ハリアーの評価集

ハリアーの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

ハリアーの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

トヨタのプレミアム・クロスオーバーSUV「ハリアー」は、スタイリッシュなエクステリア・デザインや充実した装備に加え、国内専用モデルならではの大き過ぎないボディサイズや取り回しの良さなども魅力になっています。

ラインナップには2WD(FF)車も用意されていますが、SUVなのでやはり本命は4WD車でしょう。

そのハリアー4WD車の実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底的に評価します!

ハリアーの4WDグレードの価格は?

ハリアーの売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

ハリアーで2WDと4WDが選択できるのは、2LガソリンNAおよびターボエンジン搭載車です。

その中で一番売れ筋になっている4WDグレードは、当サイトの調査によるとNAエンジン搭載のエントリーグレード「エレガンス」です。

価格を同グレードの2WD車と比較すると、19万4,400円高価になっています。

ハリアー エレガンス 2WD 2,949,480円
ハリアー エレガンス 4WD 3,143,880円

ハリアー・ガソリン車の4WDシステムの詳細については後述しますが、アクティブオンデマンド型の中でも高度な制御を行っているので、2WD車との20万円近い価格差も妥当なところでしょう。

ハリアーの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ハリアー4WDのボディスペック

スペック
ハリアー エレガンス 2WD
ハリアー エレガンス 4WD
全高(mm)1,690
1,690
最低地上高(mm)190190
車両重量(kg)1,580
1,630

車両重量が4WD車の方が50kg重い(※ガソリンNA車の場合)ことを除けば、2WD車との相違はありません。

ハリアーのパワートレイン

ハリアー4WD車のパワートレインは、2WD車と同様の2LガソリンNA/ターボに加え、前述のようにハイブリッドが用意されています。

ガソリンエンジンのスペックは、2WDも4WDも共通です。

ハリアー4WDのライバル車との価格差は?

ハリアー4WDの最大のライバルは?

ハリアー4WDの最大のライバル車フォレスター
※フォレスター:subaru.jp

ハリアーのライバル車としては、「スバル・フォレスター」が筆頭にあげられます。

ボディサイズはフォレスターの方がやや小さく、性格的にもハリアーほどはプレミアム性が追及されていませんが、価格レンジは一部オーバーラップしています。

ハリアーのエレガンスと競合するグレードは、同じく2LガソリンNAエンジン+CVTを搭載する「フォレスターS-リミテッド」が該当するでしょう。

価格はハリアー エレガンス・4WD車の314万3,880円(※北海道地区は317万1,960円)に対し、フォレスター・S-リミテッドは289万4,400円と約15~18万円安い設定になっています。

フォレスター4WDとの仕様・装備の違いは?

エンジンのスペックはハリアーが最高出力151ps/最大トルク19.7kgm、フォレスターが最高出力148ps/最大トルク20.0kgmとほぼ互角であるものの、車両重量はハリアーの方が120kgも重いため、動力性能の面では不利になっています。

また、装備面では、フォレスターはハリアーには備わらないシートヒーターが標準装備されるなど、一歩リードしています。

デザインの好みや高級感などを別にすれば、コストパフォーマンスはフォレスターが勝っています。

ハリアー4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

ハリアー4WD車のカタログ燃費(JC08モード)は15.2km/L、当サイトの調査による実燃費は12km/Lで、達成率は78.9%になります。

カタログ燃費との落差は、それ程大きい方ではありません。

ハリアー4WD車と2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるハリアーの2LガソリンNA・2WD車の実燃費は11.5km/Lで、カタログ燃費と逆転した結果が出ています。

これは、4WD車はゴー&ストップの少ない地域に住んでいるユーザーが多いためと推測されますが、いずれにしても燃費面でのネガが無い点は高く評価できます。

ライバル車との実燃費の差は?

フォレスターのNAエンジン搭載車の実燃費は、当サイトの調査によると11.4km/Lなので、ハリアーとほぼ互角です。

カタログ燃費が0.8km/L劣ることや車両重量が重いハンディを背負っていることを考えると、ハリアーの健闘が光ります。

ハリアー4WD車の雪道の走行性能は?

ハリアーの4WDはどんなシステム?

ハリアー4WDの概要

ハリアー・ガソリン車の4WDシステムは、「ダイナミックトルクコントロール4WD」と呼ばれるアクティブオンデマンド型の一種で、車両安定化制御システム「SVC」などとの協調制御を行っている点が特徴になります。

一方、ハイブリッド車に採用されているのは「高出力E-FOUR」と呼ばれる電気式4WDで、後輪を専用モーターで駆動するためプロペラシャフトが不要になるメリットがあります。

ハリアー4WDの制御

ハリアー4WDの制御(ダイナミックコントロール4WD)
ハリアー:toyota.jp

まずダイナミックトルクコントロール4WDは、4WDコンピューターにより電子制御カップリングの伝達トルクを制御する方式で、前後輪のトルク配分は路面状況や走行状況に応じ100:0~50:50の範囲で連続的に変化します。

次に高出力E-FOURは、前輪がスリップした時やコーナリング時など、前後輪に回転差が生じると後輪用モーターが起動してトラクションを確保する方式で、前後のトルク配分はこちらも連続的に可変します。

ハリアーの雪道での実際の走行性能は?

ハリアー4WDの発進・加速時

同一銘柄のスタッドレスタイヤを履いた状態で、ハリアーのガソリン4WD車とハイブリッド車を比較すると、より力強く安定した発進ができるのは前者です。

それは、発進時にタイヤがスリップする前に全トルクが前後輪に最適に分配され、最も雪道に強いとされる直結4WDと同等のトラクションが確保されるからです。

一方ハイブリッド車は、後輪に駆動力が発生するまでに一瞬のタイムラグがあるため、特に深雪の駐車場からの脱出性能では、ガソリン車に一歩を譲ります。

しかし、深雪でなければそれほど性能に差はありません。

また、2WD車との比較では、いずれも特にアイスバーンにおいては遥かにスムーズかつ安定した発進・加速が可能です。

ハリアー4WDの登坂・降坂時

ハリアー4WDの登坂・降坂時

舗装路の雪道において一定の角度の坂道を登る際は、ガソリン4WD車もハイブリッド車も登坂能力に大差はありません。

ハイブリッド車であっても、少なくとも2WD車のようにスタックしてしまう心配はほぼ皆無と言えます。

また、下り坂ではガソリン4WD車は前後輪にエンジンブレーキが、ハイブリッド車は前輪にエンジンブレーキ+回生ブレーキ、後輪に回生ブレーキが掛かるため、前輪のみにしかエンジンブレーキが効かない2WD車よりも安全・確実に減速できます。

とはいえ、車両重量が2WD車よりも重いため、一旦滑り出した場合のコントロールが難しい傾向もあるので、2WD車同様に慎重な運転操作が必要です。

ハリアー4WDの通常走行時

ハリアー4WDの雪道での走行性能はどう?

ガソリン4WD車は、走行状況に応じ電動パワーステアリング、ABS、VSC、トラクションコントロールと4WDシステムを協調制御するため、滑り易い雪道でのコーナリング時などでも安定した走行が可能です。

一方、ハイブリッド車もコーナリング時には前後輪のトルク配分を最適化することにより操縦安定性を確保していますが、ガソリン4WD車のような協調制御は行われていないので、相対的な4WDの安定性はやや劣ります。

ハリアー4WDのまとめ

ハリアー4WD車の雪道での走行性能を総括すると、ガソリン車はフルタイム4WD方式を採用するフォレスターには一歩及ばないものの、比較的優秀な部類に属します。

一方、ハイブリッド車はいわゆる「生活4駆」のレベルに留まるので、豪雪地帯に住んでいる方はガソリン車の選択がベターです。

また、燃費性能はガソリン車の場合でも排気量や車両重量を考慮すれば良好なので、ガソリン代をそれほど気にせずに済むのが嬉しい点です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


ハリアーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのハリアー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がハリアーを限界値引きで購入しています。

今月のハリアーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ハリアー値引き交渉マニュアル

-ハリアーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.