ハリアーの評価集

ハリアーに欠点はあるか?ハリアーを徹底評価!

豪華なインテリアと先進的なエクステリアで高級感溢れるトヨタ ハリアー。

快適な運転性能とは逆に、欠点・デメリットはないのでしょうか?

ハリアーの装備や走行性などの欠点といいところを評価してみました。

ハリアーの装備を評価!欠点、デメリットはあるか?

ハリアーの内装
ハリアー:toyota.jp

シート表皮はスエードと合成皮革、またはファブリックと合成皮革の組み合わせですが、合成皮革を使いすぎる感があります。

高級な雰囲気がありますが合成皮革が多用され、価格と比べると逆に安っぽいと映ってしまいます。

大きなボディサイズのわりには運転席周りの収納が少なくなっています。

小銭入れやカードホルダーもないので、使い方によっては不便でしょう。

ハリアーのドリンクホルダー

また、ドリンクホルダーが使い勝手が良くないと指摘する口コミが多く見られます。

ドリンクホルダーが大きく、ドリンクが動いてしまうためです。

後席を倒すと、大きなラゲッジスペースが現れます。

後席は6:4に分割しているので、左右を個別にリクライニングが可能。ゆったりと乗車できます。

ただし、この後席を倒す操作が欠点です。

倒すには後席の横にあるレバーで操作します。

レバーはここの一ヶ所のみなので、ラゲッジスペース側からは倒すことができず、後席の横へ移動する必要があります。

後席の背もたれやラゲッジスペース側から操作できないのは、残念な点です。

ハリアーの走行性能を評価!欠点、デメリットはあるか?

ハイブリッド車、ガソリン車に共通した欠点は?

ユーザーの口コミでも目立つハリアーのハイブリッド車、ガソリン車に共通している走行性能の欠点は以下があります。

・走行モードスイッチをエコモードにすると、アクセルレスポンスが悪くなる
・乗り心地が柔らかく、ふわふわした感じ
・斜め後方の視界が悪い

エコモードは燃費が良くなる傾向にありますが、加速性やエアコンの効きが悪くなってきます。

ふわふわ感の乗り心地は、ガソリンターボ車を除くグレードで感じられます。

ハリアーの後部のピラー部分

後方視界は後部のピラーが太く、斜めになっているのであまり良いとは言えません。

また、ハリアーには斜め後方から接近する並走車を検出して、死角ににある車両をドライバーに知らせる機能は装備されていません。

ライバルのマツダ CX-5などには採用されていますので、ハリアーの欠点となっています。

ガソリンターボ車の欠点は?

2.0リットルターボエンジンは、比較的急に加速力を発揮する特性です。

この特性は、特に低回転域のトルクが小さく、発進時にもたつき感があります。

ハリアーのガソリンターボ車はハイオク仕様です

使用する燃料がハイオクであり、燃料代の負担が増える事もマイナスポイントです。

ガソリン車の欠点は?

2.0リットルガソリンエンジンは、車両重量が1600㎏以上あるボディーを走らせるには力不足を感じる場面が多くなります。

レスポンスが鈍く加速力が小さいので、信号待ちからの発進や高速道路での登坂路、追越しなどでもたつき感があります。

走行性能を求める場合は、ガソリンターボ車を選ぶと良いでしょう。

ハイブリッド車の欠点は?

ハリアーハイブリッドとハリアーターボ車のエンジンスペック比較図

2.5リットルエンジンとモーターとの組み合わせで得られる加速力への期待感が大きいと、パワー不足を感じてしまうかもしれません。

思ったほどの加速感がなく、ハイブリッド車の優越感が少なくなると感じるユーザーが多くなっています。

EV モードはモーターだけで走行するので静粛性に優れていますが、加速走行性には不満が出てくるでしょう。

またFF 車の設定がされておらず、重たい4輪駆動車しかないこともデメリットです。

ハリアーの価格を評価!欠点、デメリットはあるか?

ハリアーの車両価格は?

ハリアーの最も安いグレードは、2.0リットルガソリン車のエレガンスで約294万円です。

ハイブリッド車は約377万円となっています。

日産 エクストレイルはガソリン車が220万円から、ハイブリッド車は259万円からの設定です。

マツダ CX-5のガソリン車は250万円から、ディーゼル車は280万円からのラインアップです。

装備は異なりますが、ハリアーはガソリン車、ハイブリッド車ともにライバル車と比較すると割高となっています。

また、ターボエンジンとはいえ、2.0リットルエンジンで330万円以上の車両価格には割高感があります。

特にハイブリッドの設定価格が高く、中間グレードのプレミアムでも約407万円となっています。

レクサスに迫る設定です。

ハリアーのエコカー減税は?

エコカー減税をライバル車と比較してみます。

ハリアー ハイブリッド車のエコカー減税額は、自動車取得税と自動車重量税は100%の免税となっています。

グリーン化特例の自動車税はおよそ75%が減税されます。

ガソリン車は、自動車取得税は20%減税・自動車重量税は25%減税です。

エコカー減税による減税額はグレードによって異なりますが、ハイブリッド車の場合はエコカー減税とグリーン化特例を合わせて157,800円~187,300円、ガソリン車では22,300円~29,100円減税されます。

ガソリンターボ車は、エコカー減税の対象となっていないため、減税されません。

エクストレイルは、ハイブリッドのエコカー減税は、自動車取得税は60%・自動車重量税は75%が減税され、グリーン化特例の自動車税も減税されます。

ガソリン車は、自動車取得税は20%・自動車重量税は25%の減税です。

エコカー減税による減税額は、ハイブリッド車の場合はエコカー減税とグリーン化特例を合わせて80,900円~97,000円、ガソリン車ではガソリン16,700円~24,900円となっています。

同様にCX-5は、ディーゼル車のエコカー減税は、自動車取得税・自動車重量税ともに免税です。

また、クリーンディーゼル補助金も適用されます。

ガソリン車は、2.0リットル / 2.5リットルエンジンともに、自動車取得税は20%減税・自動車重量税は25%減税です。

ディーゼル車のエコカー減税額は、100,200円~118,100円でディーゼルクリーンディーゼル補助金の数万円が上乗せされます。

ガソリン車では20,000円~23,600円です。

減税額としては、ハリアーのハイブリッド車が最も多くなっています。

ただし、ハリアーの車両価格も高いので、エコカー減税による割安感はライバル車と比べ薄くなっています。

CX-5のディーゼル車の減税は優遇される額が多く、効果的です。

ハリアーの燃費を評価!欠点、デメリットはあるか?

ハリアーの実燃費をライバル車のエクストレイル、CX-5と比較しました。

ハリアーのライバル車のエクストレイル

ハリアーのライバル車のCX-5

平均実燃費とは、市街地、バイパスなどの幹線道路、高速道路を走行した場合の平均の実燃費です。

1年間で10,000km走行した場合の燃料代を、この平均実燃費から試算しました。

レギュラーガソリンの1リットル当たりの単価を130円、プレミアムガソリンは140円、軽油は110円とします。

比較は中間的なグレードとしました。

ハリアーハイブリッド プレミアム (4WD)
平均実燃費:14.3km/L
燃料代:90,909円

ハリアーターボ プレミアム (2WD)
平均実燃費:9.5km/L
燃料代:147,364円

ハリアー プレミアム (2WD)
平均実燃費:11.3km/L
燃料代:115,050円

エクストレイル 20X ハイブリッド (5人乗り・4WD)
平均実燃費:13.2km/L
燃料代:98,488円

エクストレイル 20X(ガソリン車・5人乗り・4WD)
平均実燃費:11.5km/L
燃料代:113,048円

CX-5 XD プロアクティブ(ディーゼル車・FF)
平均実燃費14.0km/L
燃料代:78,573円

CX-5 20S プロアクティブ(ガソリン車・FF)
平均実燃費11.8km/L
燃料代:110,175円

ハリアーのハイブリッド車の燃料代は、エクストレイルよりは少ないもののCX-5ディーセル車には及びません。

ハリアーターボは燃費が良くないことに加え、ハイオク仕様のために単価が高く燃料代が多くなっています。

ハリアーを評価!いいところは?

もちろんハリアーのデメリット・欠点ばかりではありません。

ハリアーのいいところを見てみましょう。

ハリアーの装備を評価!いいところは?

後席を倒した時に、背もたれとラゲッジスペースの床面が水平ではないものの、ほぼフラットなので使い勝手が良くなっています。

インテリアは質感が高く、レクサスに似た高級感があります。

ハリアーのシーケンシャルターンランプとデイライト

ハリアー:toyota.jp

エクステリアでは、LED が流れるように光るシーケンシャルターンランプ、デイライトやコーナリングランプが、ガソリン車とハイブリッド車のエレガンス以外のグレードに全車標準装備され上級感があります。

ハイブリッド車専用の装備としては、前席集中モード付オートエアコンが装着されます。

自動で運転席だけエアコンを利かせる事が出来ます。

後席に乗車していない場合に無駄にエアコンを使用することなく、燃費にも効果的です。

ハリアーの走行性能を評価!いいところは?

2.0リットルガソリンエンジンの燃料を、ハイオクではなくレギュラーガソリン仕様としたことは燃料代の面からメリットになります。

ガソリン車でも静粛性が高く、ラグジュアリー感があります。

2.0リットルガソリンターボエンジンは、太いトルクによって瞬発力のある加速性を発揮します。

ハリアーのパフォーマンスダンパ- イメージ図

ハリアー:toyota.jp

フロントとリアに装着されたターボエンジン搭載車専用の「パフォーマンスダンパー」によって乗り心地が良くなっています。

ハリアーの総合評価

ハリアーはインテリアやエクステリアの上級感と快適な車内が受け入れられ、購入を決めた方も多く見られます。

トヨタセーフティセンスPが全車に標準装備され、安全性も向上しています。

比較的高い価格が許容できれば、ハイブリッド車がオススメです。

ライバル車と比較するとパワー不足による走行性に不満が感じられ、価格帯が高い事もネックです。

エクストレイルでは、同一車線自動運転技術の「プロパイロット」がオプションで搭載可能です。

2.0リットルガソリンエンジン車の車両価格は約255万円なので、オプションのプロパイロット約14万円分をプラスしても269万円となります。

ハリアーの294万円より25万円安いため、エクストレイルにはお買い得感があります。

ハリアーはラグジュアリーで高い高級感が売りですが、エクストレイルのプロパイロットのような目玉となる装備がない点で、物足りないかもしれません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


ハリアーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのハリアー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がハリアーを限界値引きで購入しています。

今月のハリアーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ハリアー値引き交渉マニュアル

-ハリアーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.