ハリアーの評価集

ハリアーの自動ブレーキ、安全性は?

ハリアーには、プリクラッシュセーフティシステムと言う自動ブレーキが付いています。ミリ波レーダー+単眼カメラで危険を検知して、車の方で自動でブレーキを掛け、先行車や歩行者との衝突回避をサポートしてくれます。

他にも車線をはみ出しそうになると、ブザーやステアリング制御で知らせてくれるレーンディパーチャーアラートや、ペダルの踏み間違いで起こる急発進を抑制するインテリジェントクリアランスソナー、前走車に追従するレーダークルーズコントロールなどの安全装備があります。

プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー+単眼カメラ)

先行車と衝突しそうになると、ブザーとモニターの表示でドライバーに危険を知らせます。ドライバーがブレーキを掛けると、そのブレーキをアシストしてくれて、より強力にブレーキが掛かります。

仮にドライバーがブレーキを掛けなくても、自動でブレーキが掛かります。速度10キロ以上でこのシステムは作動します。

このシステムはあくまでドライバーのサポートであって、必ず衝突回避できるものではありません。衝突回避や衝突時の軽減をサポートするシステムなので、過信せず、安全運転を心がける事に変わりはないですね。

インテリジェントクリアランスソナー

ハリアーのインテリジェントクリアランスソナーは、アクセルを踏み間違えて車が急発進した時に、前後に障害物があれば、警告音とモニターの表示で危険を知らせてくれます。

さらに距離が縮まると自動でブレーキを掛けて、衝突を回避、又は和らげてくれるシステムです。

ペダルを踏み間違えて、コンビニに突っ込んでしまったりするニュースを時々見かけますが、そう言った事故を予防するためのシステムです。

これも、完全に衝突回避するわけではないので、過信は禁物です。

オートマチックハイビーム・アダプティブハイビーム

※オートマチックハイビーム(エレガンスの装備)

時速30キロ以上で作動、夜間にハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。対向車が居なければハイビームで走行し、対向車を検知すると、ロービームに自動で切り替わります。

ハイビームで走行する事により、夜間走行中の視認性が上がり、事故を起こす確率をかなり減らす事が出来ます。

※アダプティブハイビームシステム(エレガンス以外のグレードに装備)

時速30キロ以上で作動、LEDランプを細かく点灯と消灯を繰り返して、対向車や先行車に当たる光だけを遮光します。

この事により、対向車や先行車が居てもハイビームを維持できるので、夜間走行の視認性が格段に上がります。

ヒルスタートアシストコントロール

坂道での発信の時に、車両が下がらないようにブレーキの油圧を保持してくれます。

ブレーキから足を放しても車が下がらないので、スムーズに発進する事が出来ます。

レーダークルーズコントロール

先行車がいれば、クルーズコントロールでセットした速度内で、加速やブレーキを制御して先行車に追従して行きます。

先行車が停止すれば自車も停止します。先行車が発信すれば、ドライバーの操作により再び追従を再開し、前車に追従します。

高速走行はもちろん、渋滞時のドライバーの負担をかなり軽減してくれます。

レーンディパーチャーアラート

道路上の白線をカメラで認識して、ウインカーを出さずに車腺を逸脱しそうになると、ブザーとモニターの表示でドライバーに注意を促します。

それでも復帰しない時は、車腺中央へ戻るようにステアリングが制御されて、ドライバーを支援します。

スバルのアイサイトがヒットしてから、他メーカーでも自動ブレーキを始め、様々な安全運転支援システムが採用されています。

今後さらに進化を続け、行く行くは運転の自動化まで行ってしまうのでしょうか。

自分で車を操る喜びがなくなってしまいます。

そこまで機械まかせでいいのか?と思いますが、それでもいいので寝てる間に目的地に着いたら最高ですね(笑)

ハリアーを購入検討しているなら、実際にディーラーへ行ってハリアーを試乗してみましょう!自分で運転すればハリアーの良さを直に確かめられますよ!

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


ハリアーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのハリアー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がハリアーを限界値引きで購入しています。

今月のハリアーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ハリアー値引き交渉マニュアル

-ハリアーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.