ハリアーのレポート

トヨタ ハリアー購入記!ハリアー値引きレポート-とうちゃんさん

トヨタ ハリアー購入記!ハリアー値引きレポート

ハリアーの購入データ

契約日
2008年1月26日
ネーム 年齢 性別
とうちゃん/50代/男性
商談地
埼玉県
購入グレード
ハリアー 240G
メーカー
オプション
電動マルチパネルムーンルーフ
ディーラー
オプション
他装備付属品
オーディオレス、フロアマット、ETC
オプション総額
177,450円
車庫証明
カット
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額
299,600円
オプションからの
値引き額
100,000円
無料サービス品名
社外カーナビ取付けサービス
値引き合計額
399,600円ハリアー 値引き額
購入総額
(下取り分含まず)
2,600,000円
下取り車
ハリアー Lパッケージ 四駆 2004年式 75,000キロ パールホワイト AT
下取り車の価格
2,200,000円
下取り車の売却先
オークション(知人による) (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

車種選定について

私はこの240Gを購入する前も、現行ハリアー(2004式)240G Lパッケージの四駆を乗っていました。私は海のスポーツ、山のスポーツ、街中の買い物など、使用用途は多々あります。

今までハリアー以外に、中古・新車を5台乗っていましたが、不満なく5年近く乗ることができたのは、このハリアーが初めてです。そのハリアーが75,000km以上の走行距離があるにも関わらず、200万以上の金額で売却可能になることを知り、この「下取りの高さ」「金額以上の高い満足度」が、もう一度新車でハリアーを購入したいと思った最大の理由です。

値引き交渉について

発売から5年近く経過したハリアーの、値引き平均額がわからなかったので、そこから調べました。しかしインターネットには、あからさまな広告を意図した値引きの情報が沢山あり、結構な手間がかかりました(御社のような優良な値引き情報は大変参考になりました)。

次に値引きについてですが、「なぜ大幅な値引きが必要なのか」という根拠を含め、ストーリーを考えました。これは理由もない高額の値引きは、逆に私が営業マンの立場だったら有り得ないと思ったからです。

私は次のように考え結果を出しました

1.30分程度の商談を意識し、新車を購入したいが予算に限度がある旨を伝え、「即決」でなく「本気」の値引きを含めた見積作成をお願いした。
(30分程度に拘ったのは、相手に情が移ったり、プロである相手の会話に取り込まれるからです)

2.2週間程度経過した後、もう一度お店に行き、前回以上の値引きが可能か相談する。可能な場合、予算の都合で購入できる金額の上限がある旨を、念を押して伝え、先方から上限値引き額を引き出す。

多くの場合、この段階では高額な値引きは示されないと思うので、提示された金額では「支払負担が多きく購入できない」、「負担のない低価格車(実名も含めて)に諦める」旨を伝え丁重にハッキリと断る。

3.概ね次の展開としては、逆に「いくらなら購入できるのですか」という質問になると思います。ここで、このサイトの値引き情報より10万程度多い値引き額を伝え、その金額なら多少負担になるが購入できると「即決」を意図した返答を返す。

ここで私は30分少々で決着しました。

購入後の感想

私の場合、障害者の減免制度も利用したので、自動車取得税、自動車税が減免されてるので、総支払額がその分減っています。
しかし、その差額40万前後で同じハリアーの新車に乗り換えられたことは、運も良かったとはいえ、大変満足しています。

こちらも参考に!ハリアーが安く買える値引き交渉術!

-ハリアーのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.