ハリアーの評価集

ハリアーでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

ハリアーでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

6月6日にマイナーチェンジされて生まれ変わったハリアー。

そのスタイリッシュなデザインと快適な室内はさらに磨きがかかりました。

そんなハリアーをもっと自分らしくさせるには、各種オプションを選ぶことが大切になります。

しかし、数多いオプションをその場で決めるのは大変。

そこで事前にオプションを選んでおいてから商談に赴くことをおススメします。

そのために、みんながどんなオプションを選んでいるかを紹介しましょう。

ハリアーのおすすめメーカーオプションは?

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

ハリアーの電動ムーンルーフ
ハリアー:toyota.jp

マイコン制御チルト&スライド電動ムーンルーフ(電動ロールシェード&挟み込み防止機能付)¥108,000

単なるはめ込み式のムーンルーフではなく、室内に爽やかな空気を呼び込む、開放感たっぷりの大開口ムーンルーフ。

外光や景色を楽しめるのはもちろん日差しを遮る電動ロールシェードも装備しています。

また、そんな機能だけではなくエクステリアのポイントにもなって、見た目もスタイリッシュに。

この手の大開口タイプは車種によっては似合わないことも多いのですが、ハリアーには非常に似合っていて、みんなが選ぶメーカーオプションの最右翼と言えるでしょう。

そして、全車種にメーカーオプションで用意させるのもうれしいですね。

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

ハリアーのインテリア
ハリアー:toyota.jp

ハリアーのパワーシート
ハリアー:toyota.jp

ハリアーのドアスイッチベース
ハリアー:toyota.jp

“Metal and LeatherPackage”¥349,920

カタログに並んでいるので、厳密にはオプションと呼べないのかもしれませんが、ターボ車とハイブリッド車ともに、PREMIUMとPROGRESSに設定される上級パッケージです。

内容は以下の通り。

  • プレミアムナッパ本革シート
  • 快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)
  • フロントシート 運転席8ウェイパワー&助手席4ウェイパワーシート
  • 電動ランバーサポート(運転席) 4ウェイ
  • マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング・シート)
  • 運転席オートスライドアウェイ
  • ドアスイッチベース(ピアノブラック加飾)
  • フロントコンソール(アルミヘアライン加飾+カップホルダー・小物入れ付)

と多岐にわたります。

約35万円の価格はワングレード上というイメージですが、ELEGANCEグレード以外すべてに設定されているので、割安なグレードが一気に最上級グレードに生まれ変わるので、ハリアーのグレード選びの基本となる重要なセットオプションといえるでしょう。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

ハリアーのインテリジェントソナー
ハリアー:toyota.jp

インテリジェントクリアランスソナー(ICS)¥28,080

PROGRESS “Metal and Leather Package”、PROGRESSに標準装備されていますが、その他のグレードにメーカーオプションとなっています。

ソナーはカメラと違い、障害物がガラスでもしっかり感知し、バックも含め前後方向に対応しています。

ICSは目の前の壁との衝突を避けることを最優先に、唯一、ドライバーがアクセルを踏んでもブレーキを自動でかける安全装備で、Toyota Safety Sense Pにセットされていないので、どうせならと選択する人が多いオプシャンです。

最近ニュースで多く目にするアクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムで、車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和する機能を追加。

前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

また、低速走行時(クリープ走行時)など、アクセルが踏まれないシーンにも対応しています。

その他のおすすめメーカーオプションは?

ハリアーのナビ
ハリアー:toyota.jp

ハリアーのサウンドシステム
ハリアー:toyota.jp

T-Connect SDナビゲーションシステム&JBLプレミアムサウンドシステム¥432,000

高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレイに、静電式のタッチパネルとスイッチを搭載。

タブレット端末のような洗練されたデザインと軽快な使い心地を実現。フリック操作やマルチタッチによる拡大・縮小表示などを可能とする「T-Connect SDナビゲーションシステム」に、8chオーディオアンプ、 11スピーカーの「JBLプレミアムサウンドシステム」を加えた最強ナビ&オーディオ。

40万超えの高級システムですが、コンパクトカーならまだしも、どうせハリアーに乗るのならここまで奢りたいものです。

ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・

寒冷地仕様 ウインドシールドデアイサー、補助ヒーター(PTCヒーター)など ¥28,080

寒冷地仕様は寒冷地での使用を考慮、主にワイパー等の信頼性・耐久性の向上を図っていて、北海道地区はこれが全車標準装備となり、LEDリヤフォグランプが同時装着されるので高くつくものではないのですが、北海道以外の方で冬場にたまにスキー場に行く程度の人には無意味です。

ただ比較的短期での売却を予定しているなら、寒冷地仕様は付けておきましょう。

ハリアーは輸出相場があるので、寒冷地仕様は輸出で必要な装備であることが多いです。

3万円弱の差が数十万円になる可能性もあるので、付けておいた方が後悔は無いでしょうね。

ハリアーのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

ハリアーのリアスポイラー
ハリアー:toyota.jp

リヤスポイラー¥38,880

予算がぎりぎりでエクステリアまで手が回らないという人でも、せめてこれくらいは付けても贅沢とは言えないでしょう。

リアスポイラーひとつで印象がガラリと変わるので、多くの人が装備するオプションでもあります。

このリアスポイラーはサイドまで大きく回り込んだデザインとなっており、ハリアーのエクステリアがぐっと引き締まる優れモノです。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

ハリアーのラゲージバーテーションケース
ハリアー:toyota.jp

ハリアーのラゲージバーテーションケース
ハリアー:toyota.jp

ラゲージパーテーションケース¥23,760

デッキボード下の収納スペースをより使いやすくする取り外し可能な収納ケースで、水洗いができて濡れた荷物を気にせず収納できるSUVならではの装備です。

SUVであっても室内に汚れ物は入れて置きたくないですし、高級感のあるハリアーですからなおさらでしょう。

よく考えられた形状で価格も手ごろですから多くの人が選びたくなるはず。

汚れ物はここにまとめておきましょう。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

ハリアーのコーナーセンサー

ハリアーのコーナーセンサー
ハリアー:toyota.jp

コーナーセンサー(ボイス4センサー)¥56,760

バンパー角に取り付けられた4個の超音波センサーと 専用インジケーターを設置 、障害物との距離を検知して音声と表示ランプ、アラーム音でドライバーに知らせ、アラーム音は距離に応じて変わります。

エンジンの制御などは行いませんが、それが逆にわかりやすく使い勝手の良い装備です。

その他のおすすめディーラーオプションは?

ハリアーのエアロ
ハリアー:toyota.jp

AERO PARTS SET for TURBO ¥144,720円

ターボ車には必須のアイテムであるエアロキットです。

フロントスポイラー¥45,360、サイドマッドガード¥64,800、リヤバンパースポイラー¥49,680がセットになっていて、もちらんバラでも購入できますが、セットで装着することで、ハイブリッド車とは異なる走りを予感するスタイルに変身できます。

お好みでモデリスタやTRDを選んでも良いでしょうね。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

ハリアーのシフトノブ
ハリアー:toyota.jp

ウッド調シフトノブ¥8,640

室内に高級感をプラスする木目調のシフトノブですが、昔は流行った用がします。

しかし、ここだけウッド調にしても全体のバランスがおかしくなってしまいますから、やめておきましょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


ハリアーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのハリアー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がハリアーを限界値引きで購入しています。

今月のハリアーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ハリアー値引き交渉マニュアル

-ハリアーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.