ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ フリード/プラス/ハイブリッド モデルチェンジ推移2020年5月28日

ホンダニュースリリースより

-----

「FREED Modulo X」をマイナーモデルチェンジして発売

Hondaは、専用のカスタマイズパーツ※1を量産工程で装着し、販売するコンプリートカーブランド「Modulo X(モデューロ エックス)」シリーズの「FREED Modulo X(フリード モデューロ エックス)」をマイナーモデルチェンジして、5月29日(金)に発売します。

今回のマイナーモデルチェンジでは、熟練のエンジニアによる人の感覚を大切にした開発をさらに追求することで、従来ご好評をいただいている上質でスポーティーな走りを、さらに深化させました。

エクステリアでは、新設計の専用フロントエアロバンパーや専用フロントグリル、専用LEDフォグライトで存在感を演出。
インテリアでは、シート表皮をプライムスムース×スエード調のコンビシートにすることで質感の向上とともに体の滑りを抑制。ブラック基調のインテリアカラーと合わせて特別感を演出しています。
また“実効空力※2デバイス”である3つのエアロフィン※3を設けることで、走行性能の向上を追求。Modulo Xシリーズの特長である、上質でスポーティーな乗り味を磨き上げることでドライバーには爽快な走りを、同乗者にも快適な乗り心地の提供を目指しました。

居住性と使い勝手の良さを兼ね備えたフリードならではの「ちょうどいい」に、「走る喜び」をプラスすることで、より一層魅力を高めました。

なお、フリード Modulo Xの魅力を紹介したサイトは以下の通りです。
https://www.honda.co.jp/FREED/modulox/
※1パーツは、Honda純正アクセサリーメーカーの(株)ホンダアクセスが開発
※2“実効空力”は日常の速度域でも体感できる空力効果のことで、Modulo Xシリーズの開発キーワードとして掲げています
※3バンパー側面には旋回性の向上を狙った“エアロフィン”、下面には直進安定性向上を狙った“エアロスロープ”と乗り心地の向上を狙った“エアロボトムフィン”が設置されています

【FREED Modulo X主要装備】
<エクステリア>
○ 専用フロントグリル
○ 専用フロントエアロバンパー
○ 専用サスペンション
○ 専用15インチアルミホイール
○ 専用サイドロアースカート
○ 専用リアロアースカート
○ 専用LEDフォグライト
○ 専用フロントビームライト
○ 専用リアエンブレム(Modulo X)
○ 専用ドアミラー(クリスタルブラック・パール)など

<インテリア>
○ 専用ブラック コンビシート
(プライムスムース×スエード調/Modulo Xロゴ入り)
○ 専用本革巻ステアリングホイール
(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
○ 専用フロアカーペットマット
(プレミアムタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)など

9インチ プレミアム インターナビ装着車
○ VXM-207VFNi(Gathers)(専用オープニング画面)
+ドライブレコーダー(フロント用)DRH-204VD(32GBキット)

<FREED Modulo X>
●ボディーカラー(全4色)
プラチナホワイト・パール※4
ミッドナイトブルービーム・メタリック※4
プレミアムクリスタルレッド・メタリック※5
クリスタルブラック・パール
※4 33,000円(消費税10%抜き30,000円)高
※5 55,000円(消費税10%抜き50,000円)高

●インテリアカラー
ブラック

・価格(消費税込み)

特別仕様車

2,950,200-3,278,000円

ホンダ フリード

ホンダ フリード、フリードハイブリッドのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.