ハスラーの評価集

新型ハスラーの4WDの性能は?燃費や雪道走行を徹底評価!

6年ぶりにフルモデルチェンジを受けた「新型ハスラー」は、先代のイメージを受け継ぎながらも、より魅力的に変貌しました。

雪国に欠かせない4WDモデルも、もちろん引き続いて設定されています。

ここでは、新型ハスラー4WDの燃費や雪道での走行性能を徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

新型ハスラーの4WDグレードの価格は?

新型ハスラーの売れ筋グレードの4WD車と2WD車との価格差は?

当サイト独自の調査によると、新型ハスラー4WD車の売れ筋グレードは、ノンターボの廉価グレード「ハイブリッド G」です。

同じグレードの2WD車との価格差は、134,200円となっています。

新型ハスラー ハイブリッド G 2WD 1,365,100円
新型ハスラー ハイブリッド G 4WD   1,499,300円

先代ハスラーの価格差は128,700円だったので、僅かに差が広がっていますが、妥当な範囲でしょう。

新型ハスラーの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

新型ハスラーのボディスペック

スペック
新型ハスラー ハイブリッド G 2WD
新型ハスラー ハイブリッド G 4WD
リアトレッド (mm)1,300
1,290
車両重量 (kg)810
860

新型ハスラー4WD車のボディスペックを2WD車と比較すると、リアとレッドが10mm狭く、車両重量は50kg重くなっています。

新型ハスラー4WDのメカニズム

新型ハスラーの4WD車と2WD車のメカニズムの相違点は、まずリアサスペンション。

2WD車は半独立懸架のトーションビーム式を採用するのに対し、4WD車はI.T.L (アイソレーテッド・トレーリング・リンク) 式と呼ばれる固定軸式を採用しています。

また、2WD車はコーナリング時のロールを抑えるスタビライザーが付きますが、4WD車には付きません。

以上の点から、4WD車は乗り心地や操縦安定性の点でやや不利になっています。

一方、ブレーキは4WD車の方がコストが掛けられていて、フロントに冷却効果の優れたベンチレーテッドディスク式を採用。

2WD車はソリッドディスク式なので、耐フェード性の点で不利です。

4WD車は車体が重いので、性能の高いブレーキを採用したのでしょう。

新型ハスラー4WDの装備

新型ハスラーの4WD車は、2WD車に付くインパネセンターポケット (収納) が備わらない代わり、インパネセンタースイッチを装備します。

このスイッチの操作で使える機能は、以下の3つ。

・スノーモード

ハスラーのスノーモード

suzuki.co.jp/hustler/

雪道走行時にエンジン出力抑制やブレーキ制御を行い、タイヤの空転を抑えます。

・グリップコントロール

ハスラーのグリップコントロール

suzuki.co.jp/hustler/

雪道での発進時に片輪がスリップした場合、スリップしていないタイヤに駆動力を集中させて発進をサポートします。

・ヒルディセントコントロール

ハスラーのヒルディセントコントロール

suzuki.co.jp/hustler/

急な下り坂でも、ブレーキ操作なしに約7km/hを保ちながら走行できます。

新型ハスラー4WDのライバル車との価格差は?

新型ハスラー4WDのライバルは?

新型ハスラーのライバルは、「ダイハツ・キャスト」です。

ハイブリッド Gと競合するグレードは、同じくノンターボの廉価グレード「アクティバ X SAⅢ」。

価格は新型ハスラーの1,499,300円に対し、キャストは約5万円安い1,446,500円です。

仕様・装備の違いは?

スペック
新型ハスラー ハイブリッド G 4WD

キャスト アクティバ  X SAⅢ 4WD

エンジンの最高出力 (ps) / 最大トルク (kg・m)49 / 5.9
52 / 6.1
モーターの最高出力 (ps) / 最大トルク (kg・m)2.6 / 4.1--
車両重量(kg)860
890

パワートレインを比較すると、新型ハスラーはマイルドハイブリッド、キャストは純ガソリンエンジンという違いがあります。

エンジンのスペックはキャストの方が若干上回りますが、新型ハスラーはモーターのアシストがあるので、総合的には互角と言えるでしょう。

また車両重量は新型ハスラーの方が30kg軽いこともあり、動力性能はむしろ上かもしれません。

装備面では、運転席・助手席シートヒーターやサイド&カーテンエアバッグは新型ハスラーだけに付き、キャストはオプションで付けることもできません。

キャストだけに付く装備にはリアヒーターダクトがありますが、総合的には新型ハスラーの方が充実しています。

新型ハスラー4WD車の燃費は?

実燃費はどのくらい?

新型ハスラー ハイブリッド Gの4WD車のカタログ燃費 (JC08モード) は、27.8km/Lです。

この記事を執筆している時点では、まだ新型ハスラーの実燃費データが取れていないので、先代ハスラーのカタログ燃費達成率67%を当てはめて実燃費を推測。

27.8×0.67=18.6km/L

推定実燃費は、18.6km/Lと出ました。

2WD車との燃費の差は?

新型ハスラー ハイブリッド Gの2WD車のカタログ燃費は30.4km/Lなので、4WD車との差は2.6km/Lです。

実燃費の差は、2km/Lほどになるでしょう。

ライバル車との実燃費の差は?

当サイトの調査によると、キャストの4WD車の実燃費は16.9km/Lです。

新型ハスラーの実燃費は推測値なので、直接的な比較は難しいのですが、おそらく新型ハスラーの方が勝ると思われます。

新型ハスラー4WD車の雪道の走行性能は?

新型ハスラーの4WDはどんなシステム?

4WDの概要

新型ハスラー4WDの方式は、先代モデルと同じビスカスカップリング式です。

4WDの方式としてはもっとも簡易的なもので、ジムニーを除く大半の軽4WD車に採用されています。

4WDの制御

通常はFFで走行し、前後輪の回転差を検知すると後輪に駆動力を伝達して、4WD走行に移行します。

前輪が滑ってから後輪に動力が伝わるまでタイムラグがあるなど、あまり性能は高くありません。

新型ハスラーの雪道での走行性能は?

ハスラーの雪道走行イメージ

suzuki.co.jp/hustler/

新型ハスラーの4WD方式は、性能がイマイチのビスカスカップリング式なので、雪道での走行性能に過大な期待はできません。

とは言え、新型ハスラーにはビスカスカップリング式の弱点をある程度カバーする、スノーモードやグリップコントロールが付いています。

そのため、実際のところ新型ハスラーの4WD車は、軽自動車としてはかなり高い雪道走行性能が期待できるでしょう。

発進・加速時には、スリップを最小限に抑えたスムーズな走りが望めます。

とは言え、2WDから4WDに切り替わる際にタイムラグがあるので、シーンによっては不自然さを感じることがあるかもしれません。

また、ビスカスカップリング式は下り坂では前輪にしかエンジンブレーキが利かないので、慎重な運転操作が必要です。

そしてもうひとつ、新型ハスラーに標準装備されるタイヤはサマータイヤなので、雪道ではスタッドレスタイヤか、最低限オールテレインタイヤに履き替えましょう。

新型ハスラー4WDのまとめ

新型ハスラー4WD車の雪道での走行性能は、ジムニーを別格とすれば、軽自動車ではトップレベルと言えます。

4WDシステムはプリミティブなビスカスカップリング式ですが、その弱点をカバーする装備が付いていますし、最低地上高が180mm確保されているのもメリットです。

少なくとも、生活4駆としては十分以上の性能があるでしょう。

燃費に関しても、かなり良い数値を期待できそうです。

経済的で、そこそこ以上の雪道走破性を備えた軽4WD車が欲しいなら、新型ハスラーは有力候補にあげられます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

新型ハスラーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトの新型ハスラー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が新型ハスラーを限界値引きで購入しています。

今月の新型ハスラーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>新型ハスラー値引き交渉マニュアル

-ハスラーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.