ハリアーの評価集

ハリアーの4WDの性能は?燃費や雪道走行を徹底評価!

トヨタ ハリアー

トヨタのプレミアム・クロスオーバーSUV「ハリアー」は2020年6月17日にフルモデルチェンジを受け、更に魅力的な車に生まれ変わりました。

先代モデルに引き続き、ガソリン車・ハイブリッド車とも4WDが設定されています。

ここでは、新型ハリアー4WD車の燃費や雪道での走行性能などを徹底的に評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

ハリアーの4WDグレードの価格は?

ハリアーの売れ筋グレードの2WD車と4WD車の価格差は?

ハリアーの4WD車で一番売れ筋になっているグレードは、ガソリン車の最上級グレード「Z レザーパッケージ」です。

価格を同じグレードの2WD車と比較すると、20万円高く設定されています。

ハリアー Z レザーパッケージ 2WD 4,230,000円
ハリアー Z レザーパッケージ 4WD 4,430,000円

価格帯が近いホンダ・CR-Vは、ハリアーと同じような4WDシステムを採用していますが、2WD車との価格差は22万円とハリアーより2万円大きくなっています。

それと比べれば、ハリアーの4WD車の価格設定は割安と言えるでしょう。

ハリアーの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ハリアー4WDのスペック

車両重量が4WD車の方が60kg重いことを除けば、スペックは2WD車と同じです。

全高や最低地上高にも違いはありません。

ハリアー4WDのライバル車との価格差は?

ハリアー4WDの最大のライバルは?

ハリアーのライバルはいくつかありますが、ここでは先ほども取り上げた「ホンダ・CR-V」をピックアップしました。

ハリアーのZ レザーパッケージと競合するCR-Vのグレードは、同じくガソリン車の最上級グレード「EX・ブラックエディション (5人乗り)」です。

価格はハリアーの4,430,000円に対し、CR-Vは3,994,100円と43万円ほど安い設定になっています。

CR-V 4WDとの仕様・装備の違いは?

エンジンのスペックは、2Lノンターボのハリアーが最高出力171ps/最大トルク21.4kgmなのに対し、1.5LターボのCR-Vは最高出力190ps/最大トルク24.5kgm。

ハリアーはエンジンのスペックがCR-Vより劣り、車両重量も50kg重いため、動力性能では不利になっています。

一方装備面では、ハリアーは本革シートやシートベンチレーション、JBLプレミアムサウンドシステムを採用するなど、CR-Vよりワンランク上です。

走りのCR-V、豪華装備のハリアーという対比になっています。

ハリアー4WD車の実燃費は?

ハリアー4WD車のカタログ燃費と実燃費の差は?

ハリアー4WD車のWLTCモードカタログ燃費は14.7km/Lです。

実燃費の実証データがまだないので、カタログ燃費×0.8で実燃費を計算すると、

14.7×0.8≒11.8km/L

という数値が出ました。

ハリアー4WD車と2WD車との実燃費の差は?

ハリアー2WD車のカタログ燃費は15.4km/Lなので、4WD車との差は

15.4-14.7=0.7km/L

同じように0.8を掛けて実燃費の差を計算すると、

0.7×0.8≒0.6km/L

と出ました。

ほぼ誤差とも言える差ですね。

ライバル車との実燃費の差は?

CR-Vの4WD車も実燃費のデータがないため、カタログ値13.6km/L×0.8で計算すると10.9km/Lと出ました。

あくまでも計算上の推測値ですが、ハリアーの方が1km/Lほど良い数値です。

ハリアー4WD車の雪道の走行性能は?

ハリアーの4WDはどんなシステム?

ハリアー4WDの概要

ハリアーのガソリン車の4WDシステムは「ダイナミックトルクコントロール4WD」と呼ばれる電子制御カップリング式で、後輪へのトルク配分はプロペラシャフトを通じて行われます。

ハリアー4WD

toyota.co.jp/harrier

一方、ハリアーのハイブリッド車の4WDシステムは「E-FOUR」と呼ばれる電気式4WDで、後輪は専用モーターで駆動されるためプロペラシャフトはありません。

ハリアー4WD

toyota.co.jp/harrier

ハリアー4WDの制御

ダイナミックトルクコントロール4WDは、車両の置かれている状況やステアリング操舵量を4WDコンピューターで演算し、電子制御カップリングの伝達トルクを制御する方式です。

通常は2WD (FF) で走行し、路面状況や走行状況に応じて前後輪のトルク配分を100:0~50:50の範囲で連続的に可変させます。

一方E-FOURは、通常はエンジン+前輪用モーターの2WDで走行し、前輪がスリップしたりカーブを曲がる時など、前後輪に回転差が生じると後輪用モーターが起動する方式です。

前後輪のトルク配分は100:~20:80の範囲で可変、ダイナミックトルクコントロール4WDよりも後輪への伝達比率が大きく取られています。

ハリアーの雪道での実際の走行性能は?

ハリアー4WDの発進・加速時

ハリアーのガソリン4WD車とハイブリッド4WD車の発進加速性能を比較すると、より素早い発進ができるのはガソリン4WD車の方です。

ガソリン4WD車は、発進時に前輪がスリップする前から (スリップの予兆を検知して) 後輪にもトルク配分され、最も雪道に強いとされる直結4WD方式 (ジムニー等) 並みのトラクションが確保されます。

一方ハイブリッド4WD車は、前輪がスリップしてから後輪にトルク配分されるため、トラクションが高まるまでに僅かなタイムロスが発生するのが難点です。

深雪からの脱出能力も、すぐに4輪駆動状態になるガソリン4WD車の方が優れています。

とは言え、ハイブリッド4WD車であっても、ハリアーの2WD車よりは遥かに安定した発進・加速が可能です。

勿論、いくら4WD車といえど雪道ではスタッドレスタイヤかタイヤチェーンの装着が大前提で、夏タイヤのままでは安全な走行はできません。

ハリアー4WDの登坂・降坂時

雪道の上り坂においては、ガソリン4WD車もハイブリッド4WD車も登坂能力に大差はありません。

上り坂で発進する場合は、やはりすぐにトラクションが掛かるガソリン4WD車が有利ですが、雪上走行中に上り坂に差し掛かる場合はハイブリッド4WD車も既に4WDで走行しているため、方式上のハンディがなくなるからです。

下り坂においては、ガソリン4WD車は前後輪にエンジンブレーキが、ハイブリッド4WD車は前輪にエンジンブレーキ+回生ブレーキ、後輪に回生ブレーキが掛かるため、前輪にしかエンジンブレーキが掛からない2WD車よりも安心して坂を下りられます。

ただハイブリッド4WD車はガソリン4WD車より90kg重く、止まりにくい傾向があるため、その分慎重に運転する必要があるでしょう。

ハリアー4WDの通常走行時

ハリアー4WDの雪道での走行性能はどう?

ガソリン4WD車は、走行状況に応じ電動パワーステアリング、ABS、VSC、トラクションコントロールと4WDシステムを協調制御しています。

そのため、滑り易い雪道でのコーナリング時なども安定した走行が可能です。

一方、ハイブリッド車も前後輪のトルク配分をきめ細かく制御することにより、コーナリング時の操縦安定性を確保しています。

ただガソリン4WD車のような協調制御が行われていない分、走行安定性は幾分劣ると言えるでしょう。

しかし、先代ハリアーのハイブリッド4WD車より後輪モーターの出力とトルク配分が高められたので、旋回時のコントロール性は改善されています。

ハリアー4WDのまとめ

ハリアー4WD車の雪道での走行性能を総括すると、ガソリン車は比較的優秀な部類に入ります。

最低地上高も195mmあるので、豪雪地帯でも問題なく使えるでしょう。

一方ハイブリッド車は、雪上性能がガソリン車に一歩を譲ります。

最低地上高は190mmと十分確保されていますし、先代ハリアーのハイブリッド車と比べれば走破性が向上していますが、豪雪地帯に住んでいるならガソリン車の選択がベターです。

また、燃費性能はガソリン車でも車格の割に優れていますし、2WD車との差も僅かなので、経済性を気にせず4WD車を選んでいいでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


ハリアーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのハリアー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がハリアーを限界値引きで購入しています。

今月のハリアーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ハリアー値引き交渉マニュアル

-ハリアーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.