フォレスターの評価集

フォレスターは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

フォレスターは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

先代から進化を果たしたフォレスターが気になっている方は、大勢いらっしゃると思います。

ただ、先代からボディサイズが拡大されているだけに、運転が難しくなってしまったのではないかと不安になっていないでしょうか?

ここでは、フォレスターの運転は実際に難しいのかどうかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

フォレスターの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、フォレスターの売れ筋グレード「アドバンス」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【フォレスター アドバンス】
全長 4,625mm
全幅 1,815mm
全高 1,715mm

先代と比べ全長は30mm長くなり、全幅は20mmワイドになっています。

日本の路上でなんとか持て余さずに済むサイズが維持されているとはいえ、ついに1.8mを超えた全幅は、狭い路地での走行などを考えると若干気掛かりなところです。

ハッチバック車から乗り換えるケースもあるはずですので、ここでインプレッサスポーツとボディサイズを比較してみましょう。

スバル インプレッサスポーツ

【インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイト】
全長 4,460mm
全幅 1,775mm
全高 1,480mm

フォレスターはインプレッサスポーツと比較すると全長が約16cm、全幅が4cm大きく、全高は20cm以上高いディメンションになっています。

ひと回りほど大きいものの、アイポイントが高く車両感覚が掴みやすいため、乗り換えた場合も大きさを意識させられることは意外と少ないはずです。

ただ、立体駐車場への入庫ができなくなるので、都市部に住むユーザーは使い勝手に制約を受けてしまうかもしれません。

フォレスターの小回りは効くか?フォレスターの最小回転半径

次に、フォレスターの小回り性を検証してみましょう。

フォレスターの最小回転半径は5.4mで、先代から10cm大きくなっています。

それでも、インプレッサスポーツの5.3mと比べても10cm大きいだけですし、このクラスのSUVとしては十分小回りが効く方です。

駐車や狭い路地での切り返しの際に、ステアリングが切れなくて不便さを感じることは、インプレッサと比べてもそれほどないでしょう。

フォレスターは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

フォレスターの車両感覚&運転感覚

フォレスターのフロントの見切りは良好

フォレスターのフロントの見切りは?

フォレスターはフロントウィンドウの面積が大きく視界が良い上、水平に近いボンネットフードのお陰で運転席から先端付近を確認できるので、フロントの見切りがとても優れています。

ノーズは比較的長いものの、見切りが良いため、切り返しの際に鼻先を壁ギリギリまで寄せる事が出来るようになるまで、それほど慣れを要しないはずです。

また、Aピラー(フロントピラー)は決して細くはないものの角度が立っているため、交差点で右左折する際にあまり視界を妨げません。

更に、死角を軽減するための三角窓が設けられていることや、ドアミラーが死角を生み出さない位置に取り付けられていることから、斜め前方の視界はかなり優れています。

フォレスターの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットフードの先端付近が見えるフォレスターは、1.8mを超える全幅の割に車幅の感覚が掴みやすくなっています。

更に側方の視界も良い上、全車に助手席側前方の映像をマルチファンクションディスプレイに表示する「サイドビューモニター」が標準装備されるので、狭い路地での離合や路肩への幅寄せ駐車なども決して難しくありません。

総じて車幅の掴みやすさは先代フォレスター譲りなので、乗り換えた場合も同じような感覚で運転できるはずです。

フォレスターの後方視界は良好

フォレスターの後方視界は良好

フォレスターはリアウィンドウの面積が大きく、角度も垂直に近いので、後方の視界や見切りの点でも優れています。

また、Dピラー(リアピラー)が細くリアクォーターウィンドウも大きいので、フォレスターは斜め後方視界も良好です。

こうした後方・斜め後方視界の良さは、バックする時や車線変更する時に大きなメリットになります。

フォレスターの駐車にはコツがある?

フォレスターは全方位的に視界が良く、ボディ四隅の位置も把握しやすいので、このサイズの車としてはかなり駐車がしやすい方です。

とはいえ、前後ともにコーナーセンサーが標準装備されないため、不注意により障害物や他の車などにぶつけてしまう可能性もあります。

そうしたリスクを軽減するため、後述するアイテムをオプションで装着した方が良いでしょう。

フォレスターの運転で役立つアイテム

ディスプレイコーナーセンサー(2センサー)

フロントの見切りが良いフォレスターですが、比較的大きい車なので、油断からフロントバンパーを壁や他の車両にぶつけてしまうミスもあり得ます。

そこでお勧めしたいのが、ディーラーオプションとして用意されている「ディスプレイコーナーセンサー」です。

ディスプレイコーナーセンサー

このアイテムは、フロント部に装着された2つの超音波センサーで障害物を検知し、距離が60cm以内に近づくとブザー音とディスプレイ表示で注意を促す機能を持っています。

価格も37,800円とそれほど高価ではありませんし、付けておいて損はないでしょう。

リヤビューカメラ

ディーラーオプションのナビを装着する場合、ナビオプションとして用意されている「リヤビューカメラ」の同時装着がお勧めです。

リヤビューカメラ

このアイテムは、後方を映像をナビ画面に表示して安全確認をサポートするだけに留まらず、ステアリング連動ガイドライン表示によりバックでの駐車をサポートする機能も持っています。

39,960円という価格以上の安心感が得られるので、付けておいて良かったと思えるはずです。

また、雨天時のことを考えると、カメラに付着した水滴を高圧空気で吹き飛ばす「リヤビューカメラブロワー」(20,520円)も付ければ万全と言えるでしょう。

アイサイトセイフティプラス(視界拡張)

全車に安全運転支援システム「アイサイト」が標準装備されるフォレスターですが、視界面での安全性を更に高めるためには、メーカーオプションの「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)」の装着がお勧めです。

このオプションは、「スマートリヤビューミラー」と「フロントビューモニター」の2つのアイテムから構成されます。

アイサイトセイフティプラス ミラーモード

アイサイトセイフティプラス ディスプレイモード

このうちスマートリヤビューミラーは、リヤゲードガラス内側に装着されたカメラの映像をルームミラーに表示するものです。

後席に人を乗せた時や荷室に荷物を満載した時などは、通常のルームミラーだと後方視界が妨げられてしまいますが、スマートリヤビューミラーが付いていればそんな時でもクリアな視界が約束されます。

また、夜間や雨天時でも後方の様子がはっきりと見えることも、メリットのひとつです。

フロントビューモニター

一方フロントビューモニターは、フロントグリルに装着されたカメラの映像をマルチファンクションディスプレイに表示するアイテムです。

肉眼での目視のみの場合と比べ死角が減る上、運転の目安となるガイドラインを表示するので、思いのほか大きいメリットが得られます。

価格は64,800円するので安くはありませんが、出費以上の価値があると言えるでしょう。

フォレスターの運転のしやすさまとめ

フォレスターはフロントの見切りや後方視界の良さ、車幅の感覚の掴みやすさなど、運転のしやすさに直結する様々な要素において優れています。

ここで紹介したアイテムを装着すれば、更に運転しやすい車になることでしょう。

とはいえ、軽自動車同士でないとすれ違えないような狭い路地や、5ナンバー車を前提に設計された駐車場など、ボディが大きい故のハンディを感じてしまうシチュエーションもあり得ます。

サイズの割に運転がしやすいフォレスターですが、運転があまり得意でない女性が買い物や送迎などの日常ユースに使うには、少しばかり大き過ぎると言えるので、運転支援のオプション等で補えるといいでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


フォレスターの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのフォレスター値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフォレスターを限界値引きで購入しています。

今月のフォレスターの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>フォレスター値引き交渉マニュアル

-フォレスターの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.