高値引きが狙える

最近のクルマは受注生産がほとんどですが、もしディーラーにフォレスターの在庫車があるなら、最高値引きを叩き出すチャンスです。

フォレスターの在庫車には、展示車両や契約キャンセル車、ディーラーの見込み発注やメーカーで生産予定の車両まで、色々な事情があります。

それらの在庫車がすぐに売れればいいのですが、まれに売れ残ったまま出荷から9ヶ月間登録されないと完成検査が期限切れとなってしまい、それ以後の登録は陸運局で再検査を受けなければなりません。

それは手間もコストもかかるため、そうなる前にディーラーではフォレスターの在庫車を自社で登録して中古車販売部門に流すのですが、それはあくまで苦渋の選択。

本来なら新車で売れたはずのフォレスターを、最初から中古車で売らねばならないのは損失も大きいため、値引きを大きくしてでも新車としてユーザーに買って欲しい事情があります。

だからこそ、フォレスターの在庫車と巡り会えれば、最高値引きの達成率が大きく伸びるのです。

フォレスターの在庫車は、オプション値引きを含めて40~50万円以上の最高値引きを狙えます。

ただし、モデルチェンジ直後などフォレスターの人気が高い内はなかなか在庫車も巡り会えないため、人気が落ち着いてきた辺りがチャンスとなるでしょう。

また、例外としてキャンセル車両については、そのフォレスターに限り最高値引きが適用されるケースもあります。

オプションなし!下取りなしでフォレスターの値引き相場はいくら?

オプションを何ひとつ付けず、かつ下取りなしというまったく素の状態なフォレスターからは、いくら値引きが出るでしょうか。

ディーラーの販売実績や仕入れ台数によって差はあるものの、フォレスター車両本体の仕入れ原価は約85~90%となっています。

残った10~15%からディーラーの利益やコスト分を確保した残りがユーザーに対する値引き幅となるわけですが、およそ10%前後の値引きが限界値と言えるでしょう。

ただし、オプションや下取りといった交渉材料が乏しいため、限界値引きの達成には時機やタイミングといった運的要素も少なからずからんで来ます。

参考までに、これまで当サイトで10年以上にわたって記録し続けてきたフォレスターの値引きデータや実例報告から算出した、各グレードのオプション&下取りなし値引き相場をまとめておきます。

2.5ツーリング 280.8万円 14~19万円の値引き
2.5Xブレイク 291.6万円 14~19万円の値引き
2.5プレミアム 302.4万円 15~20万円の値引き
2.0アドバンス 309.9万円 15~20万円の値引き

決算値引きが最強説!フォレスターの決算値引きは実際いくら?

これまで紹介してきた通り、フォレスターの値引きが緩むタイミングは様々ですが、その中でも特に多くのユーザーが恩恵に与れるのが決算値引きです。

8月のお盆明けから9月いっぱいまで開催される中間決算セール、そして年度末決算セールは早いところでは新春初売りフェアの直後から始まり、3月いっぱいまでやっているところもあります。

これらの決算期にどれくらいフォレスターが値引きされていたのか実例を見ると、オプションからの値引き込みで35~40万円以上の決算値引きが多く、中には45~50万円前後という限界値引きの報告も見られました。

この決算期にライバル車と競合させたり、モデルチェンジの時期が重なったり、販売ノルマが苦しいセールスさんが担当につくなど、色んな要素が上手くかみ合えば、限界値引きを突破できる可能性もあります。

とかくディーラーも決算期は販売台数を稼ぎたいので、通常期より多くのユーザーが決算値引きの恩恵に与り、割安でフォレスターを手に入れられるでしょう。

フォレスターを限界値引きで購入しても下取り車で損したら意味がない

下取りを安くされて、せっかくの値引きを帳消しにされたら勿体ないですよね・・・。以下の一括査定を利用する事で、ディーラー下取りで損しないように愛車を高く売り抜く事が可能です。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます!45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

-フォレスターの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.